FC2ブログ

モデションドリガレビューのようなもの

スラムダンク観ながら無心で進めてたモデションドリガ、二年目冬くらいまで来ました。

最近撮ったフォト。

9HNI_0087.jpg

この透けニットを着たくて。

一周は五年か六年くらいまであるんだっけか?しかしなんかここにきて、もうこれで終わっていいかな…という思いが出てきました。

以下、ガルモと比較多めの雑感です。


モデル☆おしゃれオーディション ドリームガールモデル☆おしゃれオーディション ドリームガール
(2013/11/14)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


・確かにいいところはいっぱいある。
特に全身が入るポーズがいっぱいあって選び放題、ってのはガルモ最大の弱点を補って余りある。着せ替えゲーとして、ガルモで思うように写真が撮れないのは致命的だった。
他にも背景×デコの組み合わせでフォトを色んなテイストに仕上げられるのも楽しかった。同じ背景でもデコフレームによってはかなり印象が変わる。面倒な時は最低限のデコだけやっておけば文句は言われない。
髪型が多いうえ、前髪×後ろ髪の組み合わせを選べるのもいい。自宅で好きな時にコロコロ変えられるのが良かった。
グラは若干荒い…つったら荒いけど、これはこれで可愛いと思うし個人的には全然アリな範囲。
アイテム数はガルモと比較すると少ないけど、新しいだけあって今風のアイテムが多いし、個人的に好きなゆったりしたシルエットのアイテムが多いのも良かった。
着せ替えゲーで「自由に着せ替えできる」と言っても、いざ着せ替えようとしたら何を着せていいのか分からなくなり、結局いつも似たようなコーデになる…というのもよくある話。その中でモデションは「○○なアウターを使った××なコーデをしてね!」といちいち具体的な指定をしてくるので色んなコーデを作りやすい。創作の「ネタが尽きた時のお題」のようなありがたさがある。

・しかしやっていくうちに段々ストレスも溜まるようになってきました。一番はやっぱり「何がダメか分からない理不尽なダメだし」。
モデションがガルモと違う点は、テイストをギチギチに固めなくてもある程度自由にコーデを作れるってことだろうか。しかしダメな時はダメで、相反するテイストが混じっていたりすると延々とダメだしされ続ける。その「相反するテイスト」ってのが何なのか分かればいいんだけど、具体的に何がダメなのかは教えてくれない。相関図のようなものもない。アイテムによっては5~6つくらいテイストが含まれてるので、どのアイテムのどの属性が引っかかってるのかが分からない!
となると一個ずつ試しながら「コレがダメなのか?こっちがダメなのか?」と試す必要があるんだけど、そのたびいちいちダメだしされてると地味にストレスが溜まる。ガルモだと嫌な客はすっぱりお断りして次いこ~って出来るのだけど、ドリガの仕事は月四つと限られており、それが主な収入源になる。ある程度は失敗してもいいとは言え、気楽に仕事を落とせない。

「色んなテイストを組み合わせてある程度自由にコーデできる」のが利点と言っても、なるべくダメだしされたくないと思ったら、結局テイストを統一してコーデした方が楽に進む。そうすると(ガルモと比較して)少ないアイテム数、その割に細分化されたテイスト数が足を引っ張り、似たようなアイテムで似たようなコーデばかり作ることになる。ここが着せ替えゲーとして一番つまらないところだった。

・ドラマの撮影も至って子供向き。
まあ子供向きのゲームなんだから当然なんだけど。
「シーンに合った表情とポーズを選ぶ」っていう国語の問題みたいな仕事で、ニュアンスさえ合っていればどんなポーズでもだいたいOK出る。このへんけっこうぬるい…と思いきや、ダメな時はやっぱりダメ。どのシーンのどの表情、どのポーズが間違ってるのかは教えてくれないので、正解が出るまで延々試す羽目になる。

内容も極めて簡略化されており、
「今日は眼鏡を外して憧れのあの人に話しかけよう!」→「君ってこんなに可愛かったんだ!超タイプ!アドレス教えて!」→「ヤッタネ!」~Fin~
というような、何これえ?という話が多い。だいたい最後に「俺はお前が好きだったんだよ!」と告白されて終了。毎月同じキャストでコレを放送してると思うとシュール過ぎる。
長編ドラマも、雨の日にやってきた謎のイケメンを家に入れる入れないというくだりを長々やった後、いざ正体を明かすと幼馴染が告白しに来ただけというベタベタな展開で、「ウソ!昔は地味だったのにこんなにイケメンになったんだ!私も小さい頃から好きだったの!」~Fin~いう展開になったのも笑った。このゲームは美形が大正義。

確かに世の中外見が重要。恋愛ドラマなんて簡略化したら全部こんなもんかもしれない。ある意味リアルと言えばリアル。しかしそれをダイジェストで見せつけられても詰まらないものは詰まらなかった。

・乙女ゲーマーとしては恋愛要素も期待してたが、これは時間をかけて相当ゆっくり進むらしい。二年目ではまだ友達~知り合いレベルで誰のルートに入るとかはない様子。恋愛の展開がゆっくり過ぎるほどゆっくりなのは女児向けゲームとして優良だと思うけど、ゲーム的にはちょっと退屈だった。フラグが発生した場所に行って話すだけで、自分からキャラにアピールかけられるということではない。まあ恋愛要素はオマケ程度と思っていた方がいいのだと思う。

恋愛のシナリオはちゃんとした人が書いてるらしいので、最後まで進めたら印象は変わるかもしれないけど、今のとこはそんな感じでした。
男性キャラのグラが微妙なのも地味にマイナスポイント。女の子の着せ替えゲーだから女性キャラのグラさえ良ければいいと言えばいいんだが、恋愛要素がある以上男性キャラのグラももう少し力入れて欲しかった。

・あとこれは趣味の問題だけど、ドリガはガルモと違ってショップのアイテムが最初から全部解放されてる。集めやすさで言えば圧倒的にドリガ>>>ガルモで、親切ともいえるのだけど、裏を返せばショップのアイテムは初期以降増えないということである。つまり「今後どういうアイテムが出てくるのかな」という楽しみがない。
ガルモは季節ごとに店のラインナップが変わるから、コンプにはリアルタイムで最低一年かかるのがネックだけど、だからこそプレイに間が開いても「そういや品揃え変わってるしたまには起動してみるか」と手が伸びたりする。
どちらも一長一短だけど、ドリガの店のアイテム最初からずらーーーーよりは、コンプしにくくてもガルモの方が私には合っていた。

◆月ごとに小さなイベントはちょくちょくあるけど、特別面白い訳でもない。最終的にはモデルランキング一位を目指せばいいんだろうけど、大筋になるストーリーも特にない。着せ替えゲーなんだからシナリオがおざなりでもいいのだけど、その着せ替えが上記の通り「検索して出てきた決して多くないアイテムで作業的にこなしていくだけ」になっていて、ストーリー性もゲーム性も先が期待できなくなってしまいました。
「検索して出てきたアイテムで合わせるだけ」というのはガルモも同じと言えば同じなんだけど、ガルモの場合お店のストックが常に変わるから、同じテイストと言っても毎回微妙に変わったコーデが出来るんですよね。モデションの場合最初からすべてのアイテムが解放されてるからいつも似たようなコーデになりがちになる(どちらも自室でコーデする場合を除く)。

このゲームを楽しめるかは、「ダメだしをどういう風に受け止めるか」がキモになってくる気がします。ダメだしされても「あ、だめだった?じゃあこれはどう?こっちはどう?」とポジティブに次々案を出せる人は楽しめると思う。しかし私みたいに「これがダメならどうしろってんだよ!私はコレが気に入ってるんだよ!」とイライラしちゃう人はちょくちょく躓くと思う。

という感じで、星を付けるなら3くらいかな。
同じ着せ替えゲーで可愛いグラなのにガルモと比べると知名度がかなり低く、何故こんなに人気がないのか不思議でしたが、なんとな~く理由が分かった気がします。これを五年続けろと言われたら投げる気持ちも分かるわ。

以上、モデルおしゃれオーディションドリームガールプレイ雑感でした。
スポンサーサイト



つまんないコーデしかできないなー

やりたいゲームは色々あるけど録画やニコ動のTSが溜まってる。それらを消化しながら何かプレイしようとすると、音を消しても画面から多少目を離しても問題なくプレイ出来るゲームになる…ってーことでモデションの稼働率が上がってる今日この頃。

つってもあんまりコレ!!っていうコーデは出来てないんだけど、月に出来るお仕事の数は決まってるし記録代わりに載せていきます。

・モデル仲間と2ショット。ロックなコーデらしいです。あんま覚えてない。

9HNI_0056.jpg

このモデル仲間、ランキング一位らしいけど正直それほど可愛いと思わない…。個人的にはカノンさんの方が好き。
そして何気なくぽいぽい合わせてたけどベストONベストってコレどうなんだ。適当にもほどがあるぞ。

・エスニックフルコーデ。

9HNI_0057.jpg

前回と似たようなのしか出来なかった。真冬なんだからもっとあったかいコーデにしたかったのに、アウターがベストしかなくてものすごい季節はずれな感じに。
モデションの服のラインナップって最初から全部買えるっぽい=今後これ以上種類は増えないということなのかな?モデションでもエスニックは不遇なのか。
そしてそんなエスニックコーデを何回もさせられるとすぐネタがなくなるんだが、これは検索に頼り過ぎずに自分で他のテイストも混ぜながらいい感じにコーデしてね!っていうメッセージなんだろうか。でも変なの混ぜたらだめだしくらうしなあ。バランスが難しい。

・そら君とデートコーデ。スイートだかガーリーだかでコーデして、と言われた気がする。

9HNI_0058.jpg

冬のコーデは前を閉じたアウター着せると中に何を着せても見えなくなるのがツマンナイよねー。かと言って前開きのアウターは限られてるしそればっか着せる訳にもいかないし。今回はスカートをチラ見せするにとどめておきました。一応そら君と赤を合わせたつもり。
タイツは無難に黒で、リアルでも普通にいそうなコーデになった。

・「パステル」「ドット」のアイテムを使ったキュートなコーデ…とかそんなんだったかな?

9HNI_0059.jpg

「パステル」と「ドット」を兼ね備えたアイテムが少なくて、あんまり選択の余地がなかった。
このあたりからようやくデコの調整を細かく出来ることに気付いた。今までずっと十字ボタンで大きさ調節してたよ…すっごいやりにくかった…。

・「ミリタリー」で「クール」なコーデ。

9HNI_0060.jpg

うーむ。無難だ!

・「ダンス」コーデに「プレッピー」なアイテムを数点いれて!というお仕事。

9HNI_0061.jpg

とりあえずかっちりめの眼鏡とハットを加えてみた。こういう組み合わせって実際ダンスやってる人にとってはアリなの?

・「マニッシュ」なパンツに「ガーリー」なアイテムを合わせて、という指定だったかな?

9HNI_0062.jpg

大好きサロペットを主役にしてみた。
最近この髪型気に入っててついついコレにしちゃう。

・最後にロックフェスのポスターのお仕事。

9HNI_0063.jpg

インナーがどうも趣味にあうのがなかったので、マイショップでデザインしたタンクを着てみた。デザインつってもかなりやっつけなんですけど。というか自分でデザインした服はどの属性でも自由に使えるのかな?デザインとか興味ないしどうでもいいかなとか思ってましたが、だとしたらけっこう使い勝手いいかもしれませんね。

◆という感じでだらだらと載せてきました。
・進行状況は二年目に突入。男の子との恋愛は…まだどの子もトントンっていう感じかなあ。学園物語の子(名前忘れた)とは二回くらいデート行ったんだっけか。ヒビキ、そら、つばさあたりは1~2回くらい選択肢あった気がするけど、ケントとレオはまだまだ知り合いレベルって感じ。かなりのんびりしたペースですね。女児向けゲームってこともあってもっとぐいぐいハイペースで関係が進むと思ってたのに、意外と描写は丁寧なのかもしれない。健全だな。

・このブログではモデションのスクショは、基本フルコーデを頼まれた時に載せるって決めてましたが、あんまりにも詰まんないコーデになった時はもう載せないかもしれません…。
上でも書いたけど、ゲームの方針的には「指定のテイストだけじゃなく、他のテイストも加えて自分だけのコーデを作ってね!」ってことなんだろうけど、ダメだし喰らうと何回もやり直さなきゃいけないってのがすごいめんどくさくって、結局指定のテイストだけの無難なコーデばかり作っちゃうんですよねー。そうするとテイストが細分化されてる&最大アイテム数が少ないことから、結局いつも似たようなコーデにばかりなってしまう。
モデションの遊び方は分かった気がするけど、その遊び方で楽しめるかはビミョウなとこである。一周したら売るコースになってしまうかもしれませんが、とりあえずサクサク進めて行こうと思います。

黄色が大好きやったんや!

モデションはすぐスクショが溜まるのでいちいちPCに移すのが面倒だなあ。
という訳で全身コーデ中心のモデション記事。

・「ゆる」に「キュート」だか「スイート」だかを合わせる記事だったかな?あんま覚えてない。

9HNI_0013.jpg

モデションのポンチョかわいいよね。全体が無地多めなのでせめてタイツだけでもとアーガイル柄。

・「スポーティなアウターにキュートなスカートを合わせたコーデ」…みたいなそんな指定だった気がする。

9HNI_0014.jpg

アウターとスカート以外はどの属性にすればいいのか分からなくてとりあえずスポーティで統一してみたけど、「ちょいスポ」という煽りが入って失敗したな感。ちょいスポっつーかガッツリスポだわコレ。

・「ドレスにキラキラなアイテムを二つ以上合わせて」という仕事。

9HNI_0015.jpg

普通に好きなドレス選んで、「キラ」属性のあるアクセや髪飾りを合わせれば通りました。ドレスと背景で図らずもクリスマスカラー。

・「デニムのアイテムを使ったカジュアルなコーデ」だったかな。デニムのアイテムはなんでも良かったのだけど、主役にしたかったのでアウターを選んだ。

9HNI_0016.jpg

チェックのシャツの色合いが好み。ネルシャツってちょっと間違うと一気にオタク臭くなるけど可愛く着たいところ。

・「ニットのアイテムを使ったあたたかい、冬っぽいコーデ」とかそんな指定。

9HNI_0018.jpg

北欧柄のニットのアイテムが全体的に可愛くて目移りした。上半身がモコモコしてるので下半身はすっきりスキニー+ヒールに。アウトドアっぽいブーツにがっつりヒールが入ってるギャップが好き。

・「アニマルなアイテムを使ったカジュアルなコーデ」だったかな?

9HNI_0019.jpg

アニマルなアイテムはトラ柄ニットを選択。この形!ドルマンっつーの?このゆるゆるしたシルエットがすごい好きです。まあアウター合わせずらいとか鞄持たせたらめり込むとか、色々不都合なこともあるんですけど、気が付いたらドルマンスリーブの服選んじゃう。ただ真冬にアウターなしは寒すぎる気がしたのでせめてものイヤーマフ。

・最後にポートレートを。別に仕事こなしてるだけで楽しいんだけど、季節に合わせてポートレートも撮って行かないとモデルランキングを見る時に浮いちゃうんですよね…。

9HNI_0017.jpg

これまたモロに趣味に走ってる。さっきも書いたけどこういうゆるゆるしたシルエットのカーデ大好き。からし色も大好き。全体が地味な色味のコーデをしたらからし色でアクセントとかリアルでもやりがち。靴もこういうおじ靴っつーの?大好きなんですよねえ。やっぱガルモと比べると劣ってる部分もあるけど、ちょっとでも新しいとガルモよりも好きなコーデが再現しやすい感はある。

そしてここまで書いたけど、私差し色に黄色使うの好き過ぎだな。上のコーデ全部どこかしらに黄色入ってるぞ…。からし色も黄色の仲間だし…。今まで「好きな色は?」って聞かれたら白とか青とかイメージしがちだったけど、実は黄色が大好きなのかもしれない。
ネクラ人間だと思ってたけど、意外と明るい感じが好きなのかな?地味なコーデに一色明るい色があると、それだけでなんかお洒落感があるような気がするのかもしれない。

・男の子との恋はヒビキとタケルが一歩進んでる感じかな?つってもまだ一回選択肢で正解引いた程度ですけど。そしてイベントは強制イベばっかりで自分で男の子を選んでいく、っていう要素がないんだけど、これ全股していくスタイルなんだろうか。フラグ立て過ぎたら他のキャラの道が塞がれるとかあるのかな?

とりあえずタケルはパッカーンした口が微妙なんだけど、性格は割と普通に明るくていいやつ。一番最初に共演する男の子だし、メインヒーロー的な役回りなのかな?
そらはやっぱり口が微妙過ぎる。ゆるふわショタキャラ好きなはずだけどそらは無理だわ。ショタっぽい顔立ちのくせに、身体のグラは他のキャラと一緒ってーのがダメなんだろうか。
ケントは初対面時のタンクトップ姿が印象に残り過ぎてるが、冬服は普通だしアイドル三人組の中では一番大人でいい人っぽい。
ヒビキは見た目が割と好きだし、彼もまた普通に明るくていいやつなので割と気に入ってる。「将来はコメディアンになりたい」っていう会話は、冗談かと思って「コメディアンってまじかよ!!」って突っ込みたかったのだけどそういう選択肢がなく、突っ込み待ちで褒めてみたら普通に喜ばれた。「いやいや冗談やからー!ノリのええこ子やな!」とか言われるかと思ったのに。コメディアンってまじかよ。
レオは相変わらずまだ詳細不明。
でもってツバサ君。彼ツンデレ俺様属性かと思ってたけど、ファンと揉めたり共演したくないって言ったり、単純にわがままなガキなだけな気がする…。ツンデレ俺様キャラにしたいなら描写がヘタ過ぎるぞ!これから成長するんだろうか?
とりあえずもうちょっと見守っていきたいと思うけど、今んとこ第一候補はヒビキ君かなー。

という感じのモデション冬の記録でした。

詰んじゃう時もあるけれど、私はげんきです。

ガルモを買った時みたいにハイテンションでグアーーーッとやりまくると思ってたんですが、あまり廃プレイせずにのんびり進められてます。ひと月に出来るお仕事の数が四つといちいち区切られてるからかな。「今月終わったら今日はもういいや…」みたいな感じであっさり終了できる。

ということで何はともあれお仕事中心にモデション記録をば。
つってもワンポイントで鞄だけ選んだり靴だけ選ぶ仕事はあんまり面白くないので割愛してます。いや、面白くないってーことはないんだけど、検索して出てきたアイテムはだいたいどれを選んでもしっくりきちゃうんですよねー。ってことで省略。

・まずは前回「カジュアルなTシャツがないんですけどぉおお!!」と文句を言ってたアレ。

8HNI_0085.jpg

「インナー」じゃなくて「トップス」で見ればふつーに大量にありました…。こういうミスガルモでもやったことある気がする…。
Tシャツ以外のアイテムはヒッピー系強めでモロに趣味に走ったのだけどポスターじゃ見えませんね。

・「ゆる」「キュート」なアイテムを使う全身コーデ。

8HNI_0078.jpg

ゆるいトップスを着せたのでボトムは短パンですっきり。でも花柄で可愛く!
この表情「笑顔」なんでしょうけどゆるゆるしてて好き。

・浴衣コーデ。

8HNI_0079.jpg

このへんでデコの大きさを調整できることに気付いた。しかし反応が過敏で調整しにくいったらない!!極端なんだよ!!

・「ロックなTシャツを着たカジュアルなコーデ」という指定。
ここでなっかなかみゆきのOKが出ず十分くらい詰みました。ちゃんと「ロック」なTシャツを着て、それ以外のアイテムは「カジュアル」で納めてるのになかなか通らない!おそらく「カジュアル」に相反する属性が含まれてるってことなんだろうけどそれが分からないからどうしようもない。出来る限り余計な属性が着いてないカジュアルなアイテムで固めてもみゆきに許しを請う。が、ダメっ!

何がダメだっつーんだよ言ってみろよコラみゆきぃぃいい!!!

と、かなりイライラしてきたので伝家の宝刀「カンニング」を行うことにしました。
我ながら忍耐力なさ過ぎるけど、女児向きゲームのこんな序盤でよく分からないことで何度もダメだし喰らうとかほんとイライラするんですよ…。

というわけで某モデションブログのコーデをほぼまるっと参考にさせていただき、こんな感じでようやくお許しが出ました。

8HNI_0080.jpg

よく分からないダメだしを何度も出してきやがったみゆきへせめてもの報復に、背景やデコはやる気ない感じ&表情で不機嫌を訴えかけてます。よくもケチつけまくってくれたなみゆき。

・その次の仕事は男の子(つばさ君)と2ショットのお仕事。指定は「スイート」で「キュート」なコーデだったかな?
ロックTカジュアルコーデの直後だったのでまだイライラが収まっておらず、オラ!スイートとキュート両方入ってる服なら文句ないんやろ!これで文句ないやろみゆき!!とヤケクソ気味に作ったコーデがこちら。

8HNI_0081.jpg

水玉水玉でかなりクドくなってますが、それもこれもみゆきのせい。

・これは「ヒッピー」な全身コーデのお仕事だったっけか?ついつい今の季節に合わせて夏真っ盛り!ってなコーデにしてしまったんですが、モデションの中ではもう秋になってました。しょうがないのでデコフレームだけでも秋っぽく。
まあでも九月ってまだ暑いし、事務所で用意してあったインナーもタンクしかなかったしこんなもんでいいよね。

8HNI_0083.jpg

・新要素「モデル仲間と一緒に考えたコーデ」。

8HNI_0084.jpg

フェミニンなブラウン系コーデ。私が選んだのは鞄。
最初は「フェミニン」で検索して出てきた白いバックを持たせたんだけど、「イメージと合ってない」と言われて却下された。どうも「ブラウン(茶色)」でないとダメだったらしい…ということで茶色の花柄バックを持たせたんだけど、全身茶色はどう見ても変だと思うんだがな…。モデル仲間たちのセンスどうなの…。
服が大人し過ぎるので髪型は幼くベリショにしてみました。ショートヘア大好き。

・最後にお仕事とは関係ないポートレート。

8HNI_0082.jpg

相変わらず花柄パンツ(サスペンダー付き)が好き!しかも同じ花柄パンツと言っても前回履いたダボッとしたパンツとはシルエットが全然違っていて、こっちはスッキリストレートなタイプ。こっちのタイプも可愛いですなー!

◆…という感じで一年目九月、お仕事三つまで終わらせました。
出版社のお仕事はすべて消化してしまい、会場でもリハーサルが出来るだけのよう。となると後はもうグルメビルでバイトして時間使うしかないのかな?吉村さんが「バイトは絶対しちゃいけませんよ!必ず月に四つは仕事を取ってくるからバイトはしちゃいけませんよ!バイトをしたらイベント逃すし出会いもなくすしまったくいいことありませんよ!!」としつこく言ってましたが、今月仕事三つしか取ってこなかったしな…。もしかして最初に試しにグルメビルでバイトしたのが響いてるのか…?

モデションではほんのりと恋愛要素があるようで、攻略対象になる男キャラもちょこちょこ出てますが…うーん…グラが微妙過ぎる…。あのパッカーン空いた口とか、どうもときめけないなあ。ガルモもだけど、男キャラのグラが微妙なのは女キャラに重点を置いてるからか…。でも攻略対象にするってんなら男キャラにももうちょっと凝って欲しかった…・。

とりあえず
タケル→学園物語が破滅的に面白くない
そら→口が微妙過ぎる
ケント→ガチムチお兄さん
ツバサ→ツンデレ俺様系
ヒビキ→関西弁の花屋ってそれなんていうキイチ
レオ→まだ分かんない

という印象。
今んとこ気に入ってるのはヒビキかなあ。ツバサも典型的なツンデレって感じで面白そうなんだが、表情によっては口がプリッとし過ぎててやっぱりビミョウ…。レオはまだ1~2回しか会ってないかな?ビジュアルはそこそこ好きだった気がする。次会った時は口に注目していこう。口大事。

◆という感じのモデション日記でした。

だから中古屋は危険だというのに!!

タッチペンと保護フィルム買うつもりで寄ったら一緒に買っちゃったよ!
体験版やって操作性がイマイチなとこと知ってたのに!
眉毛の色変えられないこと知ってたのに!!
そんなに安くなってなかったのに!!!


モデル☆おしゃれオーディション ドリームガールモデル☆おしゃれオーディション ドリームガール
(2013/11/14)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


モデルおしゃれオーディションドリームガールです…。
買うつもりなかったのに…。体験版やっても我慢できてたのに…。ゲオの棚の下の方に置かれたモデションが、「そろそろやってみない?ほらちょっとだけ安くなってるよ?アマゾンで新品買うより安いよ?」って訴えかけてきたんです…。もう中古屋恐い…。近寄らないようにしてたってーのにすぐ散財する…。

それ以外に真面目に買った理由としては…ほぼ衝動買いだけど、やっぱ大きいのは最近ガルモにマンネリし始めていたことかな。ガルモは完成度高いしアプデがあったばかりだけど、初版が売り出されたのは2012年。そうなるとアイテムもやっぱりやや古いんですよね。あとガルモは体にピタッとフィットしたアイテムが多くて、個人的に好きなゆるゆるしたシルエットのアイテムがあまりないのも物足りなかった。バルーン系のアイテムやサルエルパンツもなんか違うんだよねー。サルエルパンツの流行りも一瞬で終わったけど。

・んでまーとりあえず最初の二か月まで進めてみました。記念すべき一枚目のポートレート。

8HNI_0055.jpg

所謂初期アイテムコーデ。とりあえず最初だし気楽に目に付いた服から着ていけばいいんじゃない?と、完全に趣味に合うアイテムをぽいぽい選んで着ただけ。今思えば初めての出社なんだし、こんな普段着みたいなのじゃなくもっとお洒落すれば良かったと思う。

・そして記念すべき初めてのお仕事。スイートなワンピースを選んで!という仕事だったかな?

8HNI_0058.jpg

事務所の服から選ぶので最初っから候補が大量にあって目移りすること!
あれがいい?これがいい?とウダウダと悩みましたが、ストッキングが水玉だしワンピは無地かそれに近いものがいいのかも…と結局無難なものを選びました。そしてデコする段階で気付いたけど春コーデだったのね。季節先取り過ぎた。

・次はショートヘアにするお仕事。

8HNI_0059.jpg

最初っからショートヘアだったけど、せっかくなので前髪と後ろ髪を変えて色々試してこんな感じに。すっごい普通。田舎の運動部の女子高生がこんな髪型してそう。
眉毛の色が変わらないのは残念だけど、この前髪/後ろ髪自由選択システムは髪型の幅が広がってすごくいい。ガルモ次回作ではぜひ取り入れて欲しい。

・オレンジのリップを使う仕事。

8HNI_0060.jpg

これは特に言うことはなく。

・初めての全身お仕事!

8HNI_0061.jpg

ボーダーとマリンなアイテムを使ったコーデ。「マリンボーダー」なんて言葉があるくらいだから、この二つを組み合わせるのは割とラクチンだった。ワンピースはスカート短すぎなのでレギンス履いていやらしくなり過ぎないように。割と無難なコーデ。

・付け爪のデコもやれちゃうらしい。

8HNI_0062.jpg

とりあえずキラキラさせてみただけ…。デコの使い方がよく分かってないんだけど、これ回転とか大きさ調節出来ないのかな?デコするなら出来ないはずがないと思うんだがやり方が分からん!

・同僚モデルとツーショット。

8HNI_0063.jpg

相方が赤ギンガムのスカートを履いてたので、こっちは青ギンガムのシャツを羽織ってみた。髪やリップの仕事でも思ったけど、自分が今どんな服着てるのかとか相手がどんな服着てるのかとか、最初にちらっと見れるだけなのがツライな。相手と合わせたいからコーデの画面に移っても相手のコーデ見れるようにして欲しいなー。
相方はあんまりゴテゴテした服じゃなかったはず!…と思ってアクセなし、髪飾りなしで挑んだのに、いざ撮ってみると相方でっかいカチューシャ付けてるし…。まあ代わりにこっちは靴下履いてるからバランス取れてると思おうか…。

・アメカジなトップスを選ぶ仕事。

8HNI_0064.jpg

すごい普段着みたいになった。

・あとドラマで場面ごとに表情とポーズを考える仕事があったけど、あれは正直つまんなかったな。ファッション関係なかったし、なんか小学一年生の国語の問題を彷彿させた。
まあこのゲームはファッションだけでなく、「モデル」「オーディション」要素もウリらしいから間違ってはないんだけど。

・自分の服を買えるようになり、気になったアイテムを手当たり次第購入。あっという間にお金が尽きたけどなんとか作った二枚目のポートレートがこちら。

8HNI_0057.jpg

完全に趣味に走っているーーー!!
すいません…好きなんです…こういうダボッとしたシルエット!サスペンダー!しかも花柄!!
このパンツ可愛いなーリアルでも欲しいなー。

◆という感じで最初の二か月を終えました。六月に入ると初めてのオーディションを受けられるようになり、とりあえず行ってみたのですが「カジュアルなTシャツ」というのを持ってなくて撃沈。失敗してもまだ受けられるようなのですぐに展示場に行ってみるものの、カジュアルなTシャツが売ってない。もう詰んだ。
えーっこれどうすればいいの…?属性少な目の無難な白Tとか着といて、他のアイテムでカジュアル成分を補うとか出来るのかな…?最初のオーディションからそんな難易度高いの…?展示場のアイテムはもしかしてランダムとかなの?なんでカジュアルなTシャツ売ってないのーー!!どういうことなのーー!!

んまーこんなところで長々ストップくらいたくないので、ダメだったらダメで飛ばしてさっさと次に行こうと思います。

◆ガルモと比べると上に挙げた利点の他に、背景が豊富なこと、全身が入るポーズが撮り放題なことが主に嬉しい。あとカラコンも可愛い。ガルモのカラコンは本当に色が変わるだけだったけど、ドリガだと黒目が大きくなったり目の中に星入れたりとけっこうやり放題で目だけでもガラッと印象が変わる。

不満なのはやっぱ着替えの操作性、眉毛の色かな。あとチュートリアルの時にちらっと言われた「指定のキーワードに外れたものを入れると評価が下がる」というような意味合いの言葉。指定のキーワードを入れるだけなら簡単だけど、どれがどれに相反する属性なのかイマイチ分からない。属性相関図みたいなのがゲーム内でパッと調べられたらいいのになあ。かなりマイナーなゲームみたいでウィキとかもないみたいだし、躓いちゃった時は自分で総当たりするしかなさそう…。

まーまだまだ序盤だしサクサク進められるかな。オーディションは既に躓いてるけど。
という訳でガルモを初めて買った時みたいに、しばらくはモデション日記が続きそうです。
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ