FC2ブログ

ラジアントヒストリア レビュー

2014.11.10 19:12|ラジアントヒストリア
古いゲームだから今更レビューは書かなくて良いかな、と思いましたが、意外と今でもやる人がけっこういるみたいなので布教がてらに書いてみることにします。と言っても雑感をだらだらと書いていくだけ。
この記事に限ってはネタバレなしのレビューですが、他の記事はネタバレ満載の感想文なのでお気を付けください。


ラジアントヒストリア(特典なし)ラジアントヒストリア(特典なし)
(2010/11/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ゲームの雰囲気やおおまかなストーリーは公式サイトでご確認ください。

・さらっとまとめられた重厚なシナリオ。
「死亡フラグをへし折るRPG」というキャッチコピーはなんだか軽い感じがしますが、雰囲気はもっと重いガッツリしたファンタジーです。簡単に言うと、「正史と異伝の二つのパラレル世界を行き来しながら世界を救う」という話。と言うとSF要素が強い気もしますが、中盤までは「味方を増やしながら腐敗した国を正常に導く」という人間同士の陰謀・策略が渦巻く戦記ものが中心で進みます。かっこいい軍人同士の絆やプライド、上司と部下の熱い関係なんかも楽しめます。
プレイ時間は30~40時間ほど。続編などはなく、この一本で綺麗に収まっています。ガッツリファンタジーで遊んでみたいけど、百時間単位でやり続けるのはしんどいという人には、さらっとプレイ出来てオススメです。

・絶対に詰まない安全安心仕様。
正史と異伝を行き来するには、「刻印」と言われるセーブポイントが必要になるのですが、セーブポイントだけあってあらゆる場所に出現します。すべてのポイントに自由に飛べる訳ではないですが、入るだけならどこでも入れます。ボス戦の直前にセーブしてしまって、レベルが足りなくて倒せない!レベル上げしたい!という時には刻印から適当な地点へ飛び、好きなだけレベル上げをすることが出来ます。
大量にある選択肢での分岐も、バッドEDを踏むと自動的に少し前の地点に戻されるので真剣に悩む必要はありません。ゲームオーバーになるのは本当に戦闘で全滅した時だけです。

・町で散策するの大好きな人に朗報!
NPCの台詞や配置が時間ごと、世界ごとに細かく変わります。そしてその時々でサブイベントが発生します。このイベントはその時点でできるものとできないものがありますが、いつでも時間を遡ってやることが出来るので時間制限はありません。
何の変哲もないNPCからイベントが発生するものが多いので、街の散策が大好きな人は自然と発生させていくことができるでしょう。逆に町の散策とかどうでもいい、それよりシナリオさっさと進めたい…という人だと攻略サイトを見ないとすべて発生させるのはかなり難しいと思います。

・戦闘の難易度は高すぎず低すぎず。
コマンド式、シンボルエンカウント。
言葉で説明しても伝わりにくいですが、「敵を押して集まったところにダメージを与えてまとめて攻撃!」というのが基本です。連打しながら物理ゴリ押しでは勝てません。魔法はやや強い傾向にあります。
「逃げる」はけっこう成功するし、中盤からはMPを消費して姿を消すことも出来るので、極力戦闘を避けることも可能です。

・余計なやり込み要素がない。
EDはノーマルEDと真EDの二種類。真EDはノーマルEDにシーンを付けたしただけなので、無理やりノーマルEDを狙って見る必要はありません。真EDを見るにはいくつかのサブイベを完了させておく必要があるけれど、特別難易度の高いサブイベではないので少しの手間をかければ誰でも見られます。
やり込む要素があるとしたらシナリオ達成度くらい。けれどバッドEDを回収するのは二択を失敗すれば良いだけ。しかもセーブポイントから選択肢の直前に戻れるのですぐに回収できます。隠しボス要素を兼ねた少し手間のかかるサブイベもあるけれど、それさえ出来れば簡単に達成度を100%に出来る。
レアドロップもあるにはあるが、アイテム図鑑やモンスター図鑑などはないので拘りがなければ特に粘る必要もない。
やり込みしたい派にとっては少々物足りないかもしれないけれど、どうでも良い要素を増やして「やり込ませる」ゲームが多い昨今、さっぱり終わらせてくれるゲームは逆に良心的だと思う。

・地図はもっと詳細なものが欲しかったなあ。
フィールドは広く、隠し宝箱などギミックも多いのに地図は一切なし。似たような場所も多いので、方向音痴の私は新しい場所に来た時はいつも不安でした。
マップ移動中に上画面に表示される地図もかなりザックリ(国名しか表示されない)なので、各場所(○○砂漠や○○山など)に行きたい時なんかは「どのへんにあったっけ?」とよく迷っていた。白示録を使えばその場所に行けるだいたいの地点は分かるのだけど、そのためにはストーリーを一部やり直さなければならなかったりしてちょっと面倒だった。

・キャラは性能や仲間期間にやや差がある。
レイニー、マルコはどちらの世界でもほぼいつも付き添ってくれる。アトもこの二人に次いで付き合ってくれる。しかしその他のキャラはどちらかの世界でしか仲間にならず、特に某キャラはほとんど仲間になってくれずむしろNPCに近い。育てるのには愛が必要になる。
また、「使ってないキャラの装備は剥いで金策する」というのはRPGでよくあることだけれど、世界をあちこち移動するラジアントヒストリアではあまりやらないほうが良い。特にレイニー、マルコ、アトは。

・イベントのやり直しは割とめんどくさい。
サブイベを回収しようとすると、基本はそのイベントが発生したり解決したりするタイミングを狙って世界を移動する必要があるのだけど、刻印の位置によってはメインイベントを少しやり直す必要があったり、フィールドを抜けて別の場所に行く必要があったりする。ムービーシーンはスキップor早送りが出来るのでそれほど不便はない(未読でも容赦なくスキップされるのでそこは注意)が、ちょっとしたイベント戦闘も場合によってはやり直す必要があるのがやや面倒だった。

・ストックの足音には慣れよう!
一番指摘されるストックの足音は、確かにちょっとうるさいし、姿を消してる時にまでザカザカ鳴るのはシュールの一言に尽きる。が、それがゲームの評価を著しく下げるかと言われればそれほど重大な問題でもない。個人的には中盤くらいから気にならなくなりました。足音を理由にこのゲームをやらないのは勿体ない!慣れよう!

◆こんなもんだろうか。
個人的には、このゲームはすごく雰囲気が好きでした。荒廃した世界で戦争が起これば、容赦なく人が死んでいくけど、ちょっと主人公が手を加えることで救える命もある。でも綺麗な話ばかりじゃなく、どんなに手を尽くしても救えない命もある。そういう全体に漂う儚い感じが好きでした。主人公一行が世界を救いたい気持ちも分かるけど、ラスボスの言ってることにも一理あるし、ただの良い子ちゃんの勧善懲悪なRPGになってないところがいい。

システム面ではやや不便なところもあったので、総合的な評価は満点の星5!とまでは言えませんが、4~4.5くらいは堅いです。良作です。「サクッと重めのファンタジーRPGをやりたい」という人にオススメします。

以上、ラジアントヒストリアレビューでした。
スポンサーサイト

これは重要な選択だ

2014.11.04 19:04|ラジアントヒストリア
異伝が最終章に突入したので、このままの勢いでクリアしてしまおうぜーーーーっ!!ということでガーッとエンディングまでやってきました。いつも以上に◎ネタバレ注意◎なのでプレイする予定のある方は逃げてください。

・ハイスがついに真実を語ると言いだしたので、わくわくしながら次のダンジョンに向かったのですが、ここの敵が強い!入口をウロついてるコカトリス系のモブに先制取られて1ターンで全員石化されて全滅!という酷い事態になってしまったので、サブイベ消化がてらに少しレベル上げすることにしました。

NPCに話しかけるのが無暗に好きなので、イベント発生させるのは割と自力で出来てたんですが、消化するのは攻略見ないとけっこう厳しいんですよねこのゲーム。
単純に私が忘れっぽいだけとか、地理が弱いとかって理由もモチロンあるのだけど、正史と異伝をウロウロしながら世界各地を回っているとどこで何のイベントがあったか忘れてしまう!あとこのゲーム、フィールドの詳細なマップとかがないから攻略サイトで「○○の北エリア」とか言われてもどこを指してるのかイマイチ分かんないし、世界地図もすごいザックリなのでどこに何があるのか…シグナスはどこから行くのが一番近いのかーとか、イトリアはどこだったっけーとか、そのへんすごい迷いましたよ。

何はともあれ発生してるサブイベは闘技場を除いてすべて消化しました。キャラに技を覚えさせるイベントは、ストック、アト、エルーカが一個ずつ残ってて後は全部コンプ。この残った三つはハイスのいるダンジョンにあるらしいのでまた機会があった時にやることに。

・色々と動き回ったおかげで、研究所の敵はだいぶ倒しやすくなってました。このあたりで強い槍が手に入って一気にロッシュが一軍で使えるようになったのだけど、しかし他のメンバーより10ほどレベルが低い現状では前線に投入する気にはなれなかった!

ヒィヒィ言いながらも進んでいくといよいよ物語は佳境へ。トントン拍子にラスダン突入となりました。

・ゆうても城の大広間に行くだけでしょ?マップ1~2回切り替えるくらいで着くでしょ?とか思ってたのに意外と長かった!しかもボスラッシュ付き!
ここにきてボスラッシュか~(ヽ´ω`)とげんなりしましたが、白示録が出現して一戦ごとに宿に飛べるようになったのはものすごく親切。この「やばい詰むかも」っていう心配をプレイヤーにまったくさせない、だからラジアントヒストリアって好き。
基本はいつも通りアト&ガフカの亜人コンビを使ってるのですが、ガーランド戦ではなんとなくアト&マルコにしてみました。ガフカに席を譲って以来マルコは戦闘外で回復するだけの係りになってたんですが、ちょっと前に覚えた「ガードライズ」が意外と使えるんですよねコレ!全体防御アップ熱い!もうちょっと早くに覚えててくれたらなあ!

・四体のボスを倒したらいよいよラスボス戦!
どうせシャドウは無限湧きで黒示録倒さないとだめなんでしょそうなんでしょって思いつつ黒示録を攻撃してみるものの、全然ダメが通らない。アルェー?と思いつつシャドウを攻撃してみるがやはり次々沸いてくるし、これどうやってダメ与えるんだろう?と改めて黒示録にカーソルを合わせてみると、何故か少しダメが入ってる。
どういう理屈か分からないけど、黒示録はシャドウと重ねないとダメ入らないってことだろうか。もう一回くらい確認するべきだったんでしょうが、こんなところで消耗させられる訳にはいかないってーことでそう検討付けて倒し切りました。結果的にこの考え方で合ってたみたいで良かった。

前座が終わったところでお約束のラスボス変形。もはや原型のない、生き物というより巨大な建築物みたいなボスでした。
通常攻撃はそれほど痛くないんだけど、範囲睡眠と石化を筆頭に状態異常がきつかったー。一気に二人眠らされたらもうやってられないので、万能薬Sを惜しみなく使いました。いや、5個くらいしか持ってなかったのでかなり惜しかったけど。範囲カースも最初はいちいち治してましたがこれを治そうとするといつまで経っても終わらないので、アイテムを使いたい時以外は放置。これで全滅したら次はマルコ入れて再戦しようってずっと思ってました。
これで終わるだろ!もうこれで終わるだろ!!これで終わっていいよ!!と思いつつ、三段階変形したのはきつかった…!

・という感じでラスボス撃破。
エンディングは消化したサブイベによって追加される仕様のようで、私がしてきたことがあらゆる幸せの種になっていたのだなと思うと素直に嬉しかったです。
ロッシュに子供出来たら絶対いいオヤジになるだろうなあ。反抗期は大変なことになりそうだけど、めちゃめちゃ可愛がりそう。
最後にキールを出して希望を持たせる感じも良かった。ちょっとウルッときた。しかしキールはストックのことを覚えてないってのはどういう理屈だろうか。そっちの方がロマンがあるっちゃあるんだが地味に気になる。

・さて、本筋の感想ですが…。
まずハイスの真意。あ~~ね~~~なるほどね~~~こりゃ確かにハイスの言うことも分かるね。結局問題を先送りしてるだけっていうね。こんなこと言っちゃアレですが、正直ストックが迷わず自分を犠牲にしても良いっていう考え方に辿り着いていたことにびっくりしました。確かにストックは冷静でいつも正しい判断を下してきてたけど、そこまで仲間に対して愛を持ってるとは思わなかった。でも言われてみればそうか、愛を持ってないと反乱に奔走したりしないか…。
でもやっぱハイスの言うことも分かるなあ。私だったら「いっそ世界を滅ぼそう」とまでは思わないけど、「どこか遠くに逃げてひっそり暮らしたい」くらいは思うと思う。だからストックを救ってくれようとしたことには素直に感謝したいと思う。ラスボス戦にエルーカが「なんと愚かなことを…」とか言ってたけど、そこは否定したい。生きたいと思う気持ち、誰かを生かしたいと思う気持ちから起こした行動を愚かとは言って欲しくないなあ。それを言うなら問題を先送りにしてるっていう事実をもっと重く受け止めるべき。

過去のニエのワンシーンも入れつつ、最後に「ニエは皆希望を持ってその使命を果たしたのだ!皆大切な人を守るためにその身を捧げたのだ!」と良い話に仕上げてましたが、やはり結果だけを見ればニエはニエ。ひたすらに「覚悟はできてる」とニエに何一つ疑問を抱かないストックは、なんだかリプティ達に洗脳されたみたいでちょっと怖かったです。せめて「今は俺が凌ぐからなんとかお前らで解決策を探してくれ」とか言って欲しかった。
「いっそ世界を滅ぼしてしまう」というハイスの考えは極端だけど、「問題を先送りにしてるだけ」と疑問を持つまではごく普通のこと。かと言って張本人であるストックがそんなこと言い出すのはかっこ悪いから、せめて味方にもニエに疑問を持つキャラが欲しかったなあ。すんなり受け入れずに「なぜストックが死ななければならないのか」「ニエになる以外に何か解決策はないのか」とあがく姿が見たかった。ほとんどのメンバーがストックの正体を知らないからしょうがないっちゃしょうがないんだけど、だったらエルーカさんもうちょっと頑張って欲しかったなあ。「私だけの力で儀式を行う」って言ってたけど、もうちょっと具体的な案が欲しかった。

…うーん、ニエとしてのストックのおかげで世界は救われたけど、結局根本的な解決策は見つかってないってのはやっぱり引っ掛かるポイントでした。何もかもご都合で片付くのも非難の対象かもしれないが、RPGでなら夢いっぱいのEDがあっても良いと思うんだよね。植物学者のサブイベEDでちょっとだけ希望が見えたのがまだ救いか。でもこれサブイベやってないと見れないシーンだからなあ。

あとはディアス&セルバンのものすごい噛ませ臭にちょっと笑いました。
儀式の間手前で出てきた時は、「そういやこっちではまだ死んでないんだっけ!いよいよディアスと決着か!」と思ったらイベントだけで退けてしまい、まさかの明らかに怪しい口車に乗せられて砂と化して死亡とかそりゃねーよ!ラスボスから「フフフ力を与えてやろう」→「やったあ!」→「バカめ!」→「ぎゃー!(逆に取り込まれる)」ってすごい雑魚キャラでありがちなやつ!この二人は序盤から何かやるだろう何かやるだろうって強敵臭を出してたのに、結局何もなかったのが拍子抜けである。

・そんな感じでEDを迎えたのだけど、改めて攻略サイトを見ると「真ED」というのがあるらしく…。
もっかいラスボス戦とかするのやだよ~(ヽ´ω`)イベントコンプとかだるいよ~(ヽ´ω`)
ということで、動画サイトで真EDだけサクッと見てきました。どうも私はレイニーのイベントだけを抜かしてたらしい。このEDだとストックは助かってナンボか後味いいですね。結局「問題を先送りにしてなんとか生きながらえただけ」というのは変わってないけど、ストックならなんとか問題を解決してくれそうだ。そう思わせてくれる。

ラスボス再戦は面倒なので動画で済ましたけど、レイニーのサブイベは後からちゃんと終わらせました。これ攻略サイトで見つけたものの唯一めんどくさそうだから放置しといたやつだよ…EDに関わってくるならやっときゃ良かった…。レイニーはシナリオでは空気だったけど、恋愛対象的には一番ヒロインだったのかな。つっても他の女キャラがロリと妹だからレイニー一択っちゃー一択なんだが。真EDの後は、約束を果たすべくレイニーと一緒になるのかな?レイニーの相談を受けて「ふむ 困った男だな」って言っちゃうストックが面白かったです。おめーのことだよ!

◆以下各キャラの雑感です。

・レイニー
中盤からアトにスタメンを奪われたけど、終盤にテコ入れして、アトのMPを抑えるための魔法枠としてちょっとだけ使ってました。グリッド技が入らない(罠が使えない)敵相手だとアトより使いやすい。でもってやっぱりなんだかんだ「トラップを置いてその上に載せる」という動作より、「敵を集めてまとめたところに魔法をブチかます」という動作の方が楽なので、レイニーに慣れてしまうとアトがやや不便に感じてしまう罠。
それでも前回の記事に書いた通り、回復技が少ないこととMPの問題であまり使えませんでした。

・マルコ
豊富なグリッド技で中盤まではアトの罠に敵を載せる係りになっていたけど、終盤からは物理火力もあるガフカに取って代わられた。補助技とか好きなのでどんどんボス戦とかで使いたかったんだけど、PTに2枠しか空きがないとなるとどうしてもあぶれてしまう…。終盤はずっと戦闘終了後に回復する係りだった。
ゲームカタログでは「マルコは僧侶タイプなのに強力な回復技をなかなか覚えない。しかし終盤に明かされる設定を知ると納得」と書いてあったんだけど、その設定というのが未だに分かってない。なんだったんだろう。やっぱりブルート族とのハーフとかそんな感じ?

・ロッシュ
最初の方にちょっとだけ使って、機雷のボス戦のために少し育てて使った記憶しかない。グリッド技もあるにはあるがマルコには及ばないし、火力はガフカに及ばない。育てれば強いんだろうけどなあ。
つってもキャラ的には大好きでした。ぶっきらぼうだけど思いやりがあって情に熱い。理想的な親友キャラ。特に傷ついたロッシュをストックが背負ってアリステルを落ち延びるシーンは、悲しいながらも二人の友情が見えて大好きです。

・アト
嫌いじゃないんだけど、シナリオ面でもシステム面でもかなり優遇されてる気がするのがちょっと引っ掛かる。最後に白示録使ってエルーカを助けに行くのも「アトのいのり」からだし。
とにかく罠が超強いし燃費も良い。G魔法で頑張ってるレイニーが可哀想なレベル。更には回復も優秀。強力なボス戦ではエリアGヒールが必須なのに、これを早くから覚えるのがアトだけって言ったらもうアトをスタメンに入れる以外の選択肢がない。範囲回復アイテムもあるにはあるが、けっこうな高値で乱用できるものじゃないし。状態異常にしてくる敵が多いから、「ポラリス」も役立つ。物理火力はさっぱりだけど「スティール」でチマチマ盗んで物資節約できるし、契約書で「ダンシングデス」を覚えたらコンボをガッツリ稼げて結果的に火力アップにつながる。
とにかく手持無沙汰になることがないので二枠しかない枠の一つを必ずアトが埋めることになる。そうなると残りの1枠は必然的にアトと相性が良いキャラを選ぶことになる。とにかくいつもアトを入れて、アト中心で戦ってると、他のキャラももう少し使ってみたくなるってものですよ。アトは嫌いじゃないんだけど、そこんとこもうちょっとなんとかして欲しかった。苦労して他キャラにサブイベで色んな技覚えさせても、アトがいるのでほとんど使う機会なかった。

・ガフカ
終盤からマルコの代わりにスタメン入り。とにかく物理火力が強くて単発のスキルもそこそこ強いのが使いやすかった。

・エルーカ
仲間期間が少なすぎてほとんど使った記憶がない。ラスダンでエルーカの装備が出てきても「ああ。…え?いつ使うの?」って感じ。
シナリオ面でもストックの妹という立場でありながら、アトにヒロインの座を食われていまいち影が薄い…。重要キャラなのは間違いないが、どちらかというとNPCに近い。
一国の王女としては立派になったけれど、ストックの妹としては微妙だったと思う。ストックが記憶を失ってるからしょうがないんだけど、兄妹としてのイベントや回想がまったくなかったからなあ。たまに「お兄様…」つってるだけで実際に兄を慕ってる描写がないからなんとも言えない。

・モストオブイケメン賞はやっぱディアス様!

rh_icon23.jpg

イケメンっつーか中性的な女顔的な…?
正史でも異伝でも残念な死に方でしたが、結局彼らは世界のため~とかではなく本当に国を乗っ取りたかっただけなのか。異伝で死亡後にディアスについて語ってる女性がいましたが、ディアスとセルバンの目指した未来というのも気になる。

・リプティ&ティオ
某所で「説教狛犬」と言われてて笑った。なんて端的で的を射た表現だろう。

・最後に我らが主人公ストック!

rh_icon01.jpg

文句なしにイケメンでした。しかしこうして見ると垂れ目だな。
度々指摘される足音については、最初は気になってた気もするけど中盤からはほとんど気にしなくなった。警備のド真ん中を姿を消しながら突っ切る時にまでザカザカザカザカって鳴ったのはさすがに笑ったけど。
たびたびある重要な選択肢では、どちらを選んでももっともとらしい理由を喋ってくれるのがスゴイ。まあもっともらしい理由をつけても、二分の一の確率でバッドEDに直行しちゃうんですけど。「これは重要な選択だ」って台詞も、なんてことない一言なのに段々クセになってくる不思議。
感情が薄くてクールな性格はニエだからか?と思ったけど、回想シーンに出てた過去のニエ達やハイスを見るに、元々の性格がコレだったんだろうか。この性格で父親とぶつかってる姿が想像できないんだけど、まあストックなら理詰めで淡々と攻めるんだろうな。これは確かに父親にしてみればなかなかキツいかもしれんね。
無愛想なクールキャラ…と思いきや、レイニーの恋愛相談イベで見せた鈍感っぷりには笑わせてもらいました。クールと天然は紙一重やな。

◆という感じで、長らくプレイしていた「ラジアントヒストリア」はこれにて終了!
次のRPGに手を付けても良いですが、途中でほったらかしのゲームも多いのでしばらくはいいかな!次一般ゲーやるならRPGよりサクッとクリアできそうなADVが先かな~。
ネタバレなしの総合的なレビューは…書くかちょっと分かんない。書きたいことはほとんど全部この記事で書いちゃったし。


BGMはサテュロスの村が一番いいなって思ったけど、改めてこうして聴いてみると良い曲多いなー。この戦闘BGMとか、聞き流してたけど今聴いてみるとなかなかかっこよくて良い感じだ。

いい加減これもクリアしてしまわんとな

2014.11.02 20:25|ラジアントヒストリア
ってことでここ最近はチマチマラジアントヒストリアやってました。なんかどっしりRPGに没頭したい気分だった。

ただでさえ正史と異伝を行き来して分かりにくいっつーのに、間を開けちゃうと話を忘れまくって大変。なんだかんだ言ってどちらのルートも結局アリステルから追われるしね。でもヒストリアでじっくりストーリーを読み直せるのでだいぶ助かってる。

・正史も異伝もガーッと進めて、どちらもグランオルグを取り戻しエルーカが女王として即位する…というところまで終わりました。異伝は最終章に入ったらしい。
まだまだ黒示録の人物については謎に包まれてるのに、もう最終章なのか。レビューや感想を読んだ時はハイスも良い上司として人気キャラだったのに、今のところハイスは悪役で良いところなんて描かれてない気がするんだが…最終章がめちゃめちゃ長くて劇的に話が進むのか、それとも正史単独のパートが多いんだろうか。ここからどうまとめていくのか気になります。

・ボスは色々戦ったけど、異伝のグランオルグ侵攻からの三連ボスラッシュがつらかったなあ。マナの結晶が宝箱から三つも出てきた時は「おおっふとっぱら!!」って思ったのにあっという間になくなってしまった。しかしそう思うとほんとプレイヤーに親切なゲームだなと思う。
三連ボスは最初の魔導兵とビオラ准将がきつかったー。魔導兵が召喚してくる謎の立体の攻撃がかなり痛いうえに、HPが削れてくるとジェノサイド二連発とかしてくる。反則だろーー(ヽ´ω`)
ここで何回か全滅して色々と試行錯誤しました。が、結局最初のターンで三人でマナバーストして相手のターンを削りまくって、出来るかぎり立方体登場ターンを遅らせることくらいしかできなかった。
立方体は単体では攻撃せず、魔導兵をプッシュして一番奥に押し込む→ストックのヒートブレイドで三体に攻撃、というのを三回くらいしたら倒せました。つってもすぐに再召喚してくるんだけど、魔導兵のHPが削れてジェノサイド二連発してくる段階になると召喚しなくなるらしい。ちょうどこのタイミングで立体を倒せたのでなんとか勝てました。

ビオラ准将は本体はそれほど強くはないんだけど、攻撃を完全にシャットアウトしてしまう防御スキルがめんどくさすぎる!これを張られると魔法も物理も全然通らないので、しょうがなく上下の黄色い結晶みたいなものを殴るんだけど、これもまた地味に硬い!動かせないからトラップも使えないし!しかもビオラ准将からの被ダメを減らそうと後ろにプッシュしたらなんか陣形出来ちゃって更に強化されるし!めんどくせえぞお前ら!!
結晶を一体倒してからはビオラ准将を奥に押し込めるのでだいぶ楽に戦えました。ビオラ准将も倒したら、後は動かない結晶をボコるターン。

アリステルに戻ってからのヒューゴ戦もけっこうめんどくさかった。召喚してくる雑魚の攻撃はほとんど通らないから無視してもいいんだけど、定期的にアンチマジックをやってくるのがつらかった!アトの罠が主なダメージソースだっつーのに、通らないじゃんかーー(´Å`)しょうがないので隙を見ながら罠を張り、後はストックとガフカの物理でチマチマ殴って倒しました。
ヒューゴはその他に範囲状態異常をバリバリかましてくるのが面倒だし(ポラリスかけても二体は状態異常になる)、「復讐」だっけ?名前忘れたけど強力な魔法攻撃二連撃がめちゃめちゃ痛かった。大変だった。

・お話の感想。
ストックやラウル将軍の働きかけで、セレスティアやブルート族の繋がりが出来ていくのが楽しかった。王道だけど、やっぱり自分たちの働きで絆が出来ていくというのは気持ち良いものである。
セレスティアのつんつんしてたピンクの子もラウル将軍を見直したみたいだし。良かった良かった。

サブイベも今出来るものは攻略サイト見ながら終わらせました。基本的にはヒストリアからすぐ行ける場所で消化できるようになってるけど、けっこうめんどくさいタイミングのもあるよね…。リーズの異文化結婚イベとかけっこうめんどくさかった。いい話だったけど。
リーズの恋人とかアンチポイズンの男性とか、革命軍の三人とか、白示禄の力で回避できる死もあるけど、お守りを渡す子供とか、どうしても回避できない死もあるのがラジアントヒストリアの深いところかなと思う。
あとはロッシュとソニアさんのキューピッドもやりました。やっぱりこの二人くっつくんだね。良いと思うよ!

異伝ではあっさりディアス&セルバンが死んだのもちょっとびっくりした。この二人はもっと粘ると思ってたと言うか、黒幕とまでは言わずとも何か大義を成しそうなキャラだと思ってたので。というかいつか直接戦うと思ってた。

あとフラグが乱立されてますが、ストックはガチでエルーカの兄なのかな?エルーカがヒロインなら兄妹だと近親になるし、似てるだけで違うんじゃないかな~と思ってたけど雰囲気を見てると兄妹のような…ヒロインが恋愛対象じゃないパターンなのかな。
そしてよくよく思い返せばストックの身元はまったく分からないんですよね。最初に何か言ってたっけ?よく覚えてない。とりあえず凄腕のエリート密偵くらいしか分かってない。エルーカの兄が追放されたのはいつだったっけか?ストックに過去の記憶は残ってないのか。

・戦闘は前回からマルコOUTガフカINで、だいたいアト&ガフカの亜人コンビを連れてる。
つーのも、マルコは全方位グリッド技が使えるのは良いんだけど、火力が低すぎるのよねー!魔法(アトの罠)が使えない場面なんかになると、アトは回復で活躍できるんだけど、マルコはほとんど何もできなくなってしまう。という訳で、レベルは少し低かったけど代わりにガフカを投入してみたら、ココゾをいう時には物理でゴリ押し出来るようになって素敵な感じに。ガフカもプッシュとプルグルアップ(漢字のやつ)は使えるしね。でも秘伝書で覚えた「無双」は驚くべき弱さでした。ココゾという時に使ってもダメ一桁。最後の一撃でかろうじて通常ダメくらい入る。無双(笑)。

どうにもアトの罠に頼り過ぎ感があるので、魔法キャラ枠としてレイニーも少し育てました。
…が、最大MPが低めな割にG魔法は消費MPが15なのがキツイ!これだったらアトの罠の方がナンボか燃費良い!更にレイニーはリジェネくらいで回復魔法がないのもキツイなー(´・ω・`)雑魚戦で出してアトの消耗を防ぐかなー程度の使い方しかできない。ボス戦ではどうしてもアトのエリアGヒールが必要になる。
というかアト強すぎるよなー、罠に回復ってだけで強いのに、何かのサブイベントでもらったナイフと、どこかの宝箱に入ってたケープもまた強力で、装備も優遇されてる感がある。ボス戦ではエリアGヒールは必須なのに、使えるのが現時点でアトだけだというのも…。PTメンバーは二人しか選べないゲームなんだから、もう少し色んなキャラを使いたかった感はある。

ガフカが攻撃特化キャラなら、ロッシュは防御特化キャラということだろうか。しかし加入期間が限られてて育てにくい→装備の優先順位を下がる→レベルも装備もグダグダで残念な戦力になってしまうという…。
しかも防御特化キャラってどうやって使えば良いかよく分かんないのよねー。これがネトゲとかなら盾キャラはヘイト集めて壁に徹するって戦い方が出来るもんだけど、今のところロッシュにはそういうスキルないし…。装甲だけ硬くても火力低けりゃただの置物ですよ。せめてロッシュの足が速ければもうちょっと使い様があったのかもしれないが…うーむ。

ロッシュと同じく加入期間の限られてるエルーカも全然使えてません。火力も装甲も不安があり過ぎる!育てたら強くなるのかな~と思いつつ、雑魚戦でもけっこう消耗させられるゲームなのでなかなかうかつに出せない。エルーカ王女が活躍する日は来るのだろうか…。

◆という感じでガーッと進めてました。
おそらく終盤に差し掛かってるというのに、まだ国を取り戻しただけで色んなことが謎に包まれたまま。この後どう展開していくのか楽しみです。

久しぶりに死亡フラグをへし折るRPGを。

2014.06.13 20:51|ラジアントヒストリア
3DSがない寂しさのあまりプレイ。
今まではLLの3DSでやってたけど、普通サイズのDSライトでやるとまたちょっと新鮮。画面が小さくなった反面、文字や絵がクッキリしててこれはこれでまた良し。

・時間が空きすぎて話の内容とかけっこう忘れてる部分あるのですが、とりあえず砂漠の国からスタート。
決闘で「気」使いに勝てなくてブルート族に対策を請うところで軽く詰まってました。ていうのも、酒場から逃げ出した荒くれブルート族が泥酔したガフカだと思い込んで、彼を追いかけたら教えてもらえると思ってたので。正史ではまだガフカに出会ってないっつーのに、このへんまったく頭が切り替えられていない。

荒くれブルート族に聞けないなら、ガフカに頼るっきゃない!という訳で異伝に移りなんとか習得できました。
そのままとんとん拍子で話が進み、王女を助けてヘルスパイダー戦。
エルーカのレベルが他キャラと比べると頼りないので、ここはエルーカ以外でPT組むべきだと思ったんですが、以前の機雷戦のように「そのタイミングで仲間になったキャラのスキルがキーになる展開」が来るか!?と思って無理やり入れてみた。
残りの一人はアトを入れていたけど、ヘルスパイダーは移動できないので罠が機能しない=リセットしてアトを抜き、毒を使えるレイニーを入れました。

回復が心もとないが、まあ所詮相手はモンスターだし雑魚っしょ(・▽・)と侮っていたのだけど、全マス使うボスは初めてということをリセット時にもっと注視すべきだったのかもしれない…。
単体の敵では今まで一番の耐久力で、エルーカ王女は特にキーになるスキルを持ってる訳でもなく足を引っ張り、回復は追いつかずアイテムをものすごい勢いで消費させられ、かなりの苦戦を強いられました。ほとんど毒で削ったようなもの。あーしんどかった。

・砂漠ではパロミデスと戦闘。
パロミデスというと何かとてつもない因縁があったような気がするが忘れたぜ!あれか?キールを殺したやつだったっけか?

rh_icon13.jpg

公式見てたらキールの大きい画像があって思いのほか可愛かった。ポカンと開いた口もそばかすも可愛い。ほんと可愛かったのになキールきゅん…。
って書いてから思ったけど、パロミデスって異伝でアリステルを落ち延びるストックとロッシュを追いかけて来たやつだったっけか?何か色々あり過ぎてもう記憶があやふやだ!

そして生きながらえるディアス。

rh_icon23.jpg

ディアスも中性的なイケメンでなかなか好みです。武闘派には見えないけどいつか直接対決するんだろうか。
イケメンだから寝返って欲しいけどガチで悪役っぽいからそれはなさそうだなー。かと言ってすべての黒幕ってほど重要キャラでもなさそう。

・シグナスを離れ流れ者の町へ。
商人から砂の剣をもらったので、ヒストリアを遡ってウィルに渡し生還させました。この人何気に気になっていた。やっぱり助けられる人は助けておきたいよね。他にもまだ出来てないサブイベ大量にあるんだけど、いつか片付く日は来るのだろうか。
とか思って正伝に戻ったら砂漠を抜ける前の位置まで戻されていてちょっと絶望しました。これたぶんラジヒスあるある。サブイベ消化のタイミングは計画的に!!

まあ砂漠はフィールド突っ切れば敵にエンカしないけどさ…。当たっちゃうといちいち雑魚が強いからシンドイのよね…。ここのコカトリスはフィアーとかやってくるからキライ。MP削られるのは死活問題ですよ。

・ブルート族の試練をこなすべく、森を抜けて遺跡へ。
森はあちこちから飛び出してくるトラがくっそうざかった。そして看板の意味は何一つ理解出来なかった。今後何かに関わってきそうなのにこんな調子で大丈夫なんだろうか。看板を見るために何回も森を巡回しなきゃいけないとかだったらものすごくウザいぞ。特に飛び出すトラが。

遺跡は床のスイッチが分からずムダに整列したブルート族と何度も戦う羽目に。途中からストックの隠密スキルを使ってやり過ごすようになりました。これ今までイベント時にしか使ってなかったけどめっちゃ便利だね。トラも隠密スキル入れてたら飛び出してこないのかな。

ともかく来る最深部、闇ブルートは割とあっさり倒せたものの、直後に来たもりびとがきつかった…ヘルスパイダーよりきつかった。というかヘルスパイダーのトラウマが残ってる間に色違いをぶつけてくるとか精神的にも攻めてくるよね。

ヘルスパイダー戦は事前にセーブ出来たからアトを抜いて別のキャラを入れることが出来たけど、もりびと戦はリセットしたら闇ブルート族からやり直さなければならない。仕方なくアト&マルコの編成のままやれるとこまでやってみることに。

もりびと戦ではアトは罠が使えないから役立たずかも…と思ってましたが、グレイトヒール、エリアGヒール、ポラリスと、回復だけでもけっこう使える。通常攻撃はコンボ2稼げるので、やることがなくなったら殴らせてコンボをつなげる役目も出来ないこともない。あとは素直に回復アイテム投げたりとか。

つっても主なダメージソースはストックのダブルスラッシュくらいでマルコもほとんど歯が立たず、回復したりアイテム投げたり気まぐれに速度減少デバフかけてみたりで、ものすごい耐久戦を強いられました。ダメージの減り具合見てほんと絶望したからね…。
しかし三人共回復が使えるおかげか、ヘルスパイダー戦よりはアイテムを消費せずになんとか勝てました。あーつらかった。

・という訳で獣印を手に入れ、さあ次の作戦に移ろうか、というところで今回は終了。
これからブルート族の村に入れるのかな?それともそのまま作戦に移るのかな?もうじき正史も詰みそうな気がしますが、獣印があるので異伝に移ってもどっちにしろじきにブルート族の村には行けそうな予感。

◆PTメンバーは全員均等に育てたい…と思ってましたが、正史をずーっとやっててもエルーカ王女はイマイチ頼りがいないし、ロッシュとガフカにはまたものすごいレベル差が開いている。このまま異伝に移ってもすぐには使えないだろう。
となると、やっぱどこでも付いてくるレイニー&マルコが安定するんだよなあ…。もしくはアト&マルコ。

アトの罠強すぎるんだよな。雑魚ならだいたい罠に載せたら一発で持っていけるもん。それプラス回復にポラリスに盗みスキルと、手持無沙汰になることがない。なったのは罠が使えないヘルスパイダー&もりびと戦くらい。

でもってマルコはチマチマ回復が出来るのと、全方位グリッド技が使えるのでアトの罠と兼ね合いが良く重宝してる。ストックもプルグルアップだけは使えないからなー。敵がどんな配置でもマルコが必ず罠に乗せてくれる!と思えば心強い。
物理で攻めるにしても、他キャラで敵を集めてから最後にストックで殴らせた方がいいし。となるとやっぱり全方位グリッドが使えるマルコが一番いいんだよなあ。
雑魚戦はマルコ、ボス戦はレイニーとかのがいいかな。レイニーのリジェネも何気にいいのよね。

◆という感じで、久しぶりにどっぷりRPGの世界に浸って進めてきました。
ストーリーを覚えてるうちにサクサク終わらせたい気もするけど、昨日任天堂から電話あったからそろそろ3DS返ってくると思うんだよなー。週末入ったし来週まで返ってこないかな?微妙なところ。

----------------キリトリセン----------------

世間はワールドカップで盛り上がってますね。
サッカーって集中して観てるとボール回すだけで展開せず、飽きてネサフとかし始めた頃にゴール決まったりしてすごくガッカリさせられるので、後日ニュースでハイライト見るくらいです…。翌朝のテレビの雰囲気で結果すぐ分かるしね。
まあでも世間が盛り上がるのはいいことですよ。このCMかっこよくて素敵。



日清って面白いCM多いよねー。個人的にはコレとか好きです。

アリステルの技術は世界一ィ!!

2014.02.20 21:25|ラジアントヒストリア
◆間が開きすぎて前回の記事から何がどう進んだかってのはほとんど覚えてませんが、話の内容はざっくり覚えてはいると思います。久しぶりにラジアントヒストリア感想。

・案の定正伝で王女様が仲間になったけど、戦闘ではまだ使ってません。リジェネ使える感じからしてレイニーと被ってるのかな。

・コルネ村でコルネ野菜をゲットしたので、サブイベをこなすべく過去に戻ってラズウィル丘陵でイノシシを狩ろうとしたんですが、このイノシシがくっそ強かった。まさかの1ターンキル。場所自体は割と早くに行けるようになるというのに、推奨レベルはどれくらいなんだろ…。

・異伝のロッシュを救うために正伝を駆けずり回り、ようやくガントレットが完成。ロッシュとのタイマンバトルは実に熱かった。今後も部品を見つけたらロッシュのガントレットが強化されるらしいし、面白いキャラだなー。と思ったが、レベル低っこれはちょっと戦力になりませんよロッシュ隊長…。復帰したばかりだししばらくずっとベンチ温めてください…。

今後ロッシュを使うことはないだろうなあ…と思いつつアリステル軍との戦闘へ。敵はやたらめったら強いのだけど、アトの罠でほぼ一発で持っていけます。強すぎだろこの子。

そんなこんなでボスの魔導兵と戦うんだが、この魔導兵がクソつええええ!!!というか召喚してくる爆弾花が厄介すぎる!!機雷のターンが回ってくるまでに倒し切らないと壊滅必至。ファイア一発で倒せるものの、三本セットで何回も召喚してくるので、こいつにターンを割かれるといつになっても魔導兵に攻撃出来ない。魔導兵の単体攻撃も威力がハンパなく、回復も疎かに出来ない。

てな感じであれよあれよと全滅して、しばらく呆然としてました。
何はともあれあの爆弾フラワーをなんとかしないと勝ち目がない。爆弾花を効率良く一掃するにはどうすれば…と色々とスキルを見直してたんですが、見つけてしまいました。ロッシュのガルスイング(横一列攻撃)を。

なるほど、レベル差のせいで誰もがここでベンチに入れてしまうロッシュを次のボス戦のキーマンにすると!ニクイねこのこのー!

と言うわけでロッシュを入れて突撃したものの、レベル差の前にあっけなく全滅してしまったので、初めてのレベル上げ作業が始まった。
とにかくガルスイングで爆弾花を一掃できるくらいの火力が出るまでレベル上げしようと思って、レベルがいくつか上がる度に再戦してたんですが、結果的にロッシュ25まで上げました。ストックは31にまで上がっていた。他キャラは28かそこらだったかな。編成はストック、ロッシュ、マルコの男パーティ。マルコのエリアヒールとマジックアップが欲しかったので。

つってもロッシュLv25でも爆弾花は一掃できず、何発か自爆されてしまいました。
あーこれまだレベル上げ足りんかなーもっかいリベンジかなー(´Å`)と思いつつ、しばらく戦闘進めてたんですが。意外と爆弾花のターンが回ってくるまで猶予があり、自爆されるまでにロッシュのガルスイング二発でなんとか倒せました。このままいけるかな?ジリ貧で負けるかな?という瀬戸際で、ふと「爆弾花を一掃した状態で魔導兵を一番後ろに押し込んだらどうなるんだろう?」と思い、プッシュしてみました。すると爆弾花が二列目に召喚されるようになり、前列になったことでこちらの与ダメが上がり、ガルスイングで一発で一掃できるようになりましたヾ(・▽・)ノシ

これはきただろーーー!!と思いつつ、その後ロッシュは淡々とガルスイングで爆弾花を解除する作業に勤しんでもらいました。ストックはひたすらファイアで魔導兵をちくちく。マルコはエリアヒールとマジックアップ、後はロッシュにハーブティを投げる係りになってもらいました。終盤になってくるとほんとボスのラッシュが痛く、ヒールやエリアヒールで間に合わないので応急薬とかも投げてました。これほんとマルコじゃなくて良かったな。マルコとは一体。

・そんな感じで今までにないレベル上げの末ようやく勝てたのに、戦闘後の会話は「意外と大したことなかったね」「セレスティアは辺境だからアリステルに舐められてるんだろう」みたいな感じでエーッ(゚д゚)となりました。いや…めちゃめちゃ強かったよ…アリステルの技術力目の当りにしたよ…。これ中盤のちょっとした詰みポイントだと思うんだけどどうなんでしょう。

◆物語は未だ目を離せない状態ですが、機雷ボスをようやく倒せてホッとしたのでまずセーブ。またコルダの気分転換にボチボチ進めていきたいと思います。
| 2019.07 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ