FC2ブログ

これで終わりっ!

いよいよ七周目。引継は志水君、ノーマルルートで月森君、冬海ちゃん、金澤てんてーの四股。
難易度は例によって「フィガロの結婚」だけど、二回目のコンサートでボーナス「柚木」が欲しいがために柚木先輩をフルで入れたら月森君を一曲も出せなくなって、地味に面倒なことになったりしました。

・志水君引継ルート。
最初っから開眼してグイグイ攻めてくる志水君かわゆ。純真ゆえの大胆アピールおいしいです!
笑顔可愛いしスチルは本当に天使だし、ひたむきに慕ってくる感じがすごく癒される。
ギスギス期間の原因も本人のスランプと、主人公と揉める系のイベントじゃなかったのでそれほど気まずくならなくて良かった。

・月森君ノーマルルート。
アンサンブルメンバーに入れなかったため好感度を稼ぐのが地味に手間だった。少しでも上げようと放課後話しかけてみたら、なんとパーティのお知らせが。放課後デートって引継キャラ(とサブキャラ)しか出来ないと思ってた。柚木先輩もくっついてきて美しいスチルが見れました(・▽・)予想外の収穫!

話的には絡まれてたのを助けてもらって、その後「音楽の道に進むのかどうか」を話してたら終わっていたような印象…。チョロ過ぎる気がするがこんなもんか。主人公もそれだけの実績を今まで積んできたってーことだしな。
ラストは「この気持ちにもっと早く気づいていれば、笑顔で別れることなどできなかっただろう」とか言ってましたが、引継ルートで後姿しか見えないのはそういう理由なのか。
あと「戻ってくるかも分からない」とか言ってたけど留学ってそこまでガチなやつだったのかー(゚д゚)!!1~2年で戻ってくるとかじゃないんですね。そりゃー引継ルートのラストでも今生の別れみたいになる訳だ…。

・冬海ちゃんルート。
これまたモブに陰口言われるパターン。主人公ほんと茨の道進み過ぎ。もはやいつものことなんだけど、冬海ちゃんと天羽ちゃんは無条件に仲良くしてくれて、このゲームの一番の癒しだということに今頃気付いた。攻略キャラも基本的には味方だけど、落とすには音楽で殴り合わないといけないからなー。それぞれギスギス期間もあるし。少なくともアンコールでは冬海ちゃんと天羽ちゃんだけよね、こんな最初から最後までずっと仲良くしてくれるの。
まあ冬海ちゃんにバレンタインにチョコとプレゼントを渡しちゃう主人公はちょっとどうかと思いますが…このルート天羽ちゃんルートも兼ねてたっぽいし、二人に渡すべきだったんじゃないか?なんか一対一だとガチっぽくて怖いです。冬海ちゃんの態度はまったく普通だったので良かったけど。

・金澤てんてールート。
改めて思い返すと金澤てんてーをちゃんと落としたのって今回が初めてかも。無印からずっと参戦してるけど、無印や2fのラストではどんな風に着地してたんだろう?喉を傷めた理由とかもやっと話してくれたけど、過去作で既に語られてたんだろうか。
というか喉を傷めた理由って、もっと劇的でロマンチックな何かがあったとか、やむを得ない事情があったとかじゃなく、完全に自業自得だったんですね。まあでも「失恋」っていう誰にでも起こりうるアクシデントに、「ヤケになって羽目を外し過ぎる」っていう若者にありがちな行動が重なったと思えば、ある意味リアリティがあるのかも…しれない。とは言え酷い理由なのは変わりないので、これで擁護して未だに慕ってくれるキラ理事長スゴイなとか思った。キラ理事長大人だな。
しかし歌手生命断たれるほど自暴自棄になった失恋の相手がいる、ってなると、濃い金澤てんてーファンにはキツかったんじゃなかろうか。大人キャラだから大丈夫なのかな?この年で恋の一つもしてなかったとなるとそれはそれで異常だしな。
シナリオは割と早くから主人公のこと目を掛けてくれて、ラストは「昔の恋に吹っ切れた」止まりだけど主人公のことも意識してくれて、教師キャラとしては理想的な終わり方だったと思います。甘すぎず何もなさすぎず、未来への希望をほんのり残してるという感じで。

◆こんな感じで七周目終了!
王崎先輩がほぼスルー状態ですが、他のキャラは一通りざっとクリアした感じです。コンプ率はだいたい8割くらいかな?まだまだ埋められる場所はあるけど、それだけのために周回プレイを重ねるのも面倒なのでこれくらいでいいかなっていう感じです。

という訳で、今年の二月からチマチマ進めていたコルダ無印~2シリーズはこれにて終了!
いやー楽しかった!初めてコルダの世界に入った日は眠れなかったなー!これぞ乙女ゲー!という感じで乙女ゲーの歴史に触れたようで興奮した。やっぱ昔から愛されてるゲームなだけありますね。無印シリーズを今頃やるには遅すぎるし…とか絵が古いし…とかで食わず嫌いしなくてほんとに良かった。
今は選択肢の意味がないようなノベルゲーばっかりが主流だから、またこういうタイプの作業要素有りのゲームを作って欲しいものである。つっても時代の主流が紙芝居ゲーだからもうしょうがないのかな。下天もノベルゲー主体らしいからなあ。

さて、次はいよいよ最新作の3シリーズ!ほんとの意味での最新作のアナスカシリーズはまだやれないものの、これで世間の話題にちったあ付いて行けるってもんですよ(゚∀゚)!
んまーアニメで全体の流れとか冥加部長との因縁とかもう見ちゃったんですが…それ以外にもまだ見てないところはいっぱいあるはずなので、楽しみにやっていきたいと思います。
一足先に熱い夏を送ってくるぜええええ!!
スポンサーサイト

あと一周!あと一周!

寝る前にチマチマ進めるかー。と六周目を始めたんだけど、六周にもなるとスキップ部分が多くなってトントン拍子にゲームが進み、終盤はソッコー帰宅とかしてると3時間程でクリア出来ました。
ルートは衛藤君引継、柚木先輩ノーマルで、難易度は相変わらず一番易しいフィガロの結婚。

・直前の周回でデレてくれた衛藤君を見たばかりだったので、この周ではまたツンツンに戻った彼を見て少しダメージを受けてしまった…。実力がないのは分かってるけどなんでこんなにけちょんけちょんに言われなきゃならないんだろう。とちょっとイラッ。うじうじしたり媚びてくる態度は嫌いなくせに、「頑張る」って前向きな選択肢選んでも「頑張る頑張るって何を頑張る訳?」と何を言っても正論で攻めてくるこの感じうぜー(゚д゚)だったらなんて言えばオマエは満足なんだよ!と素で思っていた。これ実際言われたら年下ってことも合わせてイライラ倍増だろうなあ。まあゲームだから許すんですけど。

デレてからはやはり案の定可愛かった。普段は冷静クールキャラぶってるのに、無謀を承知で月森君に突っ込んでいく漢気も好きです。
でも音楽バカって点は月森君や他のキャラと変わりないよなー。このモロに「音楽で殴り合う」感が無印をちょっと思いださせた。

話がちょっと逸れるけど、テニプリ然り黒バス然り、少年誌のスポーツ漫画の二次創作でBLばっか流行ってNLが流行らないのは、「スポーツは基本男女別で女性キャラはマネージャーなどのサポート役に回ることが多く、男女で同じ土俵に立てないから」が理由らしい。思いだした頃に出てきて恋愛フラグを立てるヒロインよりも、チームメイトやライバルキャラとの葛藤や絆の方に女性は萌えを見出すのだと。対象が対等な立場に立ってることが重要なのだと。これ聞いた時けっこう目ウロでした。
確かにRPGやバトル漫画なんかでも守られヒロインは女性に嫌われがち。足を引っ張らずに戦えるバトルヒロインや、プレイヤーが実際に操作できる女キャラの方が人気が出る。
バトルものではそのまんまの意味で殴り合いが出来るけど、現代ものでは男女が対等に殴り合えて、かつある程度動きがあって絵になる分野って改めて考えてみるとすごく少ない。そこで「音楽」っていう性差が出にくいジャンルに目を付けていち早く乙女ゲー作ったコーエーさんは目の付け所がいいなあとか今頃思ったりしました。他にヒットした「男女で殴り合い出来る現代もの少女漫画」つったらのだめとかちはやふるとかが入るんだろうか。これらもどっちかってーとスポ根ものの面白さがある漫画よね。という閑話休題。

・同時進行で進めていた柚木先輩通常ルート。
ボロクソに言ってきた衛藤君をなんとか見返して和解したと思ったら、今度は柚木先輩に「コンミス辞めれば?」と言われお前もかとガックリしつつもちょっと笑ってしまった。ほんとに主人公の受難は尽きないな。立て続けにこんな絡まれたら私だったら絶対くじける。

正直このルートの柚木先輩はつっかかってくるばかりで、主人公はどのようにして柚木先輩にチョコを渡そうと思ったのか甚だ疑問である。柚木先輩が主人公を気に掛けるのは、「なんだか生意気にも目立っていて気に入らないア・イ・ツ…でもなんだかつっかかっていくうちに気になってきたこのキモチWowWow」みたいなノリで理解出来るんですけど。
主人公的には「なんか勝手に絡んできて勝手に認めてくれた、たぶん良い先輩だけどよく分からない」程度の印象じゃないか?それともつっかかってこられつつもどこかに優しさを感じていたんだろうか。まあ気に入らなければチョコを渡さないという選択もある訳だが。

最後の「卒業生代表を遅刻させたくなきゃ言いな」と脅迫めかした告白は良かったです。柚木先輩らしかった。

◆という訳であっさり六周目終了!メインキャラで残ってるのは志水君引継と月森君ノーマルのみ!あと金澤てんてー、冬海ちゃん、王崎先輩が手つかずですが、正直この三人にはさほど興味ないので適当にやれたらやる感じで行こうと思います。

あと一周だ…!あと一周終えたら3フルボイス始めるんだ…!

そろそろ後半戦

ノーラやってる間にもチマチマ進めてました、コルダ2fアンコール。そろそろ誰を攻略済みで誰がまだだったか忘れてきだす五周目。こういう時にブログに記録残してるといいね。

引継は月森君で、同時に攻略するのは衛藤君と火原先輩。難易度は一番易しい「フィガロの結婚」。

・とりあえず月森君はメインヒーローだし、引継見ない訳には行かないからな…と思って進めてみたけど、やっぱり基本的には留学のことを中心に音楽について語り合うだけだったなーという印象。
月森君が出発時期のことを黙ってたせいで若干ギスギス期間に入ったけど、すぐフラグが立ったのかわりとあっさりと解消してちょっと拍子抜け。まあギスギス期間は短い方がいいに決まってるし、そこまで長期間引っ張るほど重大な問題でもないんだけど、こんなにあっさり解消するなら無理して揉めさせなくても…と思ったり思わなかったり。「愛のあいさつ」デュオは確かに良かったが。

うーん、火原先輩引継ルートでも思ったけど、こういう「なんでもないことで軽く揉めるイベント」って、すごいどうでもいい茶番を見せられてるみたいで楽しくないんですよねー。でもそれがFDってものなのか。私が根本的にFDというものに向いてないのかも。と五周目にして思った。

月森君は無印で攻略してなかったので、ぶっちゃけ両親との関係とか確執とかよく分かってないんですけど、とにかく音楽に対してストイックで自分にも他人にも厳しい完璧な御仁。というイメージなんだけど合ってるだろうか?
ただそんな彼が、森林公園デートで「手は絶対に痛められないから転んでも手で頭を庇うことはない。しかし君が転んだら迷わず僕は手を伸ばすだろう」みたいなことを言ってくれたのはちょっとときめいた。
音楽バカの彼が完全に「主人公>>>音楽」と明言してくれたので。

ホワイトデーのプレゼントは「指輪だとヴァイオリンを弾く時に気になるだろうからネックレスにした」と、指輪を渡してきた他のキャラに喧嘩を売っていくスタイル、嫌いじゃないです。
エピローグの選択肢は<また会おう><さよなら>しかなくて、まあ「また会おう」を選んだ訳だけど、どちらにせよ悲恋っぽい終わり方だったのが気がかりである。
え、二人はこれで終わった訳じゃないよね?時代ものじゃないんだから電話もメールも出来るし長期の休みは会いに行けるよね!?気になるけどこの続きはないのでご想像にお任せします!ということか。

・火原先輩通常ルート。
個人的には引継ルートより好きだったかも。受験で会えない期間もノーマルルートだったのであまり気にならなかった。
火原先輩はやっぱ元気なのが一番だなあ。テンパりながらスケートデートに誘ってきて舞い上がっちゃうところとか可愛かったです。これぞ火原先輩って感じ。
ただ口を開けば「音楽を楽しもう!」「音楽は楽しむものだったよね!」とそればっかなので若干マンネリしてきた。まあ大事なことだって分かってるけど。

・衛藤君ルート。
なんでまた彼のために全員をアンサンブルに加える必要があるんだ?と思ってたけど、そのおかげで就任会が賑やかになって逆ハー気味になったり合宿があったり、ボーナスシナリオ的なルートだったのかな?合宿では皆でワイワイ出来たし、何故か火原先輩のスチルまで見れて満足。

良い妖精と悪い妖精で楽園を目指すってゲームは、このゲームのパロディなのかな?

確かに日本にはなじみのないゲームだ。

衛藤君は後半のデレっぷりが可愛かった。やっぱりツンデレは強い!大人ぶってるのにふと見せる年下っぽさもいい!やっぱ基本的にはこういうつんつん系のキャラが好きだなー。

◆という感じで五周目終了。
あと引継やってないのは志水君と衛藤君か。最低あと二周する必要がある訳か…。
ノーマルルートでやってないのは月森君と柚木先輩とその他サブキャラかな?暇になりそうだし金澤てんてーや冬海ちゃんも一応攻略してみるか。
アンサンブル曲もあらかた演奏し終えてマンネリしてきた感は否めないですが、あと二周終わったら3フルボイスやるんだー!!というのを原動力にどんどん周回していきたいところです。そういや今回も猫楽譜あるのかな?

----------------キリトリセン----------------

カバーアルバム発売までもう少し!…だけど、まだ買うか少し迷ってる。



PVは相変わらず微妙だが…。
カバーするからには名曲揃いなんだろうけど、あんまり知ってる曲ないんだよなー。

恥ずかしい君が好き

金色のコルダ2fアンコール四周目。
加地君を引継、並行して志水君攻略が目標。難易度は普通/普通の交響曲第五番。
あわよくばキリヤ君も攻略したいと思ってましたが、改めて条件を見てみると「就任式までに主要メンバーを仲間に加える」というのがこの難易度ではちょっときつかったので今回は諦めました。

・前回笑わせてもらった加地君節は引継でも絶好調で、加地君がノリノリで喋ってる時に<恥ずかしいからやめて>って選択肢が出た時は爆笑しました。選ばなかったけどね!加地君は恥ずかしいからこそ加地君なんだよ!!そこは主人公が慣れなきゃダメ!

加地君のメインになる問題は…正直よく分からんかったっつーか…要は加地君が片思い板に付きすぎってことなんですかね。これは確かに加地ルートをやる前からずっと思ってた。加地君ってルートに入らなくても一人でひたすら幸せそうなのよね。恋というか憧れに近い感情だから、主人公が他のキャラと結ばれても普通に受け入れて、自分は他の女の子と普通に結ばれて普通に幸せな結婚しそうなイメージ。そんな一人で幸せな加地君に主人公が「私も好きなんだから!」って分かってもらうストーリー…みたいな感じ?
それとは別に「スキンシップとか実は苦手、慣れてないからあんまり触らないで」みたいな潔癖なシーンもあったけど、これはこれで別にいいのでは…とか思ってた。むしろ積極的に触りたがる主人公スゴイなと…。

んまー受験で会えない期間とか気まずくてぎくしゃくしちゃう期間とかなかったので良かったです。FDだし揉め事はこれくらいのレベルで全然OK!

・同時で攻略してた志水君。
イベントの都合上志水君からたびたびお説教くらいますが、主人公の方が習熟度高かったり、むしろ志水君の習熟度を引っ張り上げるために練習を付き合ってあげてからのお説教なので、おめーよりはうめーよ(^ω^ #)とか思ったりしますがそういうことじゃないんですよね。ええ、分かってますとも。

相変わらず開眼してパアア゚.+°(*゜▽゜*) ゚+.゚って顔が可愛かった。
あと最後らへんの、「頭に何か引っかかって…」→主人公が取ろうとするとこのスチルはぎゃん可愛かった。

・という感じであっさり終わってしまった四周目。
オケはなるべく色んな曲聞きたいけど、そろそろこれ以上難易度高い曲はキツくなってきたなー。いや、普通にクリアするだけならまだもう少し余裕もって行けるとは思うけど、やっぱ「休日&昼休みはなるべく本命と過ごしたい」って縛りを設けてるとちときつい。
別に全部の写真解放とかおまけコンプとか目指してないし「難しい」でやることもないかな。あとそろそろ月森君も攻略していかんとな…このブログでは何かと月森君の扱いが悪いですが、別に嫌いってことではないんですよ…単純に惹かれないだけで…でもクリアするなら引継だけでいいかな…ともう妥協の姿勢に入ってたりして…。

さて五周目はどうするかなー。とりあえずキリヤ君攻略したいから難易度は一番優しいやつを選ぶつもり。引継一人とノーマルルートは二人くらいいっぺんに攻略出来ないかな…とかちょっと思ってる。

3DSが京都旅行してる間にもう1,2周はさくさくっとクリアしたいところですな。まったりやっていきます。


何の脈絡もないけど定期的に聴きたくなるバンプのゼロ。


FF零式は色々と引っかかることもあったゲームだけど、この曲と出会わせてくれたことには感謝したい。

定期的にやりたくなるアンコール

ガーッとやれば二日で一周できる気楽さもいい。

ということで今回は火原先輩を引継で攻略しつつ、加地君ノーマルルート&キラ様攻略を目標でやっていくことに。難易度は易しい、課題は難しいの大序曲「1812年」。

・という訳でまずは火原先輩へまっしぐら!…してみたんですが、受験が終わるまでは休日練習に出てきてくれないし、勝手に空回って勝手に落ち込んで勝手にギクシャクしだしてしまった。
受験の時くらい彼女ほったらかしにするなんてしょうがないのに、真面目というかなんというか…ネタがなくて無理やり揉めた感があるというか…火原先輩は和気藹々してナチュラルにイチャイチャしてるとこが一番楽しいし、愛を深めるためにムリに問題ごと作らなくても良かったような気がする。

まーでも回りから冷やかされてあたふたしてるとこなんかは安定して可愛かったです。ほんと愛され弟キャラだよな。でも先輩、というギャップがいい。

・加地君の序盤の花を贈るイベントはまさに加地君絶好調!!というくらいノリノリで面白かった。ほんと※ただしイケメンに限るを素でやってくるよなこの子。いや場合によってはイケメンでもアレだよ。加地君だからギリ許されてるだけだよ。いやむしろ許されてないよ。

都築さんに「重いのよ」って言われてようやくベッコーン凹んでる彼を見て、すいませんが爆笑してしまいました。(肩負傷したの?)でも「重いのよ」って言い方もだいぶオブラート包んでくれてるよ。リアルなら「キモいのよ」くらい言われるぞ。
それで反省して距離を取り始めた…かと思いきや裏で画策!重い!重すぎる!何も分かってねえぞこいつ!!とやはり爆笑。ほんと加地君面白いです。個性が暴走しがちな最近の作品でも戦えるネタキャラだと思う。ただしコーエーさんは大真面目にやってるというのがポイント。

和解した後の昼休みイベなんかはもう通常運転に戻ってクラスメイトにタジタジされてるし。方向性は違うけどFE覚醒のフレデリクを思いだしました。もうこの手のタイプは相手のことが好きっていうか(それもモチロンあるけど)、自分が相手のために何かするってのが好きなんだろうなあ。

エピローグでオードトワレを渡しながら主人公のことを「清らかで愛すべき存在」とのたまうのにも苦笑。今はこれでいいかもしれないが、結婚した後に主人公が目の前でオナラとかしたら失神しそう。主人公も人間なんですよ!ウ○コするんですよ!排泄物は金平糖で出てくるんじゃないんですよ!

・キラ様は手を出すの初めて、ということで頻繁に攻略ヒントをチェックしながら慎重に進めました。
好感度稼ぐために話しかけて何回か曲を聴かせてーってやってましたが、基本は貢物だけで条件満たせるのかな?わりとテンポよくイベントが起こりました。火原先輩と加地君がギクシャクしてヒマになった中盤、主人公はのんびり理事長と放課後デートを楽しむという充実した生活。
プールイベではキリヤ君と姉弟になったみたいで楽しかったです。キリヤ君とわちゃわちゃしてキラ様を困らせたい。

知り合った期間や立場からして他のキャラほどラブラブイチャイチャ~みたいなことにはなりませんでしたが、このくらいのさっぱりした大人な対応がまた良い!たまに悪い顔で笑うのがたまらん。欲を言えばキラ様のデレ顔が見たかったが…見なくてホッとしたような気もするし複雑である。この後更に続編があるっていうならぜひデレ顔を拝みたいが、無印シリーズはもう展開終わってるしなあ。キラ様のデレ顔は皆の心の中に。ということか。

◆と言う感じで三周目終了!
次は誰のルートやろうかなー。加地君面白かったから次は加地君引継でやろうかな。でもほったらかしの月森君と志水君も手付け始めないとな…後からまとめてやろうとしたら飽きるだろうし…。

んまーコルダは今まで通りのんびり進めて行こうと思います。もう3アニメ普通に見てるし急いで終わらせる必要ないしね~。
| 2019.07 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ