FC2ブログ

やっとクリア

2018.11.26 17:30|DQ11
地道に攻略してはいたんですが、数か月前にネルソン第三の迷宮でスイッチをスルーし、何もせず一周回ってきたことに気付いた時ものすごく萎えてしばらく放置してたDQ11。やっと裏ボス撃破してきました。

・馬レースがんばった件。
これは萎え放置する前に済ましてたイベントですが。
ストーリー上で一度やった時の馬レースがダメダメだったので二度とやるまいと思ってたけど、ガイアのハンマーのためにはやらざるを得ないらしい。ええ~~~なんでそこ景品にしちゃうの…とは思ったけどたしか一回目は「売っぱらって今後の資金にするつもりだった」とか言ってたもんな…そりゃ景品にもしちゃうわな…。

ゴールドランクまではぐだぐだながらもなんとか初見でクリアできたんだけど、プラチナは2~3回やっても全然ダメ。試行回数少なすぎですがそもそもこういう類のミニゲーム大嫌いなので、もう勇者の剣諦めようかなあと思ってましたが、つべで動画見てから再挑戦。
とにかく小回りを利かせながらインを責めるというのが苦手なので、Xボタンを使ったリタイヤ戦法というのがかなり役に立った。リタイヤ画面になる一瞬、フワッと時が止まるのでその瞬間にコースを微調整できるっていうやつを利用して、最後の方でぎりぎりオグイを抜いて一位。
それでもボコボコぶつかりまくったし種も取り逃しまくったけど、クリアしてみると意外と呆気ないというか、どうして私はここまで苦戦してたんだ…?というちょっと不思議な気持ちになりました。つーかスタートダッシュのやり方なんて知らんやん!

・ネルソンの第三の迷宮は改めてやってみると最初のスイッチ二つはまだ序盤も序盤で、やり直すのもほぼマラソンだけで済んだのでそこまで萎えるポイントでもなかった。
なんというか色々寄り道しすぎたせいで全員のレベル上がりすぎ、スキルパネルも主人公以外もう取りたいところないような状態なのが逆にダメだったのかもしれません。シルビアなんか全部開いてたし。
そういう育成の楽しみもなくなってたので、後半はサクサク攻略しました。最後の試練も45手以内って話だったけど10~20手らへんであっさり終わった気がする。

ヨッチ族の迷宮は最下層まで行ったし石板クエストもかなり進んでいくつかの主人公像が出現はしましたが、もうさっさとクリアしたくなったので最後までは見てません。ドゥルダの試練や素材集めも同様。だいたいにおいて9割はやりこんだ、って感じでしょうか。
色んな素材を集めて装備を作って~って手順を踏みながら強くなっていくのは好きなんだけど、ある程度のラインを越えると飽きがくる。それを我慢してやり続けるとダレてまた放置しそうだったので…。ドゥルダの試練はけっこうシビアだしオリハルコン集めはかったるすぎた。でもリーズレットは神。リーズレットをグラブルの世界に連れて行きたい。そうだグラブルでDQ11コラボしてリーズレットにヒヒイロもらおう(真剣)

・ヨッチの迷宮は最初は「え~めんどくさ・・・」という印象しかなかったけど、終盤に行くと段々楽しくなってきた感じだった。
まずヨッチ集めから始めなきゃいけないのに、低ランクのヨッチはぽろぽろ死んでいくっていうのがやるせない。ピクミンのような趣がある。あとバリアの仕様もめちゃめちゃめんどくさかった。対応の色の必殺でしか破れないから初見のダンジョンなら全色連れていきたいのに、自動PT編成は色分けやランク分けでいちいち自分で選ばなきゃいけない。必殺ゲージをためるためには事前に戦闘しなきゃいけない→途中で体力削られるのもかったるいので、バリアの仕様はもうちょいなんとかしてほしかったなあ。あとヨッチの着せ替えとかそんないらねーから…。

それだけやって石板を手に入れても、石板同士で連携してたりどうしても詰まるところがあってサクサク進めにくいのもちょっとストレスだった。石板のクエ自体は楽しかったんですけどね。これは私が悪いんだけど、序盤の妖精の森のクエはベロニカ必須なのにベロニカが死んでる時間軸だったからクリア後までお預けだったっていうね…。

いやでも重ね重ね言いますが石板クエ自体は楽しかったです。やっぱり自分がやったことあるシリーズだと特に。
ルドマンのお屋敷ではとりあえず皆に結婚申し込んだし(グレイグが可愛かった)、DQ11で再びカラーストーンパズルができるとは思わなかった。しかもけっこう難しくなってやりごたえがあった。

・まあそんな感じで、色んな装備やクエが9割完成程度の中途半端な出来でしたが、ニゼルファス戦行ってきました。
つっても一戦目は途中でリセットしたんですけど。なんか回復役の二人(セーニャ・ロウ)だけが眠りとかマヒとか深刻な状態異常かかりまくって回復が追い付かずもうダメだこりゃ状態だったので…。もちろん装備でしっかり状態異常は対策していったし、セーニャに至ってはなけなしのスーパーリング付けて真っ先にキラキラポーンも自分に掛けてるのになんでそうスヤスヤビリビリしちゃうのかなあ!セーニャってそういうとこあるよね!前もなんかのボス戦で真っ先に休んでたぞ!
たしかその時も天使のサンダル履かせてたのに転びまくってたし、セーニャにはほしふる腕輪とかいつもその時の最強アイテム優先して持たせてるのになんか報われない印象が強い…。聖女だから悪い効果に弱いとかそういうのあるんだろうか…。

そんな感じで仕切り直ししたものの、二戦目はわりとあっさりクリアできました。
仮面剥がれ落ちてからが意外と早かった。

・という流れでエンディング。
命の大樹がドラゴンになって「あっそういやこれドラゴンクエストだった…」と今更思い出した。そういえば今作でもドラゴン特に探してなかったね…。
あとなんかやたら「私が闇に落ちた時は勇者がその剣で…」とフラグを立てまくってたけど、これはリメイクでさらに裏裏ボスになる布石?それともDQ無印に繋がってるのかな。DQ一作目はやったことあるような気もするけど記憶がおぼろげで話全然覚えてない。いややったことあるのは3かな…?DQって有名すぎて色んなところで取り上げられるから自分がやってないシリーズでもなんか知ってるような錯覚に陥っちゃうんですよね。あると思います。

最後賢者様が時間を遡っちゃうところはエッ!?ってなったけど、あの感じだと時間の玉を壊しても今いる世界線はそのまま続いてる…ってことでいいのか?そうなるとベロニカ死後ルートの皆は主人公をずっと待ち続けてるのか?とちょっと思ったけど、遡った今の世界では元居た主人公は消えている&みんなうっすら記憶が残ってることをアピールしてるところから、二つの世界は合流したと考えていいのかな…というかそう考えたい。私にはカミュくんを置いていくなんてそんな殺生なことできない…。

先代勇者が最後の戦いで命を落としたとこらへんでは、うっすら「あれ?じゃあ勇者の子孫ってどうなるの?直系じゃなくてもOKなのかな?」と思っていたので、賢者様が時を遡って勇者と再会というのはご都合というより必然の収束という感じで納得でした。この二人が結ばれなければ勇者の血を継ぐ者も現れないもんね。

◆という感じで長い長いDQ11、よーーーーやくクリア!!
まだやり残したことはあるけどこれ以上はしんどいのでこれにて終了です。RだかZだかなんかリメイクが決まってた気がするのでそれの発売前にクリアできてよかった。
勇者のお相手的には個人的にはマルティナ推しかな。かつての敵国の王女であり姉のような存在。今は友好国?の王女だし政治的にもいい相手。でもマルティナはグレイグもわりとアリだと思う…こう一回り年が離れてる感じが王族の結婚って感じがするし…いやでもグレイグは既に嫁いる可能性もあるのか?

それにしても主人公のお相手は村の幼馴染エマ、ご先祖様からの運命セーニャ&ベロニカ、同盟国の王女マルティナとより取り見取りで、やっぱ男は一般ゲーでも自然にギャルゲー気分を楽しめていいなあとしみじみ思いました!!別に私はがっつり乙女ゲーがしたいっていうよりこれの男女逆バージョンがやりたいだけなんだよぉおお!!!
という悲しい叫びを残しながら終わります。DQ11楽しかったですお疲れ様でした。
スポンサーサイト



もう全部寄り道パート

2018.09.08 13:02|DQ11
◆このぶんだとクリアまで書かなさそうなのでこのへんでメモがてらに今の状況など。

・ネルセンの迷宮はとりあえず一番優しい魔導師の迷宮だけクリア。
しょっぱなから大型のモンスターがごろごろいてかなりビビってたけど、一番優しいだけあってわりとサクサククリア。そして強い装備や貴重な素材が鬼のように手に入るー!!すげーー!!さすネルセン!!!とコーフンしながら攻略しました。
最後のお願いは半分以上「えっ…?」ってなるやつでしたがとりあえずは定石通りレシピをゲット。
エッチな本って何なの…?エマとの結婚ルートもあるの…?セーニャの髪型はちょっと変えてみたい。

あっさりクリアできたもののまだまだ序の口らしいので、先に各町のイベやクエを一通りこなすことにしました。

・基本的に最初の町から順番にがーーっと攻略して、いま残ってるのはクレイモランの竜のやつのみ。あと古戦場かな。
町の人からのクエストはまだちょっと残ってますが、サブイベは八割がたクリアしたと言っていいでしょう。
きつかったのはシルビアのゴーレム。ゴーレムはたいして強くなかったけど、二体とも大まじんぎりで倒すってのがめんどくさかった。
さらにきつかったのは聖獣戦…。何回も失敗して5~6回はやったんじゃないか?残りHPが見えないのに「〇〇でトドメをさせ」はしんどいっすよ…。しかも聖獣は使ってくるスキルが全部めんどくさい。雪玉でバフ消されて氷耐久減らされてラリホーマで眠らされて自分はバイキルトかけて、とかやってくるから、回復にキラキラボーンにザメハに双竜打に、と最低限のサポートを回すのでもう必死。主人公が3ターン連続で即死させられた時もあった。オメーがぶっ倒れたらクリアできねーんだよ!!と思いながら何度もザオリクするセーニャ…。

・ホムラの親子に人魚イベに、前回悲劇的な結末だったイベは前向きな感じに変わってた。
キナイと人魚はここから進展したりするんだろうか…?村にいる酒場のバニーがずっとキナイを気に掛けてるので、個人的にはそっちを応援したい気持ちがあるんだけど…。
アーウィンの悪夢は(簡易版)って感じでちょっと笑ってしまった。あと地下の入り口に立ってるごろつきが何故か関西弁だったけど、絶対「怨念がおんねん」って言いたかっただけだろ!!

◆これからやること。
クレイモランの竜は一度挑んだけど強すぎて諦めたので、先にネルソンの迷宮で強い装備もらおうと思う。
でも先に古戦場行って勇者の剣鍛えてからでいいかな。クエストはできそうなものからでいい。
ドゥルダの修行もがっつり強スキルや装備がある状態でガーッとクリアした方が楽なのであんまり急いでやる気はない。とりあえずひかりの杖だけほしくて修行3までやりました。

小さなメダルはコンプまで@3、攻略見ながら簡単に行けるとこだけざーっと取り逃しがないか確認してみたけどよくわからず…。諦めるかなあと思ったけどネルソンの迷宮でドロップするモブがいるらしいのでそっちから狙おうと思います。馬レースでもがんばればいけるらしいけど「お願い」する必要あるらしいし、どっちにしろ迷宮に行かなきゃはぐメタ装備作れない。
というかこのへんになってようやく気付いたんですが、モンスター図鑑の「この周辺のモンスターを見る」ってやつめちゃめちゃ便利ですね!!?

何気なく確認してみたらそのへんうろついてるモブがレア素材持ってるって分かったので、大喜びで盗みまくりました。いや~黄金のかけら!アレキサンドライト!ちょうどこれほしかったのよねー!
モンスター図鑑は過去作でもあったしテキストとかよく読むと意外と面白かったりするんだけど、やっぱり「目当てのモンスターをいちいちリストから探すのがめんどくさい」というのがあってなかなか見る機会がなかった。けど今作はマップ上のモンスターをサッと確認できるのがすごい楽で、別マップに行くたびいちいち見てしまう。この機能全作付けてほしい。

◆そういえばスキルパネルですが…。
スキルポイント足りてるキャラと足りないキャラの差が激しい!
グレイグとシルビアは追加されたぶん含めてももうわりと完成形って感じ。いやグレイグはこらから片手を取りに行くのもアリか…?シルビアはずっと鞭でいいと思ってるし、取るとしたら短剣かなあ…。

マルティナ、ロウ、ベロニカ、セーニャも最低限ほしいのは取り終わって、あとはサブ武器を最短ルートで通って秘密パネル開けにいくくらいですかね。こっちにも強いスキルはあるっぽいですが、現状じゅうぶん強いのでまあそのうち取れたらいいよくらいの気持ち。マルティナに爪はアリだろうけど、他の魔法キャラは物理武器極める意味ないよね…?

カミュは短剣ルートで二刀の極意をとり、ブーメランルートで上の秘密パネルを開けようとするとけっこう足りなくてつらい。スキルの種って1Pしか上がらないの…?雀の涙すぎる。しあわせの靴でサクサクレベル上げようにも、アクセ枠には盗み成功率アップとか色々必要なものが多くて付ける余裕がないのもけっこうつらい。ブーメランの二刀も強いらしいから上げたいんだけどなあ。

そして勇者は圧倒的に足りない!!剣神も勇者もどっちも足りない!!聖獣戦用のライデインもイベ発生した時点では覚えてなくて、慌ててレベル上げ+スキルの種使ってようやく覚えたようなていたらく…。強スキル多すぎるんだよ~…。レベル70くらいの状態でも全然スキルポイント足りてないんだから、カンスト近くにならないとほしいやつ取り終わらないんじゃないか?
それにやっぱ勇者なんですから、最終的には片手剣に変えたい思いもあるよね…。

このへんの最終的な武器選択もちょっと迷ってる。具体的には誰に片手を持たせるべきか。
でもグレイグの斧強いし鞭使えるのは実質シルビアくらいだし、カミュもこのままでいいんかな~…?まあいつでもパネルはリセットできるみたいなんで、最強っぽい装備があらかた揃ってからまた考えますかね…。

◆たぶん次の更新は真EDクリア後。

まだまだ続きすぎるんじゃ

2018.09.05 19:52|DQ11
一度EDを見た後失われた時を求めて……、

……まだ特に何もしてないところまで来ました。

・ED直後、いきなりベロニカを取り戻そう!ってなった時は「えっ!?いやいやいや死者蘇生は失敗フラグだよ!怖いことやめて!!」とビビってましたが、死者蘇生ではなく時間そのものを巻き戻すならまあアリ…?
まあ時間を戻す、というフラグはあちこちありましたからね。それに世界に平和は戻ったものの、各地に後味の悪さが残されてた。ラムダの夫婦に産まれた子供が行方不明になってたし(イシの村に落ちたっぽいけど)、イシの村の心を閉ざしてる少女はED後も変化なかったし。

それにしても色んなタイムリープやタイムトラベルものを見てると、「今いる世界線はどうなるのか?」「元の時代にいる主人公はどうなるのか??」という疑問が出てくるんですが、世界線とか複雑なことはなく単純に「戻った」ということでいいのか…な…?
仲間達が「(もし遡りに失敗したら)主人公まで失うのはイヤ」と言ってたので、仲間たちはこの世界に取り残されるのかと思ったけどそういうことではなく、もし失敗してたらラムダの町で主人公は突然姿を消したまま終わってた…ってことなんだろうか。
その場合主人公がなぜ姿をくらませたのかは誰にも分からないし、勇者が欠けた状態でラスボスに挑まなきゃいけないという絶望的な状況になるんだけど…。実際は主人公の命だけでなく、もう一度世界の命運をかけるようなでっかい賭けだったのか…?

・という訳で大樹陥落前に戻ってきてあれこれイベント戦を終わらせ、神の里で無造作に最後の鍵をゲットした。
が、ここからいきなりやること多すぎる~~~~~~!!!!
苗木を確認する前にまずは最後の鍵巡りしよう、と思い立ったものの、各町に寄るたび新しいクエと問題ごとが発生し、フィールドには新しい敵が登場し、とりあえず一戦ずつやってるうちにどんどん時間が過ぎていく…。最後の宝箱を一通り回るだけでもめっちゃかかりました。たまにアホほど強い敵もいるし。

新クエや新イベはまだほぼ手付かずなんですが、これもどこからやっていいのか…。
クエはともかく町イベはやっぱ最初からするべきなのかな?でも苗木を見た後はネルセンの宿屋から行けって言われるし…。パパの悪夢見るのほったらかしにできないよ…。

・個人的にクリア後の強敵コンテンツというのはあんまり興味がなく、7か何かのクリア後要素はやらずにそのまま終わっちゃったので、11ではモチベーションが持つのか心配だった。が、実際やってみると「クリア後」という意識が薄く普通に楽しんでます。
クリア後のおまけというよりOPから大樹陥落までを一部、大樹陥落から魔王撃破までを二部とするならED後は三部って感じ。
二部で「時を戻れるかも…もし戻れたら…」という伏線が大量にあったし、やっぱこっちとしてもベロニカには帰ってきてほしいし、何より最後の鍵をとる前にクリアなんかできない!!…という、シリーズ経験者の心理を突いた仕組みだったと思います…。

まあ二部で解決した揉め事が帳消しになってるのはちょっと空しいというか、この感じ何かに似てるな?と思ったらBDFFの終盤でした。実際は魔王の存在の有無でけっこう未来が変わってますが、魔王が直接絡まないマヤの件とかかなり深刻なところに逆戻りしちゃってない?もう一回人魚が泡になるの見るとかイヤだよ…?

・苗木から見た過去の勇者一行。
まさかの裏切り!はまあいいとしても(よくないけど)、セニカ様の最後は衝撃でした…。ヨッチ族なんなの…こわ…。
そして勇者一行を導いていた謎の予言者の正体。髪の色が同じだからもしかして子孫?と思いきやご本人様か~~い!女の姿がデフォってどういうことなの~~!ということはアレ、一度ウルノーガの姿で出てきたのは伏線だったんだな…。勇者たちは一足早く本質を見抜いてたってことなんか…はぇえ…。

あとカミュが時どき「青い髪の男」と呼ばれることと、予言者もまた青い髪なのがちょっと気になってるんですが…。
また深読み侍かな?予言者は初出の時から「カミュという男に会った」と言ってて、その予言は主人公と出会う前にカミュに託されたらしいけど、何でカミュ?というのはちょっとある。基本的に皆自分の血筋とか立場から発生する使命のために主人公に同行してる。…が、カミュは預言者の言葉以外主人公に同行する明確な目的が何もないし。よく考えたらこの勇者一行皆けっこうノーブルな立場の方々なんですよね…。カミュ以外は…。
そしてウラノスは土壇場で友の勇者を裏切り、カミュのテーマは「贖罪」で勇者の相棒ポジってなるとまた色々考えちゃうんですが!ほらそれにカミュくん魔法の国出身だし!!たまにビースト化するし!!

・ヨッチ族の迷宮やら何やらも地道に攻略中。
CとかDのヨッチは消耗品みたいな勢いでどんどん死んでいくので最初はやる気なかったんですが、Bくらいから強くなりはじめてやっと真面目に攻略し始めました。
時渡りの宮殿のクエもちまちまやって、ようやく7の書が完全復活!全体の三分の二くらいは進んだのかな…?

シリーズは半分くらいしかやってないけど、時々知ってる場面が出てきて楽しんでます。ルドマンの屋敷面白くて何回もリハーサルしてしまった…。グレイグさんの反応が純なオッサンで面白かった…。
カラーストーンパズルがDQ11でできるとは思わなかったしけっこう難しくなってた。
ゼシカにエッチな本を読ませた時の母親の反応(私よりボンキュッボンしてないのに生意気な!!)も面白かった。

敵も段々強くなってきてAやSのヨッチも容赦なく死んでいくので、各地を旅してヨッチが溜まってきたら弱いやつから出して在庫整理みたいな感じで進めてます。こうやって書くと鬼のようだけどしょーがなくない?

◆ともかくやることが多すぎるというか、三部が全部寄り道パートみたいになってるので地道にチマチマやっていこうと思います。

もうちょっとだけまだまだ続くんじゃ

2018.09.02 22:44|DQ11
ウルノーガを倒してひとまずEDは見ました。…が、まだまだ続きそうな気しかしない…。

・空飛ぶクジラをゲットしてから色々回れる場所が増えたので、まずはサマディーの謎の「勇者の星」をなんとかしようってことになったんだけど…。
OP見た時はあのヨッチは魔王の手先みたいな役割(ヨッチ族が寝返った)だと思ってたんだけど、ここのイベとEDを見る限り魔王とは別の勢力と思った方がよさそうですね…?まったくEDに絡まないまま終わってしまった。
世界を散策してる時に意味深にヨッチが配置された謎の塔を見つけたけど当然のごとく入れなかったし。ラスボス撃破したってのに最後の鍵も手に入ってないし、各地に点在する謎の遺跡も用途不明のままだし。

・勇者の星関連があっさり終わったのを肩透かしに感じながらホムラの里へ。
また化け物が里長に化けてるパターン?と思いきや結末は切ない…っつーか悲しい…。
ガチで母上死んじゃったのね…てっきり甘噛みでなんとかしてくれるかと…。里長が穏やかに微笑みながら龍の前に立つところは、昔見たジョーズかなんかの映画思い出してハッとしました。最近はもうああいう映画怖くて見れないんですけど。
息子は母を喰い母に救われたことに気付いてないのがまた切ないし、戻ったと思いきや消えちゃうなんてほんま悲惨すぎるよ~~~救いがねえ~~~~;;まあでもテバサキみたいな若い子たちがしっかりしてるから希望はあるのかな…。

・そのままの勢いで鍛冶場に行きそうになったけど、そういや鉱石の方まだ行ってないじゃん!
と思い出したのでようやく空の探索。意外とすぐわかるところに浮いていた。古戦場…という響きに何故か妙に疲れそうな予感を覚えながら突撃しましたが、別段鬼畜なダンジョンでもなくわりとサクサク攻略できました。
強いて言えば「竜に乗って移動するの楽しいけど狭い通路で敵を避けようとするとうっかり竜巻に乗っちゃってちょっと鬱陶しい」みたいな感じでした。竜に限らず乗り物に乗るの楽しいんだけど、こっちからアタックできず突っ込むしかないのが微妙ですね。アクションボタンあるんだからアレで殴りたかった。

最下層で謎のバニーが出てきた時は、これは古代の民が鉱石を守るために作った罠!?とかなり警戒してたのにまさかのぱふぱふだった。
…今作はいろんな町にぱふぱふお姉さんがいるなあ、これ全員コンプすれば称号とかあるのかなと思ってたけどまさかこんなところまで出てくるとは…。これはDQシリーズで常々投げかけられる「ぱふぱふとは一体何なのか?」という問への、「時代と地方によっていろいろな解釈のぱふぱふがある。己の好きなぱふぱふを信じろ」という製作者からの回答なのかもしれない…。なんという哲学…。

・材料がそろったのでようやく禁則地へ。
伝説の鍛冶職人とか探さなくて大丈夫?とか思ったけど、そういや今作の主人公は自分で鍛冶するんだったわ!なるほどここで生きてくるのかー!!とひとりで盛り上がってたんですが、なんか思ってたのと違った。よく知らないけどこういうの熟練の技とセンスと集中力がいるもんじゃないの…?そんな壮行会で鏡開きするみたいな感じでいいんだ…?
若干の戸惑いはありましたが、そこは普通の剣じゃなくて勇者の剣なのでまあこんな感じでいいんでしょう。そういうもんだと思っておきます。

・ラスダンに乗り込む前に世界各地でほったらかしにしてたクエストをいくつか達成。
というか海底王国とか海辺の村とか、行けるようになったのにすっかり忘れてた。まさか賢者の石がこんなあっさり手に入るとは。メタスラ装備のレシピとか今更もらっても…状態でした。はぐメタ装備までずっとドラゴンバスターで戦ってた…。鍛冶は+1+2程度でも既製品よりかなり強くなるので長く使えるのがいいとこですが、うっかりレシピを取り逃すとちょっと痛いですね。

ダーハルーネではまた例の兄弟が掘り出し物の値下げ合戦をしてくれたので迷わずグレイグの鎧ゲット!普通に強いし元からこの鎧好きだったし何よりパジャマみたいな通常衣装から解放されて安心しました。スキンみたいに見た目だけ設定したりできないですかね…?
このあと作ったジェネラルマントも即セットでそろえてお着換えしました。マルティナにも同時に戦姫の衣装を着せた状態でラスボス撃破すると、EDムービーがいかにも姫!!って感じで良かったです。グレイグは…やっぱ鎧の方が似合ってるけど…。

・ラスダンはショートカットできる仕組みがちょくちょくあったので、長丁場を覚悟して素直に何度か帰りました。
個人的にホムラの里から出てきた赤くて手がいっぱいあるやつが強くてきらい。あと今作のグレイトドラゴンめっちゃ強い…ちょっとしたボス並みに強いのに経験値は普通なのでほんまきらい…。
ホメロス戦は最後の触手攻撃にびっくりしましたが、あれはホメロスが見せた幻影みたいな感じなのかな?ホメロスは魔物に落ちてなお仲間を求めていたと思うと切ない。

・ラスボスは変身することをうっかり忘れてて一戦目でうっかり全力出してしまいましたが、二戦目もなんかそんなゆうほど…?
黄金化がきつかったしザオリクしてきた時はびびりましたが、なんか二人いてもそこまで…二人いる意味…?みたいなボスだった。二人いることがなんかの伏線なんでしょうか。

ただ凍てつく波動でバフはもちろんゾーンやカミュの分身とかまで解除されるのはめんどくさかったな。つーかカミュのビーストモードからの分身→はやぶさ切りがたのしすぎるー!これめっちゃ強い!
分身→必ず会心のやつも試しにやってみたんですが、はやぶさでも必殺が出るので火力的にはどっちも大差ないように見える。MP消費を考えるとはやぶさの方が断然お得。つーかセーニャとの連携技覚えてからずっと思ってたけど、月の光でビースト化しちゃうカミュくん何者なの…?

◆という感じでラスボス倒して凱旋。
ロウ爺様はあの城の傍の小屋で墓守として余生を過ごすってことなんですかね。まあクリア後まだまだ付き合ってもらうことになりそうですが。
とにかくヨッチ族のあれこれが気になるので世界の様子をざーっと見て話を進めようと思います。

頑丈だった世界

2018.08.24 21:35|DQ11
仲間を集めて空飛ぶ乗り物ゲットしたとこまで来ました。
いまさらですが◎ネタバレ注意◎です。

・最初に再会したのがロウ様だったのは意外だけど、便利な赤魔導士が最初に来てくれたのは助かった。
しかしムフフ本の中でもひときわ価値が高いとかグレイグさんずいぶんお詳しいんですね…?

・続いてシルビア編。
「最後の砦」を見た時はもっと世界ボロボロというか、本当にあそこが唯一の生き残りくらいに追い詰められてると思ってたんですが、わりと普通に原型を保ってるソルティコの町。しかもカジノも営業中。
そしてこのへんはシルビアのカリスマというべきなのかもしれないけど、パレードではちゃめちゃ盛り上がってお前らけっこう元気にやってるな!?という感想でした。意外と頑丈だった世界。

でもシルビアが全力でバカやってくれたおかげで荒廃した世界がかなり楽しかったです。いい年した男をあそこまで統率するというか洗脳するシルビアのカリスマ一体何なんだ…。

・マルティナのうわさが流れ始めたのでさっさと迎えに行きたかったけど、その前にユグノア城でイベント。
いい話だったしちょっと泣いた。親子ものに弱い。
そして勇者のパネルが戻ったけどやっぱりスキル振り切っちゃってたよね~そうだよね~…。

・グロッタの町。
話の内容的にカジノで甘い汁をさんざん吸わせた後餌にしちゃうよ~みたいな流れだとは分かったけど、それでも一万コイン稼ぐのめんどくさいなあとちょっと萎えた。100コインスロットの存在知らなかったからずっと1コインスロットで回してたし。でも本当に楽々稼げたので、町を解放した後ちょっとソルティコでコイン買ったりネットでカジノの攻略法ぐぐるくらいにはカジノへの苦手意識が薄れました。これがモンスターの罠だった…?

ボスの誘う踊りで何人か踊らされたんだけど、以前見たカミュのダンスは今風でかっこよかったのに勇者は恒例のダサイ感じだったりグレイグがどじょうすくいしてたり個人差があって楽しかった。DQ11のダンスまとめ動画とか見たい。…と思ったらあった。



・戻ってきたカミュ。
敬語カミュくん可愛かった~~~いややっぱ君根はそういうタイプなんだよね!過酷な環境にいたからスレちゃっただけでほんとはそういう子なんだね!可愛いねぇええ!!
ってなりながらクレイモランでカミュの過去が明らかに。妹は思ってたような繊細儚げタイプではなくヤンチャな悪ガキだったし別に死んでなかった。ってことはザメハは別にトラウマとかではなく雪国育ちは全員ザメハ標準装備してんだよ!みたいなそんな感じだろうか。九州育ちは酒強いみたいなそんな感じで。

ボス戦では黄金化がめっちゃキツくてグレイグさんがずっと置物状態になってた…。でもロウが固められたらかなりまずいし的がほぼグレイグさんに絞られたのはラッキーな方だったのかもしれない。
妹は一応助かったけど、五年前から歳とってない状態なのかな?グラは特に変わってないけど、このくらいの年齢の五年ってかなり外見に差が出ると思うけど特に誰も触れないよね…。

・セーニャ加入、そしてベロニカ…。
ええ~~~~~~まじで!!!??めっちゃびっくりしました。
たしかに正直…「賢者の能力が二人に別れたのか~でも一人になってくれた方が色々便利なんだけどな~」と思ったことはあったけど…!
どっちかというとベロニカの方がキャラ濃いし見た目にも特徴あるし、セーニャの方が残るのは意外でした。セーニャも普通に美人だけどあまりにも普通というか、固有グラ持ってる綺麗なお姉さんのNPCとして適当な街にいそうな感じ。町ヒロインっていうの?
しかしセーニャが回復特化、ベロニカが攻撃特化、ロウがバランス型と思ってたのに、こうなるとセーニャが強すぎてロウ様のお立場がないような…?今後ロウ様の出番はあるのか…?メタル狩りとか?

まさか仲間死亡イベがくるとは思ってませんでしたが、そもそも仲間が全員無事に逃げのびたことがスーパーご都合主義みたいなもんだったから、ここで人知れず犠牲たあったのは納得というか…。主人公が生き延びた時点で奇跡みたいな扱いだったもんね…。ベロニカが助けてくれたから皆無事でいられたんだね…。

◆とまあそんな感じで仲間が集合したあとは、とんとん拍子に舟(というかクジラ)が手に入りました。
このあと勇者の剣をつくるためにもう一仕事しなきゃいけないみたいだけど、これでもうけっこう終盤なのかな?
しかし仲間が全員集まるまであんまりレベル上げしたくない…と思って敵を避けてたせいか、またけっこう雑魚戦がきつくなってる気がする…ごくらくちょうのベギラゴン辛すぎ…。
装備もいまいち弱い気がするし、真面目にカジノやったりクエやったりドゥルクで修行した方がいいのかなと思ってる。
行けるところも増えたことだし、ちょっと色々寄り道しながら進めたいと思いま~す。
| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ