エデン編クリア

2018.02.16 00:41|セブンスドラゴンIII code:VFD
チャプター5.1の小休止パートまで来ました。

◆過去を改変する、過去を救うっていう話はよく見るけど未来を救う、ってのはあんまり見ないから新鮮だった。ぱっと思いつくのってドラえもんの映画くらい…?
エデンに行って早々新ジョブが解放されたのでキャラ作成!

sd304.jpg

デュエリストのユギ(cv岡本信彦中二風)、メイジのリヒト(cv梶裕貴)、バニッシャーのアサマ(cv竹内良太)。

・デュエリストは最初からいるジョブだけど今まで枠がなかったので採用してみた。…が、思ってたよりずっと使いにくかったので途中でルーンナイトに転職させました…。
初期から三属性使えるとはいえ、好きな時に好きな属性を使えないと雑魚戦すらしんどいしボス戦なんか使い物にならない。
カードゲーマーっていうジョブ自体は楽しそうなんだけどね~。ちなみに名前はまったく思いつかなかったので、某☆デュエ☆リスト☆から拝借しました。今はカードゲームはヴァンガード?とかハースストーン?とか色々あるみたいだけど、私にとってデュエリストと言ったら某☆あの☆人しかいないんだ…。

・バニッシャーは見た目からして硬そうだったので、「硬い人…壁…壁…アサマ…?」とか思って例の坊さんから拝借したけど、あの人って本来壁するような職じゃないんだよな…

・という感じで3PTできたんだけど、他にもいーーーっぱい魅力的なキャラグラや声優いるのにPTはこれで打ち止めらしい。
もうちょっと詰めて4PT入れてくれよ!と思いつつ、キャラ自体は登録できるのでとりあえず使いたいグラ&声優で3人作成。

sd305.jpg

斎賀さんに会いそうな女グラを待ってたんだけど、本命バニッシャーの女グラがいまいち好みじゃなかったので初期からある制服ロンゲの方の女の子にしてみました。
思いっきり男型って感じの台詞なんですが、これはこれで女子校の生徒会長として崇められてそうでよくない?
バニッシャー&メイジでもう一人ずつ作成したけど、ずっと控えに入れっぱなしなので声優名忘れちまった。すまん。

・PT分割するところは色々考えていじくったけどデュエリストユギの初陣だったので、「エッ!?デュエリストってこんななの!?微妙すぎない!!??」とビックリして逃げかえり、拠点でメンバー自由に変えられることに気付いた。
やろうと思えば普通にメインメンバーだけで攻略可能ぽかったけど、できるだけ別れて攻略するようにはしてました。雰囲気大事。

・今までのメンツでもなんとな~くボス戦ゴリ押しできてたんですが、今回は最初のボスが死の宣告をやってきたりけっこう厄介な攻撃が多かったので、真面目に職やスキルを考えて編成いじりました。
その結果…。
前々から「ウィキおすすめの強職ばかりで固めるのはやめたいなあ…サムライもエージェントも強いから最後まで使いたいなあ…」と思ってたけど、やっぱ強いわ。ルーンナイト、メイジ、バニッシャー。もうこれ鉄板だわ。と、自分で使っても思いました。

RNは壁しつつ魔法攻撃や属性攻撃もできて全体回復&状態異常回復と色んなことできるのがめっちゃ便利。
メイジは単純に魔法が強い。回復もおまかせ。
バニッシャーは火力!竜特化攻撃!
後衛のRNとバディ攻撃で魔防を下げると前衛RNとメイジで魔法攻撃できるしそこんとこも噛み合ってる…しかもRNは魔法攻撃しつつHPとMP状況に応じて吸えるので壁としても回復としても有能…噛み合いすぎてる…強い…。

・エージェントはオートハックからのスケイプゴートでMP吸えるのがめっちゃ美味しいし、最速全体攻撃も便利だけどあくまで雑魚戦用って感じ。道中はエージェント、ボスは誰か別のキャラで…っていうのが一番楽そう。
けどこのゲーム、主人公=1PT目リーダーということになってるらしいので、暫定主人公のエージェントはゆを後衛に回すとボス戦前後のイベが他のキャラになっちまうという、主人公乗っ取り現象がナチュラルに起こってしまうという…。
今までははゆが「狩る者」としてチヤホヤされてたのに、ボス前後のイベではアズールが狩る者になって活躍しててなんかすごい複雑な気分…というか違和感がやばい…。

ボス後は即座にはゆをリーダーに戻しましたが、これはボス戦でも活躍できるようはゆを転職させた方がいいかもしれないなあ。ラスボス倒す時に出てこれないとかつらすぎる。RN、メイジ、バニッシャーからメイドに合う職を選ぶとしたらバニッシャーかな…。爆弾メイド…。

・今まではだいたい「1ジョブにつき1人」方針でやってましたが、そろそろバディ攻撃やサポートの効果も考えつつ後衛も選ばなきゃいけない時期かもしれません。
フォーチュナーやデュエリストの効果がちゃんと得られたこと少なすぎるし。待機時間長いし。逆に初期ジョブ(エージェント、侍、ゴドハン)はわりとサクサク使えて効果も便利なこと多い。特にゴドハンのサポート回復はボス戦でほんと便利だから、隣に溜め時間の長いフォチュナーとかいるとなかなか使えなくて逆にお荷物なんですよね…。サクサク回転した方が絶対いいと思うので、もうフォチュナーは抜いた方がいいかもしんない。入れるとしてもゴドハンとは別の列だな。

◆ストーリーの感想は…。
・エメル学士とかアイテルとか、あのへんは前作のことなのかな…前作主人公を探してるのかな…とかふんわり思うくらいで正直あんまり入り込めてない。
そしてやっぱりユウマはチャプターボス戦できちんと役立たずだし(知ってた)、真竜にいらんこと吹き込まれてますます闇落ちルートまっしぐら…。
今までの主張は「竜を狩れるくらい強くなきゃ存在意義がない!」で一貫してて、暴走する危険はあってもひたむきなだけというかただ一途で健気なだけだったんだけど、これ自分が「種族が進化した頂点、究極の竜である」みたいに自発的に人類に牙をむくようになるのでは?
いやでもここまでわかりやすいフラグ立ってると最後にはいいとこ見せるのかも?いや「主人公!いいからおれを止めてくれ!」みたいな…?なるべくユウマ生存してほしいな~~~貴重なイケメンは生き残ってほしい…。

◆このパートからまたクエストどっさり&奥義も習得できるらしいので、のんびり作業することにします。
それぞれリーダーにしなきゃ覚えられないってけっこうめんどくさい…。フィールドでももうちょい自由に編成変えられたらよかったのになー。
思ってたより短いぽいのでこの勢いでさくさくクリアしたい。
スポンサーサイト

育成したぞ

2018.02.14 00:38|刀剣乱舞
結果から言うとめっちゃ育った!
自分だけが楽しい育成記録です。

◆とうらぶ二周年CPの成果。
・前回の記事から鳴狐と宗三さんを修行に出し、この二人+兼さん、長曽祢さん、同田貫+ノマ短刀で7‐4長距離をぐるぐるしてました。
ノマ短刀枠には直近のイベできたばかりの毛利君と日向君、あと二振り目のレア短刀たちを入れてましたがあっという間に全員カンスト。

tkrb288.jpg

この調子でいけば信濃君二振り目の修行が現実味を帯びてきた…。次の大阪城では念のため信濃君と後藤君の三振り目をキープしといた方がいいかもしれません…。

・でもって今回スパルタ育成された7-4周回メンバー!!

tkrb287.jpg

宗三、鳴狐、同田貫は今回から育て始めた(35スタート)のでそれぞれ9、12、14レベルアップ!
長曽祢さんは開始時が44なので↑13
兼さんは61なので↑11
鳴狐が戻るまで枠に入ってた安定も42くらいには育ってます。

これはもうじゅうぶん頑張ったでしょう!!私がんばった!!
兼さんなんかもう70だしもう急いで育てなくていいんじゃない?まであります。
演練で相手方陣&自陣横帯で有利の時、兼さんが99極乱くんの攻撃をヨユーで耐えた(盾が1ずつ削れただけ)のはちょっと感動しました。陣形にもよるけどスロ3打は極短の攻撃にもけっこう耐えるんですよね。相手にも言えることなのであんまりにもヨユーぶっこいてると負けることもあります。極短を演練に連れてく時には陣形無視してとにかく速さ重視先手必勝!!戦法が安定だったんですが、相手が同レベル帯の極打中心の編成の場合速さより有利陣形を狙って確実に削いでいく方が安定する気がします。速さはどうやったって抜けるので。

・日向君がカンストした後は誰を入れよう…?と、ノマ打やノマ脇を何度か入れて試してみたんですが、やっぱ安定して先手で一体屠れるノマ短刀は必要だわ。と思ってもうずっと日向君入れてました。
常設短刀二振り目を誰か育てることも考えたけど、特にこの子!!ってのが思い当たらなかったので…。
そうやって日向君に極打スパルタレッスンに付き合ってもらった結果、

tkrb289.jpg

レベル順(累計経験値順)でソートした時第三位にくるまでになりました…。
この上位メンツ、初期にわりとやり込んでた審神者にはお決まりのメンバーではないでしょうか。大太刀×4と足の速い3スロ太刀膝丸のザ・脳筋編成。ここに食い込むまでになったんだから日向君の苦労がしのばれますね…ありがとう日向君…。

◆ちなみに突然始まった鬼退治イベは、上ルート経由でボスマスにいくと大太刀マスでぼろぼろ刀装はがされるので極脇×3を連れていきました。そこで骨喰ちゃんも目標のLv50達成。
もちろん背景ももらったよー!

tkrb290.jpg

いつも兼さんばかり映すのも芸がないので今回はMVPの日向君で。
いやでも兼さんの鬼退治ボイス可愛かった…。極兼、そね、堀で会話してた…。
そねさんは修行前の状態だと虎徹三兄弟で会話しててこれもまた可愛かった…はぁ…。虎徹の複雑な家庭感が好きなので花丸のこてミュ回も楽しかったです…。

ただ鬼退治マップは上ルートでもあまり経験値がよくなく、しかもボスに行くとお豆刀装の消耗が激しく
かといって下ルートは安全な代わりに効率が悪すぎる&経験値マズすぎる、ということでこのイベはあんまりやる気がなく。
背景をもらって豆をある程度確保したら、後は豆兵が溜まった時に適当に出陣して消費する~みたいな感じでチマチマやってました。が、終了間際に「もうちょっと頑張れば修行道具もらえるじゃん」というラインまで来たので、上ルート3マス撤退wtih岩さん戦法で脳死周回すると、二時間ほどで目標達成。

tkrb286.jpg

蘇言機と修行道具もらえて、豆も相当数確保できたので満足!
これから新刀剣が来たらまず背景を変えて豆をぶつけるのが恒例行事になりそうです。

◆目下の問題はこれからどこで・誰を育てるかってことですかね~…。
今までは極短や脇を混ぜながら7-1をチマチマ掘ってたんですが、資材に余裕があるうちはもうしばらく今のメンバーで7-4長距離を周回してもいいかもしんない。ボスマス以外は7-1より安全だし、ボスマスでもほぼ無傷で勝てることもけっこうあったから、そこまで鬼畜な周回にはならないと思う。
ただ個人的に極打は、兼さんそねさんの次は蜂須賀や歌仙さんを…育てたくて…!いや他の子もきらいじゃないけど!あるでしょそういうの!!

まあそういう複雑な心境なんですが、資材がカンスト状態&受取箱もヤバイ量が溜まってるのでしばらくはがんがん資材を消化するために今メンツで7-4周回しますかね…。はやく小竜さんの鍛刀CPが来てくれたら資材減らせるんだけどな~。

というとーらぶ日記でした。

畠中恵率が多い十冊感想文

2018.02.10 00:10|読書感想文
◎ネタバレ注意◎

・島田荘司「アルカトラズ幻想」


島田荘司はもうシリーズとか調べず目についたものから読んでるんだけど、「ネジ式~」を既に読んでたためパンプキン王国のくだりはなんとなく察してた。
それはそれで不思議な雰囲気が面白かったんだけど、なんつーか「猟奇事件+論文」パート、「刑務所」パート、「パンプキン王国」パート、三つが独立してて繋がりが薄いというか…いや確かに繋がってるし段階は踏んでるけどどんどんジャンルが別物になっていくので、(猟奇的殺人事件もの→スリリングな刑務所脱獄もの→象徴的な謎の世界)、あんまり伏線回収!みたいな爽快感は感じなかったかな…。
刑務所→パンプキンは明確に繋がってるし、動機である恐竜への興味が地底国への興味へ繋がるのも分かるんだけど、最後まで読むと最初の刑事目線の事件パートだけすごい浮いてるきがする。
「知的好奇心が旺盛すぎるためとんでもない事件を犯して刑務所に投獄されたが本質的には善人で優秀な若者」という人物を作るために必要だったんだな…という制作側の都合を感じさせるというか。失語症の少年とか刑事の憂いとかは本格的だっただけに、余計に「最初とはずいぶん違うところに着地したなあ」って感じ。

・畠中恵「ゆめつげ」


しゃばけシリーズ既刊ぶんをそろそろ読み終わりそうなので別のシリーズや単発も手を付けていくことにした。
タイトル通りの「夢占いの力がある神主の話」という不思議系ファンタジーかと思いきや、しゃばけシリーズより少し後の攘夷やらが盛んになる江戸時代が舞台らしく、物騒な展開が多かった。その合間合間で急に夢に取り込まれるシーンもあるのであれ?ここ夢?現実?と読みながら混乱することもちょこちょこあった。
弓月は物腰柔らかだけど頭がよくて夢告の実力はあるっていうしゃばけの若だんなに似通うとこあったし、それを諫めるしっかり者の弟の組み合わせはなかなかに萌えるものがあった…。特に最後に弓月がオトリになるって言って別れるとこらへんのシーンとか…。
しかしそんなおっとりしたお兄ちゃんの実力を認めてドサクサに紛れて京に連れていこうとする有能彰彦さんも美味しかったです…腐っててすいません…。

ピンチの時に夢告を暴走させる→自分と身内は慣れてる(知ってる)から軽症で済んだけど敵側は慣れてなくて被害甚大!という自爆特攻は、薬にだけは慣れてる若だんなを彷彿させてちょっと笑いました。若だんなもそういうことあったよね…?w

・百田尚樹「フォルトゥナの瞳」


面白くてがーっと読んでしまった。
しかし主人公がつくづくお人よしで自己犠牲の精神に溢れた善人で、正直見ていて痛ましかった…。私なら見ず知らずの他人のために命かけるなんて馬鹿げてる、っていう黒川の主張に同意するんだけど、でも実際本当に見えてしまったらどう思うかわかんないなあ。
葵については主人公目線を本当に最後の最後らへんまで読んだところで「あれ、そういえば葵って…」と思ってようやく気付きました。が、黒川の存在を考えればもうちょっと早く気付いてもぜんぜんよかったですね…大量に分かりやすい描写があったわそういえば。葵が「他人のために生きることができる人だから」と言ったのもかなり分かりやすく指摘してたんだな…。
自分を抱くことで主人公の腕が消えていく瞬間を目の当たりにした葵の心境といったら絶望しかなかっただろうな…つらすぎる…。
「フォルトゥナの瞳」については「神様の作ったバグみたいなもの」としか言われてないけど、これが神の意志によって与えられたものなら残酷としか言いようがない。
でもなんだかんだ黒川と主人公が人を助けて死に、葵は苦悩しながらも生き残ってるらへん、こういうのは女の方が生き残るもんなのかなあ…とちょっと思った。葵も主人公を助けようとはしてるけど、なんだかんだ主人公の助言してくれた黒川と違って自分の能力のことは言わなかったし。なんというか男の方がヒーローになりたい願望強そうな気がするし、女は自分と自分の身内(家庭)を守るためなら心を鬼にできるっていうイメージ。母は強し的な。

・畠中恵「おおあたり」


けっこう大きな事件はちょくちょくあったけど、若だんなが直接危ない目にあうケースがあまりなかったからかのんびり読めた気がする。
「長崎屋の怪談」の話は切なかったし、栄吉はドンマイって感じだけど…。いや私も栄吉一行らが長崎屋に乗り込んできた時から、なんでお千夜は黙ってんの??って思ってたけど…。借金があって~とか困った事情はないんだからお千夜が断ればいいだけの話じゃん?熱烈に求愛されてときめいちゃったの?みたいな。
でも最後の「暁を覚えず」は珍しく若だんながほのぼの一人勝ちして微笑ましかったです。栄吉のメシマズ度に磨きがかかってるのがアレでしたが。

・前川裕「クリーピー」


隣人がどうのというよりサイコパスの犯罪者がなんやかんやで無双する話だった。世界仰天ニュースとかでたまに一家全員洗脳事件とかあるし、やろうと思えばやれるのかなあみたいな感じ。
主人公が(事件に対しては)わりとちゃんとしてる方なのではらはらしながらも割と安心して読めた。が、ごちゃごちゃ言い訳しながら女子大生と何度もデート行くのはやっぱ若い女に弱いスケベオッサンだなと思った。こまめに罪悪感を覚えてる描写はあるけど結局会いに行くのではいはい言い訳乙って感じでちょっと鬱陶しい。
この女子大生パートいる?とか、澪がピアノやってたって言及することはなんか後々なんかあるの?とか色々思ってたので、最後には「へーこういうふうにしてくるのかー」って感じだった。

この方の本は今回初めて読んだんですが、なんか文章が独特というか読点が多くて個人的には読みにくかった。息がつっかえるというか、テンポが阻害されて文章が逆に無機質に感じられるというか。感情移入しにくい文章でした。

・畠中恵「つくもがみ貸します」


付喪神の力を借りながら謎を解く、しゃばけの雑貨レンタル屋バージョンかと思いきや、付喪神たちはしゃばけの妖怪たちよりかなり意地悪な様子。おたえさんや若だんなは特別な血が流れてるから妖怪からも大切にされるけど、損料屋のきょうだいは普通の人間だから丁重に扱う必要ナシってことかな。
一話完結で事件を解決しつつ、裏ではずーっと「蘇芳」にまつわる話が動いてて、このへんの色恋沙汰で最初はお紅が若干鬱陶しいなと思ってた。いつまでも昔の男引きずってるなよ的な。…が、最後まで読むとずーっと踏み込めずにうじうじしてたのは男の方だったんだなあ…。そりゃお紅だって自分に箔付けるために単身雲隠れするような男より、つらい時にずっとそばにいて支えてくれる清次の方がいいよね…。つーか私だったら相手の無事を祈って苦労して用意した香炉を己のプライドのために何の躊躇もなくガッシャンされた時点で「は???」ってなるし、戻ってきたと思ったら同じ型の香炉を探すまで会いに来ないとか言われると「一度は自分で壊したくせに何言ってんの?今更香炉とかどうでもいいしあんたのプライドなんてもっとどうでもいいわ」ってなるわ確かに。

・島田荘司「ゴーグル男の怪」


序盤からゴーグル男=事故に巻き込まれた3人目というミスリードがガンガン入ってもうそうとしか思えなくなってたし、でもゴーグル男(?)視点だと夢遊病みたいになってるしこのオチだとつまんないな…と思ってたら見事きっちり謎が繋がって解決してスッキリしました。被爆した人の描写がすさまじくエグかった。

・畠中恵「つくもがみ、遊ぼうよ」


しゃばけシリーズみたいにちょっとずつ時間が経つのかと思いきや、いきなり子世代になっててびっくりした。
でも子供相手だと付喪神達もあんまり意地悪できないみたいだし、等身大の友達みたいに仲良くやってて可愛かった。

・恒川光太郎「夜市」


ホラーというより幻想的でちょっと不気味なファンタジーって感じで良かった。世界観が好き。

・内田康夫「佐用姫伝説殺人事件」


浅見光彦シリーズをテレビでちょっと見たことある程度で全然読んだことなかった人。
基本シリーズものは順番に読みたい派だけど浅見シリーズも量が膨大なので、もうここまで来たら逆にどこから読んでもいいだろ、と思って棚にあるものを借りてみた。
こういう殺人事件に伝説とか絡むの大好きなので他も色々読みたい。

◆セブンスドラゴンもやりたいけどまた特別貸し出し期間だからしばらくがっつり読書かもー!

アトランティカ編おわり

2018.02.08 19:34|セブンスドラゴンIII code:VFD
◆1チャプターに付き1ドラゴン狩るのかと思いきやそうでもなさそうなので、ブログは国ごとに書いていけばいいかな。
今チャプター3と4の間の小休止パートって感じのとこです。

・鍛冶場の集落でルシェの新ジョブ&第二部隊が解放されたのでさっそく結成!

sd302.jpg

前より画像が汚くてアレですが…。
とりあえず追加されたルシェ男1(たぶんルーンナイト用)のグラが差分も色違いも全部好みだったので、長髪バージョンでフォーチュナーも作っちゃいました。アズール(cv島崎信長)とツクヨミ(cv中村悠一)は引き続きフィーリング。
@1枠にエージェントのソウダ(cv寺島拓篤)を入れました。初見の時から絶対このグラの名前はソウダだしハッカーだなって思ってました。

つーかこのゲーム声優は豪華だけど男キャラの俺様率高すぎない??高慢系俺様っぽい演技の人ばっかりで、好みの陽キャボイスが少ないので既に枯渇し始めている…。

第二チームに入れてても普通に経験値はもらえるし、途中で二手に分かれて戦った時はけっこうキツかったけどボスを倒した時には第一チームにほぼ追い付いてました。そろそろ第一&第二で職を入れ替えつつ強いパーティを探っていくべきなのかねえ…。実際ルーンナイトとかフォーチュナーってサブに入れててもあんまり強くないのよね…。

・ストーリーには別に乙女要素は求めてなかったけど、スカイラウンジで仲間と謎の交流イベントがある様子。

sd303.jpg

本当に声優が一言喋るだけって感じですが何度でも入れるので、これは好感度を高めるイベではなく戦闘で一緒に戦ってると好感度が溜まる→好感度高いとスカイラウンジで甘いこと言ってくれるって感じなのかな?
アズール(島崎信長)はまだハート4つの段階で「愛しています」とか言ってくるのでビビりました。えっわたしたちまだそんな仲じゃなくない…?君ちょっとサブに入って時々出てくるくらいじゃない…?的な…。

・ストーリーには別に乙女要素は求めてなかったけど、主人公への周囲の反応が「女のガワを着てる男」って感じでほぼほぼ男扱いなのがちょっとモヤるポイントかな…。
ヒロインとしてミオがいるのは別にいいんだけど、主人公(女)がアリー(女)とじゃれてると過剰に反応されたり、猫耳巫女姫のウラニアとほんのりフラグが立ったり、ミオとのデートのやり取りがほとんど男女の台詞だったり…。女同士でも遊びに行くときは「デート」って言うし、女同士でも着替えを見られると恥ずかしいっちゃ恥ずかしいですが、主人公が女だと不自然だなあ…って場面がたびたびある。乙女要素がほしいとは言わんけど、せめて女主人公でも違和感ないようにしてほしかったなぁ…。

・乙女要素は求めてないけど!仲良くなれそうだったユウマは絶賛闇落ちルートに走ってて複雑な気持ち。
これラスボスかその手前で暴走ユウマ戦くるでしょ…。いやこの感じだとラスボスまで持つのか…?最近もうずっとココゾという時に役に立たないし、次のチャプターあたりでブチキレてもおかしくない。
最初はかっこよく登場した若いイケメンだったのに一瞬で小物感が出始めて残念だ…。まあ出生を考えると意固地になるのは分かるんだけどね…。

・チャプター4でまたジョブが増えるらしいので、たぶん同時に第三部隊も解放されるんじゃないかな?
あと下画面見るともう一段くらい入れそうだし最終的には4部隊×3の12人編成になるのかな。
装備が安めなのはメインPT以外にも複数人揃えなきゃいけないからだろうなたぶん。とにかく人数が増えるのは嬉しい!使いたいグラも声もいっぱいあるし!
お使いパートを終わらせたらサクサクやっていくよ~~!!

性懲りもなくキャラメイクゲーやるよ

2018.02.05 20:56|セブンスドラゴンIII code:VFD
ADVやろうかなと思ってたけど容量が大きめのセブンスドラゴン3から崩すことにしました。



これもいつだったかのセールでうっかり購入してしまったやつですね…。本当にセールに踊らされている…。
ちなみに私は既存のシリーズは未プレイ。色々調べてみたかんじ、「一応話はナンバリングで繋がってるから全部やってる方が楽しい」「でも今作だけでも王道のストーリーになってるので未プレイでもOK」みたいな感じだったので買ってしまいました。
このゲームの特徴というと、やっぱりキャラメイクに豪華声優付き!ってとこでしょうか。発売当初からちょくちょく耳にしてけっこう気になってた記憶があります。

・そんな感じでチャプター1をクリアしたので現時点でのPT編成&体感など。ちなみに難易度は易しい方。

sd301.jpg

スマホ直撮りってあんまりしたくないけどミバが死んだし画像がまったくないのも味気ないと思ったので撮ってきた。

最初にプレイヤーの分身を作れと言われたのでとりあえず女を選択。
正直デフォルトのボブの制服の子が髪型も色合いも主人公ぽくて好みだったんですが、あんまりにもデフォデフォしい(?)のもつまらないなと思ったのでメイドを選択。
メイドと言えばアサシンだろということで職業は即決でエージェント。

キャラグラは好みなのがいっぱいいたけど、とりあえずは無難にサムライ&ゴドハンを作ろう…ってことでまずは短髪黒髪がかっこいいサイゾウ(cv内山昂輝)を作成。PTは煩悩に任せて男キャラだけで固めるのも全然ありと思ってたんだけど、女キャラのボイスを色々聞いてみゆきちのお色気ボイスは絶対使いたい…!と思ったので金髪お姉さんのラスト作成。
なおどちらの名前も相変わらずフィーリングでそんなにこだわりはない。

正直女性声優は疎くて普通の可愛い系のボイスの人は全然名前覚えられないんですが、斎賀さんもいるのでそのうちぜっっっったいもう一人女キャラ作ります。今はなんか斎賀さんに合うグラがいまいちなかったので今後解放される職に期待。
しかし気付いたらいっぱいグラがあるのに金髪女が既に被っている…。いやでもこれはこれで姉妹っぽくてアリじゃない?

・戦闘は、「まあ最初のステージだから楽勝っしょ」とろくに装備も整えずに海底の国に行ったらかなりキツくてあっさり全滅しました…。
でもその後店売りの最強装備でそろえると楽勝になったのでかなり装備は大事ですね。
けどチャプタークリア後にショップランク上げたらその時持ってるお金で易々と最強装備揃えられたのでお金はかなり余裕がありそう。最初だけかもですが。

・サムライの武器はちょっと迷ったけど、属性が乗るスキルが複数ある双剣にしておきました。
チュートリアルステージは飛行してる敵、チャプター1は植物~氷系の敵がいるし最初の侍は双剣の方がいいよってことでしょうたぶん。のちのちキャラを増やすことがあればそっちは刀で育てたらいいんじゃないかな。
こんだけキャラグラ豊富なのにまさかずーっと三人だけで攻略するなんてこともないだろうし…ないよね?

・エージェント(ハッカー?)は他でもあんまり見ない職というかよく分かってなかったんですが、序盤ではけっこう役立つ気がします。
ハッキングした敵を吸収して全員MP回復する攻撃がめっちゃ強いし便利。自分でハッキングするのは成功率的にもあんまりおいしくないけど、開始時にオートハックできるとウマイ。
潜んでからのカウンターもチャプター1のドラゴン狩りではめっちゃ役立ちました。自分の攻撃じゃなくても反応するし通常攻撃より全然強いし、二回攻撃の敵には二回反応するのもすばらしい…。侍の火属性攻撃からの火傷ダメ×2+エージェントのカウンター×2でめっちゃ削れて楽しかったです。

ゴドハンは強スキル使えるのがジャブ×2してからっぽいので回復スキル以外は今んとこボス専用って感じ。

◆とまあそんな感じで二章本題に入る前にクエ消化してるところです。
がっつり声優付きだからか容量は大きいけど、プレイ時間は30時間程度らしいのでさくさくやりたい。
DQはプレイ済みだったかどうか分かんなくて感想もかなりすっ飛ばしてましたが、こっちは完全に初見なのでなるべくこまめにプレイ日記書けたらいいなあ。わかんないけど。
| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆
twitter@iiyudane
(2013.5.21-)

にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 ゲームブログへ

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ