FC2ブログ

超高校級の希望

2013.01.04 22:13|ダンガンロンパ
◆いやー長かった。最後の裁判パートすっごい長かった。ぶっちゃけちょっと途中でやめたかったんだけど、やめるにやめられずエピローグまで突っ走ってしまいました。というわけで以下◎エピローグとクリア追加要素のネタバレ注意◎



・最終章だけあって今までで一番よくワカラン状態からのスタートでしたが、なんとかクリア出来て良かった。BGMが熱いね!煽ってくるね!
皆に「希望」をぶつけていくところとかすごい良かったんだけど、これだけ人数が減ってしまっているってのが悲しいところだねえ…

しかし物語の大前提、「集団記憶喪失」というのはなんというか…もうこれはモノクマも言ってたけど、「どうやってそんなことやったの?」って突っ込むのは野暮ってことなんかねえ?「絶望的大事件」というのも詳しく説明されなかったし、どうやって世界が終わったのかも分からないまま…このモヤモヤは小説読んだり2をやることで解消されるんだろうか。2は確か南国が舞台らしいけど、一体どういう過程でそうなるのかすごい気になる…時間の経過的には1→2で間違いないんだよね?

・特殊アイテム「男のロマン」とイベントアイテム「校章」の間のアイテムがどうしても埋められなかったので何だろうと思ってたんですが、どうやらクリア後にガチャガチャから出てくるアイテムなのだそうな。つーわけで、さっそくガチャガチャに91枚投入し重複率をゼロにしたら、出てきましたよー「脱出スイッチ」!これに伴って追加されたムービー見てきたんだけど…うぅーんwこれは96枚のメダルをつぎ込んだ価値はあったのかビミョーですなwBGM解放に使った方が良かったかもしれん…。

・あと試しにニューゲーム始めてみたけど引き継ぎ出来るのは体験版のデータだけで、クリアデータでニューゲームは出来ないのね。あくまで前のデータでチャプターをやり直すことだけか。その場合はアイテムもスキルも引き継ぎで、難易度はそれぞれいじれることが出来るみたいだけど…自由時間の会話はどうなるんだろう。続けてやっていけば会話もちゃんとカウントされていくのかな?次のチャプターに入ったらまた最初からとかないよね?しかしそうであろうとなかろうと、推理ゲーをもう一度やって楽しいのかどうか。


◆各キャラのざっくり感想。
・苗木君
我らが主人公。特に自由時間での会話が好きだった。ツッコミ気質で。

・きりぎりさん
2のキャラ紹介のところに、超高校級の???枠で苗木君似(というか声優さん一緒)の子がいるから、もしかしてきりぎりさんは前回の殺し合いの生き残り?…とか思ってましたが違ったんですね。
とにかく安定感があって頼りになった。彼女にはかなり助けられた。
隠しごと(内通者の件)をしたら案外子どもっぽく怒ってたので、めんどくさいけど人間くさいところもあるんだなあと思った。仲直りした時には頬染めてくれて可愛かったね。

・とがみ君
終盤では安定していたけど、序盤はいつ殺人を犯してもおかしくない発言+真っ先に死にそうなフラグを立てていた。けれど、うん、彼が犯人にも被害者にもならないことは、実は知っていた…。つーのも2のキャラ紹介見ちゃったんでね。その部分だけが唯一のネタバレだった。
俺様イケメンなところやふかわさんへのSっぷりはけっこう好きで、実力を伴ったエリートというのもポイント高かった。…しかしなんかそれほど好きになれなかったw会話で自分アゲするのはいいんだけど、主人公サゲしてくるのが若干ムカついたからかな?でも最後の最後で「勘違いするなよ」というツンデレ発言いただいたし、学校を脱出する時の「相談に乗ってやる」という発言はちょっとときめいた。

・ふかわさん
キャラ紹介で見た時はけっこう好きだったんだが、実際プレイしてみるとなんつーか…根暗にも被害妄想が入るとけっこう鬱陶しいねwそれでいて攻撃的だし。あと下ネタは純粋にキモかったのでちょっと引いてました。「ぐぎぃぃいズルズルズル」みたいな声も長いw終盤は飛ばしてました。
ジェノサイダーはあっけらかんとしてるぶんだけまだこっちのが好きかな。恐いけど。

・桑田君
正直この人のおしおきが一番つらかったかな。おしおきっていうか直前の「いやだぁぁああああ」っていう叫びが。チャラ男ぽくて若干鬱陶しかったけど嫌いではなかったので、序盤で脱落してしまったのが残念。

・まいぞのさん
あまりにもヒロインヒロインしてるので、このままの調子でずっと絡んでこられたらちょっと鬱陶しいなーと思ってましたがまさか最初の被害者になるとは。でもそうなるとあの台詞もこの台詞も全部フラグっぽく見えてしまうから不思議。けど可哀想な愛されヒロイン(笑)ではなく、苗木を陥れようとしたりちょっと黒い部分も露わにしてるところは良かったと思う。

・千尋ちゃん
男だと分かってるのに「彼」とか「ふじさき君」とか言われてるのを見ると違和感を感じてしまう。彼女だよ!千尋ちゃんだよ!!千尋ちゃんかわいかったな。

・大和田君
過去と言い殺人と言い、責められてもしょうがないんだが個人的にはあまり責めたくないキャラ。切ないね。

・占い師
名前がいつになっても覚えられないので占い師占い師ゆうてたけど、けっこう好きなんだよ。ハガクレ君だっけ。この人は能力もパッとしないし見た目も髪型は派手だけどそれ以外は地味だしイケメンでもないし、いつか死ぬだろうなーと思って真っ先に話しかけたのだけれど、意外にも生存者となった。個人的には「愛すべきバカ」という感じで気に入ってます。彼の言う「神秘的なもの」とオカルトの境界線とか全然わかんないし最低だしほんとバカだけど、それが癒しなんです。好き。

・石丸君
彼、実はけっこう人気らしいですね。私も好きです。なんだろう、制服が軍服っぽくてカッコイイからかな?白い学ランに黒ブーツ、赤い腕章に勲章みたいなものまで胸につけててデザインはすごいかっこいいよね。ただの真面目優等生キャラと思いきや、表情がコロコロ変わりまくって面白かった。あと鳥海ボイスがステキ過ぎる。彼の会話聞くために周回プレイしてもいいかなって思うレベル。

・山田君
たまーにイケメン声になるんだけれど基本的には残念な人であった。改めてオタクというものを見てみると、純粋にキモいなと思う。

・セレス
私がもともとゴスロリというものに興味がないせいか、あまり好きではなかった。なんつーか、あたくし最強(笑)みたいな匂いを感じてしまってなんか気に入らんのだよな。

・さくらちゃん
いい子だった。内通者がどうの裏切りがどうのと言っても結局はモノクマに脅されてたからだし。しかも最終的には戦う決心をするし。強いし。最後に仕事もしてくれたし。
集合写真(プール、運動会)ではものすごいはっちゃけてて面白い。さすが体育系やな!

・あさひなちゃん
この子もいい子だった。さくらちゃんの件ではちょっと暴走しちゃったけれども。あの演技力スゴかったと思ったけど、半分は本気だったのかな。つーかモノクマの遺書捏造はちょっと干渉し過ぎじゃね?と思った。

・黒幕
ジョジョ立ち(ジョジョ読んだことないけどたぶんあれはそう)のポーズかっこよかった。しかしほんと狂ってたねーこの人。絶望的大事件を起こしたのが団体なんだったら、こんなおかしい人が他にもゾロゾロいるってことなのか?あーこわ。


◆ざっくり総括
・レビューというほどではないがつらつら書いていくスペース。推理ゲーというのは初めてで、推理小説とかの知識も人並みな私ですが、ノーマルでわりとさっくりとクリア出来ました。裁判パートは、始まるまでは犯人だけボンヤリと分かってるけど方法が分からないとか、トリックの一部は分かるけど全貌は分からないとかそんなんばっかだったけど、始まってみるとどんどん解けていく。しかしきりぎりさんはすべてお見通しみたいな感じだったので、もうきりぎりさん一人でいいんじゃね?と、ちょっと思った。

・自由行動や捜索パートの歩き回る箇所は、マップが優秀でプレイしやすかった。簡易マップは常に出して動けるので、方向音痴の私でも迷子にならない。メニューから開けるマップでは、各キャラの位置やイベント発生地点が確認できるし、何よりワープが便利。広い学園でもストレスなく、必要な個所だけ歩き回ることが出来た。

・ものが多い場所での捜索はちょっと面倒だったかな。数が多いからイヤというのではなく、カーソルが微妙に被って調べにくかった。どっちにしろ「観察」で調べられるもの分かってるんだから、調べられるものにだけカーソルが合わさるようにしてくれたら便利だったのになーと思ってたけど、どうやら「観察」が最初から使えるのはベスト版からなのだそうで。デフォルトで「観察」がナシならまあしょうがないかなあとは思う。

・すっごい細かい要望だけど、タイトル画面のカーソルの初期位置は「ニューゲーム」より「ロードゲーム」が良かったと思う。それだけ。

・おしおきは思ってたよりグロくなくて良かった。決して好きではない嗜好だけれど。

・何度も言うが推理ゲーはやるのが初めてなので、推理ゲーとしてはよく出来てるのか、どれくらいの難易度なのかはよく分からない。キャラクターはとても魅力的で、会話がすごく楽しかった。閉鎖空間でデスゲームっていう絶望的な設定なのに、暗くなりすぎなかったのはキャラが良かったからだろうなあと思う。すぐにでも2をやりたいところだけど、五千円かー。廉価版出るまで待つかなー。…しかしレビューを読んでるとすっごいやりたくなっちゃうんだよなあ。

そして周回プレイについて。このキャラの会話気になるな、聞きたいなーって思うキャラはいっぱいいる。しかしそれを全部聞こうと思ったらものすごい労力がかかるし、そこまでして聞きたいか?と思うとウーン。ってなる。トリックも犯人も全部知ってるから推理パートは面倒なんだけど、でも一度くらいは「イジワル」のアクションに挑みたい気もする。うぅーん。。どうすっかなあ。やるにしても今スグもっかいやろうって気にはならんなあ。今はとりあえずデータはメモリーカードに残しといて、さっさと次のゲーム始めちゃうかなあ…。とか思ってると結局二度とやらんっていうパターンが目に浮かぶけど。

とりあえずそんな感じで。今日は早く寝よう。

にほんブログ村 ゲームブログへ
スポンサーサイト



超高校級の絶望

2013.01.03 22:07|ダンガンロンパ
うおーーーっ気になる!続きが超気になりすぎるぅぅぅううう!!というわけで、以下◎五章までのネタバレ注意◎




・さて、自由時間。きりぎりさん狙ってこうと思ってるのにまたいなくなるし…。仕方ないのでとがみ君の元へ。部屋には案内してくれなかったけど、とがみ家の深い事情を話してくれました。エリートって言ってもただのアホボンボンじゃないのね。しかしとがみ君の会話イベントはこれで終了。名簿が6ページで終わってしまいました。アレ?占い師は7ページまであったのに。キャラによって話しかけられる回数違うんかね。もったいないのでロードしてあさひなちゃんに話しかけておきました。

・そして推理パートの音楽が何やら熱いものに変わっておる!!もうこれが最後の事件ってことなんでしょうか。証拠を集めても事件の真相はやっぱイマイチわからんかったけど、裁判が始まればナントカやっていけました。で、きりぎりさんの嘘を指摘するかしないかの二択…。

「真実を確かめるためには危険を冒すのも必要である」みたいな台詞が流れてきたので、ここはビシッと主人公らしく嘘をあばくぜ!と指摘したのですが…はい、バッドエンドでしたwいやエンドっつーか夢ってことになってループしただけだったけど。しかし一瞬だけ見えたあのビジョン…占い師の「苗木っちと俺の子の母親が一緒」という嫌な予言が実現されたことにまず驚いたwつーかあさひなちゃん産み過ぎ!w横にいたとがみ君似の子もあさひなちゃんの服ひっぱってたからあさひなちゃんの子なんだよね?そしてふかわさんなんで死んでるしwwww
一枚なのにものすごいツッコミどころのある写真でした。あー面白かったwこれ見れたなら嘘指摘した甲斐あったわwまあ画面は明るかったけど、冷静に考えれば地獄絵図なんですけどね。あさひなちゃんビッチ過ぎるw

・しかし死にそう、今にも死にそうと思ってた占い師がここまで生き残ってることが嬉しい!推理パートの音楽が違ってた、ってことはもう今回の事件が最後で、六章は黒幕との最終決戦で誰の犠牲者も出ない…と期待していいのかな?ここまで来たらもう生き残って欲しいよねー!

・とにかく続きが気になりすぎるので、怒り新党見たいけど今から続きやってこうと思います。明日寝坊出来ないし。

超高校級の初夢

2013.01.03 12:49|ダンガンロンパ
・初夢はダンガンロンパでした。ゆうです。いかがお過ごしですか。

…もうこれは若干予想してた。だって既に夢に見たことあるし。特に捜査パートで中断して寝ると、ほんと気になるんだよ…しかし初夢がゲームってなんだかなあ…

つーわけで以下◎四章までのネタバレ注意◎




・さて、念願の自由時間ですが。まずは占い師に突撃したのだけど、スキルもスキルポイントも一切獲得できず、会話もまったくナシで終わってしまった。どうやら会話は6回で終わりのようですね。あさひなちゃんにも話しかけてみたけれど、さくらちゃんのことでヘコんでるのか、何をあげても喜んでくれませんでした…。別の時間帯で話しかけた時は一緒に会話することすら拒まれるし…。きりぎりさんはやたら怒ってて避けられるしで(意外とめんどくさい)、とがみ君とふかわさんにテキトーに会話しただけで終わってしまいました。今後はとがみ君ときりぎりさんの会話狙っていきたいね。きりぎりさんまだ一回も話してないし。

・今回の事件は全然わかりませんでした。占い師があからさまに怪しいんで、一章と同じで犯人は分かりやすいけど過程が分かりにくいパターンかと思って占い師のこと諦めてたんだけど、アホの占い師にしては密室殺人とか生意気過ぎる…。とか思ってると容疑者が二転三転して、結局密室は被害者本人が作ったという定番パターンに。それにしたってそれぞれの動機がワカランし、最後の最後まで考えさせられた話でした。

・今回の章は最低限の犠牲者で済んでよかった。まあアルターエゴが壊されてしまったけれど…「ふじさき千尋は二度死ぬ」ということでしょうか。
しかし黒幕問題も片付き、いよいよ殺人しなさそうな人ばかり残ってきた(ってジェノサイダーに言うのもアレだが)。今後は16人目のナントカむくろに殺されるデスゲームって感じだろうか…。特に朝比奈ちゃんと占い師はすっごい死にそう。占い師好きなんだけどねー。天然アホなところだけでなく最低なところとか好きです。「うわぁぁあぁぁあぁ」っていう情けない声とかも。

・事件は各章で完結だけど、学園の謎はどんどん増えていくばかりですなあ。そういやガチャガチャ回しまくってかなりプレゼント集められたんだけど、「応援する気持ち」だかなんだか忘れたが、そういう名前の特殊っぽいアイテムもゲットしたんだよね。ナンバーが「男のロマン」より若いんで、もしかしたらこれももっと早く持っていれば何かイベントが追加されたんだろうか?「応援する気持ち」があれば、大和田君と石丸君の決闘を最後まで見届けられたとかそういう…。まあクリアした後に調べてみよう。

しかしこのゲームって周回プレイすべきなのかな?全員の会話全部聞こうと思ったらかなり周回しなきゃならんよね。周回するならプレゼントとスキルあたりは引き継ぎ出来そうだけど、しかしトリックが分かってる推理ものを何度も読むなんてつまらないことはない。自由時間だけひたすらプレイ出来るおまけモードみたいなのがあればいいのにな。

・とまあそんな感じで。続きが気になるからまたスグにでもやりたいところだが、放置しっぱなしのサモンナイトもそろそろ再開しないと話忘れちゃいそうだ…。別におもんないから放置してるわけじゃないんだけどね。むしろ面白いんだけどね。

超高校級のロマン

2013.01.01 22:28|ダンガンロンパ
・いやー、もうこのゲーム、なっかなか切れないね。セーブ自体は裁判パートの一部を除けばほぼ常に出来るわけだけど、話はなかなか切れない。寝る前に30分くらいやるかーってやった時、捜査パートに入ったところでやめたんだけど、続きが気になりすぎて夢にまで出てきましたよ…夢で裁判してました…。てなわけで、以下◎三章までのネタバレ注意◎




・千尋ちゃんまさかの再登場。なるほどね、人気の秘密はこっちだったか。生きてる時も既に良い子だったけど、死んでからが本番だったのね。

・占い師にプレゼントしまくって、ついに部屋まで押しかけることに成功。でも微妙に喧嘩別れ?みたいな感じだったから、まだ続きあるのかな?
とがみ君にオブラート渡したら「フッ……面白いものを渡すじゃないか。いい度胸だ。」みたいに言われるか期待したけど、普通に「つまらんものを渡すな」とか怒られたのでロードしてやり直しました…。
あとはスイマーのあさひなちゃんに水着あげたくらいだったかな。思えば男にばっか構ってるなwまあプレイヤーが乙女だからしょうがないよね☆ミ乙女ゲーじゃなくてもどうせならイケメンと仲良くなりたいモンですよ!まあ占い師はそれほどイケメンじゃないが…でも面白いよね。天然アホキャラなとことか好き。

・そういや覗きイベントがあったけど、どうやらここで「男のロマン」が必要だったみたいですね。しかしプールは脱衣所が男女別で電子手帳で管理、違反者には重火器ぷっぱなす勢いなのに、風呂場は混浴で脱衣所も一緒ってどういうことなの…w

・事件編。お気に入りの占い師がなかなか出てこないので、「死んだの!?犯人なの!?金に釣られた!?」とすっごい不安になってましたが、本当にいつになっても出てこないので、「あ、これは罪をきせられるパターンだな」と安心して見守ってました。逆にセレスのくっせぇーことwこの事件はわりとスグ分かりました。二章のが難しかったな。
そういやここにきてもまだ裁判に新要素が加わってくるんだけど、「アクションがイージーモードだと関係ない」ってのが二つくらいあったんだよね。ノーマルでやれば良かったなとちょっと後悔。

でもってもう一人のお気に入りであった石丸君は死んでしまいましたが…いつか白髪バージョンから元に戻るかも、と一縷の望みをかけていたのに…。もうあの「いいかね!」「成長せよ!」が聞けないとなると残念でなりません(´・ω・`)山田?ああ、あの人は別に…

・内通者が発覚したり、隠し部屋を発見したりとまたしても色々と明らかになってきましたが、それよりなにより楽しみなのは自由時間ですね!とりあえず占い師の会話は全部聞いてしまいたい。うん、この人殺人に走ることはなさそうだが(アホだから)、アホさに付け込まれて殺されるって展開はすっごいありそうなんだよねw今回だってターゲットが違ったから生き残っただけで、死んでもまったくおかしくなかったもの…。
あとはとがみ君も気になるなー。イケメンだし。女子メンバーではあさひなちゃんがいい子だと思うけど、会話が気になる度合で言えばきりぎりさんやさくらちゃんのが気になる。あさひなちゃんは元気でかわいいんだけど、フツーの女の子って感じだから。でもきりぎりさんってどんなプレゼントを喜んでくれるのかまったく検討がつかない…。とりあえず花束持って突撃してみるか…。あとふかわさんについては、ジェノサイダー状態の時と普通状態でプレゼントの好み変わるのかしら…?

・裁判の報酬で思ったよりガッツリメダルがもらえるのは嬉しいのだけれど…やっぱこれはアイテムコンプする必要あるのかな?そんで占い師で試してみたけど、同じプレゼントを送っても喜んでもらえる仕様のよう。つーことはアイテムコンプを目指さないなら、時間がかかっても一枚一枚引いていく方がお得な気がするんだけど…。重複率を減らすにはかなり大量のメダルを投入しなきゃダメっぽいし。「男のロマン」みたいな重要アイテムもあるみたいだし、イベント進める前に一気にガーーッとガチャガチャしてくるかな。100枚以上溜まってるんで、テレビでも見ながらやるかあ。


にほんブログ村 ゲームブログへ

超高校級の約束

2013.01.01 21:40|ダンガンロンパ
・明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!
正月なのにあんまりテレビ見ずにダンガンロンパ中。いや正月番組もオモシロイんだけど特に生放送系はぐだぐだなのが多くて、言うほどあんまおもんないよね。ぐだぐだやスベリ芸もタマにあるからオモロイんであって続くとつらいもんがある…てな感じで二章までクリアしてきました。以下二章までの◎ネタバレ注意◎



・千尋ちゃんって男の娘なの?いやいやそれはあからさま過ぎるからミスリード?でもあえて男性声優使って何もナシってのもなあ。何か男女の性差がトリックになりそうなところが出てきたら別だけど、それは一章でやったばっかだし…
ってぐだぐだ思ってましたが、二章に入ってソッコー【男女の性差がトリックになりそうなところ】が出てきましたね。そして度重なる怪し過ぎる千尋ちゃんの発言…はい、やっぱり男の娘でした(・▽・)しかも正式にゲーム内で「男の娘」って呼ばれてましたね。すげーなこのゲーム。
それでも千尋ちゃんが二人目の犠牲者だったのはちょっと意外だった。つーのも、以前どこかでダンガンロンパの人気投票結果見ちゃったことがあったんですよね。その時この千尋ちゃんってのが相当人気だったような気がする…後の順位は覚えてないけど。つまり人気が高い=出番が多い=終盤まで活躍するのかなっと思ってたんですが、けっこう序盤に死んじゃうのですね。まあでも基本的に良い子で、人気が出る理由もちょっと分かる気がします。今回の犯人も…切ない感じで(´・ω・`)殺人にしょうがないなんて言っちゃダメだが、動機もけっこう同情出来るものであった。この二人が出会ってしまったのは不幸な偶然だったんだなって感じで。

・今回の話は千尋ちゃんと大和田君の友情の話でもあったけど、大和田君と石丸君の友情物語でもあった。もう石丸君がねー!最初サウナで決闘し始めた時は、もう「このままブッ倒れても食堂閉まってるから水とか飲めないし…」とか「サウナで二人とも倒れたら校則に引っかかって罰されるんじゃ…」とか色々と余計なこと心配してたんですが、これも伏線だったんですねー。裁判パートでは大和田君の動揺より石丸君の取り乱しっぷりが目立っていた。リズムゲーではまさかの石丸君が出てきたし。石丸君とは二回くらい自由時間過ごしたけど、もしかして大和田君は石丸君の初めて出来た友達だったりしたのかな。とか思うとなお切ない。
けど今回の件で多いに精神的ダメージを受けただろうし、ますます石丸君危ういね。安易に殺しに走らなければいいんだけど。

・しかし大和田君ここでリタイヤかー。カミシアシート二つもあったのに、プレゼントし損ねた(´・ω・`)「男のロマン」は絶対大和田君用のプレゼントだ!って思って嬉々と持って行ったのだけど、いざプレゼントしようとしたら「重要アイテムなので渡せません」って出て、結局ムラマサあげたんだよねー。まあムラマサでも微妙に頬染めて喜んでくれたんで良かったんだけど。
後は占い師の元に重点的に通いました。これ最大何回まで会話あるのかな?とりあえず合計で4回くらい通って水晶をもらいました。オーパーツは大喜びしてくれるのに、オカルト的なものは大嫌いっていうよくワカラン人です…。神秘的なものはアリなのかねえ?違いがよくワカラン…。まあ会話が面白いのでもうちょっと通ってみたいと思います。

・これでまた二人減ったわけだけど…これからまだまだ殺人&処刑で死んでいくのかと思うと、どのキャラもほんともったいないんだよなー!これ以上減って欲しくないよー(´Å`)
3章の冒頭ちょこっとだけ見てみたらスイマーの朝比奈ちゃんが出てきたんだけど、3章ではこの子が重要になってくるのかなー。まあ冒頭に出てきた=犯人か被害者って思い込むのはサスガに早計だけど、イザという時のためにこの子にプレゼント送っとくか…。水着とドーナツあるし。

・ふかわさんの「アヒャヒャヒャッ(゚∀゚)」っていう狂気じみた笑い方好きです。殺人鬼とバラされて今後どうなっていくのか…。

・セレスはなんか気に食わないキャラだなと思ってたけど、「ブチグソがァーーーーーーーッ!!!」でちょっと好きになった。

・とにかく続きが気になりすぎるので次やってくる!!

にほんブログ村 ゲームブログへ
| 2019.09 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ