FC2ブログ

もういいかな…

2017.02.25 02:37|文豪とアルケミスト
坂口安吾イベの途中?ですが、最近そろそろ本当にキツくなってきたのでそろそろ辞め時かなと思ってる文アルです。

・具体的にいつ頃かは忘れましたが、学問のすすめイベ後から急に重くなり始め、一回出撃+食堂とかウロウロしてたらメモリ不足エラーが絶対起こるようになっちゃったんですよね。二回目は出撃できても直後にエラーor途中でエラー。
まあウチのPCがオンボロ32bitなので完全におま環だし、そこんとこは運営に文句言う気はありません。運営の方はおま環ではなく「メモリ不足エラーとして調査中です」とツイートしてますが、しょ~じき治る見込みあるのかなあとあんまり期待してない…。32bitを切るなら切るでさっさと切ってくれないかなー、そしたらスッパリ辞められるんだけどなーと、思いつつもダラダラ続けてたんですが、そろそろもう限界かなーと。

・まあエラーの方は騙し騙しやってたんで別にいいんですが、個人的にはこっちのインタビューのが決定的でした。


以下ちょっと抜粋


――イシイさんは最初に企画をご覧になってどう思われましたか。
イシイ (前略)僕の周りにいるどちらかというと“オタク層”の女性は、文豪が好きだったんですよ。確かに土方歳三や坂本龍馬、真田幸村はかっこいいけど、でもやっぱり体育会系じゃないですか、あの人たちって(笑)。

――リアルに戦っていますからね(笑)。
イシイ 「あの人たちって結局、筋肉の人でしょ?」という想いがあって(笑)。




にわかとは言え、新選組好き&土方歳三推しの私にはちょっと受け入れられない発言ですね。
というか幕末志士や戦国武将を「体育会系」「筋肉の人」と一纏めにするその薄っぺらな感性が信じられない。文豪をモチーフにした作品を作ってるのに、作ってる人の視野がここまで狭いってどうなの?一冊でも何か読んだことある?坂本龍馬が何した人か中学校で習わなかった??
あらゆる文献を読んだうえで、それでなお偉人達を「筋肉の人」と判断したのなら、まあその人はそういう価値観なんだろうと思いますが、それでもこの発言がどういう風に受け取られるか考えてない迂闊さ、想像力のなさ、人の気持ちの分からなさがすごい。史実・創作問わず、すべての歴史ジャンルの戦う人たちをdisってるとも取られる発言でしょコレ。二重で呆れました。

つーか文アルのキャラも結局物理でしか戦ってないやん。偉人を筋肉の人と貶めるなら最低でも知略でスマートに戦う文豪ゲーム作ってから言ってください。


――もともとそういった文豪どうしの関係性をご存知だったのですか?
イシイ (前略)そのときに「こいつとこいつは絶対いっしょにいたら喧嘩する!」みたいな関係性があるんですよね、文豪には(笑)。それは擬人化コンテンツにはないですし、戦国武将とか幕末の志士たちにはあるかもしれないけど、文豪は「絶対こいつとこいつは“混ぜるな危険”だよ」みたいな関係性がある反面、逆にムチャクチャ仲よしな関係性もありますし。


このへんは擬人化コンテンツへのdisっつーか、何も分かってないなっつーか…。
刀剣乱舞なら坂本龍馬の刀と新選組とか、虎徹の真作・贋作とか一見危なっかしい関係があるし。
そこは「結局無機物だから第三者が勝手に考えたものでしかない」と一蹴するのかもしれませんが、ヘタリアとか見て「国同士は関係性がない」とか言ったら正気を疑われるレベル。

――確かに戦国武将などにも関係性はありますが、ストレートに好きだ嫌いだという人間くさい関係性が文豪たちにはありますね。
イシイ 武将たちは殺し合わなきゃ仕方がないですからね。文豪は仲よくすればいいのに、「なんでそんな嫌いやねんおまえ!」みたいな(笑)。


ここも言いたいことは分からんでもないけど、武将が脳死で殺し合いしかしてないみたいな言い方は配慮が足りなさすぎる。
「対等な人間関係の前にどうしても命のやり取りが前提にある」とか、「個より家や身分が尊ばれた時代」とか、何か他の言い方できなかったの?「殺し合いは仕方ない」で終わらず、殺し合いを回避しようと立ち回ったり犠牲を少なくしようと努力した人もいるよね?

――文豪の関係性を知るために、読んでおくと参考になるものはありますか?
イシイ ネットで調べるだけでも相当出てきますよ。(中略)幕末や戦国になると、フィクション情報が多すぎて辿りつけないこともありますが、文豪は「これ、誰が創作したんだよ!」みたいな情報がそんなにないので。


ここは「幕末や戦国作品は『誰が創作したんだよ!』みたいなトンデモ創作ばっかりで、それがノイズになって正しい情報に辿り着けないよね」って言ってますよね…。フィクション盛り盛りの歴史ものを書いてる作家や文豪、その作品もdisってるよね…。
子母澤寛は沖田総司が菊一文字を持っていたと書き、司馬遼太郎は土方歳三が之定の和泉守兼定を持っていたと書き、今ではこれらはフィクションとして浸透してますが、こういうのもひっくるめてノイズ扱いしてんだよなあ…。

・という感じで、驚くべきことに、
文豪ファン&文アルユーザーが、戦国や幕末や擬人化コンテンツに興味がないとは限らない。
という公然の事実に製作者が気付いていない。
というかナチュラルに見下してて見下してる自覚もないって感じ。そうでなきゃこんな息を吐くようにdisれない。
自分の好きな作品をageたいあまり他作品を比較sageする無神経なオタとまるで同類。
ネット慣れしてないリアちゃんがツイで言うならまだしも良い大人、しかもゲーム作ってる側が公式の場で堂々とこんな配慮の足りない発言するってどーなってんの??
幕末戦国を筆頭に他コンテンツを引き合いに出し過ぎ。いちいち周りの地面を下げてやらないと文豪の良いところって見えてこないの?


・あとボス到達率は調整済みで変更する気ナシと言い切り、なんの疑問も持ってないようだったのにも「ふーん…」って思ったし、

――レベリングのコツはありますか?
谷口 (前略)“山月記”まで行けば、“山月記”がレベリングしやすいステージになっています。

――“山月記”の推奨レベルというのは。
谷口 10あればクリアーできると思います。13、4あれば、わりとダメージなしでレベリングできるかな、と。


「山月記」は12以下のキャラがいると確実にボスルートに載らず下にそれます。エアプ乙としか言いようがない!!!
逆に12以下でボスそれるルートがレベル上げ&魂(中)集めに有効なので、ツイとかで「12までは山月記が便利」とか話題になって(知らんけど)、そこからこの発言につながったのかもしれませんけどね…。でも「10でクリアー」言っちゃってるし。クリアーてボス逸れルートのことも入れてんの?

◆まあエアプ乙はご愛敬としても、土方歳三を筋肉の人としか評しない人のゲームなんてしたくないし、こんな色々な方面に対して想像力の足りない人が作るゲームなんかこの先も別に楽しくならないだろうなという思いが強いです。
おま環で32bitを切らず不具合告知するのは、ランキングが芳しくなくて32bitユーザーを手放したくないからなのかなあ…と訝ってた矢先にこのインタビューなので、なんか一気に冷めちゃいました。
まだ数回はクセでログインするかもしれませんが、そのうちフェードアウトするコースになりそうです。

久しぶりの更新がこんなんですいません。でもなんか辛抱たまらんかった。

2/28追記 拍手レス
ツイとかでインタの反応ざっと見ても絶賛ばっかりで「私が揚げ足取ってるだけなのか?」と思ってたとこなので同意ありがたいです。ありがとうございます…。
文アルキャラに罪はないしこういった作業ゲーは一種の中毒性(?)のようなものがあるからFOコースかなと書きましたが、これを書いた翌日落ち着くどころか余計イライラしてきたのでもうログインしてません。なんか続けたら運営の土方歳三disに賛同するような気になってしまって…。
ブラゲソシャゲって文句言いながらもダラダラ続けてしまう印象あるんですが、こういうキッカケですっぱり辞められることもあるんですね…。
スポンサーサイト



学問ノススメ終了

2017.02.05 15:05|文豪とアルケミスト
・ノルマは各一万×3でそこまで厳しいものでもないんだけれど、前回の露伴と比べるとやたらかったるく、制服も別にいらんしなーと諦めモードでしたが、本読みながらダラダラやってたら意外と完走できました。

bnar16.jpg

しかし持ってないキャラは配布衣装受け取れない、って仕様はなんとか改めてほしいところ。

・それ以外は別に書くことがないので記事にするつもりなかったんですが、本日ひっさしぶりに新顔登場しました。

bnar17.jpg

泉鏡花先生です。もういつぶりの新顔か。
つーか尾崎一門をこの並びにすると右に行くほど小顔になっててなんか紅葉先生可哀そう。衣装も似てるし親子、っつーか母娘みたいに見える…。

最近このアカウントは呪われてるんじゃないかと絶望してたので、「4:40」が出た時も「あ~四時間半(金)ね、はいはい」と一度素通りしてからの「あれ?4:39じゃん???」で、驚きとか喜びとかはありませんでした…。ただ「ようやく来たか」…。

せっかくの虹だから鏡花さん育てたいけどどうしましょうかね。
今回のイベでよく使ってるメンバー(4×4の16人+α)の平均レベルが20ちょいまで上がってしまったので、今からどの会派に捻じ込んで育てるか迷うところです。せっかくなら尾崎一門で育てたいけど、レベル差開きすぎなんだよなあ。
紅葉先生&秋声は独歩と志賀さんと一緒に4-1ボス固定ルートで育ててるけど、ここにいきなり志賀さんの代わりに突っ込むのは危ういよね。3-3かそこらの低レベル外れルートでしばらく育てるか…。

◆さて、これで後残すところは芥川と中野重治になりました。
ちなみに五時間は通算三回出てるけど全部太宰。
虹より出ないコモン中野重治はいったいいつになったら来るのか…。
文アル看板芥川VS初期文豪中野重治、先に来るのはどっちだ!そして最後まで残るのは!!?
ぶっちゃけ割ともうどうでもいいんですが、いよいよ目が離せない最終局面!乞うご期待!!

ハッピーニュー露伴

2017.01.04 17:10|文豪とアルケミスト
遅ればせながら、文アルのイベも完走しました~。

bnar14.jpg

・相変わらずのボス到達率なので、3万8千到達しても露伴でなかったら諦めるわ。
と最初から思ってましたが、物欲がなかったのが良かったのか、1万ちょいで露伴先生ドロしました。
鞭は尾崎先生しかろくに育ててなかったので、二人目として露伴先生育てますかね~。戦闘絵けっこう好きです。

イベマップの難易度自体は低くて墨はあまり消費しなかったんですが、米がモリモリ減っていくのが脅威でした。
イベ前は一万ちょいまであった米が、数日で3千くらいまで減った…。周回イベ前は米多めに確保しとくのがよさそうですね。

・ちなみに全隊に尾崎先生入れてたので、今回のイベで潜書回数がぶっちぎりダブルスコアに…。

bnar13.jpg

BBA過労死するなよ!
残りの三人は皆かなり後から来た子達ですね。一軍に追いつかせるためにスパルタした結果だと思います。

・イベでもらえるものはもらったので、また日課ぶんだけテキトーにこなしたりこなさなかったりの日々に戻りました。
有魂潜書もデイリーぶんはやるようにしてますが、新顔は音沙汰なし。つまり前回の更新から引き続き芥川、泉鏡花、中野重治難民です。なんもかわってねえ…。
もう中野重治は1面の本人マップでボスドロ狙った方が出ると思いますが、別に今スグ欲しいって訳でもないし、今の状態もそれはそれで楽しいので、今後も本人マップは行かないと思います。青小とか一番イランしな…。

・マップはあれから4-1をクリアしたんだっけかな。
4-2は刃が3人いるらしいので、だらだら日課しながら刃育成中って感じです。
うちの図書館は初期になかなか好みの刃が来なかったから、刃の育成がかなり遅れてるんですよね。
初期文豪の春夫もそこまで好みじゃなく、目ぼしい刃が揃ったらリストラしようと思ってましたが、後続が来なくてずーーっと一軍張ってるうちにどんどんレベル差開いていくし、レベル差が縮まってもそのうちに「なんかもう一軍刃は春夫じゃなきゃ駄目だわ」と思わせるくらい出世しました。

bnar15.jpg

この並びに慣れ過ぎた。
この編成は「初期文豪」「最初に来た金銃二人」「最初に来た銀弓」を詰め込んだだけで他意はないんですが、
奇しくも春夫=永井荷風、中也=朔太郎でそれぞれ二人必殺に専用ボイスがあって、図らずも仲良しPTみたいになりました。何気にお気に入りです。

・他の編成もできるだけ特殊ボイスのある二人を組ませるようにしてますが、そもそもキャラ選抜が見た目・キャラ重視で関係性にはあんまりコダワリはなく、気分次第でコロコロ変わる。
田山花袋は治療するたび「藤村連れて温泉でもいくか~!」とアピールするのでこの二人は組ませること多いかな。
藤村は秋声とも専用ボイスありますが、この二人を組ませると秋声が胃を痛めそうなのでなるべく離して、秋声は尾崎先生と組ませることにしてます。神経質な秋声は同世代の不思議ちゃんより、尾崎先生みたいな年上で包容力のあるおばさん…じゃなくてお兄さんと組ませた方が安らぐでしょう、たぶん。

・しかしレベルが20前後になると、カスダメでの補修が5分~20程度かかるようになってきたのが地味にキツい。

bnar12.jpg

まだベッド拡張してないから保健室がだいたいいつも渋滞してる。
いつも体力満タンにしてから出ることにしてましたが、刀剣の時みたくギリギリまで削ってから寝かせる方針に変えた方がいいですかね…。今回のイベの尾崎先生はその戦法で回せたし、刃もたぶんそれでできそうだけど、弓は一発当たるとゴリッと削られるから悩みどころです。脆いんだよオマエラ!
刀剣でもそうだけど、治療に〇時間とかだったら「もう札(調速機)使うわ」ってなるんですが、10分とか20分とかの中途半端な時間はアイテム使うのももったいなく、しかし待つのもかったるくて一番困る。
特に調速機は研究(と課金)でしか手に入らないから、あんまりバカスカ使いたくないんだよな~。

レベルが上がるにつれしんどくなっていくんですが、もうちょい強くなったら楽になるんですかね…?
最初はサクサク、中盤が一番つらく、後半は余裕ができるってだいたいどのゲームもそうだしな。そう期待しときます。

◆という文アル日記でした。

bnar11.jpg

きゃわいい耗弱賢治きゅんを貼ってお別れです。また来週!

一見シンプルで簡単だけど普通にマゾゲー

2016.12.01 21:01|文豪とアルケミスト
そんな印象の文豪とアルケミスト。
手紙機能が実装されたので久しぶりの更新。

・最近のプレイスタイルと言うと、一日一回2-4で歯車回収とデイリーを適当にこなして落ちるだけでした。
20回撃破デイリーは基本やってなかった。魂(大)放出イベはできるだけ参加してたから、20回撃破するのはその時くらいかな。
有魂潜書も基本デイリー二回分、墨が余ってたら更に1~2回って感じでしょうか。そんな感じでチマチマ続けて、今の所持文豪こんな感じ。

bnar10.jpg

レアは二週間くらい前に金夏目が来て、虹の太宰はつい昨日きたばっかりです。
4:30はけっこう出るんですが、もうずっとこの壁が越えられなかった…!5:00は都市伝説かと思い始めていた…!

ともかくこれで後来てないのは、虹芥川、虹泉鏡花、そして初期文豪中野重治になりました。
虹より来ない初期文豪とは一体…?最近はあまりにも来なさ過ぎて面白くなってきたので、もう最後まで来なくていいやという気になってきました。初期文豪難民とか面白くない?

まあ戦力的には最後の弓独歩、刃の中で初期ステが一番高いという谷崎、唯一の銀鞭乱歩が来たので、これ以上取り急ぎほしいキャラというのはもういないかな。太宰が芥川先生カッケー言ってるので、芥川もさっさと来て欲しいくらい。

・そんな感じで独歩、谷崎、乱歩、を育て始めたくらいなので、あんまりどのキャラが萌え話はできない。
太宰は本命だったけど、「とりあえず芥川連れてこいやオラァ(゚д゚)!」と潜らせてるので図書館ボイスもまだろくに聞いていない…。
あとは石川啄木の帰還ボイス「んぁっ 帰ったぜ~」の最初の吐息がエッチだなと思ってるくらい。

・先日実装された手紙システム。
説明からしてログボみたいなのを想像して期待してなかったんですが、思ってたよりちゃんと遠征だった。しかもお手軽。
いちいち編成やレベルを確認して、送り出して迎えて~みたいなこともなく、自動的に永続的にやってくれるのはものすごくラクチン。しばらくは手紙集めも楽しめそうだし、他ゲーでも見かけないなかなか良い新要素だと思います。

・ただ、だからと言って根本的なバランスが見直されないのなら焼け石に水ッ…!
いや、無意味とは言わない。焼け石に氷水くらいはある。
ただね~、どうしたってバランス悪いんですよね。具体的にどこがってのは前回の文アル記事でさんざん書きましたが。
刀剣からの移住狙おうと思ったら、刀剣で指摘されてる問題点を全部克服してプラスアルファするくらいのシステムがないとお話にならないと思うんですよ。ただでさえ後発ゲームなんだから。
しかし現状は刀剣から改良された部分もあれど、やりにくくなった部分もあって一長一短レベルに留まっている。
特に疲労度・ボス到達率・資源効率なんかは著しく遊びにくくなってる。刀剣で「ボスマスいかねー!マゾゲー!」と怒ってる人が文アルやったら発狂必須。

・私は今までのネトゲで「とにかく時間をかけて単純作業を繰り返す」タイプのマゾゲーにはすっかり慣れたつもりでしたが、「サクサク出撃できずに休憩必須」タイプの文アルも普通にマゾゲーだと思います。個人的にはゲームは集中してガーッとやりたいタイプだから、どっちかというと文アルの方がしんどいと思ってる。

経験値効率についてはゲームによって違ってくるし、文アルは50MAX(らしい)から単純な比較はできませんが、それでもマゾい方だと感じます。
レベルが上がってどんどん強くなるっていう、楽しさが持続する部分がものすごく短い感じ。
一時間狩り続けて経験値バーが1~2%しか上がらず、数か月に一回レベルが上がるようなMMOを体験済みでも「文アルはマゾい」と感じるのは、結局サクサク周回できないせいだと思います。余計に体感時間が伸びてるんでしょう。

・ちなみに私の今のマップ進行度は、けっこう前(もう3~4週間前?)に3-4をクリア。
4-1で弓と鞭を連れてこいと言われたので二軍育成中、けど前述した通りデイリー消化するくらいだからほとんどレベル変わらずずっと足止め中って感じです。

・魂(大)イベはボスマス到達率を潜り抜けてなんとか手に入れても、やたらと青率が高いのも萎えポイント。
だいたい毎回青が7~8割で、黄と赤は1~2個手に入ればいい方って感じです。それでいてMAX10個しか手に入らないんだから、イベのために墨集めてその日だけ廃プレイして集める~みたいな遊び方もできないんだよなあ…。とにかく何をやるにしても行動縛ってくるのがだるいんよな。

◆キャラゲーで重要になる同人人気について。
・個人的にはかなり微妙だと思ってます。いや、キャラデザとか性格は個人の趣味によるので、人気になるだけのポテンシャルは秘めてると思います。イラスト自体はクセがなく小奇麗だし、正統派イケメンも多いし。
ただこんなことを言うと元も子もないですが、元ネタが詰んでる。
ヘタリアや刀剣は無機物の擬人化なので、公式が燃料を落とさなくても元ネタのエピソードを掘れば、ファンだけでも好きなように妄想を広げられるというのが最大の強み。国が無機物かどうかは置いといて。

しかし文豪は実在の人物、言ってみれば「半生」とか「干物」とか言われるジャンルで、擬人化とは似てるようで違います。文豪は幕末とか戦国とかの歴史ジャンルと同じ分類ですね。
でも個人的には文豪は現代に近すぎて、幕末や戦国というよりもっと「半生」「生」に近いジャンルだと思います。
戦国や幕末以前の歴史ジャンル場合、写真があっても白黒でぼやけてたり、妄想に不都合なエピソードは「諸説あり」で逃げることもできる。1~2行は見なかったことにできる。
けど文豪はそうは行かない。本人の鮮明な写真や、詳細な来歴やエピソードもガッツリ残ってる。当然美談ばかりではない。むしろこのへんの文豪はクズエピソードも多い。

そういったエピソードを思わず踏みぬいてしまった時の感覚は、今の「好きな有名人でググってみたらまとめスレが出てきてその内容にショックを受ける」みたいな感覚に近いと思います。興味本位で調べてみたら「知りたくなかった…」ってなること、経験ある人は多いんじゃないでしょうか?
「その人のパフォーマンスや作品に惚れたら、本人のことは深く調べない方が良い」とかは、オタ界隈に限らずよく言いますしね。「芸術家に人格まで求めるな」とか。
実際その通りだと思います。ちょっと情弱な方が楽しめることもままあるもんです。

・歴史ジャンルそのものに抵抗がある人も一定数いるのに、「半生」「生」臭くなると更に人を選ぶ。地雷も増える。
「あくまで『文アルの文豪』に萌えたいんだ!私は『文アルの〇〇』が好きなんだ!」という人は、史実から完全に切り離した状態で妄想しなければならない。となると、刀剣に毛が生えた程度の掘り下げしかなければ、元ネタの力を借りられないぶんトーゼン不利になる訳です。
そういう意味では、「名前だけ借りたオリキャラ」「少人数でしっかり掘り下げ」の文ストの方が、文豪をモチーフにした作品としてはうまく扱ってるんじゃないでしょうか…。話の内容は知りませんが。

・ここからキャラ人気を出すためには、元ネタの力を借りなくてもいいくらい『文アルのキャラクター』としてシッカリ掘り下げる必要がある思います。
まあ爆発的な勢いがあれば半生とか不謹慎臭さとか関係なく、ユーザーが勝手に二次設定を作り上げて共有して「文アルのキャラクター」に育っていくんでしょうが、現状そこまでの勢いは感じられないかな…。
今回の「手紙」、次の「食堂」でどの程度補完されるのか、ってとこですね。

◆ンマー完全に爆死ってほどでもなく一部では盛り上がってるし、細く長く続けばいいゲームなんじゃないでしょうか。
私は、、、う~~~~ん。。。。まだしばらく日課したりしなかったり、今まで通りのペースでマッタリやっていきます。

続けるか続けまいか、それが問題だ

2016.11.09 22:29|文豪とアルケミスト
資材で分かる我が図書館の近況。

bnar8.jpg

とにかくキャラ増やしたくてガチャしまくるせいで墨が足りず出撃できない→有り余る米。
でもその甲斐あって狙ってたキャラがけっこう増えました。

bnar7.jpg

前回の更新以来金以上のレアは宮沢賢治しか来なかったけど、欲しかったキャラなのでオッケー。
銀以上も島崎藤村、田山花袋、志賀直哉、森鴎外、室生犀星と狙ってたキャラがかなり増えました。特に弓の二人はうれしい。弓が貴重なゲームで弓キャラが全員好みなのは奇跡的。
というか数日間被りまくり+新キャラがようやく来ても銃で文豪どころか「拳銃とアルケミスト」状態でやや萎えてたので、銀の弓&刃がそれなりに来てくれて本当に良かった…。

コモンもぼちぼち集まってきたけど、あと欲しいのは中島敦と国木田独歩だな~。特に弓の独歩さんは早くほしい。でも虹もトーゼン狙いたいので今後は400でデイリー二回ぶんだけ回していく予定。太宰はよ!
というかもうダブりまくるからけっこう集めた気でいたけど、ほんとに78人もいるのかこのゲーム?実装予定も含めて78人?

・マップは2-4クリアして現在3-1トライ中です。

・喪失グラは意識的に集めていないのでなかなか回収できてませんが、2-4ボスで喪失した朔太郎が思いのほか可愛かった…。

bnar9.jpg

なんだろうこのそそられる感じ…。別の扉を開いちゃいそう…。
図書館ボイスも
「部屋の隅でバクテリアが泳いでいる」
「自分なんか腐ったハマグリだよ…えぐ」

とヒジョーにあざとかったです。「えぐ」ってなんだよ「えぐ」って!萌えキャラにしか許されない擬声だぞそれ!

・他に好きなキャラというと、田山花袋と室生犀星はどっちも好みの元気系。けど色合いや髪形も似てるのでどっちがどっちだかわかんなくなる。
志賀直哉は普通に見た目が好み。
コモンだと外見は普通のオッサンぽかった吉川英治が、戦闘に出すと意外と男前な台詞づくしで驚きました。というか一人だけ台詞長いうえ大真面目で別ゲーやってるみたい。
宮沢賢治はCV代永ということでほしかったんだけど…思った以上にきゅるるん系ショタでちょっとキツいかもしれん。今時珍しいくらい絵に描いたような正統派ふわふわきゅるるん系。代永さんはガチショタより童顔青年キャラやってるのが好きなんだよな~。金だから育てるけど。

◆という感じでキャラは好きなんですが、ここからシステム面の愚痴です。
前も書いたけど、「一つ一つはそこまでおかしくないけど全部盛られるとツライ」って感じなんですよね~。

まずミス多すぎ&推奨レベル分からない問題。
ログインして一回目の出撃に、Lv9開花4~5のキャラを1面に連れてってもミス連発で優取れない、とかけっこうある。
Lv9じゃ1-3や1-4でも安定しないんだろうか?
レベル上限がないのは良いトコなんだけど、同時に推奨レベルも分からない。

次にボス辿り着かなさ過ぎ問題。
10回出撃して1回も辿り着かないとかザラ。
「20回敵を撃破せよ」デイリーが終わったのに、「1回ボスを倒せ」デイリーが終わってないとサスガにもうええわってなる。
まあデイリー一個消化できないくらい別にいいんだけど、ボスマス踏まないと単純に経験値が減るうえ、開花用の中素材が集まらないのがつらい。

疲労溜まり過ぎ問題。
一回出撃したらしばらく食堂でダベってる。MVP取ると疲労が取れやすい…というのはあるっぽいけどそれ以上(桜付け)はない。
1~4隊までメンバーを揃えてローテしたら一周してきたころにはなんとか疲労抜けてるかなって程度。

・…という感じで、ミスが多い&ボスマス逸れまくるのは単純にストレス要因。何回も重なるとさすがにイライラする。
疲労や資材管理がそこまで切迫してなければ数うちゃ当たる戦法で何回もリトライするけど、無課金ではそれができない仕様。

別に疲労システムはあってもいいんだけど、ここまで疲労しやすい&疲労による補正がキツイと、特定のキャラを集中して育てたり、後発キャラを一軍に追いつかせる…というのがすごくやりにくいんですよね。
一度の出撃で疲労抜きが必須なので、継続して遊びたいなら1~4軍でローテする必要がある。けど墨不足に喘いでる現状では、墨はできるだけ推しキャラを優先してつぎ込みたい…。となると、「推しキャラの隊だけ一回出撃したら他は育てず落ちる」くらいしか追いつかせる手段がないんですよね。しかも全体的に経験値はしょっぱく、1面でもボスマスに行けずミス連発で優も取れない時があってますます育てにくいっていう。

・まあ「無課金でやるなら我慢しろ!これはこういうシステムなんだから文句言うなら課金しろ!」と言われたらそれまでなんですが。
デイリーもマトモにこなせず逆にストレス溜めるくらいなら、片手間ゲーどころかそもそもやる必要あるのか?という疑問が出始めました…。「ゲームでイライラするくらいならやめちまえ」ってのが私のモットーなんで。
また突発的に大素材が拾える24時間イベがあるらしいですが、「どうせボスマス限定なんでしょ?ボスマスなんてそうそう踏めねーよ」と既にやる気はない。

・今んとこ運営も配給制度始めたりこまめに改善しようとしてるし、キャラと雰囲気は好きだから続けたいんですけどね~。
今回のメンテで1-1~3に墨が確定で拾えるようになったし。高レベルの回避高いキャラで避けながら疲労無視して墨集めとかもやろうと思えばできるみたいですが、もらえる墨は一桁。さすがにそこまでやり込む情熱はない。
もうちょっとデイリー消化しながら様子見する予定ですが、イライラに耐えられなくなるorバランス改善の兆しが見えないならそのままフェードアウトもありそうです。

◆という文アル日記でした。
| 2019.11 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ