最後の逆転は、切ない。

2017.09.19 22:10|逆転裁判6
五話二日目以降、がーーっとクリアしてきました!!!以下◎ネタバレ注意◎

・いやでも正直悪い予感はずっとあった。
助けられたマヨイちゃんが疲れ切っていたこと。
霊廟でのドゥルクの記憶が異様に曖昧なこと。
トドメに「もう長くは生きられない」でしょ…。

あっこれ・・・・霊媒されてるんじゃ・・・・・って思うよね…。シリーズ経験者ならなおさらね…。

でも個人的にはアマラも霊媒関係で正体が隠されてるんじゃないかと思ってたので、普通に変装だったのはちょっと意外でした。アマラがバアヤの霊(?)を常に召喚してる状態とかそういう感じで。
だからアマラが出てきた時には「そのまんま変装してたんかいっ!」って突っ込むのと同時に、「だったらドゥルクは完全に空回りしてただけだったの…?悪い姉妹の手のひらでコロコロされてただけだったの…??;;;」と悲しくなってこの辺りのくだりから既に号泣してました。が、アマラ様は単純に人が好かっただけ。ということでいいのかな…。
いや妹を気遣う心は美しいけど、ちょっとは旦那のことも信じてやれよと思ったよ…。アマラ様が出てきた時にはガランじゃなくアマラ様がラスボスかと思ったよ…。

・早々に第二形態になったガラン様、(悪役として)かっこよかったです。

6gs26.jpg

この私が悪役です!!ラスボスです!!女傑です!!!って全身で主張してる感じが。もう迷いなくぶっ飛ばせていいよね。
都合が悪くなると「私が法だ!!」と法律の方を書き換え、更には武力でゴリ押しと清々しいまでの悪だった。

・過去にドゥルクがどうしても突き止められず迷宮入りした事件を、今ある手段と道具で「クライン王国らしく」「逆裁らしく」明かしていく過程も素晴らしかった。
この展開だと「写真一枚探しただけで二十数年も何もできなかったドゥルク無能かよ」とはならないもんね。
託宣はドゥルクだけではどうしようもない。ナルホド君とオドロキ君の力があったからこそ用意できた場所だし、ドゥルクが必死で探した証拠があったからこそ色んなことをひっくり返すことができた。

託宣とか霊媒とかのオカルト要素を、真面目に推理ものに取り入れて最大限に生かしていく感じもすっごい新鮮で面白かったです。普通の推理小説じゃなかなか味わえない感覚ですよね。今作は特にオカルト要素が強かったけど、オカルトにはオカルトなりのルールがちゃんとあって推理に練りこんであるので、個人的には全然アリなオカルトでした。

・法であり国そのものであるガランにどうやって対処すればいいのか??
そこんとこのオチも面白かった~~~!!!

6gs27.jpg

最後の最後でネタ持ってくんなや!と思いつつちゃっかり選んだりもしたんですが。
いやーーガランが霊媒できない、ってのは盲点でした。とにかくこの国には霊媒できる人が複数いるから、もっと皆がんがん霊媒しまくってトリックに絡んでくるのかと思ってたんですが、霊媒できなかったとは!
確かにもともと王の資質がなかった、となるとガランのためならなんでもやっちゃう過激派親衛隊も冷めちゃうのも分かる。むしろ過激派だからこそいちばん失望して「裏切られた」と感じるだろうし、まさにここしかないっていう痛快なオチでした。

・そして旅立ちのオドロキ君。

6gs28.jpg

いやもうナユタに誘われた時点で「絶対残った方がいい!!」って思ってたのでこの選択は本当によかった。
逆転裁判7があったらオドロキ君はどうなるのか??レギュラー降格なのか??とはちょっと気がかりですが、これ以上ないくらいきれいな終わり方だったと思うなー。ナルホド君とドゥルク、二人の龍を受け継いだというところが熱い…熱すぎる…!

個人的には軽度の恋愛脳なので、もうオドロキ君はレイファとくっつけばいいんじゃない?とかちょっと思ってます…。いやオドロキ君てあの顔で二十そこそこだから年齢的にダメなのかな?めちゃめちゃめんどくさい小舅もついてくるし、婿入りして王族になったりしたらオドロキ君の胃が穴だらけになってしまうか…。
いやでもナユタと法的にもちゃんと兄弟になるってちょっと熱くない?そうでもない?

◆あとは本筋以外の話いろいろ。

・御剣と久々デート楽しかった。

6gs23.jpg

そういやみっちゃんには相変わらず女の影ないんだろうか。2の検事の子とかヤタガラスの子とかそのへんか?

・ちゃっかりしすぎボクト君。

6gs24.jpg

最初は「まあ発展途上国で観光の仕事やるような子って商売に必死っていうしな~」と、ちょっぴり金に汚いしっかり者の少年、というキャラで見てたんですが、割とガチでヤバい子な気がしてきました。こっそり侵入した挙句女王の秘儀を隠し撮りとかとんでもないぞこいつ…。
でもこういうしっかりした子がオドロキ君の助手とかやってくれたら捗りそう。

・何気にお気に入りキャラだったダッツ氏。

6gs25.jpg

人をおちょくるために生まれてきたのか????というくらい本当にフザケた人なんですがなんか憎めない。
動きや表情の変化が大きいとことか好きだった。

・あと個人的に気になってるのはインガ大臣…。
あの人も初対面の時から悪人の空気がプンプン漂ってましたが、レイファを思う気持ちは本当だったのかな…?
父様が秘宝を求めたのはレイファのため、とレイファが言い出した時には「いやいや可哀そうだけどそれは自分が王位につくためでしょ…」と思ったんですが、今思うと案外それが正しいんじゃないか、という気もする。
だってレイファはアマラの子なんだから、ガランの不義を疑って…とかそういう余地ないもんね?自分と血が繋がってないこと確定だもんね?
それなのに大事な隠し金庫に誕生日を使ったり、クーデターの書類と一緒にアマラ&レイファの写真を隠してたり…。
ガランに騙されてるアマラ様を開放してレイファと親子として過ごさせるために秘宝が必要だった(レイファに力を授ける/自分が力を手に入れて王位に付いてガランを追い出す)、と考えるとここにも切ないストーリーがある気がする…。

◆というわけで、これにて逆裁6終了!
いやーーーー切なかった…!
3話のとこも相当切なかったけど5話のドゥルク関連のとこは予兆を感じたところから泣いてました…しんどかった…。
上でもちょっと書きましたが、推理ものとしても逆裁オンリーの要素である託宣や霊媒を大真面目に扱いながら謎を解いていくのが新鮮ですっごい楽しかったです。ゲームでミステリやるならこれくらいぶっ飛んでる方がゲームらしくていいよね!

・真面目に取り掛かったらあっという間に終わってしまったので、予定通り次はさっさとDQ崩そうと思います。
ただ一応プレイ時間をざっと調べてみると7がずば抜けて長かったので、予定を変更して8から取り掛かることにします。
がんがんやるぞー!ガルモのために!!
スポンサーサイト

ときめき逆転検事

2017.09.17 14:16|逆転裁判6
宣言通りがんがんいくよー!

中途半端ですが四話「寄席」と五話「革命」の途中(秘宝をめぐる法廷が終わったとこ)までプレイしました。
五話は毎回長くなるので覚悟してたけど本当に長くなりそうなのでここでいったん休憩がてら感想文。以下◎ネタバレ注意◎

◆逆転寄席。
・ぶっちゃけナルホド君パートのクライン王国での革命が気になりすぎて、舞台が日本に戻った時は「えええええそんなこといいから革命の話してよ!!」とちょっとがっくりきました。
これからいよいよ革命って時に寄席って…スケールの落差よ…。いやココネちゃんも好きだけどむりにココネ回作らなくていいんじゃない…?的な。
でもちょっとやってみるとめちゃめちゃ楽しかった。
もうずっとココネ回でいい!ユガミ検事が助手してくれるなら!!!

6gs11.jpg
逆転検事みたいにココネちゃんのスピンオフ作ってくれませんかね…逆転心理学とかで…。

・相変わらずナユタ検事はいけ好かないんだけど、ナユタの精神攻撃にユガミが反撃してくれたり、逆手に取ってやり返したり。

6gs14.jpg

こういう煽り行為ココネちゃんにはできないよね~。ココネちゃんにできない荒っぽい役割を引き受けてくれる感じがめっちゃよかった…。

・あとこのモーション?は6が初出なのかな?

6gs16.jpg

このあごクイってやるところがめっちゃかっこよかった。あ~~~やっぱ好きですこういう江戸っこタイプ。

・そんな感じで法廷中は頼れる厳しいセンパイ、という感じだったんだけど、

6gs18.jpg

法廷が終わってからのイチャイチャっぷり!!!
いや特別ベタベタしてる訳じゃないし、口調が著しく変わってるとかじゃないんですが、確実にイチャイチャしてるんですよね。すごいナチュラルにイチャイチャだった…。
しかも最後の最後、ここぞというところでちゃんと名前呼ぶとか心得すぎじゃないかこの男?乙女ゲーに出ろ…。御剣とガリューとユガミを攻略できるときめき検事作ってくれ…。一柳検事が尽ポジでロウ捜査官が隠しキャラで…。
でも「ときめき逆転検事」というネーミングは最後の最後でひっくり返そうでスリリングではある…。コツコツパラメータあげても最後の最後で発想を逆転される可能性ある…。

・顔面だけで言えば美風さん花魁タイプもかなり好みでした。

6gs12.jpg

6gs13.jpg

シュッとした眉と流し目が色っぽい。
こういう中性的な男性も好きなんですよね。通常時は普通に男っぽい顔なのがなお萌える。…まあ美風さんの場合女形というよりガチの女人格だった訳ですが。
一人何役かやる落語家がガチで多重人格だったというのは面白かったです。逆裁ってキャラの個性が激しく強調されるゲームだから、美風さんくらいの演じ分けなら普通にそういう演出だと思っちゃうんですよね。プレイヤーだからこそ騙される面白い仕掛けでした。

・最初からバッルーンの女の子が怪しすぎたので勘ぐってはいましたが、オチは笑いました。

6gs17.jpg

シリアスな感じでウドン生地とか言われても笑っちゃうから!!
ぼよんぼよん美女(?)のバルーンがバルーンだったのは内心ざまあwwwと思いつつ悲しい結末であった…。でもうまいことやるなぁ…とも思った…。

◆続けて五話一日目(VS清木)。
・ドゥルクこんなとこ来ちゃうんかい!!と思いつつ、オドロキ君との距離のある親子感がかわいかった。

6gs19.jpg

クライン王国で見た時はめちゃめちゃ怖い印象しかなかったけど、こうしてみるとただ思春期の息子との接し方がわからないパパだった…。お父ちゃん…。
ドゥルクとの冒険パートも楽しかったです。というか過去の回想みるとオドロキ君とドゥルク、外見にも似てる要素あるんだけどホントにただの育ての父なの?本当の親父じゃないのかな?短髪ドゥルクの襟足の跳ね方とか二股眉毛とかソックリなんだけど。
実はオドロキが実の子でナユタがよその子?取り違えた?それとも実の兄弟?とか色々考えてはみたけど、ちょっとよく分からない。でも絶対この二人似てるよね?

・何気に気になってたハルミちゃん。

6gs20.jpg

見たことあるポーズがいくつも見れて楽しかったです。
これでもう高校生なのか…。でも高校生でもやたらと小柄な子っているよね。

・法廷パートはまさかのオドロキVSナルホド!師弟対決!

6gs21.jpg

ナルホド君を殴りまくるの楽しかったぁあああ!!
ナルホド君の「とりあえず異議あり」も久々に見れて楽しかったです。そしてここでも捕まってるマヨイちゃん。途中から察してたけど、マヨイちゃんはもう通算何回捕まってんでしょうね…。殺人の容疑をかけられた回数を含めたら事件の半数くらいにはマヨイちゃんが絡んでる気がするぞ。そろそろ「事件の影にはやっぱりヤハリ」、を「やっぱりマヨイ」にするべきではないか…。

・軍曹はどうせ実は美少女とかなんだろ、と思ってたのでいざ出てきた時も驚きはなかったんですが

6gs22.jpg

このオチは素直に良かった。
「自分のせいで父が死ぬ羽目になった」と思い悩んでた軍曹の行動で真犯人が挙がり、キレーにトラウマ克服していく流れが見事でした。こういう「過去の弱かった自分、迷っていた自分の行動も無意味じゃなかった」という結末大好きです。

◆という四話&五話途中までの感想文でした。
いや~~~~しかし四話を見るとココネちゃんには完全にユガミですね。ユガココですね。
個人的にはオドロキ×ココネの後輩同士のカップルも好きだったんだけど、これはユガココです。間違いない。

でもそれで男女で二人組作ろうとすると、オドロキ君は自然とみぬきちゃんと組むことになるんですよね…。ドゥルクもみぬきちゃんのことを「嫁にするか?w」みたいに茶化してましたが、この二人って兄妹でしたよね???
いや別に恋愛ゲームじゃないんだから「絶対に年の近い男女はくっつけないといけない」なんて縛りはありませんが、うら若き二人が実は兄妹(当の本人らは知らない)というのは見てる方からすると穏やかな気持ちじゃいられないんですよね…まんま昼ドラ設定なんで…。
早く二人は血がつながってるって教えてやってくれー!そしたらこっちは普通に仲の良い兄妹として見れるからさー!

・何はともあれいよいよ次からクライン王国の革命だ!がんがんやるぞー!

マヨイちゃん二か月くらい放置してごめん

2017.08.12 02:50|逆転裁判6
ものすごく久しぶりの逆裁6、3話クリアしてきたよー!
以下◎ネタバレ注意◎

・つってもCSゲーム記事自体書くの久しぶり過ぎてどのタイミングでスクショ撮ればいいかいまいち分からず、撮りたいシーンがあっても(画像ネタバレ配慮すべき?)とか思って結局全然撮ってなかった。今思うと前回の記事では真犯人の本性出たシーンとか超重要なネタバレ画像普通に張ってるし、何より発売から数年経つゲームだしそこまで気にすることなかったな…。4話ではもうちょっとスクショ撮る。

・とりあえず真っ先に何を撮ると言えばマヨイちゃんですよね。

6gs10.jpg

トノサマン関連になるとシリアスな時でも大ボケにボケた発言をしてくれて、年齢を考えると正直ちょっと痛々しいとこもあるんですが、この切なげフェイスはしっとりしてて色気がある。かわいい。
精神年齢昔のまんまかよ!と思いきや、レイファ様に「ちょっとその言い方はないんじゃないかなあ?^^」とキレるところはかっこよかったし、霊媒するしないの話になった時は「おうおうウチのマヨイちゃんは霊媒できるんやぞコラァ!!今すぐ女王と崇め傅かんかい!!」とニヤニヤしたし、最後にレイファ様を諭すところは年長者の貫禄が出てましたね…。
法廷パートでも隣でめちゃめちゃヒント出してくれてゲーム的にも助かりました。

マヨイちゃんも相当苦労したし何回もナルホド君の推理に付き合ってくれたからね…。ザ・逆裁イチ留置所が似合う女…。二か月くらい留置所で放置してごめん…。

・スクショ撮らなかったけどダッツさん好きでした。
顔はそんなにイケメンって感じじゃないけど、動きが大きくて表情がコロコロ変わるところとか好き。

・まさかのシーンでオドロキ君が出てきたの笑った。
確かにオドロキ君って父方については今まで何も触れられてない状態だったんですよね。かといってこんなとこで繋がるのはムチャクチャ過ぎて「おいwwwwオマエんちの家系どーなってんのwwwwww」ってなりましたが。
何より良かったのはようやく出生に弁護士が絡んできたこと。私は4の時からずっと「オドロキ君はなんで弁護士目指したのよ!?どういうキッカケでナルホド君に憧れたのよ!!?」って言ってたので、ようやくそれっぽい話が聞けそうで楽しみです。

・そして事件の真相。
せつねえええええええ・・・・・・・・・

えっこういうタイプの切なさって今までのシリーズじゃあんまりないタイプじゃない?3のゴドーくらい切なくない?
サーラの犯行を裏付ける決定的な証拠になったのが事件前に撮った幸せな家族写真、というのが切なすぎる…。
しかもこの四人の間で一人が殺し一人が殺され、その罪を別の一人に着せるために最後の一人が自殺する。
ってなんちゅう地獄絵図…。まあオガムは元々革命派のスパイで最初から夫婦に敵意を持っていた、というのがまだ救いか。これでオガムが本当に善良な行き倒れで、夫婦の元で暮らすうちに大臣から隠密を命じられ板挟みに…みたいな葛藤があったらなお救われない。いや結局全然救われてないけど、まあ明確な悪役がいるだけ気持ち的にマシというかね。

・この結末によってレイファ様が国家の真実に気付いたので、4話からはもうちょっと可愛くなってくれたら嬉しい。
託宣自体は証拠としてめちゃめちゃ優秀ですしね。そこにレイファがテキトーに見たままな見解を付けてそれが真実みたいに言っちゃうのがマズイだけで。
3話ラストでついに革命の龍も登場したし、しかも革命派は元は弁護士っていうし、ここから革命派と協力したりレイファを引き込んで国家を揺るがす大改革!!!という熱い展開を期待してる!

・色々面白かったけど個人的に笑ったのはここでした。

6gs09.jpg

歴代検事の攻撃で一番効いてないかコレ!ナルホド君がこんな絶望顔してるの初めて見たぞ!
伝説のヘリクツ弁護士ナルホド君を黙らせるのには、物理的に腕を封じるのが一番効くらしい…。
検事の皆さんは法廷で弁護士を丸め込む際は腕を封じればOKだ!

◆という感想文でした。
なるべくサクサククリアしてしまいたい!
そして終わったら…ドラクエ11をやりたいッ…!!早期購入特典もらえるうちに!!

いまさら逆転する

2017.05.30 17:09|逆転裁判6
逆裁すきすき言いつつ一年経つ頃にようやく買うなんてファンの風上にも置けない。
逆転裁判6、二話まで終わらせてきました。盛大に◎ネタバレ注意◎



・一話はチュートリアルみたいなもんだし~とサクサクやるつもりだったので、スクショはあんまり撮ってないけど、相変わらずキャラのモーションが面白いし進化してる~~!!
一話の真犯人がアコギ風のノスタルジックな曲調からデスメタルに音楽の方向性が変わったのは笑いました。
しかもどっちも普通にいい曲だから余計に笑える。

6gs01.jpg

6gs02.jpg

ボクトきゅんも上のわんころもかわいい~(´▽`*)
ショタが小動物連れてるって反則だよな・・かわいい以外どういう感想を抱けばいいの・・・。

・さすがに異国だからチュートリアルでも「あの人」は出てこないだろう…と思ってたらまさかのアウチでキターーーー(゚∀゚)!!!
とテンション上がったんですが、アウチが思ってたよりクソで本気で殺す気でかかってきてちょっと幻滅しました。アウチはちょっとヘタレで小心者でハゲだけど根はただの小心者だと思ってたのに…。異国でたまたま出会ったかつての戦友(?)を、偏った裁判制度を利用して罠にはめようとするなんて本当に外道じゃねーか…。

・続けて二話みぬきちゃんの話。
みぬきちゃんが大きくなって可愛くなってるし、しょっぱなからショーのムービー挟んだり、法廷でも手品を披露する尋問があったりとやっぱり進化を感じた。

ミミについては最初からうさんくせーなと思ってたので本性は案の定…

6gs04.jpg

かわいいウサギさんからコウモリへと変わる変化も面白いなあ。

6gs05.jpg

と思ってたらド定番中のド定番・双子オチ!
瞬間移動のトリックは双子だったという、単純過ぎてその可能性を疑った方が笑われるので疑いたくもないやつ!
…けど「TRICK」でも歴史を紐解けば初期のマジックはこういう双子トリックが普通に使われてたという小ネタがあったし、こういう単純なのがいちばん効くのかもしれない。

キキがこつんこつん小突いてるこのモーションかわいい。
これ絶対キキの方が依存してるパターンだな。

・ヤマシノPは会場で会った時は小物成金ぽさがいっそ清々しくて好印象だったんですが、

6gs03.jpg

(最初は擦り寄ってくるのにみぬきちゃんの弁護士と知ったとたんこの態度とか)
だんだん典型的なマスゴミになってきて嫌悪感が増してきて、

6gs06.jpg

正体を晒すとこはシビレましたね!!!
成金Pから因縁のマジシャンへの変化がスゴイ!プロデューサー巻きのカーディガンがまさかマジシャンのマントになるとは…!
追い詰められてからの鬼気迫るマジックと自滅の流れも素晴らしかったです。愚かな手品師の最期という感じで。あのムービーもっかい見たい。

・最後のロジックは物語も盛り上がってきてテンション最高潮に達するんですが、不意打ちでこういうの挟まれると笑っちゃう。

6gs07.jpg

事前にセーブしてたので試しに選んでみたら、「いや、人生に間違いなんかない。ミミちゃんは今も夢に向かって努力している。間違いなんてあるはずがないんだ。」みたいなすごくいいこと言われてごめんなってなりました。
「まあそこもちょっと間違ってる気がしないでもないけど…」みたいにネタに走るかと思いきやオドロキ君真面目だった…。

・探偵パートと法廷パートを何日か繰り返すのかなと思ってたら、あっさり一日で決着。
更にここで衝撃の事実判明。

6gs08.jpg

確か5でもオドロキ君は将来有望な宇宙飛行士?と親友だったし、そもそも母親が謎の歌手で妹がマジシャンだし、君の交友関係おかしくない????
異国の年上っぽいイケメンにしんみり「お前、変わっちまったな・・・」とか笑っちゃったんですが、でもそういやオドロキ君て童顔だけど25とかそこらだっけ。ナユタと同世代でもおかしくないのか。

ちなみにナユタはキレイ系イケメンだしCV浪川だけど、個人的にはあんまり好きではないかな。
キレイなのに口汚いとこがアレなのかな~と思ったけど、敵対検事には毎回ボロクソ言われるのでナユタが特別酷いって訳でもないか。ムチで叩かれたりコーヒーぶっかけられたりしてきたからね…。
個人的にはそう、もうちょっと可愛げがほしい!反論された時に白目剥いてバンバンしたり汗ダラダラ垂らしたりショートしたり斬られたり情けなくダメージくらってほしいなあという感じがします。数珠握ってギリギリしてるだけじゃ普通にかっこいいのよね。検事はリアクション芸もできるようになってからが一人前ですよ!!
まあまだ二話なので今後もっと派手なアクションしてくれることを期待しときます。数珠パーン芸もっとやってほしい。

◆ナルホド君が今後クライン国の制度や革命軍とどのように関わってくるのか、オドロキ君とナユタの関係など気になることが山盛りですが、他の趣味との兼ね合いでクリアまでサクサク進めるかはちょっと分からない。
でもあんまり間を開けると忘れちゃうので機会があればなるべく優先してやってしまいたいです。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆
twitter@iiyudane
(2013.5.21-)

にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 ゲームブログへ

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ