FC2ブログ

半額明けのきくうし

2019.06.26 20:48|グランブルーファンタジー
半額中にやったことなど色々。

◆とりあえずカトル最終
CPが始まるなり真っ先に極光に通い、鱗かき集めてさくさく最終。最初は十天入手の時点で「気が狂ってる」としか思えなかったのにすっかり慣れてしまった…。

grbl309.jpg

ようやく念願のブチ切れボイスが聞けて満足!勢いで指輪もあげちゃう!編成上常にスタメンとはいかないし、正直振りたいリミボもあんまないんだけど久遠は煩悩重視した方がモチベになると思うので…。
カトルきゅんの「調子に乗ってんじゃねえぞゴミ虫がぁ!!」「このクソボケが…小間ぎるぇに切り刻んでやるよぉ!!」が聞きたいがためにたまに意味もなくトライアルに潜っている。この一人だけ元気に物騒なボイスで笑顔になる。

・ラジエルを与えつつ色んな素材集め周回に連れ回し、CP終了ぎりぎりで100も達成。

grbl322.jpg
ぶちぎれっぱなしカトルくん

十天辻斬りエピソードは今回が一番楽だった。ふんふニオあたりがだいたい鬼門になるのに何も苦労することがなかった。アビダメ付きのデバフにグラビにディスペルに奥義スロウに連撃バフに、こうして見るとほんと色んなことできてすごい強そうなんだよな…。

◆連戦部屋や共闘はそこそこ頑張った。
・麒麟HLに2~3回通って火と水の天使武器を無事凸。これでとりあえず火有利古戦場が終わるまでは安泰。
骸晶の入手と十天最終頻度を考えると、この先は古戦場に合わせて闇/光→風/土の順番で凸っていけばよさそう。
レスラー用黄龍拳も5凸。まだ刀と琴は凸れてないけど、次のよんぞーで追加される武器でもアニマ要求されそうな気がするのでしばらく保留になりそう…。刀はわりと凸りたいんだけど。

・アーカーシャはほぼ単発orつよばは抱き合わせ部屋で虚ろ武器ぶんの鍵を集め終わった。
でも銀片と赤紙目当てでその後も何度か連戦部屋通って、対応十天がいない武器(斧と槍)も無事凸れました。ピンポイントで銀片狙うのは非効率的だけど、一個拾えたら一回Dヘイローが減ると思えばデカい。
十天最終してると栄光の書がもりもり減っていくし、それ以外でも何かと要求されるので赤紙はマジで嬉しい。赤紙×2とかガッツポしちゃう。(しない)

・アルバハHLの方は、槍と杖を完成させて以降あまり通わなかった。
CP中だからかあんまり慣れてない人(私含め)が多い気がしたし、何より光マグナが楽しくない。
70トールは思ってたより楽にできそうな感じだったけど全然火力出ないし…アルバハHL面白くない…つまんない…。かといって他の属性は必要なパーツが揃ってないし、ふんふ抜きで参戦するのは不安すぎる。
ショップの器目当てにまだユニット集めしなきゃいけないんですが、水刀用の水エレが集まるまでは急いで通わなくていいかなと思ってる。まあ立ち回り忘れない程度にこまめに通った方がよさそうとは思ってんだけど…面白くないんだもん…。

・代わりにアスタロトの方をがんばった。
アスタロトは前の団の人に連れられて何回か行った程度だったのでキンチョーしてたけど、まあこんなもんかなって感じ。
強い人はホント強いから差を付けられる時は付けまくられるんだけど、なんか強そうな称号(ルシHLクリア称号とかアルバハHLソロクリア称号とか)付けてる人とも意外と競ってたりして、あれ??こんな感じでいいの??みたいな心境。
そんな感じでエンブレム4つぶんの素材は集めたけど、どれに付けるかは迷い中。
既存の武器にも付けたいけど新しく作りたいと思ってるのもあるし玉鋼が足りなさすぎる。

◆手持ちの武器が増えたので、色んな編成を試せるようになってきた。
一時期は属性によって主人公のジョブやキャラがほぼ固定されて若干飽きがきてたので、ちょっとでも変化があると楽しい。個人的に虚空斧とオメガ杖で色々やれること増えた感じがする。というわけで最近遊んでる編成をだらだら貼っていくコーナー。装備は謙遜抜きでそんなに強くない。

・先日のブレグラ銃メインドクター~最終カトルと調整ランスを添えて~

grbl313.jpg

フォリアも強くなったのでせっかくだから入れてみた。シャノワール入れてイケメン短剣パでも普通によさそう。
クラリオンは回避とアビダメ重視で調整ランスにぴったりだし、カトルの3アビで色々バフ延長できるし虚空剣でデバフも安定するしで色んな敵相手に戦えそう。
というわけで今真剣にオメガ短剣作りたいと思ってる。短剣ってキャラこそ闇に偏ってるけど主人公のジョブは豊富だから真面目にそんな悪くないと思うんですよね。ウォロやエリュのサブに入れてもよさそうだし。
たぶん安定なのは拳の方なんだけどあまり作る気がしないのは、拳ジョブ(レスラー)があんま好きじゃないからだろうなぁ…。魔法戦士はオメガ刀できたらドラブレ一発芸以外の使い方を模索したいとは思ってる。

・虚空斧は他の虚空シリーズと比べて一番「オメガ武器が作れない人向け」って感じがする。

grbl314.jpg

やっぱりオメガ武器で一番アテにしてるの連撃だから、奥義でバフ撒いてくれるのとても嬉しい。

grbl307.jpg

全然ぱっとしなかった斧編成でもいい感じのダメ出てるのすごい!
ただし虚空剣は抜けるからデバフ命中に不安が残るし、やっぱりマウントやら何やらが必要な時はゴブロほしい…オクトーも…ってなるからあまり普段使いはできない。やっぱバアルほしいなぁ…バアルがいたからってすぐどうにかなる訳じゃないけど…。

・オメガ杖と虚空杖の合わせ技で、いまいち火力がショボくてやりにくかったセージが実用レベルになった。

grbl315.jpg

マウント二枚あると長期戦の安定感がよい。バアルの状態異常ラッシュとかってクリア積むくらいじゃどう考えてもしのぐの無理でしょ絶対??

・他属性でも杖パが強くなったので、賢者編成でのオート周回も捗るように。

grbl318.jpg

土の杖ってマジでろくなもんがないですね。交換するもんないからとりあえず武器称号目当てにもらっとくか…で交換しておいた白虎杖がさっそく役に立つとは思ってなかった。

・ディアボロスEX周回は杖じゃなく虚空斧レスラーで。

grbl316.jpg

杖パでオート周回だと3ステージ目1Tキルが難しく、削り切れないとだらだらとデバフを見せつけられるのでこっちにしたらちょっとはマシになった。これでもまだちょいちょい残しちゃうけど…。
虚空斧とリミヴィの1→3アビは相性抜群なので日課のセレマグでも活用してる。拳だけ&斧だけじゃ統一が難しい、オメガ武器作るほど拳パや斧パに熱意を注げないという時に二つを引き合わせてくれる虚空斧ほんとえらい。

・光でも作った妥協ソルジャー

grbl320.jpg

光はグローリーかクリュで微妙な剣パするのに飽きてたし、虚空弓だけ使ってなかったので試しにやってみた。以前虚空弓メインの光剣豪で同じキャラ編成でやってみた時はダメダメだったけど、ソルジャーならまだマシかも…くらいか?
まだアビ何詰めばいいかどういうタイミングで使えばいいのかよくわかってないし、結局テンプレ剣パの方が楽なのでは?感は否めない。やっぱゼウスじゃなきゃ弾揃えてもたいして強くないんだろうなぁ。

バレット作りはかなり頑張ったんだけど、ゴールドバレット用の鉄鉱石がどうしてもマゾすぎて未完成。必要数は真理の土と同じだけど、鉄鉱石は一周で手に入る数にかなりムラがあるのが精神的にキツイ。
まあ今すぐソルジャーでばりばり戦いたいって訳でもないので、ゆっくり集めることにします。夏になったらまたCPあるだろうし。どうしても今すぐ弾が必要って時はフルメタルジャケット作ればいいやと思ったらだいぶ気が楽になった。属性弾も二つ目の素材は日課でちまちま集めようと思います。アニマはジョブ武器にも使うし、鱗やエレメントまで一気にもってかれるのもきっつい。

・虚空槍が3凸の状態の時から便利だった天使HL用編成。

grbl317.jpg

風パでだらだらやってた時は全然ダメだったけど、真面目に火槍パで入るようにしたら一気に稼げるようになりました。キャラパワーの暴力。
天使HLは結局一度も連戦部屋に入らず全部単発でわっか集めて卒業しました。天使HLの連戦って想像するだけでめんどくさい。めんどくさくて入る気になれない。

・既に↑の画像でチラ見えしてますが、ようやっとアラナンゲットしたのでAT時短期戦で使ってます。

grbl319.jpg

アラナン使うならとりあえず麒麟HLだろと思って何度か通ってみましたが、思ってた以上の強さ。へぼへぼコロマグ編成でもM取れました。やっぱ装備がしょぼいのでタイミングとか運にかなり左右されて安定とまでは行きませんが。
何よりフィールド効果が派手だし追撃ダメがわけわからんことなってて見てて楽しい。キャラパワーの暴力。

grbl312a.jpg

ただ現状はこんな一発芸的な使い方しかできないのが勿体ない。
真面目に使うならサブから出すのが必須ぽいんだけど、今時はナタクHLくらいならサンシヴァ効果で一瞬で終わっちゃうから出してるヒマがない。ティアマリに連れて行くとしたらパー様の恐怖を捨てなきゃいけないのかな…?ローズクイーン程度なら槍パでゴリ押しできるし…アスタロトは初手麻痺やってくれる人がいたら前衛落とせないし…とか考えるといまいち使う場所がないんですよね。
マグナだとアニラで絶対1枠埋まっちゃうのが辛い。アグニス移行したいけどイクサバ一本しかないし、グラフェスはしばらく引く予定ないのも辛い。

まあ今は一発芸しかできなくても、AT時超短期戦で荒稼ぎできるというのはそれだけでかなりのアド。麒麟HLもそうだけど、アルバハN連戦でも周囲に合わせてなんとなく借り物鰹剣豪するよりこっちの方がずっと稼げたし。古戦場でも役に立ってくれること間違いなしなので、やっぱアラナンおじいちゃんとって良かったと思ってます。マグナは未だにセレマグだけ1Tキルできてなかったんだけど、光を差し置いてこのアラナン編成で初めて達成できたのはちょっと複雑なところですが…。
普通に戦えるようになるころには久遠あげたいなあ。一発芸だけやるならクリや攻撃UPに振るだけでいいけど普通に使うなら連撃にも振りたいし。

◆一応水古戦場二千万チャレンジもやってみました。ブロガーなので(?)
・水は鰹の有無で差が付きまくるのであんまやる気ないんで装備もかなりやる気ないんですが…(とくに石)

grbl324.jpg

grbl323.jpg

フレ石の借り物鰹剣豪で適当にアビポチしてみたらけっこうあっさり二千万到達。
リミ武器2ムーン無凸オメガ刀なしシグルズの弓スキル上げるの忘れてたわっていうやる気のないヴァルナ鰹でも意外といけるもんなんですね。
普段の野良マルチではいちいち鰹用の編成選ぶのめんどくさいけど、古戦場犬狩りくらいならフレ石頼りも非現実的じゃないし使える時はこれで楽させてもらおうかと。

・フレ鰹に頼らない自力クリュ編成も試してみた。

grbl326.jpg
メインはフライパンのオーラをまとうミュルグレス。
コンパニオンは星トモイベのチェンバUP刀。

grbl325.jpg

ポチ数を気にしなければこっちも意外と到達。
どちらの編成もこの状態でいけるならまあどうとでもなるんじゃない?という感じ。最終的な調整は実際に犬狩りながらやろうと思います。

・ちなみにサプチケはクリュ用にアグロヴァル(の武器)ほしいと思ってましたがリリィにしました。
他に水古戦場までにできることはオメガ水刀作るくらいかなぁ。クリュと黒猫のJMPを作るべきか、金重にエンブレム使うべきかは迷い中。

クリュ武器は私の装備だと逆に火力落ちそう。
リリィがいれば杖パは形になりそうだけどBCの維持がめんどくさい。
金重は作ったものの剣豪全然使ってない。

等々の理由でそれぞれ微妙…。ムーンの強化はまあ余裕があればって感じ。

◆という半額期間でした。
バレット作りでマジハンパねぇ量の半汁を使ってしまったので、しばらくは日課抑えめで節約していこうと思います。
スポンサーサイト

だいたい十冊感想文

2019.06.13 20:35|読書感想文
◎ネタバレ注意◎

・ジェフリー・ディーヴァー「ソウル・コレクター」


途中であれ?なんか時間飛んでない?ってなってシリーズ一作飛ばしてることに気付いてちょっと萎えたけど最後まで読んだ。
今回の事件は本当にどうしようもないというか、こんなんされたら一般ピープルはどうやって対処したらいいのか…。真犯人がライム達に狙いを付けた直後はもうあっちのやりたい放題になってたし。サックスが犯人に辿り着いたのも偶然でライムはサックス危機に陥ってその場所を見つけることで犯人見つかったようなもんだしあんまりスッキリしなかった。ずっとサックスの尾行やってた医者が有能だった。いや医者のせいでちょっと混乱したところもあったけど。

武器商人がどうのの話は前の巻の話なんだろうか?ちょっとよくわからんかったのでとりあえずキャッセルに痛い目見せてほしい。パムは一番最初の「ボーン・コレクター」でサックスが救ってその後失踪した娘っぽいし一作飛んでる間にプラスキーがかなり成長してたっぽいので早く読みたい…。よりにもよってかなり重要な巻を飛ばしちゃった感…。

・島田荘司「溺れる人魚」


ミステリというより歴史と科学(生物学?)の勉強パートが多かったけど面白かった。
ロボトミー手術のことは某映画で知ったけど、あそこの職員さんは主人公が手術受けないで済むようにものすごい手を尽くしてくれてめっちゃいい人だったんだな…と思った。

・川上弘美「七夜物語」


作りは児童書みたいな感じなのでダレずに読めるかな?と不安だったけど全然大丈夫だった、というか面白かっためっちゃ良かった。
児童書というよりかは大人が子供に戻って読むファンタジー、大人が子供の視点を覗かせてもらうファンタジーって感じだろうか。最後の「一番小さなものを救おうとした」っていう台詞にぐっときました。読んで良かった。挿絵も可愛いし色んな人に読んでもらいたい本。

・島田荘司「魔神の遊戯」


なるほどな~~っていう種明かしだった。言われてみたら首や腕を「引きちぎる」、女の首と犬の体を繋ぎ合わせる、そういったものを危険を顧みずあまりに無造作に配置する、このあたりの行為はいかにも子供のブロック遊びという感じがする。だから「遊戯」なんだね…。
でもこの子供の遊びを実際にやってしまう犯人の仕事量すごい。超人的。いや魔神的というべきか。作中でも言われてたけどこのエネルギーを別のところに使えばなんでもできそうだと思ってしまった。
ロドニー親子の村での様子は、結局どちらが本当だったのかは気になるところ。どちらも少しずつ嘘はあるんだろうけど、やっぱ母親は殺されたんじゃないかと思ってる。リンダがざっくり話したところではとにかく憎まれてたってだけで自殺する動機なかったし…。

・ジェフリー・ディーヴァー「ウォッチメイカー」


改めて一番読む順番間違えちゃいけないとこでやらかしちゃったなって…。犯人が逃げおおせるのを知ってたせいで大どんでん返しが個人的に小どんでん返しくらいになってしまった。これほど手強い相手なら、「ソウルコレクター」で片手間に相手するくらいじゃそりゃ負けちゃうよねって感じ。
キャサリン・ダンスは名前の響きからしてなんか素敵だしこれからも登場してほしいな。喋るだけでどんどん情報引き出しちゃうチートキャラだから扱い難しそうですが…。

・森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」


黒髪の乙女が可愛かった。黒髪の乙女目線だと先輩がなんだか知的でユーモアもあって影で努力するイケメンに見える不思議。先輩視点を見るとかなりの落差があるんだけど、でもなんだかんだ気が合いそうなのも不思議。
森見さんの話は「もてない大学生男子が青春を嫌悪しながらも青春に憧れなんやかんや頑張る男臭い話」というのが多い気がしてるけど、その中でも主人公がかなり報われてる方に見える。古本市に行きたくなった。

・有栖川有栖「白い兎が逃げる」


久しぶりの火村先生シリーズ面白かった。
「苦痛なく安楽死できる薬です!」という触れ込みの薬に「実際に使ってみました!とても楽に死ねたので☆5です!」なんてレビューある訳ないしな…と妙に納得してしまった。まさに売り逃げというかなんというか。

・原田マハ「デトロイト美術館の奇跡」


一枚の絵に対してこれほどまで思いを込めて描写できるんだなあと思った。たしかにちゃんと表紙の絵を見てみると、ところどころ淡いピンク色が散らしてあって地味なのに優しい感じがする。実物はどんな感じなんだろうな…。

・有栖川有栖「モロッコ水晶の謎」


「助教授の身代金」のタイトルで火村のことだと誤解されそうな「助教授」を使ったのは、犯人のミス(盗聴していたために「先生」等のワードや会話の内容で勘違いしてしまった)ことを示唆してるのかヘェーって思ってたらあとがきで「ふと思い浮かんだだけ」と書いてあって深読み乙だった。
「推理合戦」の雑なネーミングはあるあるだと思うのでちょっと笑った。「推理しただけですけど?」みたいにドヤってたけど実際は推理もくそもない感じだったのも大人げなくて可愛かった。

・風野真知雄「紀尾井坂版元殺人事件」


久しぶりに風野真知雄。
このへんは歯抜け状態で店頭にあるものを買ったので続きものだったらどうしよう…と不安だったけどちゃんと一冊で完結してくれてよかった。やんごとない身分の人が絡んだり上からの圧力があるとやっぱりストレス。というか坂巻とおゆうは未だにすれ違ってるのか…何やってんだ…。

◆という感想文でした。

グリムの感想文だらだら

2019.06.02 20:25|雑記
グリム童話は御伽噺ではない。人の本性を見極めるグリムの一族の、実際にあった戦いの記録である。というお話。
全6シーズンで完結、各シーズンは22話まであるけど第六シーズンのみ13話まで。
詳しい設定などはなんかそういう情報サイトとかで確認してください。ウィキのあらすじはネタバレ全開なのでおすすめしません。



うまくリンク貼れないので一話だけ…。アマゾンプライム会員なら現時点では全部無料で観られます。

◆ここから◎ネタバレ注意◎の感想文です。
・ニックと愉快な仲間達が事件を解決しながらヴェッセンと交流を深めていくのが楽しかったー!
メインで進んでいく話は終盤になるほどツッコミどころ出てくるけど、一話完結型で解決していく事件はだんだん信頼できる仲間が増えて楽しい第3~4シーズンあたりが一番面白かった。もうサザエさん時空でずっとこれやってほしかった。
頼れる相棒のモンロー&ハンク、お薬担当ロザリー、獣医のジュリエット、強面上司レナード、ハイテク担当ウーと時々駆り出されるバド。この仲間達でずっと…やってほしかった…のに…!

・とにかく何をおいてもジュリエットの暴走が酷かった…。
初期のジュリエットはすごいいい人だったし、記憶喪失になったジュリエットは若干鬱陶しいとこあったけど状況的には仕方ないといえる。回復後は頼れる医学系キャラになって、事件解決がよりスムーズになって楽しかったし。
ヘクセンビースト化したのも元凶はアダリンドだし完全な被害者なんだけど、それでそこまで暴走するか!!?っていう…第四シーズン終盤でイライラの頂点に達してふせったーで愚痴ったりしましたが…。

いやだって「グリムに戻って!」って言いだしたのジュリエットだよね??モンローロザリーたちと仲良くやって、学生時代の親友と「もう秘密はなし」と抱き合ったりしてたのに今更被害者面で「普通の日常を返して」はないなと思った。一度ニックと腹割って話すべきだったんだろうなとは思うけど。あの時点になったらいい加減「グリムの嫁」になる覚悟決めて、ムリならまだ好きでもとっととポートランドを離れるべきだった。

・アダリンドを見てるとジュリエットがどうのというよりヘクセンビーストが性格悪い説もありますが…
アダリンドも大概許せないことやってますが、最終的にはまあいいんじゃないかな…くらいには思えるようになりました。このへんは「殺そうと画策したけど実際には殺せなかった」のと、「実際に極めて卑怯なやり方で殺した」の差ですかね…。
アダリンドは母親になったあたりから、きわめて自己中、自分本位なだけである意味素直なキャラに見えてきた。子供が!子供が!であっちこっちくるくる裏切るところはやっぱりちょっと鬱陶しいんだけど、その過程で他人に感謝することや人として普通の良心を学んでいった感じがする。
あれだけ苦労して魔女の力を取り戻したのに、ジュリエットの薬の実験台になるために進んで試作品を飲むと言い出した時は正直驚いた。ニックの子供ができた時も、最悪!とは言っても堕胎するという選択肢は一切ないのも意外だったし。

結局魔女の中和剤は切れた後再び作ることなかったけど、元の性悪アダリンドに戻ることなくニックに一途になったところからしてやっぱりヘクセンビーストが一概に悪いとは言えないのかなぁ…。
ありがちなとこだけど、アダリンドは母親からも憧れだった相手(レナード)からもけちょんけちょんに扱われて愛に飢えていたところを、子供とニックに出会ったことで変われた感じがする。

・NTRとかまったく興味ないし最初はアダリンド大嫌いでしたが、ニックの気持ちが移っていく過程はまあ…いいのかなと…。
やっぱ基本的にニックは優しいし「子供に罪はない派」ですからね…。そんで子供には母親が大事、両親も揃っている方が好ましいというのが一般的な考え方だから、アダリンドと向き合っていくうちに自然と…というのはまあしょうがないというか…。二人で子育てするのにずっとつんけんしてる方がしんどいしね…。

・グリムのザ・萌えキャラレナード警部の最後についてはちょっと不満。
強面上司で有能、初期は怖い拷問シーンとかある闇属性の強キャラっぽいのに、コインに容易く操られて調子乗ったり魔法の薬でジュリエットニックの間で板挟みになったり、何かと上手い具合に操られてるポンコツ具合がめっちゃ好きだった。基本的にこの世界の人は魔法防御的なものがゼロ。
黒い鉤爪に取り込まれたのも要は美女と権力に釣られたっていうショボい理由で可愛いんですが、わりと一線越えたラインなんだから個人的にはあのままマイズナーに憑り殺されてほしかったな。レナードが好きだからこそ悪役として死んでほしかったというか。

ジャックの霊にとりつかれてた時はニック達は必死で救ったのに、マイズナーの霊に憑かれた時は誰も助けてくれない、誰にも相談できない、という対比が空しくも因果応報感あってよかった。この恩知らず野郎が!!
まあレナードもレナードで、生い立ち的に承認欲求に飢えてたとこはありそうな感じがする。妾の子で逃亡生活し続けてた身の上だし、魔力的にもヘクセンビースト>>ザウバービーストっぽいし。種族は一応同じなのに、女性(ヘクセンビースト)でなければできないということがかなりあるっいぽので、日常的にコンプレックス感じてそう。
レナード警部のヴォーガは他のヘクセンビーストみたく顔全面ミイラじゃなく一部ミイラって感じなのでイケメン優遇かな?とか思ってましたが、たぶんこれもハーフだからってことなんでしょうね。周りの同種の女性は皆強く、部下(ニック)は特別な存在だから自分もスポットライト浴びたかったのかなっていう。

あと血筋的にも大物だし地位もけっこう上の方なのに、しょっちゅうボコられて顔に生傷作ってるのも好きでした。現場一番のニックやハンクもよく格闘してるけどレナード警部はいつも顔に怪我してる印象。かわいい。

・あまりに雑で印象に残ってないマイズナーの消え方も含め、終盤はかなり尺不足を感じた。
黒い鉤爪の最後とかソードマスターヤマトレベルですよ…ソードマスタートラブルか…。ポートランドの支部が壊滅、中心にいたマイズナーもやられて絶体絶命!と思ってたらトラブルが一言「黒い鉤爪は壊滅した」で終。えええそういう感じじゃなかったやん!もう絶望的な雰囲気漂ってたやん!!他の支部強すぎか!!ていうか一応母親の仇なんだからもうちょっとなんかないか!!??

ドラゴンボール的なアレだと思ってた七つの鍵も、三つは棚ぼたで手に入って二つはピッキングで開けちゃうところからしてあのへんから尺足りなくなってたのかなぁ…。伝説の宝箱がピッキングで空いちゃうところは、まあ二つくらいなら現代っぽくて個人的にはあり…なんだけど一気に三つ手に入るのはちょっとやりすぎ感あるよね。

あと個人的に赤ちゃんダイアナがケリーからニックの写真付きペンダントもってったシーン、いずれ成長したダイアナが「これはペンダントのあの人…!」って憧れて助けてくれるフラグだと思ってたけど特に何もなかった。
というかダイアナはもうショーンの子確定な扱いだったけど、もう一人の王子の子かはっきりしてなくない?知らんところでDNA検査してたの?

◆という感じでわりと「あの件はどうなった?」「それでいいの??」ってなるところはちょくちょくあるし、最後のあれは「杖の破片の試練」だったらしいけど何その試練?????というのはわりとある。
そんなぽっと出の試練より黒い鉤爪との決着をちゃんとやってほしかったっつうか…。コインもちゃんと処分したんだっけ…?
なんというかあまり余韻がないというか、この後どうなったのかな?というのが想像しにくい終わり方だった。子供たちを見る限り平和にやってるんでしょうけど。
あの後もレナードは孤立してるのか?戻るとしたらどのツラ下げて和解したんだ?ダイアナとケリーはその後両親の複雑な関係をどう受け止めたのか?ニックとアダリンドはあの要塞みたいな家から普通の新居に移ったのかもしれないけど、イヴはその後どうなった?とかそういうの色々。

・まあでも何をおいてもキャラクターが魅力!!
初期ニックはグリムとしての立ち位置を迷ってるのかわりと高圧的なとこあるけど、なんやかんや付き合ってくれるモンロー優しい。
初期ハンクも不思議な出来事にあまり突っ込まずに付き合ってくれたから、よくある「主人公が自分の正体がばれないように能力を抑えなきゃいけない…」というじれったさがほとんどなかった。
初期レナードも黒幕っぽい雰囲気を漂わせつつニックを保護してくれるし、警察モノにありがちな上下関係のあれこれから来るストレスがない。だから本当に一話完結で事件解決してるところは楽しかったんだけどな~これ何度でも言うけど…。

ロザリーもほんまいい人だし、ニックとジュリエットがギスギスすることが多いだけにモンローロザリー夫婦が癒しだった。
バドの早口も楽しいしあのキョドっぷりがアイスビーバーって感じで可愛かった。ニックとハンクと愉快なヴェッセンの仲間達の輪が広がっていくさまをずっと見ていたかったよ…。

・好きな話はいっぱいあるし最初の方は記憶薄れてるんだけど、終盤の「地獄の愛」は一番のネタ回で面白かった。ハンクが一人で踊ってるところ何回でも見れそう。
ロザリーが陪審員に出る回はバドを巻き込んだ大作戦で楽しかったし、ヤギの群れを率いる狼の図も面白かった。
どの回かは覚えてないけど、ヴェッセンの容疑者をニックハンクで尋問してる時にレナードがグァッ!!と脅す共同作業も好きだったな~。グリムなんか怖くないぜ!と舐め腐ってたらボスも化け物でした的な…。シーズン中期くらいまでの平和な回だけもっかい見直そうかな…。

・あとはレナードがというより役者さんですが、双子の薬を飲んだ時の演技がめっちゃ楽しかった。
流れ的には全然笑ってる場合じゃないんですけどね…不倫相手と気まずい感じで並んで寝てるレナード(イヴ)の図とか一瞬スクショしようかと画面止めたくらい。めっちゃ背高いすげー!ってはしゃぐレナード(ニック)も男の子っぽくて可愛い…男の子はまずあの背丈にテンション上がるよね…。立ち姿が既に強いというかロングコート似合いすぎる男というかほんまかっこいいレナードの役者さん…ちょっと尖った耳も悪魔的。

Embed from Getty Images

画像クソデカくなって申し訳ないですがたぶんこういう貼り方しかできない。
とにかくサッシャ・ロイズという役者さんが眼福でした。カッコイイ…背高すぎる…。

半額を待つきくうし

2019.05.29 22:25|グランブルーファンタジー
◆波乱の土古戦場。
・とりあえず犬1Tキル編成。
オクトー最終してないしウリエルもないし装備もいまいちアレだしでかなり苦戦しましたが

grbl293.jpg

非AT6ポチでなんとか達成…。
ポチ数だけなら風古戦場と変わらないんですが(あっちはEX+周回できてましたが)、水着アルメイダの3アビはキャラ選択する必要あるし全員アビ使わなきゃなので土の方がつらい。
ATだとバザラガさんを非最終オクトーに入れ替え、アルメイダの3アビ付けたら2回奥義打てるのでかなり楽になりました。

メカニック(十狼雷or無凸AK装備)の主人公に、ルリア・ジーク・ユースらへんの奥義強い系キャラ、〆にオクトー奥義×2ぶっぱのいかにも強そうな奥義編成では全然足りなかった、というのはけっこう意外だった。主人公でミスト入れたら届いたかもしれないけどデバフ外した時のリカバリーがしにくいんで…。
防デバフ+奥義デバフ+奥義ゲージ単体30%UPの水着アルメイダがえらかった。
しかしバザラガとの掛け合いボイスが「バザラガさま!これがあたしの乳だよ!」に聞こえてしょうがない。正解は槌らしい。

・この編成ではこれが限界だったので、肉集め(というか戦貨集め)は大人しくEXで周回。
落ちまくる予選に耐えてオクトー最終したらやっとEX+も1Tキルできるようになりました。

grbl294.jpg

とりあえずラジエルやら何やらで一気に上げて95になったオクトーを、よく見る奥義強そうな編成に入れて7ポチ。
やっぱ400万×2くらい出してくれるオクトーじいちゃんのパワーすごいっすね…一人で半分近く削ってくれるの助かる…。というか今にして思うと風はなんであんな軽々2000万出せたんだって感じ…ちょっと編成遊ぶ余裕すらあった風ヤバ…。

・ヘル周回の方は今回あんまり捗らず。救援メインで自発はAT時にだらだらやる程度でした。
理由としてはヴァルナのアビがめんどくさい、その割に土パがいまいち噛み合わない、10万位に入るなら犬+周回で十分だったから。

grbl295.jpg

他の人もそうだと思うけど、土は恒常キャラが色々いても結局カインやマキラなんかの限定キャラ、メデュバアル等の直近の新キャラがいないと攻防デバフも連撃も足りないんですよね…。試行錯誤しようにもデバフ安定させるためには四天刃カオルしか選択肢がない…。
キャラはオクトー+ゴブロが鉄板すぎて、あと1枠はバハ武器無視したアルルメイヤか、アイマス一年生とかでなんとか特殊対策するしかないかなって感じ。土パはとにかく幅が狭い印象あるので、バアルはかなり真面目にサプチケ候補。
自発用の編成だと火力が全然出せないから、火力寄りくりゅ編成で救援入る方が色々と楽だった。

・という土古戦場の結果。

grbl296.jpg

個ランは10万位でいいし、夜十時くらいには団の10億報酬ラインも達成、総合も安泰ってとこまで来てたのでかなり気を抜いてた。でも落ちるのもあれなので無駄にカジノでポーカーとかしてた…。
箱も目標の43箱(オクトー・カトル最終用)をあっさり越えて49箱到達。砕いた光四天刃をもっかい作り直しておつりまできた。ただ光鱗やらエレメントやらが足りなさすぎるので、カトル最終は次の水古戦場に間に合えばいいかな~程度にゆっくりやっていきます。期間はけっこう空くけど半額が来なければしんどいなぁ…たしかギアスコラボ?とかあったはずだからそこでなんかCPやってくれると期待しときます。

・オクトーは古戦場終わってちょっとしてから100到達。

grbl301.jpg
今日のぶちぎれカトルくん

戦闘前の会話は最強集団らしくカッコイイ雰囲気漂ってたけど戦闘後はいつも通りキレてくれて安心した。カトル最終ではどれくらいキレてくれるか楽しみ。
それはそれとしてオクトーの100エピ連戦は本人のやれることが単純なだけあって運ゲーがすぎない??

◆ファスティバのイベントは飛ばし飛ばし読んでたけどバーに座ってる絵にそれぞれ差分あったりして相変わらず凝ってた。

grbl299.jpg

たれ耳かわいい。ツイの描きおろしでも思ったけどエルーンはフードも耳型になってたり耳穴空いてるのかわいい。
ていうかシス君て仮面がないとダメな感じのキャラだったんだね。次の闇古戦場までに入手できるんだろうか…。

grbl297.jpg

フード被る系暗殺者コンビかわいい。
(暗殺者に匂いがきつい食べ物を出していいのだろうか…?)ってなる暗殺者特有のコミュニケーション面白かった。
ジャミルくんの褐色黒髪暗殺者っていう属性ツボなのでスキンはめちゃ嬉しいんですが、現状実装されてるのがSRだけなのでほとんど使ったことがない。SSR昇格してほしいなー!

・今回から取り逃してた骸晶(53個あった)が10箱目まで入れられるようになったので、今後もこのペースで復刻?配布?してくれるなら十天最終ペースには間に合いそう。わんちゃん天使武器も凸れそう。
…なんだけど目途が立った以上、これからイベは真面目に10箱開けたり天使HLに通ったりしなきゃいけないと思うとしんどい…

grbl302.jpg

天使HLも完全にノータッチってわけではなく野良や単発にちまちま入ってはいたんだけど既にけっこうな偏りが。
まあ骸晶の使いどころは十天最終が優先で、天使武器は古戦場に合わせて凸っていけたらいいかもね程度で考えてるので本格的に集めるのはまだ先でいいかな…。麒麟アニマとかめんどくさい素材もあるのでこれも半額待ち。

◆新ジョブソルジャーは、使うかわからんけどとりあえず闇で作成。

grbl303.jpg

真面目に使うならJMP必須だろうからもうちょい吟味してもよかったんだけどとりあえず色々触ってみたかった。
闇ならユースと組ませれば回避上がるのが噛み合うし、自己バフで連撃確保できるキャラ多いからまあ悪くはないかなと。
銃キャラが多いのは火と土だけどどちらも槍とか刀とか他に強い編成があるし。と思ってたらラカムオイゲンの調整のお知らせが来たので火で作れば良かったかなとかちょっと思ってますが…。まあ銃エレはわりと集めやすいからどうしても欲しかったら火や土でも作ればいいよね。

ソルジャーのグラはあまりにも可愛くなくて逆にけっこう好き。ジータの絵は新しいやつほど可愛いけど、この奥義前のモーションとか男受けを全力で捨ててる感じがいいというか。一通り楽しんだらガンスリのスキン被せると思うけど。
色々試してみたいけど弾がないし、弾用の素材集めるなら半額待ちたいのでちゃんと遊ぶのはまた後日ということで。

◆寝る前にBP消費しようと思ったら救援に出てるのを見かけたのでついにアルバハHLデビューしてみました。野良救援なら失敗してもええやろの精神で。

grbl304.jpg

・行動表ガン見しながらびくびくしてたのでほとんど動けませんでしたが、2人ワンパンがいた(らしい)状況で討伐成功できたからデビュー戦としては上々。運がよかった(他3人が強かった)のも多分にありますが。
マルチルームだと他の人が強すぎてわけわからんうちに終わってた!って話よく聞くし、4人だからまだそれなりにゆっくり行動確認しながら動けた気がする。当然のように4位ですが。

編成は光マグナの鉄板ソーンふんふヴィーラで行ったけど、ヴィーラのマージを使うタイミングが全然分からずほとんど置物だったので次はちゃんと有効活用したい。たぶん破局と無属性以外では出し惜しみせず使ってよさそうだし。

・アルバハHLをめんどくさがってたのは、ユニット集めてもオメガ武器を何で作るか決めかねてたから。
しかし調整のお知らせが来て更によく分からない感じに…とりあえず無垢火槍は砕いて別のにした方がいいのかなぁ。火杖とか風杖槍とか闇短剣とか気になる編成が多すぎる。ハレゼナ調整やバアル実装で土斧パ、ラカム改造やソルジャー実装で銃パもきそうな気がするし、かといって他にメイン武器があればその属性では作る必要ないし。JMPも色々作りたいし。

考えだすとキリがないので、なんかもう一周回って好きな編成でやればいいんじゃない?みたいな感じになってきた。ランちゃんカトルの水短剣パは組めるんだろうか?
まあそれはそれとしてヒヒ在庫が危なくなってきたので、オメガ武器関係なくヒヒ掘りに行かなきゃいけないんですけどね…。

◆というグラブル日記でした。

仲人サバイバーOC

ベルデル倒して5日目の昼頃、ケイスケ再加入まで進めました。

・ベルデルにまったく歯が立たなくて、レベル上げめんどくせえなあと思いつつフリーバトル行ってみたら意外にも1~2戦するだけで楽々周回できるように。もしかしてわりとレベル補正強めのゲームなんかな?
仲間悪魔もがっつり攻略見ながらオススメされてるナラギリやらマハーカーラやらに色々耐性つけまくりました。今までかなりテキトーに合体させてたのでここにきてやっと耐性消すことを真面目に考えるようになった。というかこれナラギリ主人公に持たせるのほぼ必須みたいなもんじゃないか…。

・フリーバトル楽勝になってもまた負けたらめんどくさいので余裕を持ってレベル上げ。4~5くらいは上げたんかな。
そのかいあってベルデル戦はかなり楽に勝てました。四日目もサクサク。
ただ五日目のケイスケwithヤマ戦~悪魔警官を添えて~はけっこうしんどかったうえ、再加入したケイスケがまた5くらいレベル高くなってたのでここらでまたレベル上げのターンになりそうです。

ケイスケ戦の悪魔警官は、敵から逃がすためにはまずこっちがとっとと倒さなきゃいけないのに防御スキル持ってたりガード使ってくるのがいやらしい。さっさと倒されろよ助けてやろうとしてんだろうがよ!!と言いながら全力で殴ってくる主人公一行は、傍から見るとなんかヤバイ感じの悪役っぽく見える。ほらよくいるじゃん「死こそが救済…私があなたを救いましょう…」っていう神官タイプのボス…。

◆ここまでやってきた感想を一言で言うと、めんどくさい脇カプが多い。
・ケースケミドリとかその最たるものですね…君達どっちもめんどくさすぎでしょ…。まあケイスケの言わんとしてることは分かるけど…たしかに悪魔警官のやってることとかクソ過ぎたし。でもカイドーんとこの下っ端を殺したって話が本当ならまじで一線越えちゃってるんだけどそれはいいんだろうか。
ミドリは仲間になってからは丸くなったけどそれ以前がまじで聞き分けのないガキって感じで痛々しいしけっこう鬱陶しかったです。年齢が小学生くらいなら許せたかもしれない。

・群像劇っぽいゲームだと思ってたけど、実際本当にプレイヤーは主人公の目線しか与えられてない、神視点がほとんどないからこういう感想になるんかな?
ミドリがヒーローに固執する理由、最初から影背負ってるケイスケの過去も知ってればもう少し感情移入できたかもしれない。マイさんもなんかいきなり吸血鬼と追いかけっこしてるし。あの人ほとんどモブだと思ってたのに…。全体的に「いきなりどうしたお前!?」ってなることが多い。
周回推奨ゲームっぽいので二周目から段々見えてくるようになってるんでしょうか。

・ベルデル戦以降攻略サイトちらちら見ながらやってるけど、ルート分岐とかはよく分かってない。
とりあえず死なれたら後味悪いのでハルは助けておいた。ケイスケもほっといたら死んでたっぽいですね。モブもがんがん死んでるみたいだし人の生き死にに対してはアトラスらしくけっこうシビア。
あとはあんまりフラフラするよりかは絞った方がいいだろうな、と思ったのでジンやアツロウ多めに話しかけてたけど、どこでどんなフラグがあったのかまでは確認してない。最終日にちゃんと誰かしらのルート入れるか謎ですが、まあ入れなかったらそん時はそん時で二周目から頑張る。

・古来から伝わる悪魔召喚の儀式の手順をDS…じゃなくてコンプで簡略化したという設定はいかにもSFという感じがして好きだし、そのために必要な人の怨念、欲望はネットから集めるというのはまさに現代の世相を反映しててすごい納得しました。
デビサバってもうけっこう古めのゲームだけど、今は当時より多くの人がそのことを実感しているんじゃないでしょうか。

◆という感想文でした。
さあまたレベルを上げる作業やるか…。
| 2019.07 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ