FC2ブログ

いまいちすっきりしないED

2016.06.16 23:12|ブレスオブファイア3
砂漠越えて更に新天地へ!と思ったらもうラスダンだけだった。
以下クリアまでのプレイ日記。

・砂漠越えはかなり長くてめんどくさいっちゃめんどくさいんだけど、雰囲気はけっこう好きでした。
果てのない砂漠に「本当にこの方向で正しいのか?」とたびたび不安に陥るけれど、星を頼りに歩み続けるしかない心細さ。減っていく水と衰弱していく仲間達。…となかなかに絶望感が漂ってて、砂ブタを殺すイベントは主人公の決意が感じられて良いイベントでした。
ここまでボス戦やイベントやってから「やっぱり道間違ってたのでゲームオーバーです」なんてことはないだろうとメタ的に分かっていたものの、オアシスに辿り着くまで最後までハラハラしました。

・古代の町に行く前にコンテナヤードでワープを繋いでウィンディアに戻ったりして色々準備。
攻略サイト見ながら妖精に指示出したり、取り逃してたジーン取に行ったり、弟子入りしにいったり色々やってました。砂漠の財宝集めもやりました。
しかしこのコンテナヤードはただのワープ地点なのに、ごく稀に鬼強い雑魚が出てきて全滅とかなるのはどういうことなんでしょう…?最後までプレイヤーへの嫌がらせに事欠かさないゲームである…。

・ここにきてようやく真面目に師匠システムを利用した育成を始めようとしたんだけど、結局いまいち有用なスキルは得られなかった。
エミタイに金払ってニーナを弟子入りさせてみたけど、エミタイのスキル一度も使わなかったな…。けっこういいやつあったとは思うんだけど覚えるのが遅すぎた…。
主人公はひたすら物理型で育ててたけどここにきてAPの重要性に気付いたのでディースに弟子入り。

・ラスダンは長かったけど休憩ポイントがいくつもあるしサクサク進められました。このゲーム序盤中盤の方がよっぽどいやらしい敵出てくる気がする。
ラスボス戦はいつものレイ&ニーナを連れてったけど破滅の光連打にジリ貧になって一回全滅しました。ベノムワースの状態異常ラッシュもつらい。
ちょっとだけレベル上げして攻略サイトを見て準備したら、二回目ではアッサリ勝てました。
対策としては主人公ワントップで、ウォリアセカンドに変身してオーラスマッシュ連打。レイはニーナにハサート掛けたり回復アイテム投げたりする係、ニーナはパリアを配る係、という感じ。バーサク対策にまどわずの指輪を全員付けて、ワース対策に死の攻撃を防ぐ予防注射を接種。レイとニーナはせいれい石も付けてたけど一度も死ななかった。
初見の時は破滅の光連打が反則やろおおおおお!!!って感じでしたが、パリアかけてるとかなり楽になるんですね。けっかいで消されまくるからってめんどくさがっちゃ駄目ですね。

◆という感じでクリアしてきましたが…。
・ストーリーの感想になるとう~~~~~~~ん…過程では「どうなるんだろうコレ???」とワクワクしてたけど、最終的にはいまいちスッキリしないEDでした。
つーのも、ミリア倒す必要あるのコレ???の一言に尽きるというか。
主人公一行の言い分としては「ミリアに文明レベルまで支配された閉鎖された世界から自由を勝ち取ろう!人間だって自分の足で進めるはず!」ってことなんでしょうけど、このミリアの支配してる世界というのがそこまで悪くない。いや幼少期では腐った大人ばっかりで嫌気差してましたが、この大人達が腐った原因が全部ミリアにあるとは思えない。この人たちはミリアの世界じゃなくても腐ってたと思う。
要するにミリアの支配による独特の歪みみたいなものがあんまり見えてこないんですよね。機械を延々と掘り返す人々はプレイヤー目線からすると異様だけど、この世界の住人は何の疑問も抱いてないし。

・まあ竜族を滅ぼしたことだけは強引だと思うけど、それが間違ってたかと言われればそれも分からない。
竜族が精神的にショックを受けると暴走して無差別に人を殺すことがある…ってのは、他でもない主人公がやってますからね。竜族の危険さは主人公が実証してる。そりゃあんなのが野に放たれて普通に暮らしてたら「竜族危険危ないころす」って言われてもしゃーなしだわ。
まあそれにしても全員皆殺しは強引だけど、ティーポみたいに温室で匿ってあげられるならそれもいいと思う。更に言ってしまえば竜族の力を捨てると普通の人間になれるって言うのなら、別にそれでもいいんじゃない???って思っちゃうんですよね。
竜族の力を失ったらなんかデメリットあるの?強大な力を失いたくない、竜族の誇りを失いたくない、って気持ちは分かるけど、自制できるか怪しい危険な力だと自覚してるのに「竜族だって普通に生きたい!」ってのはわがままと思うんですよ。普通に暮らしたいというのなら竜族からも歩み寄らなければ。

・モモは研究者として「ミリアの決めた文明レベルを越えたい、その可能性が人間にはある!」…というようなことを主張する係だったように見えるけど、これも道中のイベントだけではいまいち説得力がなく…。確かに発明家として意欲旺盛だったけどそういうキャラだったっけ?みたいな。更に言っちゃうとプラントの暴走植物の例を見てるから、「高すぎる文明を与えると人間は駄目になる」というミリアの主張はまったく筋が通ってる。間違っても人間は正していける!!みたいな方向性なら分かるけど、あのマザコン博士はそのまま死んでプラントは普通に終わって救いもないしな~。

・ミリアの一方的な支配は気分の良いものじゃないけど、実際それで世界はある程度うまく回ってるということ。
それに加え、主人公側がミリアを倒した後の明確なビジョンが見えないこと。
このあたりが引っかかってスッキリしなかったな~。最後の二択で「ミリアを倒して新たな道を歩む」みたいなのが出てきたけど、新たな道って具体的に何なのさ?主人公はミリアを倒して何がしたかったの?
「竜族はなぜ滅ぼされなければいけなかったのか?」というのが作品のテーマで、ラスダンに入るまでずっと「ミリアに会って真実を聞こう」という趣旨でやってきたから、「その後どうしたいか」を考える間がなさ過ぎたのよね。

あと各キャラの抱えてるものがな~。ガーランドは丁寧にやってくれたけど、レイみたいな獣人にもなんか秘密あるみたいな話してなかったっけ?ペコロスは萌えキャラかと思ってたらいきなりおじいちゃんみたいな強者感漂わせ始めるし何だったのか…。

・最初の鵺退治に始まり、マクニール村・闘技場・プラントの腐った大人達、ガーディアンの生き様、ティーポの最期など、どことなく鬱を残して終わる雰囲気は割と好みではあるんだけど、その鬱な結末のせいでEDまでスッキリしないのは微妙だったかなあ。
ブレスシリーズは基本的に「隠れた名作」扱いで、DQやFFなんかと並ばないのはこういうところに好き嫌いが別れるからなのかな。とちょっと思った。

◆でもってゲーム部分。
・時々理不尽な敵が出てくるのは、まあ、それこそさっき上げたDQやFFにもいた気がするし、あまり突っ込むべきところではないと思う。それにしても中盤まではほんとに理不尽を感じたけど。

・このゲームの目玉というと「敵からスキルを覚えて皆でやりくり」ってとこなんだろうけど、覚えないと効果が分からないスキルがけっこうあるうえ、スキルをやりくりするための「スキルインク」が非売品なのがネックだった。師匠から習得するスキルに至っては何を覚えるのか傾向くらいしか分からないし、条件を満たしてるキャラが複数いる場合誰から覚えるのか優先順位が不明。攻略サイト見ながら計画立てて覚えさせればいいのかもしれないけど初プレイではそんなことしたくないし。
いや、そういう問題もスキルインクがもうちょっと簡単に入るなら全然OKなんだよな~。目玉システムなのに何故こんなに使いにくくしてしまったのか。普通に雑貨屋さんで売っててくれたらよかったやん(´・ω・`)って序盤からずっと思ってました。

・後は回復手段なさすぎ問題。
基本レイ&ニーナ固定にしてたので回復を使えるのが主人公しかいなかった。でも主人公は基本アタッカーなので回復はほとんどアイテムでやってた。
最初からある薬草は意外と中盤まで使えるし、初期からある元気玉は終盤まで使える…と、単体回復はあまり問題ないんだけど、純元気玉(ベホマ)は非売品だし連元気玉(ベホマラー)に至ってはものすごくレア。連元気玉って私二個くらいしか手に入らなかったぞまじで。

・予防注射システムは面白いと思ったけど影が薄すぎた。
ダンジョン入らないと厄介な敵とかスキルとか分からないし。何度か引き返して攻略するダンジョンもあったけど、予防注射を受けられる町がウィンディアと港町しかないからいちいち行こうって気にならない。
面白いシステムだとは思ったからもっと徹底してやってほしかったな~。予防注射=治安が良く医療が発達してる町、ってことで二か所しかなかったのかな?けど荒んだ町の路地裏で怪しい男が「一発キメるか?」って予防注射したり、田舎のおばあちゃんが「よく効く薬あるよ~」とかやってくれても面白かったと思う。それかもういっそキャンプでモモが割高で注射してくれても良かった。

・そして心を折るミニゲーム…。
これについては前回さんざん愚痴ったので深くは言いませんけど、まあこの時代によくある「とりあえずミニゲーム入れとこう」感あるよね。長編RPGならミニゲーム入れなきゃ(使命感)みたいな。よく分からんミニゲームなら別に入れなくていいのに。入れてもいいけどそれがクリア必須だと苦行でしかならないのでホント勘弁してほしい。
範囲回復アイテムやスキルインクは釣りのミニゲームで手に入るらしいけど、このへんのアイテムはもうちょっと手軽に手に入るようにしてほしかった…。確かに釣りのゲームはけっこう凝ってたと思うけどさ…。

・システム面になるとなんか不満ばっか書いちゃったけど、キャンプはけっこう好きでした。
いつでもどこでも寝られるのは貧乏性には嬉しい。しかもキャンプでの仲間の会話がちょくちょく変わるというのも嬉しい。
戦闘不能のまま戦闘が終わると最大HPが減るが宿屋で回復できる。キャンプではムリ。という調整も程よいと思います。

◆という感じのブレスオブファイア3でした。
4も買ってあるのでやりたいところですが、容量多いDLゲーを先に消化したいので後回しです。
4ではGが出てこないでくださいお願いします…。でもこういうゲームって敵グラ使いまわすこと多いし覚悟はしときます…。
スポンサーサイト



理不尽なミニゲームがプレイヤーを襲う!

2016.05.27 20:19|ブレスオブファイア3
ブレス3のミニゲームを作った人は人を苛立たせる天才。
1.ストーリー上クリア必須
2.説明が不足していたり分かりにくかったり不親切ゆえに難しいものが多い。たまに理不尽
3.クリアしても別に達成感などはない
4.クリアした直後にセーブする暇もなくボス戦やイベントが始まることも

など、とにかく「あったらイヤなミニゲーム」のテンプレを網羅。ストーリーは面白いけどミニゲームはほんと勘弁してくれ~い。

物語は付き人を連れてこれから砂漠を越えようってとこまで進みました。
進行度的には前回からあまり進んでない気がしますが、ムダに疲れた気がするのでこのへんでプレイ日記。

・船が手に入った→行動範囲がぐっと広がるぞ~!ヾ(・▽・)ノシ
とワクワクしてましたが、この船では外海に行けない様子。しかもめちゃめちゃ操作しにくい。何かのバグがあるんじゃないか、どこかで説明を見落としたのかと思うくらい動かしにくい。
素直に動いてくれない船にイライラしながらなんとか港町へ。

・村長の魚嫌いを治すために故郷の料理を作ってあげよう編。
確かに漁村でずっと魚食ってたら飽きもするわな。たまには肉食いたいわな。ハンバーグとか作ろうか?とか思ってたら、どうも村長の故郷の料理は寿司のよう。結局魚なんか~い(゚д゚)!と思いつつ材料集め。
魚、シャリ、ワサビは簡単に手に入ったけど水の井戸ミニゲームがまたちょっとした鬼門。ルールは分かりやすくて「ハイハイオッケー楽勝~」とか思ってたけど、水を汲み上げる操作が分かりにくい。回数を守ってるのに何故か失敗する。どうも「リズム」が大事らしいけど、基準になる音も何もないのにどうやってリズムを図ればいいというのか…?ロープを引く動作がサルベージに似てるから、あんな感じで等間隔で引けってこと?(´・ω・`)とよく分からないまま10回くらい試したらタマタマ成功しました。もう一度やれと言われたらできない。

・寿司作りのミニゲームはサクッと成功。
失敗しても材料減らないのは珍しく良心的だった。

・ようやく外海に出れる?と思ったらまたしてもミニゲーム。しかもクッソ動かしにくい船を使ったゲーム。
タイムアタックのフィールドに移されてその意味を察した時は愕然としました。クリアできる気がしない…。
改めて言う、RPGの船と言ったら最初の自由の象徴でもあるのに、なんでこんなストレスフル仕様なんだよ!!
こんなポンコツ船与えられたら冒険しようなんて気失せるわ!!
最終的にはなんとかクリアできましたが、今でも船の操作は分かってません。操作のコツとかないんかと思って攻略サイトいくつか見てみたけどどこにも書いてなくてウェェエエン。゚(゚´Д`゚)゚。ってなってましたが、確かにこの操作法を言葉で表現するのはムリ。とりあえず慣れろ。感覚でやれ。としか言いようがない操作法だった。
宝箱は一個回収したけど奥に見えてたやつはもうスルーした。どんな最強装備が入っててももうこのミニゲームはやりたくない。

・黒い船編。
まずは後ろからぶつかって突入しようとのこと。またミニゲームか・・・。しかも船の・・・・・・・・・・。
とウンザリしながらやってました。まあ黒船のルートは決まってるし、追いかけようとするのではなく待ち構えて狙っていけばまあいけるレベル。
でもこのあたりの怒涛のミニゲームはやってる途中にたびたび「もう最悪ここで詰みだな・・・」って思ってました。

ブーストカウンタはめんどくさいミニゲームだけど音を聞いて数えればいいだけなのでまだ良心的。
でもボス戦でいきなり始まった「後ろに下がろうミニゲーム」は唐突過ぎて全然できなかった。しかもこいつらがなかなかの強敵で、ここで全滅してたら今までの積み重ねで発狂しそうだった。

・これだけ数多の試練(ミニゲーム)を越えて、ようやく外海へ出ることに成功。
なんとか辿り着いた新天地は楽園ではなく荒野でなんだかガッカリ。この作品のテーマは言うまでもなく「竜」ですが、「機械」もかなり重要みたいですね。でも結局新天地の人々も機械は「そこにあるから使うんだよ」みたいな感じでよくわかってない様子。

・ワープ装置を起動して更に閉ざされた秘境・ドラグニールへ。ラスト付近っぽい村名。
こういう移動法で新しいとこに行くの好きです。
ドラグニールで竜とガーディアンとの戦争の話が語られたけれど…。ドラゴン側は悪くないんだろうと分かってはいたけど、神側もそんな強烈な災厄ではない…ってことでいいのかな。まあ竜を一方的に悪として歴史を改ざん(というか黙ってる)のはダメなことなんですけど。でも村長も言ってたけど、本当に神が悪なら今頃世界はもっと悲惨になってたはずなのよね。けれどあるのはあくまで「竜がいなくなっただけの世界」。

要は竜は悪いことはしてないけど世界を脅かす力を持つ危険因子だから滅ぼされた、ってことなのよね?悪いことしてない者に対して「お前危ないんだよ!怖いから死ね!」って一方的に喧嘩吹っ掛けるのはそりゃ良いことでは絶対ないけど、理解できる考え方。
そういう意味では神というより人間らしい。自分の身可愛さに危険因子を排斥しようとする臆病さ、正義を嵩にかけて歴史を改ざんして黙っているという姑息さも。

機械を作ったのも神じゃないか?という話が出てえらい俗っぽい神もいたもんだなと思ったし、今私の中で神=人間という説が熱いです。一番怖いのは神でも竜でもない、人間だったんだ!みたいな。
でも人間をガーディアンに変える仕組み・戻す仕組みは機械的ではなく神聖なカンジだったんだよな~。いやでもこの世界の人間は魔法も使えるし…よく考えたらこの世界の魔法もよく分からないな…。まあよく分かんないのにグチャグチャ言っても恥かくだけなのでこのへんでやめときます。

◆という感じでエルダードラゴンから力を授かり更なる荒野の奥地へ進むこととなりました。
雰囲気的にはいよいよ佳境って感じ。今後は余計なミニゲームを挟まずサクサク進ませてくださいお願いします。

あの猿をクビにしろ!今すぐにだ!!

2016.05.19 00:42|ブレスオブファイア3
書いてる本人しか楽しくないブレスオブファイア3プレイ日記。
青年期突入から船を手に入れるところまで進めました。どこで区切ればいいのか分からなくてここまで進めちゃったけど進めすぎたかな?

・マクニール村とレイの復讐編。
街道で出てきたトラが黄色というより明らかにレイ色で「レイだーー!仲間になろう!!(゚∀゚)」とテンションが上がるも逃げられる。
マクニール村に戻るとようやくマクニールが逮捕されたらしい。しかし村人たちは喜ぶでもなく憤るでもなく、「税が重いと思ってたら悪さしてたのね~」とのんきな反応。
最初から思ってたけどマクニール村は、なんというか悪い意味で日本的な感じがしますよね~。不満はあるけど表立って言わない。耐えられる程度の苦痛なら甘んじて受け入れて改善しようとしない。それより和が乱れることを恐れる。決起する者が現れても、確実に自分の身の安全が確保されなければ協力しない。むしろ突き出したりする。
マクニール村の人は支配されてただけで罪はないんだけど、ホントに完全な潔白なのかァ?と思うとやや疑問が残る。完全に逆恨みだけど、レイが「この村のやつら全員ブッ殺してやるか!?」と勢いで言っちゃう気持ちも分かるわ。

そしてティーポはガチで死亡してるんですかね…。詰まった時にちょくちょく攻略サイト見てるんだけど、ティーポのページないところからして望み薄…。でもまだ死体や死を見届けた人がいなくてあくまで消息不明ってところが気になりますね。ここまで出てこないってことはもう仲間にはならないんだろうけど、やっぱ確実に見届けてないのでモヤモヤが残る。

・バイオプラント編。
幼少期の暴走植物が綺麗なフラグを立ててたのを見事に回収した感じ。そして敵にまたアレを出すのをやめてくれ!!ほんとやめてくれ!!精神的にいやがらせするのはやめろおおお!!
ダンジョンはモモが固定でしたが休憩ポイントに気楽に立ち寄れるし、敵は精神を削るアレ以外特に厄介なものはいなかったので割と楽に攻略できました。
博士の「お母さんをタマネギなんかにしないからね…」というセリフで、「もしかして幼少期で始末された特異植物は実験を中止したモモの父親がプラントによって異形に変えられた姿だったのでは!!?」とか一瞬思いましたがそこまでヘビーではない様子。でもモモ父じゃなくてもあの特異植物が元は人だったという可能性は残るのでは…?いやさすがにそこまでグロい訳ないよね?ショウ・タッカーもビックリよね?

・タイドパレス攻略。
ここもそんな厄介な敵はいなかったような?水位の調節は面倒っちゃ面倒だけどこれはこれで楽しかった。

・クリフでガイストとタイマンバトル。
一回やってみたら普通に負けたので、メーカース峡谷でアイスのジーンを拾ってきました。とにかく竜になってゴリ押す以外攻略法が分からなかった。
しかし竜化は今までほとんど使ってなかったので、ここで初めて色々竜の仕様を知りました。竜化してる間にHPがゼロになっても、人の姿に戻るだけで倒れないんですね!つまりAPがある限り、自分の回復を気にせず何度でも変身できると。すごいなコレ。
主人公の魔法は勇者として有用だけど必須ではないしAPはそれほどなくていいよな~…って思ってたけど、竜化スパイラルするならAPメッチャ大事ですね。場合によっては魔法系の師匠に弟子入りしてAP伸ばすことを考えてもいいくらいかもしれない。もうカテクトやリフラルは素早さの高いレイやニーナに渡してしまって、ボス戦はひたすら竜化していてもいいのかも。

そんでこの前「マグマの発狂おじいちゃんはガーディアンの成れの果てなのでは?」と言ってましたが、このへんで明かされるガーディアンの最期を見るとこの説はなさそうですね。ガーディアン(守護者)というより「自分で戦う強い生贄」みたいな感じ。ガーディアンもまた悲しき生き物である…。

・機械浜編。
ジャンク村、ドッグ、機械浜でパーツ探しとトントン拍子に進んでいくのは楽しかった。けど、少し止まったのはサルベージのミニゲーム。
赤旗が上がってるだけ引いて、チーフのMに合わせればいいんでしょ?ラクショーラクショー!と思ってたけど、赤旗の時に一切引かない…ってのもアウトなんですね。旗が上がってる間は絶対に引かなければいけない、タイミングゲーではなくペースを調節するゲームってことか。長さは全然許容範囲内なのに唐突にブツッと切れるので最初はちょっとした理不尽を感じましたが、理屈が分かればそこはオッケー。

それより問題だったのは旗振り役のサル。
こいつがもうとにかく旗振るのヘタ!!白ばっか挙げすぎですぐ切れる!!こんなサルは即刻クビにしろ!!
こんなしょーもない連打ミニゲームなのに20回くらいやり直した気がします。クリアした直後にボス戦入りましたが、もしこれで負けたらここで数日積みそうだった。

パーツ集めの方はなかなか見つからなくて3回くらい出入りしましたが、敵は良心的だったしけっこう楽しんで探せました。なんか青年期の方が敵が優しいような…。

◆かくして船をゲットしたところまで終わりました。
RPGだと船は中盤あたりに手に入るもんですが、このゲームだとけっこう遅かったなという印象。それともここがまだ中盤なんだろうか…?
とりあえず海の向こう目指してやっていきま~すヾ(・▽・)ノシ

港町=船は出ない

2016.05.11 20:59|ブレスオブファイア3
原因が灯台にあるところまでお約束。

ブレスオブファイア3、青年期に入ったところまで終わりました。

・武道会編。
せっかく自由時間あるんだからレベル上げすっか~と思ったけど、狩場が以前通った山しかなかったので山小屋見に行って宝箱回収するだけで終わりました。装備やアイテムを軽く整えていざ参戦。

・一回戦マグマステージ。
大会が始まると廊下に「ドダイ人」なるガチムチ筋肉がズラッと並んでギョッとしたもんですが、改めて説明を聞いてみると相当なマゾ。
マグマの中に立って戦士達の土台となるってだけでも正気を疑うレベルだけど、「戦士達が無抵抗のドダイ人を倒して足場から崩して勝つ」というのが公式な戦略の一つって、前世で一体どれだけ業を積めばそんなことになるの?コロッセオの剣闘士なんて天国レベルじゃねーか!けど廊下では「私も憧れのドダイ人になれました…」とか言ってるのでこの人たちはもうダメだ。洗脳されちまってる…究極のドMにされちまってる…。

・気を取り直して第一回戦。
最初は勝手が分からずとりあえず主人公で開始。後に控えるニーナモモはタイマンで戦わせるのは不安なので、主人公で片づけてやるわ!とドダイ人を攻撃してみたんだけれど…これが鬼のようにタフ。しかもプレイヤーがドダイを攻撃すると、敵もプレイヤー側のドダイを攻撃するように連動してるんですね。ひたすらお互いのドダイ人を殴るだけの時間が延々と続く…。しかし速さ火力に関しては敵が勝ってるのでどう見てもこっちが不利。一応敵に盲目をかけたのでミスも期待できるけど、これを延々やり続けてこっちのドダイが先に崩れたら相当ダルイぞ…ってことでもう敵本体を倒して勝ち進めました。しかしここで主人公のAPを使い切ってたので息切れして二人目の魔法使いで敗れた。

・こんな感じで最初にドダイ人に苦戦したせいでだいぶ迷走しました。
二人目の魔法使いがなかなか破れず、突破できてもかなり消耗させられて三人目で即死。主人公の装備を変えてみたりモモを先頭にしてみたり色々試してみましたが、結局主人公→ニーナ→モモの順でクリアできました。
一人目は主人公のカテクト+目つぶしで安全に倒せる。魔法使いはニーナで倒すつもりだったけど主人公ゴリ押しで勝てた。さすがに三人目では倒されたけどできる限り削り、ニーナが即死覚悟で魔法ブチ込む→モモがチマチマ回復しながら堅実に削って勝利。という流れでした。痛恨のタイミングによっては更に何回かやり直し必要だったろうなー。

・二回戦エミタイ。
魔法が使えないからニーナを外すのが順当なんだろうけど、代わりにペコロスを入れたって何にもならないしニーナは足の速さで回復役として安定するのでそのまま連れてきました。
エミタイの話は「皆譲れないもののために戦っている…例え他の誰かを傷つけても勝たなきゃいけないんだ…!」というシリアスな話かと思いきや、ギャグなオチでホッとしました。このゲームならほんとに誰かを犠牲にするイベント普通にありそうだったので。

・そんな感じで無事ガーランドの庇護下に入れました。
わあーーーい強くて頼りになる大人が仲間になったぞーーーー(;▽;)圧倒的強者のオーラで馬野郎を黙らせていくガーランドさんさすがです!そこに痺れる憧れるゥ!!
こんなくっせ~町からはオサラバだぜ~ヾ(・▽・)ノシと意気揚々と逃げ出しましたが、まさか追ってくるとは思いませんでした。
いくら気に入らないとは言え、ガーランドは筋を通して主人公たちを引き取ったんだからそこでリンチは粋じゃないですよ。ヤクザならそこんとこちゃんとしましょうよ。なんか馬ズが一気に小物になった。主人公達に執着する理由も最初は「ドラゴンだから」とか「王女だから」とか言ってたけど、ここまで来たら引き下がれないだけって感じだったしなあ。
まあ最初の「謎の闇組織の強幹部」からヤクザの小物にまで成り下がったので、多少は溜飲が下がりました。欲を言えば撃破後にもっと情けなく醜態を晒して欲しかった。恨みは百年根に持つタイプ。

・懐かしのウィンディアに帰還。
ニーナパートでもタンスを漁るのを忘れない冒険者の鑑。
ニーナがハニーと一緒に浮遊したのはハニーの力…みたいな演出だったけど、個人的にはこれニーナの方が飛んだんじゃね?と思ってます。つーのも図書室でウィンディアの民だか王家だかは元々飛べる種族だったって話があったんですよね。その場合何故ハニーが故障したのか謎だけど。ハニーはブースター的な役割だったとか?

ニーナが勢いで同行することになったのは王女としては決して褒められた行為じゃないけど、まあ子供だしちょっとくらい考えなしなとこがあってもしょうがないかな。主人公に対して淡い恋心みたいなのも抱いてると思うしね。魔法強いしね。しょうがないね。

・天使の塔を目指すためにラパラの町へ。
あれ?レイとティーポ探しはもういいの?と思わないでもないけど、主人公的にはガーランドに救われてるし他に探すアテもないし自分の出生も気になるしまあ行くか~的なノリなのかな。
とにかく新しい街を楽しく散策。フナ虫はキモいけど港町の雰囲気がいい感じ。しかしRPGの港町はだいたい船が出ない。
灯台を治すか山を越えるかという話だったけど、やることがなかったのでとりあえずシャッドとベイドの潮騒ラブストーリーを応援。ベイドの育成はベイドが日に日に目に見えて強くなるのでやってて楽しかったです。
シグとの対決はシグがよそ見してる間に回復してあげよう!という趣旨だったけど、シグの通常攻撃はほぼダメ0、痛恨で多少くらう程度でこっちが回復するまでもなく楽勝でした。ちょっとやりすぎた感ある。いっそそのままベイドを連れていきたかった。ちょっとペコロスと交換しないか?

・ギルドの通行手形もらって灯台へ。
相変わらずいやらしい敵にピキピキ(^ω^# 
慎重に何度も出入りを繰り返しながら攻略しました。

・前から気になってたお花畑要素がついに解禁!妖精の村だったのね。
かんさいイルカイベ面白かったです。かわいいイルカが来た~と思ったら目つき悪くなってツバ(潮?)吐きまくって関西弁で罵るのも面白かったけど、ほんやくモードで追い打ちかけてくるのも良かった。関西弁は外国語じゃねーから!!
そんな可愛いかんさいイルカだったのに、戦闘ではいかつくなるし意外と強いしでけっこう苦戦しました。

・灯台直したのに結局船には乗れず山を越えるの巻。
マグマとガスが危なかったけど割と短めのダンジョンで良かった。宝箱からぐれんの指輪、敵からマグマアーマーをドロしたけど、これがめっちゃ強かったです。「炎に強くなる」って説明から炎ダメ半減とかかと思いきや吸収しちゃうんだからスゴイ。これでボス戦がめっちゃ楽になりました。

・ウルカン・タパの村。
ずっとガーランドが意味深なことを言ってたけど、このへんでなんとなく分かってきた。この村で言う「邪悪なもの」とは、つまりドラゴンのことなんだろうな~と…。

・天使の塔はややこしくて迷いそうだったのでサクサク攻略。
予想してたとは言え「竜殺し」と言われた時はドキッとしました。ガーランドとのタイマンバトルはシチュエーション的には胸熱なんだけど、カテクト+目つぶしで物理にはめっぽう有利取れるし炎攻撃は吸収しちゃえるしでかなり楽でした。武道会での圧倒的戦力差は何だったのか・・・・。

・ここから主人公の精神世界。
炭鉱でちびドラゴンが逃げ回る様子は回想?と思いきや一気に時が進むんですね。いきなり成長しててビックリしました。
ガーランドは使命とは言えわざわざ幼子を殺すために天使の塔へ誘導したの?と若干株が下がってましたが、十年探し続けてくれたので許す。

・炭鉱ではアレの色違いが出てまたギョッとしましたが、この色ならまだマシだった。即逃げだけど。
ボス戦は状態異常がすごいめんどくさかったけど、主人公のつけてた状態異常防止指輪がめちゃめちゃ仕事してくれました。しかし殴るだけだとどうも火力が出ないので、「ゾンビには回復魔法」作戦を実行。ひたすら敵にアプリフかけてました。つーかこれ回復アイテムでもいいんじゃね?と思って途中で純げんきだまを投げてみたら、普通にMAXまで回復して膝から崩れ落ちそうになりました。ゾンビ的に回復魔法はNGだけど回復アイテムはOKらしい。迂闊…!せめて薬草で試すべきだった…!
リセしようかと思ったけどトロッコの仕掛けもう一度やるのがめんどくさかったのでなんとかゴリ押した。後半は主人公が一度も毒&バーサクしなかったのが救い。ガーランドはかかりまくったけど毒ダメはある程度放置できるし、バーサクで後ろから殴られても主人公カチカチなのであんま関係なかった。

・…という感じで炭鉱を抜けて、闇市で一段落付いたところです。次は街道だけど二人じゃ寂しいし仲間増えてほしいな。
そろそろレイティーポと再会できてもいいんじゃない?大人ティーポ見たいよ??

◆その他雑感。
・ペコロスは育てれば強くなるスライム的な?と若干経験値分けてたものの、ガーランドが入ってからは完全にベンチです。ペコロスの存在意義って何なの・・・?ベイドの育成で若干役に立ったとかその程度です今んとこ。

・ドーピングアイテムは基本的に主人公に使う…つもりがニーナの方に注ぎ込んでる気がする。
つーのも耐久で圧倒的に劣るのがニーナなんですよね。基本RPGって物理職は物理防御、魔法職は魔法防御が高いってのがセオリーですが、ブレスでは魔防の概念がないので純粋に体力・耐久の少ないニーナがひたすら死にやすい。でもってニーナは足が速いので、回復アイテムでPTを立て直す時にも役立つ…ってことでなるべく死んでてほしくないんですよね~。なので体力・防御・ガッツなんかはニーナに与えることが多いです。しかし主人公をないがしろにしてこんなにヒロインに注ぎ込んでもいいものかと若干の迷いもある。

・主人公青年バージョンはなかなかりりしくてカッコイイ。
けど顔グラは幼いままあんまり変わってないんですよね。青年つっても16~7歳くらいに見える。個人的に幼年期は12歳くらいのイメージだったけど、思えばしょっちゅう泣いてたし十歳未満ぽいなあ。そう思うとこんな子供が武道会だのなんだのとよく頑張ったよほんと。

・ブレス3いやらしい敵リスト更新中。
きゅうけつこうもり…見た目はちゃちい雑魚で、主人公&ガーランドの攻撃なら一発で倒せる紙耐久。しかし吸収攻撃は地味に痛くて何戦もするとかなり削られる。サクサク倒そうにも回避が高くてスカスカ避けまくる。マトモに戦うと吸うだけ吸って2ターン目で逃げる。だったらもう相手しねーよ!とこちらが逃げるが逃げ切れなかった場合、2ターン目でも普通に居座って吸血してくるので更にイラッ(^ω^# こんなイラつくコウモリもなかなかいない。

リザードマン…そこそこ強い物理攻撃とかなり高い反撃率でマトモに殴り合うとけっこう痛い。そのままゴリ押ししようとしてもミカテクトとアプリフで無駄に戦闘が長引くので、反撃ダメでかなり削られる。魔法で殴るべきなんだろうけどニーナのAPはなるべく温存したいのでもうめんどくさくなって逃げてた。初手ミカテクトなら1ターン目で逃げれなくてもまあヨシ。

マインドなんちゃら…ギュィィインみたいな名前のAP攻撃がかなりウザい。これ一発でガーランドのAP死ぬんですがどうしてくれるんですか!?敵AP量的にギュィィイン(仮)は一回しか使えない様子なので、だったら一回使った後はタコ殴りだぜ!と意気込むも、AP回復スキルもあるらしく更にギュィィイン(仮)してきた時はキレかけました。APは命より大切なんだよゴルァ(゚д゚)!!付き合ってたらどんどんAP削られるので初手逃げ安定。

がいこつスナイパー(名前忘れた)…最速で即死魔法うってくるのやめてください!こちら即死魔法廃止委員会です!それがなくても弓職はクリ率高い印象。もうヤダこのがいこつ。

・そういやマグマの発狂おじいちゃんは何だったんだろうね?
天使の塔への道を守ってるぽかったしガーランドは何か知ってる風だったから、ウルカンタパの人かと思いきやここの村人も知らない風だったし。先代ガーディアンが任を解かれて人間に戻るとこんな姿で正気を失ってた…とかそんなんだろうか。
ガーディアンはタパの民の戦闘体形の姿…って言われてたけど具体的なガーディアンシステムがまだ分かってないので妄想。

・本題となるドラゴンの秘密はかなり興味深いですね~。
主人公の脳内で語りかけてくる攻撃的な声と慈悲深い声、これはどちらもドラゴンなんだろうか。天使の塔や炭鉱ではかなり攻撃的な先代ドラゴンが現れたので、ドラゴンの中に復讐心を持つ者がいるのは確か。でも一族滅ぼされたら恨むのも当然なので、もともと邪悪だったのかは謎。けど脳内の男性は選民思想持ってるっぽいのでこの人は邪悪っぽい。

でも大戦の時も竜は結局人にトドメを刺さなかった~みたいなことをガーランドが言ってたし、何より天使の塔やタパの村がクサいので何かあるんでしょうね。
もう一度天使の塔に行こうという話になってるけど、次にあそこに行くのはラスボス間際になるのでは…っていう予感。いや周辺にジャンクの村とか地続きのダンジョンみたいなのもあったし案外すぐに行くかな?

・あとはしばらく忘れてた馬野郎の闇組織。
闇市として出てきたってことはまだ何かあるんだろうか。そういや最初の村もマクなんとかさんに支配されたまま放置してたし、今度こそ村を救う展開くるか?そしてこの組織は本題のドラゴンに何か関係あるんだろうか。色々期待。

◆という感じで青年期に突入しました。
これで全体の半分くらいにはなったのかな。サクサクやってこー!

もう分かった!!大人なんて皆腐ってる!!!

2016.05.07 23:31|ブレスオブファイア3
皆!!皆だッ!!!!

そんなブレスオブファイア3、武道会に挑むところまで来ました。

・レイ&ティーポを追ってビクビクしながら一人山登り。
すぐに仲間増えてくれなかったらババデルんとこ戻るんだから~~~~><と思ってると、見晴らしの良い高台でなんだか見たことある背中を発見。
おーあの馬野郎の片割れじゃん!エッもしかして敵が仲間になる展開!?それアツイな!などと思ってると後ろからブッ刺される衝撃展開。こいつら子供にも容赦なさすぎる…。しかも口ぶりからレイ&ティーポを連れてった訳でもなさそうですね。ガチで置いてかれたのか主人公は…。

・なんやかんや山を飛ばして都に連れてってくれたのはラッキーだったけど、主人公まで牢に入れることないや~~ん(´・ω・`)
めちゃめちゃ殴られてたの見てたでしょ!?いじめられてたでしょ!?保護してよ!!!!
最初に牢屋が映った時、馬野郎ズの牢にセーブポイントがある=今度こそ馬ズと共闘して脱出する展開?とか思いましたが、安定のゲス野郎でした。せやな、殺す気で背後から刺してくるようなやつと仲間になるとかムリやな。こいつらはもう完全に敵やな。

・王家のお墓ダンジョンはけっこう面白かったです。久しぶりに自分でメモしながらゲームした。

・都会をエンジョイしながら探索してたら、街道に行くことに。
ここで目撃された空き巣の子供ってのはティーポだけなのかな。レイとは一緒じゃないのか。すぐ会えるとは思ってなかったけど、入れ違いになったのなら合流できる日も近いかな?と思ってましたが、まさかこれが長い逃避行の旅になるとはこの時思いもしなかった・・・。

馬ズに捕ってまた逃げて、知らない土地に戸惑いながらもとにかく逃げて、山小屋でようやく一息つけたと思ったら山小屋のオッサンにハメられて…。
ニーナの機転でなんとか谷の向こう越えてよくわからん塔上って、仲間になったモモの頼まれごとで危険な特異植物と戦わされたと思ったら、その口封じと一緒に結局馬ズに突き出される。腐ってやがる・・・・・。

くさいくさいくさい!この世界はゴミ山よりイヤな匂いがする!人間の腐ったイヤな匂いがする!!!

もうまじで大人が信用できないRPGですよ…。良い大人って今んとこババデルしかいないじゃん…。まじこの腐敗した世界に落とされたアイアムドラゴンチャイルド…。幻水とはまた違った波乱万丈人生やな…。

・という感じで結局武道会に出ることになりました。
その前にレベル上げなり装備なり整えろよっていう準備タイムみたいです。この大会で良い結果を出せば馬野郎にも気に入られたり認められる展開があるかもしれませんが、ここまで執拗に追いかけられたらもう馬野郎には敵意しかありません。今は気弱な少年を演じて大人しく言うこと聞いてやりますが、間違いなく心の復讐ノートに名前を刻みました。なるべく惨たらしく死んでください。

まあ馬野郎もかなりのゲスですが、個人的に今一番許せないのはモモに頼み事してきた研究員のジジイですね。馬はもともとそういうヤクザな仕事してるから~ってことでまだ分かるんですが、研究ジジイはモモが恩のある親父の娘なのにこの仕打ちですからね。
危険な特異植物の始末を任せて、何ならここで死んでも別にオッケーってことだったんでしょ?生きて帰ってきたら来たで主人公&ニーナと一緒に馬に引き渡して口封じ。うまいこと考えたもんだなァオイ!さすが研究者さんは効率的ですこと!お偉いこって!けどお前の研究施設ベルコンの敷き方メチャクチャで軽くダンジョンなんだよ!頭いいならもっと分かりやすく敷け!

◆その他雑感。
・新たに仲間になったニーナ。
確かブレスは主人公がリュウ、ヒロインがニーナで固定なんだっけ。スキル的には典型的な魔法使いタイプという様子。ティーポ再加入前からスタメン落ちの危機。
登場してすぐあっさり馬ズを解放しちゃったところはオマヌケでしたが、ロープウェイでの機転や「捕まるくらいならここから落ちましょう!」の肝の据わりっぷりはなかなか好印象なヒロインです。
というか王家の城を抜け出した時点で離脱してもおかしくなかったよな。一緒にティーポを追いかけて逃亡劇やってくれるんだから良い子なんでしょう。まあ親や城の人に馬が逃げたことを一言言っとくべきでしたが、まあそのへんは子供だししゃーなしかな。

・くそめんどくさい塔に住んでいたモモ。
お騒がせ変態研究者ポジかな。あの塔をあんなにめんどくさい構造にしたのはこいつのせいかと思うと若干引っかかるものがありますが気にしないことにします。
火力がバカ高いし装備変更で通常攻撃に属性を乗せられるのはかなり便利なんだけど、その代わり命中が悪いんだろうか?三回に二回は外してる気がします。技とか命中とかのステはないから、これは武器の命中が悪いってことなのかな。モモの火力を期待してると2回くらい連続でスカして戦闘がムダに長引いてイラッ(^ω^#となる場面がけっこうあります。調べる能力便利だし補助魔法もそこそこ覚えてるけどリストラ候補かなあ。

・ペコロスはレベル低いし見た目も雑魚っぽいんだけど、これは育てれば強くなる系なんでしょうか。たまねぎ戦士っていうくらいだしな。関係ないか。

・戦闘はかなりシビアになってきたような…。
というか「いやこんなのマトモに相手してられんでしょ!!??」って敵の編成が多すぎる。厄介な敵が多過ぎ!
塔のギだかゲだかって名前の気持ち悪い生き物に先制取られてファイアボール×2で壊滅して一回ゲームオーバーなりました。やけっぱちオークもキツかったなあ。一人なら倒せるだろ~と思ってたのに一回殴られただけでHPが半分消し飛ぶ。トカゲは後衛ばっか狙ってくるしイヤラシイことこの上ない。
ゴミ捨て場では色違い・名前一字違いの敵なんかも出てきてさらにいやらしい…!あの緑の生き物いやらしすぎるでしょ!?片方は属性攻撃が弱点なのに、もう片方は属性吸収で攻撃力メッチャ高いとか嫌がらせ以外の何物でもないんですが!?
まじめにやってたら一戦するだけでAPが枯れるので逃げてばっかりです。RPGでは基本逃げることを忘れてて毎回大真面目に戦うのに方向音痴のせいでやたらとレベルが上がりまくる、というプレイスタイルの私ですが、ブレスではめちゃめちゃ逃げてます。こんなに逃げるの初めてだわ。
というか敵の火力がえげつないよね…。一発殴られただけでHPの4~5割持ってくような敵ばっか…。ほんと付き合いきれない
…。

・敵の攻撃痛すぎるんで、装備はやっぱ防御重視の方がいいんですかね。
武器でも防具でも良い装備って基本速さが下がるようになってるのでなんか気が進まないんですが。速さが敵よりズバ抜けた時のみEX攻撃ができるけど、遅い時はデメリットないからどんどん重い装備付けてもいいって感じかな?ただし敵に魔法使いがいたら注意って感じか。魔防の概念はないっぽい?

・説明書もざっくり見たけど、スタートボタン押した時のカーソルは何か指示を与えるとかじゃなくフィールド確認するためのものだったんですね。だだっぴろいフィールドはこれで確認しようってことか。なかなか便利に思えるけど、マップ画面ならまだしもフィールドだとそういう習慣がないので完全に忘れてます。雑魚敵強いから今後はちゃんと活用した方がいいかも。

・モモの塔最上階のお父さんの図書館が全部エッチな本で埋め尽くされてたのは笑った。か、カモフラージュなんですよねお父さん?

・特異植物をベルコンでマグマに落とすところは切なかったのに、逆方向に送るとちょっとしたノリツッコミが見れたのも笑いました。そういうことろで笑い取らなくていいから!

◆というプレイ日記でした。
もうティーポもレイもいいわ!どっかで元気でやってるだろ!それより早くこの逃亡劇を終わらせてお城に帰らせてくれ!そしたらもう森に帰ってババデルじいちゃんと一緒に穏やかに暮らすのぉぉおお!私に安らぎをくれぇぇえええ!!
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ