蘇る逆転 クリア

2013.03.13 22:42|逆転裁判
逆転裁判第五話「蘇る逆転」、よーーやっとクリアしました。いやー長い!長かった!オマケなんだから逆転姉妹とかトノサマンとかそのくらいの長さと思いきや、第四話と同等かそれ以上に長かった!第四話はDL6事件の情報を第二話から小出しに出してたけど、第五話はSL9事件を最初から説明するから余計に長くなったんだろうな。法廷記録も今までは1~2Pで済んでたのに第五話ではマサカの4P。証拠品がもうドッサリでした。そんな感じで以下◎ネタバレ注意◎

DSからの追加キャラも皆濃かった。ともえさんとキョウカさんは美しい。あかねちゃんもかわいかった。特に法廷に立ってる横からの立ち絵なんかは綺麗でサスガ追加キャラという感じ。御剣さんの荒さが際立ってちょっと切なくもあった。
法廷パートは最初の一発目でかなり引っかかりました。カルマ検事の時と同じフル待ったで進むパターンかと思ってたのに全然…。ナルホド君も「とにかくゆさぶってみよう」としか言わないし(´⊆`)ヤケクソ気味で怪しいとこにテキトーに突き付けてたらナントカ進みました。一番キツかったのはそこですね。その後の法廷でもちょくちょく躓いたけどなんとか自力で進みました。一番最後の「証拠を見せる/出せない」の二択には綺麗に引っかかりましたが…。逆転裁判って、画面にライフが表示されてない選択肢だと結局どれを選んでもナルホド君がうまいこと流れに乗って正解に導いてくれるんだけど、この二択では問答無用でバッドED直行でした。直前にセーブしといて良かったっ!(゚д゚)

探偵パートでは躓きに躓いて二度ほど攻略サイト見ました…っていうのもね!新要素のルミノール試薬と指紋検出がね!!!
保管庫でルミノール試薬を吹き付けて回る時、他の手形はスグ見つけたんですが、肉眼で明らかに見えてる方まで試薬を吹き付けなきゃならんとは思ってなくてね…つっても2,3回は試しに吹き付けたんですがこの試薬、5,6回~7,8回くらいしつこく吹き付けないと見つけたことにならないんですよね…っつーことでイトノコ刑事がなかなか保管庫から立ち去らずこちらが立ち往生するハメになりました。
指紋検出も、ゴム手袋の方(一番最初のやつ)、何回吹いても画面が変わらない!久しぶりに酸欠になりそうなくらい吹き付けたのに反応ナシ。なんでや!!と思ったら、画面が真っ白になるくらい粉を振り掛けなきゃならんかったらしい…知らんわー!最初の指紋鑑定なんだからそういう模様浮かび上がってくると思うやん!ゴム手袋用にべったり粉いると思わんやん!!カガクなんてクソくらえや!!
ていうかあえて言わせてもらうのなら、ルミノール試薬も指紋検出も弁護士のやる仕事じゃねーから!警察仕事しろ!
んまー全体として、探偵パートも法廷パートも本編よりちょっと難しくなってる印象でした。

御剣検事のお部屋に突撃初訪問した。意外と派手な部屋に住んでた。そしてチェスの駒が…アカネちゃんの台詞通り「ナイト(=御剣さん)がポーン(ナルホド君)を取り囲んでる」ことを示してるのなら、御剣さんって…この二人もう両想いでいいんじゃ、、、と生ぬるい目で見守っていました。
みっちゃんが法廷で自分の地位を捨てる覚悟で真実を究明し、ナルホド君を叱咤してたのは熱かったな。でもってエンディングでは部屋から消えてたんだけどマジで検事辞めたのかな?「逆転検事」はどーなったん??逆転検事ももう買っちゃったよ?

そんな感じで歯ごたえタップリの第五話でした。DSからの追加エピソードらしいけど、初見でやってる方からしたら検事でかなりのキャリアだったカルマ検事の殺人が発覚し、その二か月後に警察局長の殺人・脅迫と首席検事の捏造・隠ぺい工作が露見するのだからスゴイことだよね。警察の権威失墜もいいとこですよ。
ていうかガント局長はなんでザイモン弟を殺したんだっけ…?トモエさんを自由に操るため?それだけのために殺人しちゃったの?…って思うんだけど、警察と検事の両方を牛耳るのはそれだけの価値があるのかな。話が遠すぎて実感わかないけど。
それにしてもどのキャラも皆魅力的でした。ハラバイ刑事だけはモブっぽい見た目だなーと思ったが。ザイモン刑事は犯罪の跡も凶器を堂々と持ち歩いてるとかもうね。ガント刑事はブチ切れてるとこ面白かった。基本ブチ切れてるキャラは皆面白いけど。でもってキョウカさん。…SL9事件の他の人は巻き込まれるべくして巻き込まれたワケだけど、この人がトモエさんの犯行を見たのはタマタマだったのかな?それだけちょっと思った。
イトノコ刑事も、初対面ではモブ刑事くらいの印象しかなかったけどいいキャラだね。御剣さんを慕ってる様子はまんま大型犬でほほえましい。それでいて人望厚いしいい人。オチも担当してくれるし。前にイトノコ刑事のドヤ顔がうざ可愛くて好きって書いたけど、「イヤー困ったナーハハハ」っていう苦笑顔も好きです。
ともえさんは最後の笑顔がとても良かった。昔の姉妹が並んで写真撮ってる一枚絵も可愛かったな。アルバム機能あれば良かったのに…。

◆そんな感じで「逆転裁判蘇る逆転」クリア!さっそく2もやりたいとこだけど、夏空が来るまでもうそれほどないのでしばらく保留しようかな。2はシリーズの中でも難易度が高めらしいのでちょっぴり不安。しかしまた新しい出会いがあるかと思えばワクワクです!グラはちょっとは進化してるのだろうか?同じGBA作品だからマズ使い回しだろうけど…ちょっとは今より綺麗になってるといいな。御剣検事。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

みっちゃんがヒロインにしか見えないの巻

2013.03.10 17:40|逆転裁判
第四話クリアしてきました!
もう逆転裁判のヒロインは、千尋さんでもなくマヨイちゃんでもなく、御剣検事だなと。
そんな第四話でした。以下◎ネタバレ注意◎


なんつったってナルホド君の回想ですよ!!学級裁判で免罪かけられて、それをみっちゃん(とヤハリ)に助けられて弁護士を目指すってんならまだ分かる。ていうかコレもきっかけの一つなんだろうけど。
けど本題はその何年後かで、弱い立場の人を守る正義の弁護士を目指してたはずのみっちゃんが、黒い噂付きまとう鬼検事として評判になってるのを聞いてビックリする、と。そこで「どうなっちまったんだお前!」と話を聞こうとするが断られる。会ってもくれない。で、みっちゃんとちゃんと話をするためだけに、法廷で会うためだけに、弁護士を目指す、と。これもう一種のストーカーだよ!!なるほど君みっちゃんのこと追いかけすぎ!!とんだワンコだよ!!ただ話をしたいがために弁護士になるとか…!車の免許取るのとはワケが違うんやで!あんた常識人と見せかけて一番ブッ飛んでるやないか!!これもうピクシブ探せば絶対ナルミツとかそういうCPのタグあるだろ!なるほど君アグレッシブ過ぎぃぃぃいい!!!

とまあそんな感じでヒジョーにテンションが上がった回想編でした。個人的には一番最初の千尋さんとの会話の「こんなに緊張するのは小学校の学級裁判以来ですよ…」という台詞まで伏線だったことに驚いた。

探偵パートは慣れてきたのでサクサク進みました。法廷パートも、初日の一番最初のところが分からなくてズルズル回ってたんですが、ちょっと間を置いてからフルで待ったをかければ進みました。カルマ検事相手ではフルで待ったを入れるのが基本だと分かったので、その後はフルでゆさぶって割とサクサク進みました。
金属探知機が出てくるところはテンション上がりました。ここで来るかーーーーーっ!!と。ヒョッシー騒動が終わった時に書類を整理したけど、この時に金属探知機を持ったままだったのが何でなのか引っかかってたんですよねー。ミサイルも可愛かった。怒ってる顔はクソ不細工でそれもまた可愛かった。(矛盾)

そんな感じでエンディング。いやー、ほんと骨太で濃いストーリーでした。逆転裁判はもともと続編を出すつもりで作ってなかったらしいので、余計全力投球出来たんだろうな。ライバルキャラの御剣検事を弁護する、という展開も、いつかはあるだろうなと思ったけどまさかこんな早くに来るとは思わなかったよ。
第五話として「蘇る逆転」が追加されたけど、これは元のGBA版にはなかった要素なんだよね。本編は綺麗に終わってるので蛇足になってないことを期待。

でもって1話残した状態で、逆転裁判2、3と逆転検事1、2を既にポチってしまいました(・▽・)かつてないくらいの一気買いですが楽しめるはずと確信してます。あー楽しみ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

もうみっちゃんにメロメロです

2013.03.08 23:07|逆転裁判
三話逆転トノサマンまでクリアしてきました。以下、事件の核心には触れてませんがほんのりとネタバレ注意

・逆転裁判の事件は古畑方式で見ていくモンだと思い込んでましたが、今回はナルホド君と一緒に解決していくパターンでした。御剣検事もよく分かってない様子で一緒になって驚いたり追及したりしてました。かわゆす。もっと悪役っぷりを見せてくると思いきや、早くも寝返りフラグでしょうか。案外早かったな。まあこの世界の警察すげー無能だからな。その警察の擁護ばっかしてたら自分の価値も下げることになるし。そういうの嫌いそう。プライド高そう。
それにしても御剣検事、「おじさん」呼びを「お兄さん」に訂正したり、意味もなく異議を唱えて時間稼ぎしたり、いちいち萌えさせてくれます。ギャップ萌えのお手本のような人です。24歳であの老け顔ってのが既にすごいギャップだしな。彼を「みっちゃん」と呼んでくれたオバちゃんには感謝です。みっちゃんかわいい!!

脇役もすっごい面白いよねこのゲーム。魅力的…というか個性的というか。オバちゃんには爆笑しました。九太もクソガキ坊主って印象なのに笑顔がやたらかわいい。千尋さんはこんな子どもまで手玉に取るなんてほんと魔性だな。そして法廷ではナルホド君にケチョンケチョンに責められてそれもまたかわいい。ナルホド君容赦ねーな!

アホノコ…じゃなくてイトノコ刑事もオモシロイです。アホの子だけど。あのすごい得意げになってる顔とかすっごいうざい。うざかわいい。うざ面白い。

・最後に動機を突き付けるところが分からなくて二つくらいライフ削られましたがなんとかクリア!こっちは探り探りでやってるのに、ちゃんと理解して喋ってるナルホド君はほんと賢いな。頼りになります。

・そんな感じでみっちゃんとちょっと会話して、三話終了しました。GBA版は四話で終了らしいから、物語本編としては次で最後かな?それにしてもみっちゃんは立ち絵で正面から見るとコワイ。ただただ恐い。法廷に立ってる時のがイケメンだな。白目剥いてるけど。

ふとツイッターで御剣bot探したら発見したのだけれど、今フォローしたら色々とネタバレくらいそうなので保留してます。こりゃー逆転検事もやるっきゃねーな!逆転検事は法廷パートがないらしいのだけど、みっちゃんが主人公なら楽しめる気がします。2,3と一緒に買っちゃおうかなー(・▽・)


ブログランキング・にほんブログ村へ

逆転姉妹クリア

2013.03.07 21:01|逆転裁判
楽しくて二話「逆転姉妹」ドァーッとやってきました。超楽しいです。以下◎ネタバレ注意◎

なんていうか、チュートリアル的な第一話が終わった直後だと言うのに第二話でフルスロットルな事件カマしてきますね。もっとこう最初の事件って、富豪の犬が死んだとか近所のオバサン同士のくだらない口げんかとか、そういうショーモナイ事件かと思ってたのに。まさかいきなり千尋さんが死ぬとは…しかも重要キャラっぽいマヨイちゃんに、重要っぽい過去の事件が絡んできて、ライバルかつラスボスっぽい御剣検事が出てきて、更に主人公が犯人扱いされる展開とか…なんかもう出し惜しみはしない!全力で行くぞ!っていう意気込みを感じます。

ナルホド君が被告人の時、ひたすらゆさぶるけど矛盾が見つからずもうダメだーってなった時に千尋さんが出てきた展開は不覚にもちょっとジーンとしました。

そして御剣検事が思ってたより悪人だった。明らかに被告人より怪しい人が出てきても揺るぎないですね。彼の中では警察の判断が絶対で、自分が犯人捜しをするのはお門違い、あくまで被告人を追い詰めるのが仕事、そのためにはなんでもやるって感じか。この世界の警察すげー無能なのになw
刑事ものとかでよくある「頑固者で融通が利かず周りが見えなくなってしまうけど根は正義を愛するいいヤツ」タイプ(ドタンバで味方になったりする熱い展開付き)は果たしてあるのだろうか。シリーズ通してのライバルっぽいし、無印でいきなり味方になる展開はないかなあ?ナルホド君と何か因縁ありそうな感じなので、何かしら心変わりするっていう展開はいつかはありそう。
でもって検査結果を捏造(?)したり、証人に入れ知恵したり、法廷でもケッコーしつこく食い下がってくるwこれは良い悪役&ライバルっぷりです。こっちがうまいこと矛盾を指摘して喋ってる時に彼が「異議あり!!」と水をさして立ちはだかってくるたびニヤニヤします。あの気障な動作もまた良いんですよね。

いやー、それにしても。逆転裁判、超楽しい!サスガ評価されてるだけあるなーって感じ。これで五話までしかないならスグ全クリしちゃいそうだなあ(´・ω・`)終わっちゃうのがもったいない…2,3を買うのはもはや確定かも。

あー続きがやりたい…!でもガツガツやるのもったいない…!そしてまたそろそろ「サモンナイトをやる気」を呼び覚まさなくては…!


ブログランキング・にほんブログ村へ

御剣検事にもう会えた!

2013.03.06 22:56|逆転裁判
思いっきりエンジョイしております逆転裁判。まだ第一話の途中ですが勢い余って書いちゃいます。

一話目の死者がマサカあの人とは…!いきなり意表を突かれました。そして噂のマヨイちゃんも意外とスグ出てくるんですね。公式サイトとかでチラ見した時は妖精?座敷童?的な何かと思ってましたが普通に人間でした。良かった良かった。
御剣検事もいきなり出てきた。この人もイケメン&ガタイがめちゃめちゃいい。24歳とは思えない。動きとかもいちいちイケメンでカッコイイのですが、白目剥いて悔しがるところはやっぱ悪役だなあという感じ。そんな御剣検事もステキです!

「ゆさぶる」の使い方ですが。説明書を見た限りはやっぱりヒント的な感じ?回数制限はないのでとにかく突っ込め!って感じですね。「待ったっ!!」と大げさに会話を中断させるけど、実際は「これちょっとどういう意味?」って軽く聞いてるパターンもあったりなかったり。一話の最初の法廷でも少し説明があったけど、証言に矛盾がなく「つきつける」ことが出来ない場合は、ひたすらゆさぶるのも攻略法の一つみたいだ。
あと「反論する/しない」とか「諦める/食い下がる」とかの二択は、基本攻めていくのがいいみたいですね。よく分かってないとこでもひたすら攻めてますが今んとこナルホド君がうまいこと喋って進めてくれます。後々これにフェイク仕掛けられたらマズ引っかかるだろうな。ないことを祈ろう。

話としては、裁判官や警察が「仕事しろwwwww」と草生えるくらいバカだったり、「矛盾点を見つけられなければ被告人は即有罪」とか、色々飛んでる部分はあるけれどそれはそれとして楽しめてます。まあ裁判って言ってもゲームですから。しかし「不法に入手した証拠に証拠能力はない」ってのはもう一般市民でもジョーシキだと思います。これも時代ですな。

それにしても法廷パートが楽しい…!ナルホド君も御剣検事も動作がいちいち決まってるし、被告人が本性表すところとか笑い出しちゃいます。先も全然読めなくて楽しいです。ナルホド君が汗ダラダラかいてる顔好き。やっぱ何であれ主人公を好きになれないと楽しくないよね!

説明書によると4話+DSのオマケ1話で全5話の構成らしく、意外と短いなと思ったのだけれど、これから探偵パートに入るみたいでまだ先は長そうです。1話の中に法廷パートは何回挟まれるのかな。まあ確かに裁判って何日もかけてやるもんだしね。忘れてたわ。
探偵パートもすぐやりたいところですが、今からやり始めると止まらなくなっちゃいそうなのでまた明日。あー楽しみだなー!

ブログランキング・にほんブログ村へ
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆
twitter@iiyudane
(2013.5.21-)

にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 ゲームブログへ

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ