あけましておめでルフラン

この年末年始の間に一個でもいいから積みゲー崩したい!!とひそかに頑張って、よーーーやく真EDクリアしました!
あ、例によって◎ネタバレ注意◎です。

2018-01-08-013438.jpg

・いや真EDって言っても犠牲はめちゃめちゃでかいままだし、もといた世界のドロニア様も救えないままだし、結局死んだ人は死んだままで大きな救済があるって訳でもないんですが…。
でも最後でドロニア型に庇われるとことかドロニア様の声が聞こえた時はちょっと涙腺が潤みました。新年初泣き。
その後のドロニア様の語りで「ルカ狂っちゃったの!!?そんなん悲しすぎるやん!死ぬのが狂うに変わっただけなら助けた意味ないやん!」とめっちゃ思ってたら、ホントに最後のエピローグでは思ってたより普通だったのでホッとした。まあ誰もいない世界でひとりきり、ってのは変わらないし、「悲しい」という感情が欠けたからこそあそこまで普通だったのかもしれないけど。
でも世界中の人が死んで唯一生きてるのがルカ(とお腹の子)だけって、それはそれで助けた意味あんの?…と一瞬思っちゃったけど、だとするとこの真EDはまさにルカのためのルート、ルカのための物語だったんなあという感じです。
世界は滅びてもドロニア様やイサラの魂だけは取り戻すことができたし、無駄じゃなかったよね…。

しかしお腹の子は誰の子なんだ?ネルドちゃん?それとも魂の魔女のパワーでなんか産むの?このゲームのことだから産んだ子供と近親ホニャララで子孫を増やして人類再生…とかやるんじゃないのかとエグい予想したけどはっきり「女の子だ」って言ってくれてホッとしました。うん、きっと強い魔女になるからその子だけでもどうにかよその世界へ行けるといいね…。

・というか今更だけどネルドがルカ大好きでドロニアを邪険にしてたことホント今更思い出してああ~~~ってなりました…。
そりゃそうだよね…別人とは言えどドロニアの顔をした人形に仲間を殺されまくったんだから、そりゃドロニアの顔なんか見たくもないよね…ルカのことも本気で好きだったんだよね…はぁ…。

・一応真ラスボス撃破記念スクショ。

2018-01-08-012426.jpg

ゆうてオルニットはずーっと攻略サイト見ながらやってたし難易度も「やさしい」なんでかなり楽勝でしたけどね…。でも1ターン目の範囲即死はめんどくさくて立て直すのにかなり時間かかりました。白薔薇のカブンで「白薔薇ノ騎士(毎ターン代償ダメージ受ける自己バフ)」かけたら起こしても起こしてもターン終了の代償ダメで死ぬっていうアホなことしてたせいで無駄に手間取った…。いやでも普通死んだらバフって消えるモンだと思わない?

・ラスダンの最終フロアのBGMは「ああ~~~~」ってなったしEDロールの曲も既にサントラで飽きるほど聞いたってのに「やっぱいい曲だあ…」ってなりました。
サントラの最後の歌入りの曲が流れてさわやかに終わると思ったらこの曲なんだね…でもこの終わり方だとこっちの方がしっくりくる…。ルフランのノスタルジックな曲めっちゃ好き…。

◆ルフランで何が一番楽しかったか?って考えるとダンジョン探索やストーリーはもちろん面白かったけど、地味に楽しい&気付けばあっという間に時間が過ぎてた…っていうのは圧倒的に編成&育成計画を立ててる時間だった。

探索用、育成用、ボス用と、最低限編成をいじるだけでもめーーーっちゃ時間かかってました。ダンジョン探索やストーリーパートより確実に時間食われたな…。このあーだーこーだ考えてる時間が楽しいんですけど。
でも最終的にはキャラ増えすぎて育成計画とか分からんくなってきたので、ついに自分でメモとって転職させてました。

galoR13.jpg

グラとか名前とか、一応自分なりに分かりやすいようにイメージ付けてやってたんですけどね。さすがに大量のキャラを作って転職させてってやってると、「このキャラは次どうするんだっけ?」「この職は最終的に何人になるんだ?」「このグラ誰にしよう?」とかそういうのがどんどん分からなくなってきて…。間を空けながらプレイしてたのもありますけど。

そしてこんだけキャラ育成しても、最終的にラスボスPTに入ったのはこんくらい。

2018-01-08-013848.jpg

道中ではデモンリーパーの高火力範囲攻撃がかなり役立ったので優遇して育ててたんですが、ボス戦って基本単体だし別にいらなくない…?防具も少ないし心もとないし…って思って一人しか入れませんでした。

・自分で作ったキャラやジョブについてはあっさいことしか言えないので割愛。
いやキャラについては本当に適当だったというか…こういうところで時間使うのイヤだったので、フィーリングで名前もグラもほぼ即断即決だったので語ることがない。
せっかくのキャラメイク式RPGなんだからもうちょっと自作キャラに愛着持てばもっと楽しくなった気もしますが、私の愛はカネサンだけに注がれていたのだった…。

2018-01-08-013935.jpg

因果数が91なので666の書に入れず、月光の書とかで無理やりレベリングして最後にはまあ90代にはなった。
でもさすがに徳(アニマクラリティ)を積んだオカゲで、70代くらいからじゅーぶん戦力になってました。単体火力がずば抜けてる。
他のキャラも何人かは最終的には兼さんと同等かそれ以上に徳を積んでましたが、40程度でも初期段階のキャラと比べるとはっきり戦力差がありますね。アニマクラリティカンストとかなると相当な強さになりそうです。

・キャラメイク式RPGは他には世界樹くらいしかやったことないのであんまりあれこれ言うこともできないんですが、やっぱルフランの「人形に魂を移す」という設定はかなり個性的で面白かったです。
もちろん人によっては生身の冒険者設定のキャラと同じように人形の個性を認めて普通に愛でることもできるんでしょうが、ルフランは徹底的にキャラを手駒捨て駒として使えるようになってる。
他のゲームでもピンチに陥った時、苦肉の策として「このキャラを助けるためにこのキャラに犠牲になってもらう」っていう生贄捨て駒戦法をとることってあると思いますが、ルフランの場合それがシステムとして正当化&奨励されてる感じ。「誰かを助けるために」ではなく攻略を楽にするために、積極的に生贄を捧げられるようになってる。

まあ私はメタ解釈もロールプレイも中途半端にやるタイプなんで、「適度にキャラを愛でつつ転職はさせまくるけど生贄は絶対使わない」って方針でやってたんですけど…。
でも生贄を真面目に戦略として使うなら、「初期の弱キャラは生贄で下積みさせる」「保険用のキャラがカンストしたら経験値ゼロの生贄枠に入れる」「生贄用に新キャラを作り壊れたら廃棄」みたいな発想はぽんぽん思いつくし、それを本当に実行した時の旅団の空気、人形たちの関係はどうなるんだろう?って想像するとしかないですよね…。
そういうのが好きな人にはたまらないゲームだと思います。闇妄想が捗る。

◆という感じのルフランプレイ日記でした。
最初は「サクッとクリアしてVitaの容量減らそう!」と思ってクリア間際のルフラン再開したんですが、キャラの育成編成に時間かかかりすぎたため消すのがもったいなくなってきました…。
最終的には消すと思うんだけどもうちょっとこのままにさせて…。
スポンサーサイト

楽しい楽しいレベルあげ

ルフランはもうクリアするまで感想書かない予定だったんですが、まだまだかかりそうなので経過報告でも。

・と言っても実はちょっと投げ出す気でした。
ちょっと前にツイッターで発狂してたのを見た人がいるかもしれませんが、

エクストラルートに入るためには各地の裏ボスを倒す必要がある
→その裏ボスのうちの一人を倒すためにクリアしておかなきゃいけない依頼がある
→その依頼で必要なアイテムがなかなか手に入らない

個人的にはもうサクッとボス巡りしてエクストラルート入って真ED見る気満々だったので、今になってボスを倒す前条件を整えるために何回もトレジャーマラソンするのがほんとめんどくさくて。やまびこ芋虫っていうんですけど。

galoR12 001

ちなみに他の依頼は全部クリア済、放置してたひとつがよりによって裏ボス条件だったというのも萎えポイントでした…。

本当に全然手に入らなくてだんだんイライラしてきて、「イライラしてまでゲームするな!!!」がモットーの私は一度はルフランを投げる決意もしたんですが、「この苛立ちをブログに書きなぐるためにスクショ撮りにいこ…いかに出ないか延々と語ってやろう…」と最後にもう1回ロサンテプスに潜ってみたら、

galoR12 002

拾いました。
かくして罵詈雑言記事は書かずに済んだ訳です。よかったよかった。

・そんなわけで各地のボス撃破~。スクショは全部は撮ってないけど。

galoR12 003

galoR12 004

galoR12 005

大公女のラストはちょっとした衝撃でした。ドMの鏡。ルフランぽいラストだったと思います。

・でもってエクストラルート突入、現在アズールカンパニュラを攻略してる途中です。

galoR12 006

裏ボス巡りかどっかでもらった月光の書に、エクストラルートに入ってからはマズルカの書やムカデが落とす書、666の書など、経験値効率の良い書がモリモリ落ちるので、今になって本格的にレベル上げパート開始したって感じ。

・現在のレベル上げ編成を一応貼ってみる。

galoR12 007

まあ貼ってみても出撃のたびにコロコロ編成変わるんですけど。あーだーこーだ考えながらやってると編成時間めっちゃかかる…。そのウダウダやってる感じが楽しいといえば楽しい。

エクストラルートでは雑魚敵の経験値もそこそおいしいし、キャリーアップしながらアズールメルムでメタスラ狩れたらあっという間にモリモリ育っていくから楽しいです。一度に一気に転生させると戦力的に怪しくなるし、転生させて強くなるほどレベル上がるペースが遅くなるので、カンストしたら即転生♪みたいに気楽にはできないんですけど。

galoR12 009

なのでもう転生させない人とさせる人を決めて、させない人はカンストのまま放置→もしもの時には前衛に出てもらう、という方針でやることにしたら、けっこう迷いなくゴリゴリ転生できるようになりました。まあ保険に取ってるこの人たち、結局ほとんど前線に出ず腐ってるだけになってるので、いっそ転生させてもいいとは思うんですが…。でもやっぱいなくなると心細いし。

・ちなみにマイフェイバリット兼さんは、無事猫耳ゴスロリゴシックペリアから強スキルを継承した後、マッドラプターに転生→カンストして再びマッドラプターになったところです。

galoR12 008

アニマグラリティも溜まってきた。
マッドラプターは男キャラもいるんだけど、トレイとキングでイメージ固まっちゃったしもう一人の鬼太郎は兼さんぽくないので、いっそ女キャラのが兼みがあるかと思って…。
まあ実際兼さんとはゼンゼン違うんだけど、やっぱり「生身の人間を雇う」ではなく「人形兵に魂を移す」設定なので外見が違ってても気持ち的にはあまり違和感ありません。他の人には絶対共感されないだろうけどああこれはウチの兼さんだな、みたいな感じ。他キャラも同様に、男→女に転生させてもその逆もあんまり抵抗ありません。

ゴシペのオラオラボイスはパン屋のマリィの兼ね役だったのに対し、マッドラプターの厳しめお姉さんボイスはマズルカ?(か分かんないけどたぶんメインキャラの声)だったのも個人的にポイントです。いや声優さんに罪はないけど。パン屋のマリィが脳裏に過るのはちょっとすまん…。他キャラならまだしも最推兼さんの声だから妥協できなくて…。

兼さんはたぶんこれが最後の転生になるのかな~。
どのキャラも70前後まで後衛で経験値吸わせて80前後から前衛に出して活躍し、カンストしたらまた転生…という流れでやってるんですが、そうしてるといかんせん前線で活躍してる期間が短いんですよね…。
カンストのまま放置も経験値がモッタイナイけど、やっぱりかっこよく活躍してるところも見たいので、育成もほどほどにしないとなあ。兼さんは666の書にも入れないし…。悲しきかな因果数91…。

・攻略はアズーラカンパニュラまで到達したものの魔女嘆願のお芋クエを放置してたので、今メルムで芋集めてるとこです。
ここでレベル上げしつつトレジャーマラソンして、依頼達成したら本格的にカンパニュラ攻略しようかなと考え中。

◆というルフランエクストラルート途中経過でした。

世界の危機四か月くらい放置してごめん

◎ネタバレ注意◎

・つってもラスダン(テネス)探索は楽しくってサクサク終わったんですが、ラスボス(幼体)に勝てずレベリングがめんどくさくて長らく放置してました…。
レベリングにあまり良い狩場がない(死神狩りはかなり運が絡むからリセマラ必須だし、テネスの陽炎夫人は沸きが遅い)こと、
一軍で使っていた初期~中期のメンツが次々カンストし始めてレベル上げに張り合いがなくなったとこらへんがやる気減少の原因ですかね。

でも先日とある方の記事で難易度下げられることを思い出して、「もうそれでサクッとED見ればいいじゃん!!!!」と思い立ってとりあえずノーマルED見てきました。
優しい世界ほんまめっちゃ優しかった…。ストーリー面白かったのにこんなに間空くとさすがに記憶があやふやになっちゃうし、こんなことならさっさと難易度下げてりゃ良かった…。

・もはやどこで会ったかも忘れた妖精王さん。

galoR11 001

カンパニュラだっけ…?戦うと思ってたら特に何事もなく拍子抜けた気がする。

・そしてどういう流れで棺の間に行ったんだっけ…?

galoR11 002

このへんで明かされる過去はかなり衝撃的だった気がする。
バーバはかなりの悪徳大魔女だと思ってはいたけど、まさか世界を滅ぼすほどの災厄だったとは。
ここで死都アマデウスでよく分からなかったことがちょっとスッキリした気がします。いやアマデウスのエピソードもあんまり覚えてないんですが、大魔女フルーラがこの街をかろうじて守った、みたいな話だったのに、フルーラが渡した鍵が偽物だったってのはどういうことなの??とそのへん混乱してたんですよね。あの鍵は最初から最後までずっと偽物で、アシキモノを封じてたのは結局オラクルのような特別な人間だったのかな…?

・ここでようやくOPの謎空間キター!

galoR11 005

謎空間で聞こえる声ってイサラと一緒だよね…?と思ってたらなるほどね~~~~って感じでした。
ネルドちゃんが幼女ルカに優しい理由も納得。ロリコンじゃなくて良かった…。そこ何気に本気で心配してた…。
世界で生き残った最後の数名ってなると、もう仲間とか同志とかそんな言葉じゃ済まされないほど強い絆だろうしね。

・テネスのギミックも面白かったです。
チキンな私はカルマ99になるたびいちいち帰還してスケープゴートしてましたが。

galoR11 007

ぞわっとしたのはやっぱメイリィ。
なるほど姉妹だったのか…。なんとなく街に若い娘が少ないからお互い対抗してたのかなと思ってたけど、普通に考えたら他にもモブはいるだろうし貴族と庶民の娘がお互い張り合う訳ないよね。
けどメイリィがいたから妹は最後の一線だけは踏み外さずにいられてた、というのはなんつーか…メイリィにとっては嬉しくないだろうけど支えになってたんだな。でも逆に妹が先にいなくなれば、メイリィは普通にコンプレックスから解放されて生き生きしそうなのがまた皮肉なトコ。

・ニムトの話は怖い、というよりどっちかってーと安心した。

galoR11 008

フリッツはいかがわしい感じの愛玩人形ではなく子供セラピーとして一緒にいただけだったんだね…。よかった…。

・ラスボス戦に関しては最初は編成とかカブンとか色々考えて、クリア時のスクショも貼ろうと思ってましたが、難易度イージーならなんかもうテキトーにゴリ押ししてるだけで勝てちゃったのでいちいち貼るまでもない…。

・そしてノーマルED。

galoR11 009

あ~~ね…振り返るなよ!絶対振り返るなよ!!!と思ってたらこれだよ!!!
逆のことばかり言うドロニアおばちゃんと、すべてを分かってるルカ切ない…。
これはノーマルEDだけど、まあ世界の真理として死者は生き返るべきじゃない、と分かるので、後味が悪い感じはあまりない。哀しいけどしょうがないよねっていう感じ。「夕闇のドロニア」の二つ名回収もしたし。

・でもね~~~やっぱさ~~~~~~・・・
幸せになってほしいじゃん。。。。ご都合でもいいからハッピーED見たいじゃん。。。。。
エクストラやるか・・・・。

正直私は強敵と戦いたいという願望がなく、RPGでよくあるクリア後のボスラッシュ!とか何回でも過去のボスと戦えるよ!とかそういうのには興味がない。ダンジョン探索してる方が楽しいし、むしろボス戦で何ターンもかけたのに結局ジリ貧で負けたりするとしばらく萎えるタイプ。
なので各地の裏ボス倒して更にエクストラで強敵を倒して~…というのは個人的にはかなりシンドイ作業なんだけど、難易度イージーなら大丈夫そうかな。裏ボスも何人かはそれと知らずに既に撃破してるので、この流れでちゃっちゃと倒してエクストラED目指したいと思います。

カンストしてるキャラは最初期から一度も魂移しせず完全に素、というキャラも少なくないんだけど、今から育てるのシンドイしまーイージーならいける…と願ってる。

◆サントラもがっつり聴きました。

クリア前から何回も聴いてすっかり定番の作業用BGMになりました。
アレンジ、というより入りと最後を一つの曲としてきちんと処理したという感じ。
具体的に言うとゲーム内だとループするようになってる戦闘BGMとかフィールドBGMとかそういうやつがちゃんとした一曲になってる、って感じですね。FOでふわーっと終わるよりかはずっと良かったです。
オススメ!!…と言いたいとこだけど、ゲームのサントラってゲームの思い出補正が入るので未プレイの人が聴くとまた印象違うかもしれませんね。

ルフラン!ルフラン!ルフラン!

基本的にダンジョン一つクリアするごとに記事を上げる予定だったんですが、続きが気になり過ぎて「ちょっと入り口だけ」「あとちょっと」「もうちょっと」「ここまで来たら行くしかないよなあ!!?」
と言う感じでドロニア様の過去(ロサテンプス)と海上の死都アマデウス、立て続けにクリアしてきました。
だっても~~~~面白いんだもの~~~~~!!!気になるんだものーーーーーーー!!!!

※今更言っておくとこのブログは基本的にネタバレ全開、今回は特に真相に触れてるのでプレイする予定の方は絶対に見ない方が良いです。

◆ドロニア様の記憶ロサテンプス。
・ヘビーな学生時代については何も言うまい。
ただ気になることは今回もあって、

galoR10 005

百合いじめられっ子マリアの声がマリエッタと同じことには気付いてましたが、いかんせんこのゲームは百合が多いのと兼役もたびたび見られるのとで、別人と判断してました。が、片目が塞がったとみるとこれはマリエッタと同一人物確定みたいですね。
気になるのは現在のドロニアが彼女に気付かないこと。栗やクラウスのことと言い、過去の記憶は確かに封印されてるのに実質抜け落ちてる記憶がちょくちょくあるんですよね。
クラウス側、マリエッタ側は実は覚えてるのかもしれませんが、今までの言動で特に「実は知ってる」と匂わせるようなものはなかったような…?

・イサラと別れた後子供を身ごもったと聞いて、「あ~~~これはルカ」とようやく関係が見えました。
最初何度かドロニア「おばちゃん」って呼んでましたからね…母親の友達ならおばちゃんって呼ぶのも納得。

・ロサテンプスは上下が逆になるマップもあり、幻想的な雰囲気が面白かったです。
しかし重力が反転してる間、天井に張り付いてる敵と普通にエンカしたのはビックリしました。

galoR10 006

なかなか不思議な光景。
しかし上下でぐるぐる視界が回るとほんのりと気持ち悪くなって休憩せざるを得なくなった。三半規管弱すぎる…マイクラ系ゲームは5分プレイしたら酔う程度には弱い三半規管ですまない…。

◆続いて死都アマデウスに突撃。
・ルカに魔力を注ぐから今回旅のサポートができない…と言われたので警戒してたんですが、特に何事もなく終わった。ダンジョン内のスキルが使えなくなったり戦闘後の自動回復ができなくなるとかてっきりそういうもんがあるのかと。

・謎の少女ポルテと不思議な都が気になり過ぎてどんどん攻略。
ここのダンジョンはうら寂しいBGMもすげー良かった…。サントラほしい…。
オラクルの正体、ポルテの正体はなかなかにスゴイものでしたが、個人的にグッときたのはホーリーの正体でした。

galoR10 018

まったく関係のない二人にも、強い思いがあれば惹かれることもある。
狂言回しのような口ぶりで、一人称からしてもまったく女性を感じさせないホーリーだからこそ、いっそう「魂」という存在を感じさせる気がする。

◆その後の目まぐるしい展開には本当に目が回るーーー!!

・とりあえずルカが息を吹き返していつもの非道ドロニア様が帰ってきたー!!

galoR10 019

容赦ないゲンコツも今は懐かしいよドロニア様。

・それは良かったものの、過去にも現在にも衝撃の事実がテンコモリで…。

galoR10 020

ほぇええええ(´゚д゚`)

galoR10 021

ふぁあああああああ(´゚д゚`)

どこか不気味で狂暴な住人の謎がすっきり解決。あらくれ者のクラウスがこんなところでしれっと執事やってるのにも納得。
ただのパン屋の娘がやたら性格悪かったのも、メイリィの死後いきなりユリエッタが美しさに固執しだしてベロニアを襲撃したのも納得…。メイリィというブサイクが近くにいたからユリエッタは尊厳を保ててたのに、それがいなくなったから美しいベロニアがどうしても気に入らなくなって…という流れかな。

全員が犯罪者だと思うとこちらのイメージもガラリと変わり、「こうなると細工屋のニムト怖いな…」と思ってたらハイ、三回目のデッドED。
案の定一番ヤバイやつだったよニムト!体格は良いのに知能は低いって一番危ないやつ!
フリッツが消えてニムトがそうなったというのは、フリッツが「お人形」としていかがわしい役割をしていたのではなく、フリッツの存在がニムトの支えになったという方向で解釈させてください…。
そしてフリッツの罪というのは飢えた子供が必要に迫られて万引きしたとかその程度であってほしい。

・ドロニア様の正体もついに明らかに。
局所的に記憶が抜け落ちてるのは、一度死んで蘇生したからということでいいのかな。
明言はされなかったけど、今までのエピソードを見るにバルティーニは童貞貴族ということでいいんですよね。蜘蛛の姿に身を落として記憶を失っても娘の傍にいたいと願う父の愛が尊い。お坊ちゃまの童貞貴族と思いきやいいやつやん…。

・フルネラも人形だということが分かりましたが、ロリのままでいるということはオリジナルはとっくに死んでるということでいいのかな。
「厄の魔女フルーラ」といういわくつきの大魔女と名前が少し似てることはただの偶然の一致なのかな。

・クラウスについては分かったものの、未だ気になるのはマリエッタの存在。
市長の話を聞くとマリエッタも罪人であり死人ということになる。ドロニアの回想内ではマリエッタは大した罪は犯してなかったけど、作中では人を刺すことに割と躊躇ないので、シスターとして働くうちに罪を犯して死亡して…という線は大いにある。
のだけど、内なる声に導かれて一度レキテイを燃やしたことは未だに謎。
でもって市長の話だと「穢れ人に連れ去られていなくなるとその人の記憶を失う、いなかったことになる」ということになってますが、今回マリエッタは「メイリィさんがいなくなったので、今この町にはパン屋がないのです」みたいなこと言ってなかったっけ…?まだまだ匂うぞマリエッタ。

◆という訳で、波乱も収まらないままいよいよカンパニュラ奥地を探索することになりました。
序盤でウッカリ落ちてヒィヒィ言いながら逃げ帰ったところですね!その後もダンジョンをクリアするたびにレベル上げがてらに地道に探索を続けてましたが、いよいよようやく、という感じです。

フルネラの襲撃はなんとか凌いだものの、市長からは未だに追われる身だし今後の展開に目が離せないー!!

◆いよいよ大所帯になってきたキャラ育成の方も。

・戦力は間に合ってるんだけど、カブンの空きに誰も入れないのもモッタイナイので、とりあえずどの職でも速さ補正スキルを生かせるマッドラプターを作成。

galoR10 002

名前は男女両方いけるように中性的にしました。

galoR10 007

自己中でニヒルって最悪な気がする…。

・そんなシノさんもサポート枠でとっととスキルを取ったら、DMPが何かと便利なマージにサクッと転職。

galoR10 008

このグラの子二人目なんですがまあ細かいことは気にしない。ちゃんと育てるかわかんないし。

・ドエムマスターを覚えたマクベスも転職させることに。魔法使いとしては古株だけど、見た目重視プレイヤーなのでスマン。

galoR10 011

記念に性格診断してみたら「完璧主義で凡人」という同人的にはなかなか美味しい設定でした。
元ネタ(FEif)のマクベスっぽい。

galoR10 012

生まれ変わって性別まで変わっちゃったマクベス。今は鉄壁の書のサポート枠で育成中。ドエムマスターってスキルが壁と相性抜群なので、育てば強くなると思う。育てば。

・枠が余りまくってるのでデモンリーパーも一人作成。

galoR10 009

名前はイメージ。まだ一度も戦闘に出してないのでどんな子かは分からない。スキル取ったら他のアタッカーに転職させてもいいかなーと思ってる。

・枠が開いたらとりあえずサポ枠には誰か入れたいし、転職時の有用スキルを持ってる職としてマッドラプター、メイジ、ゴシペあたりはもう量産することにしました。

galoR10 010

galoR10 014

galoR10 013

galoR10 015

さすがにこういう用途で作ったキャラは今後紹介しなくてもいいかな。

◆初期からいるキャラの性格診断もちょくちょくやってる。

・幸運の踊り子、更にはエロスマスターや呪鐘マスターとして今や引っ張りだこの渚君。

galoR10 004

天真爛漫に見えて実は凡人。か、かわええ…。必死に背伸びしてがんばってる感…。

・同僚のトレイが女の子になっちゃったため、急きょ主席マッドラプターの座に座ることになったキング。

galoR10 003

声はクール系のイケメンボイスなのに、猪突猛進で熱血漢というとんでもなく暑苦しいやつと判明。どうすんだこれ。

◆現在の編成こんな感じ。

galoR10 001

白薔薇の書と魔女の大隊の書が加わり、さらにエロスの書の中央にナギが入れるようになり、一時はサポート枠に入る人が足りないくらいまでなりました。
白薔薇の書は文句なしに強いと思うけど、魔女の大隊は何気に他回復スキルがないので、ボス戦とかは中隊の方がいいのかな。サポ枠の経験値がほしいので道中は大隊を遣ってますが。

個人的に気になってるのはコスト99のオタサーの姫の書ですね…正式名称忘れたけど…。育てたいけど後回しになってる。
魔法使い枠にペコーの書、壁枠に鉄壁の書もずーーーっと使ってるのでこのへんもそろそろ他のがほしいんですが、結局優秀なので使い続けてます。
面白そうな書はたくさんもらえるけど、クセが強いの多すぎるんだよなあ…。
魂がたくさん手に入るようになり金銭的にも余裕ができたので、生贄系の書も使えるっちゃ使えるんですが、まだ私はそこまで割り切って非道にはなれない…。

◆というルフランプレイ日記でした。

galoR10 016

マナオーバーを利用して経験値稼ぎする方法をようやく学んだ。
ちょっと面倒だけどこれ利用すればかなり育成が楽になりそうなので、ウチの兼さんを早く強くしてやりたい…!

この世に友情などない、すべては愛情だ。

◆フェーヌム後半からウンブラまでクリアしてきました。

・攻略サイトをちょくちょく見ながらメルム帝国でレベリング。ついでに色んなとこで宝箱回収。
カンパニュラの3F以降の地下探索はまだ早いっぽいし、メルムの地下も怪しげな空間見つけたけどまだ怖い。
ってことでトロールを問題なく狩れるようになったくらい育ててからフェーヌムボス倒してきました。
その後ミノムシ公に報告しに行くついでにマルコの家に寄ってみたら…。

galoR8 003

何故かボロボロに傷付いたトビー。
えっこれは…あっ・・・・・。

更にその後(ウンブラ後半くらい)もう一度訪れてみると、入り口のところで突然蜂に襲われた。
やたら雑魚蜂を召喚してきたけど本当にワンパンの雑魚だし、本体はハチの巣だしで楽勝で勝てたんだけれども、

galoR8 019

あっ・・・・・・・・・。

思えばトビーには初対面でだまし討ちのように原生林に閉じ込められたのだけど、ニコルがどういう立ち位置なのかははっきりしてなかったんですよね。原生林で時々聞こえてくる不吉な住民(?)の声も、「悪魔が来た!」とかそういう攻撃的なのばっかだけど、ニコルに対しては「ニコルは人間だけど好き!」「ニコルはいい人!」みたいな感じで慕われてるのが伝わってきた。
目の見えないニコルのために、トビー達は旅人を誘い込んでは栄養にしてたってことか…。
けど花妖精を食ってたのは別の怪物だから関係ないのかな。

◆旅団の話いろいろ。
・フェーヌムクリア後にキャラの裏の性格が分かるようになったのでさっそく診断。

galoR8 001

表が勇敢で裏がニヒルな兼さん。
あ~~~~ぽい!ぽいね兼さん!!
でも私のことだから裏の性格がどんなんでも「いいね!逆にいいね!!!!」って言いそうである。「天真爛漫」とか「寂しがり」とか「情熱家」とかなんでもおいしい。

・診断するのに一回一回マナを消費するので全員は調べてないですがお世話になってる初期メンを中心に何人か診断。

galoR8 005

皆の壁、チャマは頑固に見えて実は熱血漢。めっちゃいいヤツやんチャマ…。少年漫画に主人公の師匠役として出ろよ…。

・最近鎌持って活躍してるエイト君。

galoR8 007

熱血漢だけど実はしっかり者。めっちゃいいやつやん…。少年漫画で主人公やれよ…。

◆ウンブラの一部にマナプリズンが確定で出てくる場所を見つけたので、迷うついでに何回か通って輝く魂集め→何人か作成。

・思えば踊り子有能なのに男女一体ずつしか作ってなかったよな、と思い出して踊り子男子二人目。

galoR8 006

名前は見た目で付けただけで特に意味はない。

・エイトの活躍で最近アステルナイトの株が上がってるので作った二人目アステル男子。

galoR8 009

褐色の眼帯と言えばFEifのゼロだった。でもボイスは中二でどっちかというとウードだった。

・魔法使いは有能だからとりあえず全員作っとくか~、という訳で魔法使い最後の六人目。

galoR8 010

髪形がワンピのナミぽかったけどぽっちゃり系なので間を取って(?)みかんちゃんになりました。
性格がひどいことになってますが、せっかくなら新しく解放された性格使いたいし、ステ補正が魔法使いに向いてるかなと思って…。

・シノブシのグラはかっこいいんだ…、グラだけは…。

galoR8 012

情け深い武士というイメージだけは素晴らしい。イメージ全振り。

・最近ようやく弓つかいの有用性に気付いたので、女マッドラプター作成。グラは元々全部好き。

galoR8 013

黒髪ショートヘアのお姉さんということでクサナギさん。攻殻機動隊は名前くらいしか知らないにわにわのにわなのでご容赦ください。

◆フェーヌムクリア後、いよいよ待ちに待った魂移しが解禁。

・今や完全に後ろで鐘を鳴らす係だった兼さんをなんとか活躍させたい!前に立ってがんがん戦えるような強職に就かせてやりたい!!
という訳でこうなりました。

galoR8 004

新生☆撲殺猫耳カネサン爆誕☆
いや、先輩ゴシペのピトーが強すぎたから兼さんもそうなれればいいなって思って…。
別に私に特殊な性癖がある訳じゃないし…ゴシペは男女の性別がなくて中性だし…。ほら髪が黒くて長いところとか似てるでしょ…。よく見れば前髪もM字に見えないこともないよ…。

・でもってウンブラで目覚ましい活躍をしてくれたマッドラプタートレイ君。

galoR8 022

たまたま装備させてた弓に驚愕付与補正が付いてたオカゲか、先手で殴る→驚愕で敵を一体行動不能にさせる動きにめっちゃ助けられた。
そんな感じでマッドラプターの株が私の中で上がりまくり、長らくサポーターにいたキングも前線に出るようになったのですが、ふと思った。
マッドラプターの速さ補正スキルを鈍足職に渡せばめっちゃ強くなるんじゃないか…?
具体的に言うならゴシックペリア。ピトー先輩の火力はめっちゃ魅力なんだけど、やっぱり職業通り遅くて攻撃が最遅になるとか日常茶飯事。
ここでウィキとか育成オススメとかを見てみると、やっぱりマッドラプターで速さ上昇スキルを取ってから他職へ持っていく、というルートがあらゆる職でオススメされていた。なんつっても速さ大正義だもんね~。

galoR8 014

という訳でほがらかに女たらしてそうなトレイの裏の性格が凡人だと判明したところで、トレイもジョブチェーーーンジ!!

galoR8 023

ゴシペ三枚目のめちゃめちゃ可愛い人形に生まれ変わりました。
まさか女たらしのトレイがきゅるんきゅるん猫耳になるとは、あらゆる意味で業が深い…。好感度上がる時にチャラそうなボイスで「好きだぜ!」って言うとことか好きだったよ…。いやでも中性だからこれ…。

・ただ今回の魂移しで、兼さんのアニマグラフィティはようやく4になったのに対し、トレイは8。
アニマグラフィティ4は輝く小瓶使うと4で生まれるから、兼さんはようやくスタート地点に立ったという感じ。
更に兼さんは器用さ自慢を受け継いで、それはそれでまあハンマーの低命中を補えるんだけれども、トレイのスピード自慢の方が鈍足ゴシペにとっては有用…な、気がする。
となると兼さんは今後トレイと張り合っても負け越すのが目に見えてるので、これはまた別の職にするべきなのか(´・ω・`)と悩んでます。
このゲームは別に転職しなくてもストーリークリアするくらいなら問題ないらしいし、あんまりホイホイ転職させたら逆にパッとしなくなるとかよくあることなんですけどね…。FEとかもそうだったし。ましてルフランは転職でレベルリセットされるしステ引き継がれるとかないし。

でもやっぱ私は兼さんに強くなってほしいので、ゴシペでスキル取った後はマッドラプターとして生まれ変わってほしいなあとかぼんやり考えてます。
でも固有スキル受け継ぐならカンストまで育成必須…。その頃にはもうクリアしてるかもしれない…。

・その他キャラの育成(魂移し)については、あんまり考えてません。
ちょくちょくウィキ見て調べてみたんだけど、フォートレスはそのままでもじゅーぶん強いようだし実際不都合を感じてない。強いて言うならドナムマスターからドエムマスターを引き継げばもっと鉄壁になるかな~程度。ドナムマスターは六人作っちゃったので、いずれその中から一人転職させてもいいかなと思ってる。

トレイがゴシペになったことで更に活躍が期待されるマッドラプターのキングは、ウンブラクリア後に解放されたデモンリーパーにそのうち転職させたいと思ってる。
ただデモンリーパーにするなら固有スキルのアヴォイダンスを引き継ぎたい…ロマンしたい…!でもカンストした頃には以下略。

せっかく解禁されたデモンリーパーも、そのまま使うべきか何かを経由すべきか悩んでまだ作ってません。グラが細っこい幼女であんま惹かれないってのもありますが。有用スキルがいくつかあるから、他職に持ってくためにとりあえず一人は作っとくべきかなー。いつかピトー先輩を転職させるのもアリかなと思ってるんですが。

・という訳でウンブラはこんな編成でクリアしました。

galoR9 001

まだ男の子のトレイがいる編成。
エロス溢れる書は名前も技名もネタ過ぎるけど、おっぱいテロルが強すぎる!配置できる人数も多いので、アタッカーに物理職入れても後衛にメイジがいれば普通に高威力出ます。燃費もいいし。しかしおっぱいテロルは別に女性専用じゃないんだよな…。硬そうなキングとぽよぽよのダルがおっぱいテロルしてんだよな…本当にテロやん…。

フォートレスのカブンは探索用で、途中からは鉄壁の書に切り替え。
鉄壁の書には挑発がないことがネックなんだけど、あらゆる物理属性防御UPバフ&あらゆる魔法属性防御UPバフがちょー強い。しかも全体。

ウンブラのボスの蠅戦は初戦負けました(中ボスと大ボスの強さの差ひどくないかこのゲーム)。
けどほとんど触ってなかった合成に手を付けてみると、ステが200~300くらいゴリッと上がり、一気に大幅戦力アップ。
あとは炎耐性のアクセなんかをいくつか付けて、鉄壁カブンのバフを切らさないようにすればかなり安定して勝てました。

ペコーのカブンは普通に強いけどダンジョン潜ってる間にカンストしてしまったので、男性でも使える大魔撃のカブンもちょくちょく育ててます。正直もう主席メイジはシンクでいい気がするのでずっとペコーのカブン使っていい気もしますが、手に入る経験値は欲しい貧乏性。

◆ストーリー感想いろいろ。

・ウンブラは二つの塔の主の間の抗争(?)に巻き込まれるというような形ですごく面白かったです。
サキュバスのお兄さんに有り金全部持ってかれた時はキレそうになりましたが、大魔王から大量のレジェンド装備に10万円もらえたので文句ナシ。
二度と行かないけどな!!

・アリスの正体もなかなかエグかったけど(うっかり地下で話しかけてボス戦突入してしまった、勝てたけど)
個人的にいちばんエグかったのはこの人ですかね…塔が死体でできてるというとこでもうエグいけど…。

galoR8 020

「鍵を渡す代わりに〇〇してほしい」というのはRPGではお約束中のお約束なお使いイベで、この塔でも何度かお使いを聞いて鍵をもらうのだけど、この男は「もう時間がない!早く!時間がない!!」と連呼するのでイヤな予感はしてた。
フロアを探索して、更にその上の階も探索しても何もなかったので帰ってみると、男は既に死体になって鍵だけが残されているという、なんとも胸の悪くなるようなエピソードでした…。いやこういうのも好きだけどね…。

・メインストーリーではドロニアの過去エピソードが挟まれ色々と面白くなってきた。

galoR8 008

色々と言いたいことはあるけどこの男!
この男めっちゃ悪そうだけど領主の執事やってるクラウスさんだよね??
この時点では単なるならず者でしかないし、ドロニア様は覚えてないのだろうか。

・とかやってるとメイリィに刺されて突然のデッドED!!!

galoR8 015

ほぇぇえええ(´゚д゚`)?????
となりましたよまじで。え?私なんか変なことやっちゃった?これただのイベントだよね?フリだよね?
と思いつつも、

galoR8 016

この念の入れよう。まあ実際そういうイベントだったんですが、「強くおすすめします」というのが芸が細かくてにやけました。

・セーブしたデータをロードしてみると、ルカがドロニア様からナイフを回収してデットED回避。

galoR8 017

殴られただけで終わりました。が、ここでルカが過去改変やっちゃってることって何気にスゴイことですよね…?
ルカには特殊な能力があるの?と、今までになかった説が急浮上。

・あともう一つ気になることがあります。栗の件。
ルカが栗のグラタンを作り、ドロニア様が「栗?どんぐりのことじゃないだろうな?」と怪訝な顔をしてからの「おいしい(*´∀`*)」と即落ちが可愛いほのぼのイベがありました。
けどその後過去の学生編で、イサラが既にドロニアに栗を食べさせて「おいし~~!」ってなってたんですよね。好きな食べ物のこと、ましてやドロニアにとって重要なイサラに関わる食べ物のこと忘れるはずがないし、このへんどうなってんだろ?
ルカのグラタンの時は「お前が栗を買ってくるなんて信じられない」という意味だったんだろうか。でも栗の存在すら知らないような口ぶりだった気がするんだけど…。

あと今回もう一度OPの場所に主人公(レキテイちゃん)が戻りましたが、あの声はイサラってことなのかな。
そこから行くとドロニアの叶えたい願いはイサラ蘇生が安パイですが、このゲームなのでどうなるか分からない。

・ネルドちゃんの笑顔が可愛かったので記念スクショ。

galoR8 018

たびたび旅先で助けてくれてありがとうネルドちゃん。
「俺は今やお前よりレキテイと心が通じ合っているんだ!いわば戦友だ!」みたいなことを言ってくれて、レキテイはちょっとときめいたよ…。本だけど…。

・メイリィのイベントは、
美しいお嬢様=心が汚い
素朴な田舎娘=心が美しい

という童話の王道を外してくるストーリーでした。素朴でブサイクだからと言って、心が美しいとは限らない。当然の真理。
ドロニア様は今回もおおいにヘマしましたが(一回死んだし)、怪我の功名でついにバーバ様を始末し、メイリィにまで罰を与えた大逆転っぷりは素晴らしかったです。ラスボスっぽいバーバ様をここでやっちゃんだ!!?とビックリしました。ただでは終わりそうにないですが‥。

・個人的にイサラの「この世に友情などない、すべては愛情だ。」という台詞は腐女子的には滾る台詞でした。このゲームじゃ百合だけど。
確かに「兄弟愛」とか「師弟愛」とか「親子愛」とかも性的な関係じゃなくても愛は愛だし、「情」というのはすべて「愛」で、その種類や度合が違うだけで全部「愛」なんじゃないかと妙に納得を…愛がゲシュタルト崩壊しそうですが…。

人形兵の好感度が「仲間」とか「戦友」とかを越えると、同性でも問答無用で「情を感じる」「狂おしい愛の奴隷」みたいに変わるのも、イサラのこの台詞から来てるんですかね。

・人形劇もついに終わりを迎えました。

galoR8 021

相も変わらず酷い話でしたが、最後の一文は切ない。
しかし最後の一文だけ切なくしときゃいいってもんじゃねーよとも言いたい。

◆次のダンジョンはなんとドロニア様の精神世界。
話がどんどん動いて楽しい!早く進めたいけど敵の最低レベルがかなり高めでちょっと不安。
育成中のキャラが複数いるのに突っ込んでいいものなのか、またどこかでレベル上げするべきなのか。
まったりやっていきまーす。
| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ