ときめかざるを得ない図鑑

2017.10.13 18:21|ソフィーのアトリエ
10月のノルマは達成したけど色々考えてたら始めてしまった。

ソフィーのアトリエ。だいぶ前のセールの時にDL購入してたもの。
色々考えてたら…と言っても別に大したことではないんですが、

思ったよりあっさりノルマ達成したから他のDLゲームも崩そうかな→3DSにメガテン4F(DL版)が入ってるけどやるなら4無印(パケ版)からだ→ちょっとやってみたけどめっちゃ難しそう…EDも複数あるし時間かかりそうだな~→Vitaも容量いっぱいだしVitaの積みゲからやるか→ソフィー!ちょうどいいところに!

・こんな感じです。ソフィーは良いのか悪いのかEDが一種類でキャラEDもないらしいので、サクッと一周したらそれでクリアできるかな~と思って。メガテン4は初見でなんとなく時間かかりそうだと思ったし、DL版を崩す前にパケ版をやらなきゃいけないので、手っ取り早く容量を開けたい現状ではちょっと道のりが遠いかなと。

・ちなみに私のアトリエ歴は、
マリー→エリー→ヴィオラート→(ノーラ)→ロロナ3DS→エスロジプラス
で、それぞれクリアはしてるけどそこまでやりこんではいない。アトリエ中級者くらい。

◆と前置きがちょっと長くなったけどゲームスタート!
・新しい調合やレシピにわくわくしつつ、一番最初に撮ったスクショはこの人だった!

2017-10-10-163104.jpg

ロジーさああん!!どしたの!?黄昏世界から脱出したの!!??ソフィーとは普通に顔見知りっぽいけどどういう知り合い???
と色々よくわかってませんでしたが、一応公式では「黄昏のロジーによく似た別人」…ということになってるのかな。
鍛冶屋を担当してるけどあくまで普通の鍛冶屋で、錬金術を使って武器作ってる…という話は出てこないし。ロジーは錬金術師じゃなくなっても元々武器をいじくるのが好きなタイプなんだな…。かわいいな…。

・仲間はしょっぱなから幼馴染が二人も入ってくれて恵まれてる感があった。
この三人でワチャワチャしてるの可愛いな~と思ってたけど、今作の騎士枠はこの人かな?

2017-10-10-165453.jpg

民族っぽい衣装に銀髪細目、と一見寡黙クール系に見えたけど、喋ってみると普通の好青年風。騎士枠だけあって強いし頼れる。
個人的にこの人の戦闘開幕ボイス(たぶん相手が強敵の場合)切羽詰まった感じが好きです。ほんとにすごい焦ってる感じが。

・モニカとかエリーゼとか、女キャラのデザインもけっこう好きなんだけど、初見で「おっかわいい」と思ったのはコルネリアかな。

2017-10-11-193032.jpg

デザイン和服っぽい衣装。ちょっと足出しすぎなことを除けば色合いも天秤みたいな頭飾りも好み。
なんとなくロロアトに出てきたホムンクルスを彷彿させるようなお人形さんみたいな雰囲気だし、「新しく物は作れないけど増やすことはできる」というのもまんまエスロジのホムンクルス。コルネリアは一応そういう錬金術師、ということになってるけど、実際はホムンクルスだったりするのかな…?
量販店利用しまくるから身長縮みっぱなしになるだろうけどよろしくな…。

・エリーゼは…公式のキャラ紹介に乗ってるイラストはめっちゃ好みなんですよ。ちょっとボサ髪で野暮ったいけど、おっとりお色気お姉さんみたいな感じが。でもゲーム内のポリゴンで見ると、この絶妙な「お色気お姉さん」具合が薄れて野暮ったさの方が勝り、モブっぽいデザインに見えるのが残念。

レオンも初見で後姿見た時はてんとう虫の髪飾り可愛いな~と思ってたんだけど、正面から顔を見ると「ナンカチガウ…」になりました。せっかく絵がきれいなんだから立ち絵も採用してほしかったな…。

・進行状況はとりあえず基本的なお店担当キャラは出そろったのかな?という段階で、ゲーム内ではまだひと月が経った程度。
週5日制で2日が休みってどんな楽園だよ!!一か月あっという間じゃねーか!!と最初は思ったけど、5日×6週で月30日ってことは変わりないのかな?あんまりスケジュールよく見てないからわかんないけど。
討伐以外の依頼には時間制限がなかったり、「課題」「試験」などの分かりやすい大きな目標がないので、特に目的もなくやりたいことだけだらだらやり、気づけば時間が経ってる…ということがけっこうあります。

今までのアトリエをかじってるとなーんかぬるま湯に浸ってるような、ふわふわした感じがするんですが、「今回の採取で絶対これを採取しなきゃいけない!」「この依頼はこれを採取する時間がないからできない!」とか、そういう危機感なくマッタリやれるのは利点…なのかもしれない。
あっこの依頼勢いで受けちゃったけどよく見たら素材足りないわ。ちょっととってこよう~♪
…みたいな、本当にやりたい時にやりたいことができるほのぼのアトリエライフって感じ。

・個人的にときめいたのは閃きのレシピ。
今までと違って本を読むのではなく、何らかの条件を整えることでレシピを閃く、というのが基本なので、若干めんどくさいとこはあるんですが、この図鑑はときめかざるを得ない!!!

2017-10-10-170242.jpg

2017-10-11-225445.jpg

めちゃめちゃ可愛くない????
薬品に爆弾、お茶と焼き菓子、中和剤の入ったフラスコ、糸にインゴットに大鍋、ハチミツ、小麦粉…と、あらゆる雑多なアイテムが一つの画面にごちゃごちゃ入ってるこの感じ!錬金術師っぽい!!
いや~~~これは完全に女子受け狙ってると思うんですがどうでしょう。めちゃめちゃ可愛いですよね…。うん可愛い…。

・調合もエスロジからはガラッと変わってました。

2017-10-11-230643.jpg

パズル方式ってのがまだよく分かってませんが、「道具(鍋)を変えることで調合の結果もガラリと変わる」というのが面白い。
今までも調合に影響する道具というのはあった気がするけど、だいたい補助的な役割だったり「あるとちょっとだけ結果に+αされる」くらいのものだったと思うので。作りたいものや使う素材によって鍋を変える、というのはアトリエの中では新しい気がします。
ソフィーは目標の一つに「錬金術の腕がなくてもなんでもできるっていう究極の鍋を作る!」を掲げてるので、最終的には超便利な鍋が作れるようになるのかな~。

・戦闘はさらによく分かっておらず、適当に攻撃してたら勝手にサポートアタック発動して終わってる…みたいなことが多い。
あとなんか敵が強くなるペースが速い気がする。最初のぷにも、青だか緑だかに変わっただけで一気に固くなったし。
でもこれは大きな時間制限がない&仲間もアイテム使える仕様だから、「しっかり装備や道具の準備して採取に行きましょうね!」ということなのかもしれない…?まあ時間制限ないからいくらでも爆弾や薬作れるし、いくらでも必要な素材採取しに行けるっちゃあいけるけど…。

個人的に頻繁に使うアイテムは、「持ってる素材を駆使してとにかく高性能なものを一つだけ作る→ホムンクルスや量販店に登録して増殖させる」スタイルでやっていきたいので、その都度必要になったものを作る、というのはなーんか非効率的な感じがしてイヤなんですよね~…。ホムンクルスや量販店の増殖スピードまで計画に入れて他のアイテム作成したり採取に行く、というのが今までのアトリエだったので、やっぱりまだちょっと慣れない。せめてコルネリアの量販店でもっと登録させて…!コルちゃんもっと早く作って…!身長ヤバイことになりそうだけど…!

◆という感じでまったりやってきました。
ソフィアトはプラフタのお着換えがメインだと思ってたので、未だにプラフタが本のままで着替えどころじゃないのはちょっと意外だった。最初のレシピが埋まったら実体化するのかな?

この勢いでガーッとクリアしてしまいたかったんですが、とうらぶで兼さんが極になったことが自分で思ってた以上にモチベになったらしく、暇があれば大阪城を掘りたくてしょうがなくなる病気にかかってしまいました。
とうらぶ+ソフィーの並行プレイはどちらも作業効率が落ちるので、しばらくはとうらぶ+何かをすることにしてソフィーは不定期にマッタリやっていくことにします。
こんなんだったら中途半端に始めない方がよかったな~とは思うけどやっちまったもんはしょうがない!
まあのんびり…のんびりとね…。
スポンサーサイト

~10月ノルマ達成~

2017.10.02 20:14|DQ8
DQ8、ひとまずラプソーン倒してきました。以下感想文、長いです。

・どこかでブログ書いた方がいいかな~と思いつつ、オークニス関連のイベで最後の鍵が手に入ったら「えっもう最後の鍵?だったらもうクリアまでスグじゃん!!」と思ってやめられなくなったというか…。実際そんなスグでもなかったんですけど。

メディばあさんのイベは玄関入って二秒でセクシーポーズしてるウルフにぎょっとした後笑いました。

8dq5.jpg

しかしイベントは悲しい結末だった…。こうなることは分かってたけど…。
チェルスの時といい、このままでは殺されると分かってる命が目の前にあるのに事前に何もできないのが歯がゆいですね。

・最後の鍵で入れなかったところや宝箱回収~!
サザンビークの近くの、怪しい光が漏れる謎の扉前から気になってたんだよね!もしかして旅の扉というやつでは!!?
とわくわくしながら入ったんですが、

8dq6.jpg

ぱふぱふ屋さんでした…。怪しい光ってまんまそういう方向性だったのね…。そして長年謎だった「ぱふぱふ」の正体はコレだったのね…。
と思ったけど、この後ヤンガス君が「本物のぱふぱふとはずいぶんちげえましたが…」みたいに言ってたので、かつての少年たちが経験した「ぱふぱふ」にはまだ夢が残されているということですね。やったな!!(?)

・ゲルダとモリーもどっかのタイミングで適当に仲間にしました。
が、スタメンキャラが既に育ちすぎてたのもあり、スキルを調べたり装備を揃えるのが面倒だったりで、結局一度も戦闘に出すことはありませんでした…。
DQの伝統として馬車が入れないところじゃメンバー交代できませんからね~。気楽に交代できるなら、雑魚戦ではゲルダ出してボス戦ではククール出して…というふうにできたんですけど。後から攻略サイト見ると馬車が使えるボス戦では六人で交代で戦えたらしいんですが、そんなコマンド気づかなかった…。
その割に経験値は戦闘に出てない(馬車がない)メンバーにも入る、というのはちょっとよく分からん親切設定ですが、これは最初は4人固定、3DSで6人に増えた苦肉の調整って感じがします。
もともとは四人固定で馬車での入れ替えが必要なかったから、ダンジョンは馬車が入れないタイプのものばかり。六人になったなら馬車が入れるダンジョンもほしかったところだけど、「ミーティアとトロデはいつも外で待っている」という設定が全編通してあるから今更そこ変えられなかったのかなあ…という感じがする。

・ちなみにバトルロードSランクは、これまた攻略サイトにがっつり頼ってギガンツ、ハルク、ベポップでクリアしました。
先達者たちはモンスターのスキルや行動パターンを調べながら戦略を練ったんでしょうが、最終的なテッパン編成が「脳筋・脳筋・回復」に落ち着いたところに原始的なパワーを感じます。脳筋つおい。
物理主体で殴るモンスター、ってのは他にもいるけど、途中で気合貯めたり余計なことするモンスターも多いんですよね。その点ギガンツとハルクは小細工抜きで淡々と殴り続けるだけの殺戮マシーンなのが良かった。ハルクは二回攻撃のうえたまに睡眠効果発動するし。
そしてそんな二人を支える回復役のペポップだけはちゃんと頭がよく、MP温存しつつ危なくなったらベホマで回復してくれる有能ヒーラーでした。
まあちょっと危なっかしいというか、「もうちょっと余裕持って回復してもいいのよ…?」とヒヤヒヤする場面も多かったのだけど、実際最終バトルが終わるといつもベポップのMPカツカツだったのでこのMP管理で正しいのでしょう。

・レティス戦は初めて全滅しかけたボス戦だった。
メダニパーマが強烈すぎて…!特に主人公が混乱かかりっぱなしで、しょっちゅう仲間に切りつけてくるのが本当キツかった。途中から武器外せばいいって気づいたけど。
力を試してただけらしいけどホント神鳥容赦ねえなと思った。さすが数々の世界の勇者を見ていただけある…。

・法王の館から続くマルチェロイベ。
つらかった・・・・・。
ククール…ククールなあ…。憎まれてるとは分かってたけど、ガチで牢屋に放り込まれて殺されかけるほどとは思ってなかったんだろうなあ…。悲しいなぁ…。マルチェロが杖を持っていると気づいて、なお彼の命を心配するのも切ない。ククールにとっては、最初優しくしてくれたマルチェロがずっと忘れられないんだろうな。

そんなククールに対し、マルチェロはずっと逆恨みで弟に当たってる小物にしか見えなかったので(気持ちは分かるけどそこは大人になったら切り替えようよ的な)、ラプソーンの杖を気力で制御したり、法王に成り代わる直前まで上り詰めたのはちょっと意外でした。しかも杖に操られてない状態で法王を殺したんだから、これは純然たるマルチェロの意志によって殺したってことなんだよね。もうとんでもない外道じゃないか。

そんな外道がジャハガロス戦では助けてくれたんだから、ククールに諭されてちょっとは人の心を取り戻した…のかもしれない。
まあでも大衆の面前で法王殺しを暴露されたらもうどこにも行くとこなんてないよね。と、安易に和解して終わる展開じゃなかったのは良かったです。マルチェロは今後贖罪という名の放蕩の旅に出て、どこか海辺の教会で一人静かに息を引き取るような最期が似合うと思う…。

8dq8.jpg

マルチェロ参戦シーン熱かったけどスクショ取りそびれて戦闘後しか撮れなかった

・オーブを集めるついでにルイネロに占いしてもらったら、ドルマゲスの過去ムービーが始まった。
え~…ライラスじいちゃんもまたかわいくないジジイじゃん…ドルマゲスもアレだけどその言い方はないよ…。と思ってたら、ツンツンジジイがデレを発動したタイミングでドルマゲスブチ切れるというヒジョーに不運な事件だったのですね。
ムービーで見る限りジジイは可愛くないジジイでお前も悪いよ感あるんですが、この感じだと普段からちょくちょく分かりやすくデレてる気もする。
でも…ああ…そうだよ…ツンデレ×天然は相性悪いんだ…。天然はツンデレのデレ部分を拾えないから…ツン部分を真面目に受け取っちゃうから…。「あんたなんか大っ嫌いなんだからね!全然好きなんかじゃないんだからね!」を全部真に受けちゃうから…。悲しい…すれ違いだったね…。

・ラスボス決戦前夜にPT内にももう一人のツンデレさん。

8dq7.jpg

つまり「絶対に生きて帰って、もう一度会いに来い」という意味なんだよね~~…はぁぁ…。ヤンガスはこんなに想われてて幸せ者だね…。
まあPTにいるキャラに言われると若干違和感ないこともないですが、もともとはNPCだったのでしゃーなし。ゲルダを椅子に座らせた状態でスタートするためのプチイベントも面白かった。筋肉男、お前…。

・各地のオーブ集めはあっさり終わったけど、かつて救えなかった命の数を再確認しているみたいでなかなかに切ない作業でした。

・ラプソーン戦。
今までてこずったボスがレティスくらいだったし、トロデ王にも「お前強すぎ!」みたいに言われてたのでまあラクショーっしょ、と侮ってたけど思いのほか強かった。
特に手で叩きつける攻撃は、高確率でククールかゼシカがHPほぼ満タンの状態からワンパンなのがめっちゃきつかった。
ククールゼシカは回復とバフに必死で、主人公もたまに回復に回りつつ、ヤンガスはひたすら殴ってた。ボスに与えたダメの6割くらいはヤンガスが占めてたと思う。
まあでもやってくる状態異常が眠りだけ、ってのはまあ優しかったかな…。レティスのメダニパーマはまじ鬼畜だった。

・という感じでひとまずストーリークリア!

8dq9.jpg

全プレイヤーの心の声を代弁してくれたヤンガス氏
ミーティア姫はマジ父親に似なくて良かったね。一滴も父親に似てなくて良かったね…。

ED後の話でどうなるかは知りませんが、少なくともストーリークリアの状態では「主人公はあくまでミーティア姫を連れ出しただけ」という感じで、そこまでこの二人がらぶらぶいちゃいちゃしてる感じではないんですね。まあミーティアからはがんがん好意を寄せられてるしフラグも立ってますが、主人公側は「苦楽を共にした仲間として姫を放っておけなかった」とも取れる。そりゃあんなクソ王子のもとに嫁入りするってなったら誰だって不憫に思うし。

・ただな~~~前回「ゼシカよりミーティア派」と言った私ですが、確かにこのままミーティアと結ばれるとなると違和感あるような気もする…。
いや、ミーティア姫様は可哀そうなお人なんですよ。同じ年頃の女の子(ゼシカ)は、着せ替えを楽しみながらいつも主人公と一緒に戦って仲を深めているというのに、自分は馬の姿で馬車を引くだけ。馬車が入れないダンジョンや町では、雨の日も雪の日も外で待ちぼうけ。って、うら若き乙女からしたらどんなにつらいことか!!
なんかでも夢の中や不思議な泉での会話で、昔懐かしのほのぼのエピソードとか語られると、「すっごい箱入りお姫様だな…」という気になってくるんですよね…。そうやって二人の過去を掘り下げてるんでしょうけど、数々の死地を潜り抜けてきて交わす言葉がほのぼの思い出話って。一人称ミーティアが余計に箱入り感に拍車をかけている。

まーでもミーティアはダンジョンの中まで入れないし、戦いで疲れ切ってる主人公に「つらいですよね…何もできなくてごめんなさい…」みたいに暗い顔されたり、私だってつらいんですアピールされるよりかは、ほのぼのエピソードで無邪気に和ませてくれる癒し系女子の方がいいのかもしれない。本当はつらいのにその気持ちを押して和ませようとしている、という設定なら逆に芯の強い姫様だし難しいトコ。
けど一応一緒に冒険してるのに、ほぼ「癒し・恋愛担当」になってるからなーんか呑気な感じするのかなあ。恋愛脳とまでは言わないけど、「それ今する話??」っていう能天気なやり取りが多くて。

◆と、いう感じで、ひとまずEDを見てきました。
・ゲームの感想としては、簡単…というより優しいって感じがする。
前回も書いたようにメタスラ狩りがすごくやりやすいし、レベルアップで全回復だし、錬金で早くから有用アイテム作りやすいし、ボス戦の前にはだいたいわかりやすい前振りがあって回復する間を与えられる。ラプソーン戦なんか祈った後に回復してくれて「えっすごい親切!!」ってびっくりしました。

あと何より、仲間が強い。
強スキルが充実していくのが早すぎる。まあこれは私が攻略サイトでスキル振りカンニングしたってのもありますが。ゼシカとククールなんて、杖に振ってりゃ割と早い時期から魔法打ち放題。どんなに魔法使ってもだいたい9割~満タンのとこでキープしてる。惜しみなく魔法(スキル)を使えるってだけで、もう一段回くらいゲームが楽しくなりますよね。

・個人的にひっかかったポイントは、主人公の出生の秘密がストーリークリアだけでは明かされなかったこと。
クリア後ダンジョンで明らかになるそうですが、個人的には強ボスコンテンツはやる気がないので、設定上大事なことは本編に納めてほしかった。
世界の危機に竜族何してたんやって話になるし。ドラゴンクエストなのにドラゴン出てないし。

◆とまあそんな感じで、ひっかかるポイントもあるにはあったけどおおむね楽しめました。
正統派がっつりRPGなのに、どんどん強くなってサクサク攻略できるとこが良かった。
主人公の出生の秘密が明かされるクリア後ダンジョンが残ってますが、正直やる気はあんまりないので、これにてDQ8は終了とします。話自体は気になるし、気が向いたらやるかもしれませんが、そういうこと言うとだいたい一生やらないのでたぶんやらない…。

けど思ったよりハイペースで終わってしまって、目標のガルモ発売(11月)までに余裕で間に合ってしまった。
あんなに積みゲーが…と呻いてたのにやればできるじゃん私!!この調子でもう1~2本DLゲー中心に崩したいとこですが、やるとしたらまずルフランだな。あと当初の目標(3DSの容量空ける)は達成したので、ゲームの方はやるとしてもペースを落として別のことを重点的にやろうと思います。

以上、DQ8プレイ日記でした。

10月から本気出す

2017.09.28 02:39|DQ8
ちょっとペースは落ちたものの順調に進行中!
船に乗ってベルガラック~サザンビークのあれこれをこなしてリブルアーチを超え、雪の町に入ったところまで来ました。
どこで感想書くか悩んだけど、リブルアーチあたりから島が変わってるっぽいのでこのへんで区切るのがちょうどいいかなーと。

・一応ルートは決まってあるものの、その間であればそこそこ自由に行動できる…という自由度の高さから、かなり色々と迷走した気がします。
最初にたどり着いたのは聖地ゴルドだったし、その次はサザンビークだし、そこからベルガモットでようやく話が進んだ。
けど闇の神殿行ってからドルマゲス討伐までがまた長かった…!
鏡をもらうためにサザンビークで王子の護衛→鏡を治す方法を求めて賢者の元へ→鏡を治すために海へ~とお使いにつぐお使いで、「こんだけ時間かけたらもうドルマゲスどっか行っちゃったでしょ???」と思うくらいでした…。
いやこうしてみるとそこまでステップ踏んでないけど、城の探索やらフィールドの移動やらで体感時間がやたら長かった気がする。合間にラパンイベもやったし。海竜スポットが分からなくて大陸の周り一周したし。

・王子の護衛イベはチャゴスが清々しいまでのクズでしたが、最初の王様の反応といいどっかで聞いた従者の話といい、昔出てった王様の兄、の子供が主人公ぽいですね。なるほどこれでミーティアと主人公は惹かれあう運命ってことなんですね。
DQ8はもともとミーティアよりゼシカの方が人気だった、その声をうけてゼシカ攻略ルートが追加された、というのは聞いたことあるけど、うう~~~ん…。
私はストーリーとしてきれいに収まる方優先しちゃう傾向があるからミーティアかな~。お察しの通り5もビアンカ派です。
何より主人公がくっついてやらなきゃミーティアはチャゴスと一緒になるしかない、と思うと可哀そうでな…。

・ドルマゲスを倒した後はゼシカの後を追ってリブルアーチ、ライドンの塔、そこから犬を追って雪のトンネルへ…と流れでやってきたので、「ベルガモットの兄妹はいつまで揉めてんだよ!!(写真クエあんだよ!!)」とヤキモキしてましたが、本当はもっと早くに立ち寄る機会があったのかな?
でっかい竜がうようよいる怖いダンジョンに護衛に行くことになりましたが、この段階だと余裕で倒せました。というか途中でメタルキング狩りにはまり、レベル上がるたび全回復するのでそういう意味でも余裕だった。

王子の護衛で行った王家の墓の横にもメタルスライムが大量発生してるスポットがありましたが、DQ8は定期的にメタスラポイントを作ってくれるからレベル上げがめちゃめちゃしやすいですね~。
それに加えちょっと離れたところにいるモンスターを、視点を回して画面の外に追い出す→もっかい戻すと別のmobが沸く、という仕様で延々メタスラ厳選できるのが超便利。ここまでレベル上げのしやすいRPGはなかなかないんじゃなかろうか。

ちなみにククールはなけなしのスキルの種まで使ってメタル斬りを習得し、王家の墓横では活躍したものの、主人公とヤンガスの会心技が強化されてずっと使いやすくなったし杖のMPパッシブが優秀だしで、結局ほとんど剣は使ってません…。もう杖とカリスマにだけ振ってればよかったんじゃないか感…。

・前から書きたかった話なんだけど、DQ8はシンボルエンカウント制。
(メタル系以外の)モンスターは適正レベルだと主人公を見かけると追いかけて襲い掛かってくるんですが、主人公の方が強いと一部のモンスターは逃げるようになってますよね。
足の速さや感知範囲がモンスターによって違うのも個性があって面白いなと思ってたんですが、主人公から逃げる敵・構わず襲ってくる敵も違いがあって面白い。

例えば逃げる敵のうち、明らかに見た目が弱そうなやつは単純に「主人公にビビったんだな」と思うし、知能が高そうな敵(スライムナイトとかオークキングとか)は「君子危うきに近寄らずの判断だな」だと思う。
主人公の方が強いのに襲い掛かってくる敵のうち、ハチ系や格闘パンサーなんかは「好戦的で挑まずにはいられないんだな」と思うし、トロールとかの知能が低そうな敵は「バカなんだな」と思う。…みたいな具合。

その中で、どちらかと言えば知能が高そうなパペットこぞうが追いかけてくるタイプだったのにはちょっと意外だったんですが

8dq4.jpg

もしかするとパペット小僧は、
「自分の芸を見てほしいから追いかけてくる」のかな…と思うとちょっとフフッってなりました。それだけ。

・ちょくちょく道中のメタル狩りをしてたせいでおそらくレベルは余裕がある方。
さすがに新ダンジョンで敵に逃げられる、ということはないけど、トロデさんには「ちょっと強くしすぎなんじゃない?」とそれとなく言われたりします。
しかしフィールドの探索をさぼりまくってるせいで、道中の有用アイテムをめちゃめちゃ取り逃してる…気がするんですよね…。
つーのも、海竜スポットが分からなくてちょっと攻略サイトでフロチャ見てみたら、一緒にフィールドの宝箱の配置も乗ってあって、そのほとんどを取り逃してることに気づいてちょっとした衝撃を受けまして…。えっこの時点で祈りの指輪なんて高性能アイテム手に入ってたんだ!!?みたいな。

まあ多少取りこぼしがあっても気にしない派なんですが、いかんせん金欠で。
2~3前の町で最強装備を買えないまま、最新の町でその次の装備が出る…とかそういうことがあるので、真面目に宝箱回収に回った方がいい気がしてきました。何か有用な金策とかあるのかな~。
ここ最近はだんだん慣れてきたのか画面酔いすることも減ってきたし、ちゃんと宝箱回収していくか…。でもサクサククリアしたいから攻略サイトは見ると思う…。

・本日もう一つショックだったできごと。

8dq3.jpg

ええええええええ私的にはそれなりにうまく使いこなせてるつもりだったのに!!なんでダメなの!!?雑魚戦でもテキトーにためまくってるのがダメなんか!!?
なんかでもどうせ一発で倒せないならテンション貯めた方がよくない?とか思うんだけど…そうか…うん…。
いや…私はトロデさんになんと言われようと、テンションを使い続ける!!止めてくれるなお義父さん!!

◆というDQ8でした。
一気にやるつもりでしたがちょっと他に書きたいものが増えてきたし、割と順調に進んでるのでここらでちょっとペースを落としてもいいかもしれません。
まあ11月になるまでにはクリア目指す。10月から本気出す。

やるぞDQ8

2017.09.23 01:26|DQ8
宣言通り始めました。がーーっとプレイして今船手に入れたところです。

・前にも書いた通りガルモのために3DSの容量を空けるのが目標なので、困ったことや分からないことがあればサクッと攻略サイト見るつもりでさくさくプレイ中。
特にスキル振りは全然分からないので何度もおすすめを調べながら振ってます。
…が、既にしくじってる予感がぷんぷんする!!

とりあえず主人公は勇気を100にする予定+剣と槍をバランスよく。
どちらかといえば剣の方を優先する予定だったけど、全体攻撃…というか複数攻撃がほしくて今は槍の方が育ってます。
というかスキル欄に技名だけ書かれても具体的な効果分からないからそこんとこもうちょい分かりやすく書いてほしかったなあ。

ヤンガスは人情で「盗賊の鼻」を取った後、斧中心で育てて鎌もそこそこ。
鎌は盗人スキル目当てで取ってたんだけど、いまいち効果が実感できないから捨ててもいいような気がしてきた…。盗みスキルはゲルダも持ってるらしいし…。

ゼシカはほぼ杖全振り。しばらく火力不足に悩まされてたけど、自然MP回復も覚えたし祝福の杖が有用すぎるので今は一番戦闘で忙しい。バイキルトを主人公にかける係でもあるし火の魔法が効くモンスターも多いから火力としても使いたいし。

ククール。しくじった人。
イケメンだから慎重に育てようと思ってたのにっ…!
貧乏性だし弓職が好きなので、杖もそこそこ振りつつまず弓で妖精の弓→ニードルショットを取りに行ったんですが、よく考えれば杖を育てたらそのうちMP自動回復覚えるんですよね…。だったら雀の涙しか回復しない妖精の弓より、素直に剣スキル育てた方が良かったかもしれない…。
ニードルショットは一応メタスラ対策として取ったんですが、会心なんてなかなか出ないんですよね~悲しいことに。

・というのもさくさく攻略してたらトロデさんに「こんなに早く解決するとはさすがわしの家臣!」とか最初は褒められてたんですが、話が進むごとに「そんなに急いでどこにいく」「生き急いでいるのか」と段々引かれはじめ、

8dq1.jpg

しまいには「どう考えても強さが足りない」と言われてしまったのでレベル上げがてらメタスラ狩りしてみたんですが、会心技ってほんっと頼りにならんのですよね…。
ヤンガスにもここぞとばかりにまじん切りさせまくってましたが、これでメタスラ仕留められたこと一度もありませんでした。それより素直に普通の武器で1ずつ与えて3ダメで倒す方が確実性あったっていう…。ニードルショットより普通に剣でメタル切り目指した方が良かったね…っていう…。戦闘でも弓はいまいち火力が出ない+素で覚えてる攻撃魔法も全体技のみで風属性?で、いまいち火力も出せず、いま一番腐ってる人です。1ターン目のスクルトが終わると手持無沙汰になることが多い…。
弓に振ったぶんを剣と杖に回してりゃ、いまごろメタル切りと祝福の杖でそこそこ活躍できたのになぁ~~と思うとつらい。

・しかし私はRPGは割と慎重派、余裕を持って攻略するタイプだと思ってたので、トロデさんに「最速プレイでもやってんのか(要約)」と言われたのはちょっと意外でした。
確かに(ガルモのために)急いでるとこはあったけど、町の探索はしっかりやる派だし、サブイベのフォト集めも逐一やってるし、ボスもけっこう余裕をもって倒せてるし…。
…と思ったけど、確かに言われてみると戦闘は割と避けるようにしてるしフィールドの探索はかなりさぼりがちでした。
つーのも8の戦闘ってもっさりしてません?段々慣れてきたけど最初は戦闘でできることが少ないのもあってかなりだるかったです。

そしてフィールド探索の方は…。もともと私探索とか脇道にそれてマップ埋めとか大好きなタイプなんですが、8は既にマップが下に出てるし、しかもあんまり画面をぐるぐるしてながらうろうろしてると酔うんですよね…悲しいことに…。
最初はうっすら気分が悪くなっても「いやこの程度で酔うとかない。さすがに。」と必死に否定してましたが、プレイしてるとけっこうな頻度で本気で気持ち悪くなってきて、これはもう紛れもなく画面酔いだと認めました…。なんというよわよわの三半規管。車に乗りながらスマホ見れば30秒で酔う女は伊達じゃない。

戦闘はこれからどんどん楽しくなってくるだろうけど一戦一戦が長いのはやっぱだるいし、フィールドの探索はじっくりやりたくてもできないので、今後も適宜メタスラ狩りを挟んでレベルを適正に上げていきたいと思います。そのためにも早くククールにメタル切りを…!でも杖スキルも上げたいぃぃい…!

・ストーリーの感想は…。
まあ普通に王道いい話だと思います。じわじわ行動範囲が広がっていくのと合わせて安心して見れる王道RPGって感じ。
王様の話も良かったし、月の扉のイシュマウリはものすごくファンタジーで夢があって好きだな~。なんでもできる万能の魔法、ではなくただ過去の記憶を思い出させるだけ、というのもいい。こういう話に小学生くらいのころに出会ってたら、格子窓を探して夢想してた気がする。

あと個人的にはヤンガスとゲルダの関係が気になる…。なんだかんだゲルダがヤンガスに気があるみたいでさ…。そう思うとビーナスの涙でヤンガスを困らせようとしてるゲルダかわいいやん?まあ脇CPになるから今後この二人はそんなにフューチャーされないだろうけど、もうちょっと見たいな~とか思ってます。ゲルダ早く仲間になってくれー!

・バトルロードは正直めんどくささしか感じてないんですが、モリーを仲間にするための条件ぽいので地道にやってこうと思います…。

◆という感じで、船が手に入ったのでいよいよ次は新大陸。
写真集めなんかの雑用をささーっとこなしたら、さっさと本編進めたいと思います。
今んとこかなりいいペース!この調子でがんがんいくぞー!

最後の逆転は、切ない。

2017.09.19 22:10|逆転裁判6
五話二日目以降、がーーっとクリアしてきました!!!以下◎ネタバレ注意◎

・いやでも正直悪い予感はずっとあった。
助けられたマヨイちゃんが疲れ切っていたこと。
霊廟でのドゥルクの記憶が異様に曖昧なこと。
トドメに「もう長くは生きられない」でしょ…。

あっこれ・・・・霊媒されてるんじゃ・・・・・って思うよね…。シリーズ経験者ならなおさらね…。

でも個人的にはアマラも霊媒関係で正体が隠されてるんじゃないかと思ってたので、普通に変装だったのはちょっと意外でした。アマラがバアヤの霊(?)を常に召喚してる状態とかそういう感じで。
だからアマラが出てきた時には「そのまんま変装してたんかいっ!」って突っ込むのと同時に、「だったらドゥルクは完全に空回りしてただけだったの…?悪い姉妹の手のひらでコロコロされてただけだったの…??;;;」と悲しくなってこの辺りのくだりから既に号泣してました。が、アマラ様は単純に人が好かっただけ。ということでいいのかな…。
いや妹を気遣う心は美しいけど、ちょっとは旦那のことも信じてやれよと思ったよ…。アマラ様が出てきた時にはガランじゃなくアマラ様がラスボスかと思ったよ…。

・早々に第二形態になったガラン様、(悪役として)かっこよかったです。

6gs26.jpg

この私が悪役です!!ラスボスです!!女傑です!!!って全身で主張してる感じが。もう迷いなくぶっ飛ばせていいよね。
都合が悪くなると「私が法だ!!」と法律の方を書き換え、更には武力でゴリ押しと清々しいまでの悪だった。

・過去にドゥルクがどうしても突き止められず迷宮入りした事件を、今ある手段と道具で「クライン王国らしく」「逆裁らしく」明かしていく過程も素晴らしかった。
この展開だと「写真一枚探しただけで二十数年も何もできなかったドゥルク無能かよ」とはならないもんね。
託宣はドゥルクだけではどうしようもない。ナルホド君とオドロキ君の力があったからこそ用意できた場所だし、ドゥルクが必死で探した証拠があったからこそ色んなことをひっくり返すことができた。

託宣とか霊媒とかのオカルト要素を、真面目に推理ものに取り入れて最大限に生かしていく感じもすっごい新鮮で面白かったです。普通の推理小説じゃなかなか味わえない感覚ですよね。今作は特にオカルト要素が強かったけど、オカルトにはオカルトなりのルールがちゃんとあって推理に練りこんであるので、個人的には全然アリなオカルトでした。

・法であり国そのものであるガランにどうやって対処すればいいのか??
そこんとこのオチも面白かった~~~!!!

6gs27.jpg

最後の最後でネタ持ってくんなや!と思いつつちゃっかり選んだりもしたんですが。
いやーーガランが霊媒できない、ってのは盲点でした。とにかくこの国には霊媒できる人が複数いるから、もっと皆がんがん霊媒しまくってトリックに絡んでくるのかと思ってたんですが、霊媒できなかったとは!
確かにもともと王の資質がなかった、となるとガランのためならなんでもやっちゃう過激派親衛隊も冷めちゃうのも分かる。むしろ過激派だからこそいちばん失望して「裏切られた」と感じるだろうし、まさにここしかないっていう痛快なオチでした。

・そして旅立ちのオドロキ君。

6gs28.jpg

いやもうナユタに誘われた時点で「絶対残った方がいい!!」って思ってたのでこの選択は本当によかった。
逆転裁判7があったらオドロキ君はどうなるのか??レギュラー降格なのか??とはちょっと気がかりですが、これ以上ないくらいきれいな終わり方だったと思うなー。ナルホド君とドゥルク、二人の龍を受け継いだというところが熱い…熱すぎる…!

個人的には軽度の恋愛脳なので、もうオドロキ君はレイファとくっつけばいいんじゃない?とかちょっと思ってます…。いやオドロキ君てあの顔で二十そこそこだから年齢的にダメなのかな?めちゃめちゃめんどくさい小舅もついてくるし、婿入りして王族になったりしたらオドロキ君の胃が穴だらけになってしまうか…。
いやでもナユタと法的にもちゃんと兄弟になるってちょっと熱くない?そうでもない?

◆あとは本筋以外の話いろいろ。

・御剣と久々デート楽しかった。

6gs23.jpg

そういやみっちゃんには相変わらず女の影ないんだろうか。2の検事の子とかヤタガラスの子とかそのへんか?

・ちゃっかりしすぎボクト君。

6gs24.jpg

最初は「まあ発展途上国で観光の仕事やるような子って商売に必死っていうしな~」と、ちょっぴり金に汚いしっかり者の少年、というキャラで見てたんですが、割とガチでヤバい子な気がしてきました。こっそり侵入した挙句女王の秘儀を隠し撮りとかとんでもないぞこいつ…。
でもこういうしっかりした子がオドロキ君の助手とかやってくれたら捗りそう。

・何気にお気に入りキャラだったダッツ氏。

6gs25.jpg

人をおちょくるために生まれてきたのか????というくらい本当にフザケた人なんですがなんか憎めない。
動きや表情の変化が大きいとことか好きだった。

・あと個人的に気になってるのはインガ大臣…。
あの人も初対面の時から悪人の空気がプンプン漂ってましたが、レイファを思う気持ちは本当だったのかな…?
父様が秘宝を求めたのはレイファのため、とレイファが言い出した時には「いやいや可哀そうだけどそれは自分が王位につくためでしょ…」と思ったんですが、今思うと案外それが正しいんじゃないか、という気もする。
だってレイファはアマラの子なんだから、ガランの不義を疑って…とかそういう余地ないもんね?自分と血が繋がってないこと確定だもんね?
それなのに大事な隠し金庫に誕生日を使ったり、クーデターの書類と一緒にアマラ&レイファの写真を隠してたり…。
ガランに騙されてるアマラ様を開放してレイファと親子として過ごさせるために秘宝が必要だった(レイファに力を授ける/自分が力を手に入れて王位に付いてガランを追い出す)、と考えるとここにも切ないストーリーがある気がする…。

◆というわけで、これにて逆裁6終了!
いやーーーー切なかった…!
3話のとこも相当切なかったけど5話のドゥルク関連のとこは予兆を感じたところから泣いてました…しんどかった…。
上でもちょっと書きましたが、推理ものとしても逆裁オンリーの要素である託宣や霊媒を大真面目に扱いながら謎を解いていくのが新鮮ですっごい楽しかったです。ゲームでミステリやるならこれくらいぶっ飛んでる方がゲームらしくていいよね!

・真面目に取り掛かったらあっという間に終わってしまったので、予定通り次はさっさとDQ崩そうと思います。
ただ一応プレイ時間をざっと調べてみると7がずば抜けて長かったので、予定を変更して8から取り掛かることにします。
がんがんやるぞー!ガルモのために!!
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆
twitter@iiyudane
(2013.5.21-)

にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 ゲームブログへ

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ