FC2ブログ

三国恋戦記 総評

2014.02.09 14:58|三国恋戦記
◆去年の5月くらいからやり始めて、ちまちまちまちま進めて先日ようやく正規EDとスペシャルの後日談をすべて見てきました。スチルはすべて埋めたけど差分を回収できてないので若干残ってます。バッドEDは8割ほど回収したけどまだ残ってる。なのでフルコンプとは言えないけど、まあほぼコンプといったところ。
レビューも兼ねてネタバレなしで思ったことをつらつらと書いていくコーナー。尚、他の記事は警告なくネタバレを書き連ねているので注意してください。

三国恋戦記 ~オトメの兵法!~三国恋戦記 ~オトメの兵法!~
(2012/07/26)
Sony PSP

商品詳細を見る


・システムはとにかく快適。
丸ごと一枚インストールさせるだけあってとにかく快適!早送りがものすごく速く、カーソルは記憶されるので周回プレイが苦にならない。クイックセーブ?そんなもんいらないよ?と言わんばかりに巻き戻しも軽やかに行ってくれるので、わざと選択肢を外して台詞回収するのも楽ちん。ただし一部バッドED直行な選択肢もあるので、危ない雰囲気を感じたらそこは大人しくセーブしてください。
軍議は三択クイズみたいなもんですが、話を聞いていたら8割分かる内容。分からないのがあっても前述の通り巻き戻しが快適なので、速攻なかったことに出来る。カーソル位置が記憶されるので一度やった軍議はほぼスキップでサクサクこなせる。どうしても軍議やりたくない!ミニゲームと名のつくものは何もやりたくない!と言う人は、難易度を下げると答えにマークが付くという仕様になるらしいのでそのあたりもご心配なく。

・立ち絵、スチル差分が豊富
どのキャラもよく動いて表情がコロコロ変わる。スチルも差分というか「ほぼ別の絵じゃん!」というようなのもあったりなかったり。ただし、個人的に立ち絵はあまり好みじゃないのが多かった。スチルは文句なしにイケメンなんだが。

・主人公はややクセあり
乙女ゲー主人公としては、ちょっぴり天然で鈍感で、真面目でやる時はやる子で…と、まあ良くも悪くも平均的。トリップものの主人公としてはとにかくタフ。最初こそ知らない土地に戸惑ったり、戦争を間近に見て怖気づいたりするものの、そのあたりは現代の女子高生がトリップしたと思うとまったくしょうがないと思うレベル。出されたものはなんでもおいしく食べ、文句ひとつ言わず一日中旅したり野宿したかと思えば、知らない土地でも物怖じせず仕事を探したりととにかく適応力がハンパない。単純に順応するまで描こうとしたら尺が足りないってのもあるんでしょうけど。このあたりに関してはイライラする心配はないでしょう。ただ「年上に見えないから」と言う理由で明らかに目上の立場にいるキャラにも無礼だったり、「苦手だから」という理由で頑なに「様」を付けて呼ぼうとしないのはちょっと引っ掛かった。
一番問題なのはバトルもののヒロインとして。所謂聖女属性です。しかも本人には何の力もない。つっても、現代の女子高生が三国志世界に行ったところで何が出来るんだと言われれば何も出来ないだろうし、本に頼り切ってしまうのは仕方がないことだと思う。しかし何かにつけて「なるべく犠牲が出ない方法で…」「これ以上戦ってほしくない…」と言うのが非常に鼻につく。戦えないのに無理やり戦場に付いて行くという典型的な嫌われ行動もルートによってはしてしまう。時々攻略キャラから「理想論だ」「戦場ではそうはいかない」と諭されますが、そのキャラも結果的には主人公のそういうところに絆されるので、この聖女属性が合わないと二人が惹かれあっていく様子に違和感を覚えるでしょう。

・シナリオはやや金太郎飴
個別ルートに入ると、基本「本の不思議な力に巻き込まれて攻略キャラと二人で一悶着→なんとか乗り越えて少しキャラとの距離が縮まったと思ったけど→今度は各軍で史実上の重要な事件に直面→すれ違いつつも乗り越える→ハッピーエンド」という感じ。
「本の力に巻き込まれる」のを前篇、「史実上の事件」を後編とすると、後編は各軍でほぼ同じなので、同じ陣営のキャラを続けてやると飽きます。前篇の方はまだ色々なアプローチがあるので同じ事件でもそれほどマンネリしないんですが。

・過激なキャラや鬼畜な展開はない!乙女に優しい正統派乙女ゲー
ヤンデレっぽいキャラや二重人格っぽいキャラもいるにはいるものの、基本的には皆良い人。鬼畜な展開というのも、バッドEDで殺されたりはしますが正規EDでは人を選ぶような展開はなく綺麗に収まってます。綺麗にまとまり過ぎてツマラナイっていう意見もあるかもしれませんが、世に溢れるドSだのエロだのに辟易してる方には癒しのゲームだと思います。

・個人的な評価。
スペシャルまでやった印象としては、恋戦記はまさに「乙女ゲーのお手本」という感じ。物語に致命的な矛盾や整合性の合わない展開はなく、伏線は綺麗に回収。恋愛は甘酸っぱくあくまでキスまで。それ以上を匂わせるような危ない要素は一切ない。極めて健全。
ただ、それで「めちゃめちゃ楽しめたのか」と言えばそうでもなく、攻略に半年以上かかってしまいました。これは私の問題ですが、どうも私は「全編通して謎がある」とか「隠しまでクリアして初めて謎が解ける」とかそういう系の話じゃないとサクサク進められないようです。恋戦記はよくもわるくも各ルートで完結してますからね。クリアした後に「よしっじゃあ次はあの人いってみよー!」っていうテンションにならなかった。一人クリアしたらそれで満足と言うか。やや金太郎飴なのも攻略ペースが落ちた要因の一つです。システム面や豊富な立ち絵、スチルについては文句なしですが、シナリオについてはそこまで持ち上げるほど面白いかと言えばそうでもなかったし。綺麗にまとまってるけど、むしろノベルゲーを名乗るならこれくらいのクオリティのものはどこのメーカーも最低限作って欲しいと思うレベル。

◆という感じで星五つで表すなら4かな。
以上、ようやく終えることが出来た三国恋戦記のレビューでした。
スポンサーサイト



強面コンビが癒し系かわいい孟徳ルート

2014.01.05 20:15|三国恋戦記
恋戦記最後の一人、孟徳ルート満を持して攻略してまいりましたっ!

例によって孟徳軍は軍に残留するのがけっこうシビアで何度かやり直した。そして共通ルートは既読部分はスキップなのであんま話が入ってきてない。なのでルートに入ってからが中心の以下孟徳ルート感想文。

◆「孟徳はヤンデレ」とかっていう話をどこかで聞いていたので、どこで病むんや!?とドキドキしてましたが、黄巾の乱編では普通に頼りになった。山賊の撒き方は戦略的、かと言って非力でもない、今までのキャラで一番かっこよかったような気さえする。主人公に犬みたいに懐いてアピールしてくる感じも可愛くて良かった。

しかしトリップ後、鶴の恩返しの話をしてるところはもうあからさまにフラグ立てに来てる感じでくるぞ…くるぞ…とニヤニヤしながら見守り、翌日火事になった時にはお前だ!お前がやったんやろーーーっ!!!(゚∀゚)9m
と、真っ先に疑ってました。このあたりのバッドED分岐は怪しいのは片っ端から踏んでいったんですが、軒並み同じ妾EDに繋がるので、バッドEDを見るたび疑惑が確信に変わっていった感。どうあがいても妾ED。

しかし結局は嘘はついてないという結末…なんというか…主人公の聖女属性もそうですが、このゲームをやっていると、つくづく私が乙女ゲーヒロインだったら誰も落とせないなあ…と痛感させられる…。疑ってゴメン…。いやでもあれは疑えって製作者が言ってたからさァ…。

…話が逸れた。後は何だろうなー、やっぱ終盤の怒涛の展開が良かったな。薬を飲ませようと思い立ってから刺客を見つけての悲しい攻防戦、薬を煽って現代に帰る夢を見て、最初に出会った時の「嘘はつかない」っていう約束を思い出す…。このへんの流れは人気キャラだけあってすごい力入れてるなあと思った。薬を飲ませまいとわざと嘘をつくシーンは悲しくもあり緊張感があって良かったなー。
…つっても共通ルートはガンスキップなので、出会った時に「嘘はつかない」なんて言ってたことすっかり忘れてたんだが。ここ重要な伏線だったのに、全然覚えてなくて「あーっそういうことだったのかー!」みたいなカタルシスがまったくなくてちと残念。やっぱゲームはやり出したら一気にやり終えるに限るな。夢パートはすぐに夢オチだなとは分かったけど、個人的には主人公が家族や友達に「もう会えなくなるけど行ってくるね!」みたいに宣言するまで入れて欲しかったかな。

・あと孟徳ルートで輝いてたっていったら文若&元譲の部下コンビね!強面仏頂面の二人なのに、何故だかすごく癒された!本命の孟徳が何考えてるのか分からなくて怖すぎたってのがあるんだろうなー。あと何気に優しいんだ二人とも…。不器用だけれども…。文若さんとかあのほっそい目で嫌味を言いつつ優しくしてくれるんだからほんといい人よね…。

・孟徳の攻略がこんなに後回しになったのは、ひとえに立ち絵にあんま惹かれないっつー理由だったのだけど、スチルは軒並みイケメンだった。特に笑ってる顔が可愛い。ほっぺたに点々つける、少女漫画的表現も全然許せる。「孟徳さんの笑ってる顔が好き」っていう主人公のこの部分にばかりは全面同意!いつもこの顔でいてくれ!酔っぱらってる顔も可愛かった!

・ヤンデレヤンデレ言われてるので覚悟はしてたけど、それほど突き抜けたヤンデレではなかったな。まあゆうても正統派乙女ゲーの恋戦記ですから、そこまでぶっ飛んだヤンデレではないだろうなと思ってはいた。主人公を繋ぐ云々の話はしてたけど、正EDでは結局やってないし、本も燃やしてなかったし。このやり方うまいよね。実際本を孟徳が燃やしちゃってたら、ヤンデレ属性とは言え冷静なプレイヤーから批判が飛んできたと思うの。主人公の幸せだけをひたすら考えた孔明と比較すると自己中心的だし。しかしプレイしてる最中は危険な香り漂うヤンデレと思わせて、最後に嘘をつかない誠実さを見せて種明かし…うーん!してやられた感!

◆…という感じで結局年末には終わらず、年が明けてからの攻略になった孟徳ルートでしたがなんとかクリア。これにて本編は全員攻略できました。バッドEDは気が向いたら回収していった程度で、EDリストは全然埋まってないのだけど、基本的にバッドEDはそれほど作り込んでるゲームじゃないからわざわざ回収して回らないでいいかな。だいたい「うっかり殺される」か「問題をぶん投げて三国志の住人になる」か「現代へ逃げ帰る」よね。EDリストがあるからコンプ欲もちょっぴりわかないこともないが、軍議をわざと失敗して怒られるのはちょっと抵抗があるというか…。
ただスペシャルの後日談は何人か見てないキャラがいるのでこれは見とかないとな。孟徳軍のオマケストーリーは、孟徳をクリアするまで見ないって決めてたので最後になっちゃったし。

後日談の感想も書くか分かんないけど、とりあえず総評のようなものを書いて三国恋戦記は終了かな。いやー長かった!今日もトリック見ながらガルモやるかな!

やっぱり悲恋も好きかもしれない孔明ルート

2013.12.30 01:27|三国恋戦記
途中でFE覚醒にハマってすっかり放置していた恋戦記だけど、放置してたらいつまで経っても他のゲームに移れないのでこの年末にガーッとやっちまうことにしました。といっても孔明ルートのかなり最後の方まで行ってたので孔明ルートはすぐ終わりました。しかし最後にプレイしたのが11月だったので、どういうところに萌えたのかとかはほとんど覚えてない。というわけでざっくりと孔明ルートの感想を。

・メインヒーローが玄徳様なら、影のヒーローは孔明といったところか。夏空でいう綿森ポジですね。実は一番物語の根幹に関わってる人。過去に飛んだ時や戻ってきた時の演出も一番凝ってたと思う。トリップから戻った時、いつもの立ち絵でも済ませられそうなところを穏やかな表情で迎える孔明のスチルをバーンと出したのはオッと思った。

・孔明の言う「忘れられない人」ってのは、どういう理屈で言ってるのかは知らんけど誰がどう考えても絶対に主人公なんだろうな、とは思っていたが、最後まで腹の内が読めない人だった。主人公を木の下に追い詰めて逢瀬に見せかけるところとか、市井に連れ出してデートするとか、「ほんとは主人公のこと好きなのに主人公は傷ついちゃってすれ違い切ないな~」と思うところなんだけど、「いやでも実際何考えてるのか分からんぞこの人…」となるのが孔明殿。

・最後に主人公を市井に連れ出す時に、「これなんか本に細工したんやろ」とは思ったけど、まさか持ってきていたとは思わなかった。まさかの孔明に返される展開でびっくりしました。エッ!エッ!バッド!?バッドエンドなの!?なんか間違った(゚Д゚)!!?とか思ってるうちにエンディングが流れ始める。そこで「まあ…一人くらいこういうEDがあってもいいよね…」と心の整理が出来始めたところで、なんやかんやでやっぱり帰ってなかったエピローグ。
あ…あうーん!いや良かったけど!萌えましたけど!エピローグもニヤニヤ出来ましたけど!
個人的には主人公が現代に帰って訳が分からないままはらはらと涙を流し、「何か大切なものを…なくしてしまった気がする…」とかいうEDでも全然良かったな。と思って「バッドEDならそういうEDになるんじゃね?」と好感度低いバージョンも見てきたけど、まんま「何か大切なものをなくしてしまった気がする」とか言ってたけど、涙を流すほどではなかったのでちょっとご不満。ううーん。やっぱり悲恋EDというかはただのバッドEDだな。基本バッドEDはあくまでバッドEDって感じであんま作り込んでないよね。

◆子龍ルートでも思ったけど、どうやら自分は悲恋EDというのがけっこう好きなようだ…。まあ悲恋ばっかりってのはアレだけど、こんだけ攻略対象がワンサカいたら一人くらい悲劇で終わってもいいかなーとか思っちゃうよね。しかしまあここまでやってきて思ったけど、三国恋戦記は「正統派乙女ゲー」を目指してるんだろうな。残すところはあと孟徳だけだけれど、ここまできて彼だけ悲恋ってこともないだろう。
今年も残すところわずかだけど、なんとかこの勢いで孟徳ルートも終わらせてしまいたい!

芙蓉姫と恋バナ盛り上がった玄徳ルート

2013.11.11 21:34|三国恋戦記
チマチマ進めてた玄徳様ルート終わりましたーい。

三国恋戦記~オトメの兵法!~

・玄徳様は公式の人気投票を見ると乙女ゲー的にはリーダー三人(玄徳、孟徳、仲謀)の中ではあんまり人気ない方?なのかな?しかし普通に良い人で普通にかっこよかったです。ダンナにするならこういう人が一番いいと思う。でもいい人過ぎて逆に心配かな…。言ってみればこの人も人間タラシだもんな。
あとどうしてもオトンっぽいという印象が最後まで抜けなかったなあ。かっこいいのはかっこいいんだが…オトン過ぎて最後のキスシーンもなんとなく犯罪臭というか背徳感を感じてしまった。かっこいいから余計に!
この「安定したかっこよさ」が玄徳様の良いとこなんだけど、それで人気上位にのし上がれるかと言ったら微妙なトコだったんでしょうな。こういうのってちょっとクセのあるキャラの方が人気出るし。それでも主人公が真っ先に拾われたのが玄徳軍で良かったですよホント。

・尚香との結婚あたりからすれ違いが増えていくとこがこれまた楽しくて仕方なかったです。玄徳様が嫉妬しておる嫉妬しておるwwwとニヤニヤしてました。こういうところで嫉妬の対象になるのはやっぱりお師匠様。お師匠様いつもありがとう。「玄徳様をどうやって口説くか考えて」「えっ」「何変なこと考えてるの」のやり取りも楽しかったです。このあしらってる感じが。
夜の廊下で玄徳様がボソッと言った「お前を妻にしたら俺のものになるのか」みたいな台詞は、玄徳様の普段見せない独占欲が見えて萌えました。ボイス記録しました。

・尚香との結婚ですが、玄徳ルートではこんな感じになるんですね。こっちとしては早安だと最初から分かってるので、早安が女装してノリノリで演じてると思えばそれもまた可愛くて仕方なかったです。策略とは言えあの早安が女の子たちとキャッキャ言いながら「お揃いっていいですよね」と宝石をプレゼントしたり甘いものに誘ったりするんですよ!!可愛いやないかい!!やっぱ女の子の好きなものとか会話の仕方とか心得てるんでしょうね。早安さんの処世術パネェっす。最後にはまさかのおっぱい(平)丸出しスチルもあって笑いました。いやでも絵になります。美青年です早安さん。…まあこの後早安がどうなったのかはあまり考えたくありませんが。そこんとこは公瑾がどうにかしてくれると思いたい。

・他ルートと違うなと思ったのは、思いのほかふよう姫と恋バナで盛り上がったこと。というかふよう姫の好きな人は雲長だと思ってたんですが…違ったんですね。まあ脇キャラが攻略キャラとフラグ立てちゃったら乙女ゲーでは色々問題ですからね。これで良いと思います。しかしそうなるとふよう姫が雲長に見せていたのはツンデレではなくガチで嫌いなだけだったというそれはそれで面白いツライ現実がありますね。雲長様どんまい。
とりあえずふよう姫と普通の女子高生っぽい恋バナが出来て楽しかったです。この時代でも女の子は恋バナで盛り上がってたのかなあ。

・とまあそんな感じで、とにかく王道!!お手本のようなすれ違い!!という感じの玄徳ルートでした。終盤の怒涛のスチルラッシュはさすがメインキャラと言った感じ。EDでも更に二枚出てくる大盤振舞だし。

さて、恋戦記も残すところあと二人だー!次は孔明の予定なんだけど、うまくルート入れるかな?ちょっと不安かも。

ノーマルでも隠しでも公瑾怖いです

2013.11.06 22:59|三国恋戦記
・子龍君ルートから一人でトリップするとショタ孔明と二人旅になったので、これは孔明ルートなのかな~と思ってセーブデータ分けといたんですが、改めてそのデータを進めてみると孔明ではなくノーマルルートでした。
子龍ルートで出てきた黄巾党のおっちゃん、モブなのになんで立ち絵あるんだろうな~と思ってたらノーマルルートで活躍する人だったのですね。
アンジさんや皇帝との十年越しの絆がピックアップされて、ここにきて初めて主人公がタイムスリップした利点が出たっつーか、タイムスリップものの真骨頂が発揮された感じで良かったです。ゲーム開始時に孔明が主人公を助ける理由や、トリップ時にいつも孔明親子を助けることになる理由も分かったし。
しかし全員生き残って平和に大団円ってワケにはいかず、公瑾と文若さんはノーマルルートでも死んじゃうんですね。公瑾はまァ…仲謀BADではさんざん殺されたし、ノーマルでも殺されるEDあるし、まあ…ウン…と納得しちゃえるのですが、文若さんは生きてて欲しかったな~。なんで自殺しちゃったんだろう。皇帝を逃がすのを見逃したことが、孟徳を裏切ったようで許せなくなったのかな?そのへんの詳しい事情分からんけど。公瑾も公瑾ルートでは生き残るんだから、矢傷くらい治ったことにして生き残ることにしても良かったと思うんだけど、シナリオ的に生きてると困るんだろうか。…あの人生き残ってたら最後まで悪巧みしそうだしな…。
まああくまでノーマルルートであって大団円ルートではないから、死んじゃう人達はその人のルートで救ってあげてねってことかな。

ノーマルルートで一番テンション上がったのは、仲謀様のよそ行きの服でしょうか。一人だけ色鮮やかで可愛かったです。トリップ後の孔明との会話とか、アンジさんとの再会もモチロン良かったけど。やっぱりアンジさんは見た目で損してる!これがもっとイケメンならときめけた!けどまあノーマルルートですからね…。イケメン過ぎたら普通に攻略キャラにしろやってブーイングきそうだし、ノーマルルートの本題はイケメンと恋することじゃないし、アンジさんはこれくらいのキャラデザで正解なんでしょう。分かってますよ!わがまま言いませんよ!

という感じでまずは帰還EDを見ました。その後終盤の選択肢をちょこちょこ変えてみるものの、残留EDのための選択肢が出ないので、攻略サイトを見ながら黄巾の乱あたりからやり直したら、なんとか残留EDも見れました。…まあ話の内容的には帰還EDの方がすっきりまとまってるよね。こっちでないとED曲流れないし。けど久しぶりにちょっとデレた仲謀様が見れたのは良かった。

・さてさて、次の周回ですが。仲謀ルートか公瑾ルートか忘れたけど、いつぞやの夜の天幕で隠しキャラの彼を発見するところのデータを残しておいたのをいい加減やることにしました。ということでまさに仕事人という感じの早安のルートへ。基本の流れは公瑾ルート(ただしデレない)って感じですね。公瑾がひたすらに悪役なのでただただ恐かったです。またしても殺されそうになるし。というかバッドEDでは婚儀のイザコザのところで早安が庇ってくれずに殺されるもんだと思ってました。殴られるだけで済みましたけど。
早安はね~~…まさに影の仕事人って感じで中二心が擽られるっつーか、割と本気で駆け落ちEDや悲恋EDを期待してたんですが、やっぱりそこは三国恋戦記、和やかに丸く収まりました。バッドEDでは公瑾の命令によって涙ながらに殺される悲恋EDとか、正EDでは二人で愛の逃避行とかそういうの期待しちゃった(*ノ∀ノ)タハーいつまでたっても中二ですいません!
まあでも逃げ出さずに普通に退役出来るならそれはそれで平和で良かったです。主人公が玄徳軍に帰るっつーから、もしかして早安も玄徳軍についてくるの!?それってサイキョーじゃん!とか思ったけど田舎でのんびり暮らすんですね。薬学の知識いつの間に学んでたんだろう。あ、気付けの葉っぱを持ってきてくれたのが伏線だったのかな。

早安の見た目は割と好きな感じで(仲謀様がドストライクなので)、立ち絵ではたまに目をおっきくしてるところが可愛かった。スチルもかっこいいのが多かったけど、やっぱ一番は笑顔ですね!笑顔しかないっしょ!主人公を餌付けするイベントがどっちも可愛かったです。一回目のひまわりの種は、主人公が天然だったから深くまで突っ込まなかったけどアレ絶対自分が鼻血出したんだよね。かわゆ。二回目の食堂は言うまでもなく良かった。意外とオバちゃんといい関係を保ってるじゃないか。

選択肢は割と本筋の作戦に沿ったものが多いというか…まあ話の都合上そうなってるんでしょうが、そのせいでバカな女は嫌いなんだろうな。という印象が強い。伯達の屋敷に侵入して互いを疑心暗鬼にさせる作戦で、いきなり選択肢に告白が出てきたのは笑いました。これは恋戦記の遊び心なんでしょうか。
話の内容的には…比較的普通な感じなのかな。やっぱ隠しキャラだけあって軍議とかがなくって、そのまんま場所とか時代とかを別の設定に入れ替えたファンタジーとかありそうな感じ。こういう孤高の殺し屋キャラって人気あるし。でもこれはこれで王道でいいと思います。

・という感じで公瑾が怖いノーマル&隠しルートでした。残すのは孔明、玄徳、孟徳の三人。さー誰に行こうかね~。個人的に玄徳はお父さんって感じであんま萌えられないので、最後に残すのは微妙だから次あたりいっとこうかね。あと孔明もね…いい話らしいし、ノーマルルートを見た限り彼が一番正ヒーローっぽいとは思うんだが、どうも杉田ボイスが苦手なので彼もその次あたりにして…ラストは孟徳さんで〆ようかな。正直孟徳さんもちょっと怖いんだけど。主人公に対してはいつもにこやかだけどそのぶん裏の顔が怖い。うっかり逆鱗に触れたらソッコー処刑されそう。ある意味一番怖い人である。
とりあえず玄徳様に限っては絶対そんなことはないだろうし、パパンな玄徳様に癒されに行ってきまーす。玄徳様ルートだと尚香の結婚が一大事になりそうだし楽しみ。
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ