FC2ブログ

超高校級の希望

2013.01.04 22:13|ダンガンロンパ
◆いやー長かった。最後の裁判パートすっごい長かった。ぶっちゃけちょっと途中でやめたかったんだけど、やめるにやめられずエピローグまで突っ走ってしまいました。というわけで以下◎エピローグとクリア追加要素のネタバレ注意◎



・最終章だけあって今までで一番よくワカラン状態からのスタートでしたが、なんとかクリア出来て良かった。BGMが熱いね!煽ってくるね!
皆に「希望」をぶつけていくところとかすごい良かったんだけど、これだけ人数が減ってしまっているってのが悲しいところだねえ…

しかし物語の大前提、「集団記憶喪失」というのはなんというか…もうこれはモノクマも言ってたけど、「どうやってそんなことやったの?」って突っ込むのは野暮ってことなんかねえ?「絶望的大事件」というのも詳しく説明されなかったし、どうやって世界が終わったのかも分からないまま…このモヤモヤは小説読んだり2をやることで解消されるんだろうか。2は確か南国が舞台らしいけど、一体どういう過程でそうなるのかすごい気になる…時間の経過的には1→2で間違いないんだよね?

・特殊アイテム「男のロマン」とイベントアイテム「校章」の間のアイテムがどうしても埋められなかったので何だろうと思ってたんですが、どうやらクリア後にガチャガチャから出てくるアイテムなのだそうな。つーわけで、さっそくガチャガチャに91枚投入し重複率をゼロにしたら、出てきましたよー「脱出スイッチ」!これに伴って追加されたムービー見てきたんだけど…うぅーんwこれは96枚のメダルをつぎ込んだ価値はあったのかビミョーですなwBGM解放に使った方が良かったかもしれん…。

・あと試しにニューゲーム始めてみたけど引き継ぎ出来るのは体験版のデータだけで、クリアデータでニューゲームは出来ないのね。あくまで前のデータでチャプターをやり直すことだけか。その場合はアイテムもスキルも引き継ぎで、難易度はそれぞれいじれることが出来るみたいだけど…自由時間の会話はどうなるんだろう。続けてやっていけば会話もちゃんとカウントされていくのかな?次のチャプターに入ったらまた最初からとかないよね?しかしそうであろうとなかろうと、推理ゲーをもう一度やって楽しいのかどうか。


◆各キャラのざっくり感想。
・苗木君
我らが主人公。特に自由時間での会話が好きだった。ツッコミ気質で。

・きりぎりさん
2のキャラ紹介のところに、超高校級の???枠で苗木君似(というか声優さん一緒)の子がいるから、もしかしてきりぎりさんは前回の殺し合いの生き残り?…とか思ってましたが違ったんですね。
とにかく安定感があって頼りになった。彼女にはかなり助けられた。
隠しごと(内通者の件)をしたら案外子どもっぽく怒ってたので、めんどくさいけど人間くさいところもあるんだなあと思った。仲直りした時には頬染めてくれて可愛かったね。

・とがみ君
終盤では安定していたけど、序盤はいつ殺人を犯してもおかしくない発言+真っ先に死にそうなフラグを立てていた。けれど、うん、彼が犯人にも被害者にもならないことは、実は知っていた…。つーのも2のキャラ紹介見ちゃったんでね。その部分だけが唯一のネタバレだった。
俺様イケメンなところやふかわさんへのSっぷりはけっこう好きで、実力を伴ったエリートというのもポイント高かった。…しかしなんかそれほど好きになれなかったw会話で自分アゲするのはいいんだけど、主人公サゲしてくるのが若干ムカついたからかな?でも最後の最後で「勘違いするなよ」というツンデレ発言いただいたし、学校を脱出する時の「相談に乗ってやる」という発言はちょっとときめいた。

・ふかわさん
キャラ紹介で見た時はけっこう好きだったんだが、実際プレイしてみるとなんつーか…根暗にも被害妄想が入るとけっこう鬱陶しいねwそれでいて攻撃的だし。あと下ネタは純粋にキモかったのでちょっと引いてました。「ぐぎぃぃいズルズルズル」みたいな声も長いw終盤は飛ばしてました。
ジェノサイダーはあっけらかんとしてるぶんだけまだこっちのが好きかな。恐いけど。

・桑田君
正直この人のおしおきが一番つらかったかな。おしおきっていうか直前の「いやだぁぁああああ」っていう叫びが。チャラ男ぽくて若干鬱陶しかったけど嫌いではなかったので、序盤で脱落してしまったのが残念。

・まいぞのさん
あまりにもヒロインヒロインしてるので、このままの調子でずっと絡んでこられたらちょっと鬱陶しいなーと思ってましたがまさか最初の被害者になるとは。でもそうなるとあの台詞もこの台詞も全部フラグっぽく見えてしまうから不思議。けど可哀想な愛されヒロイン(笑)ではなく、苗木を陥れようとしたりちょっと黒い部分も露わにしてるところは良かったと思う。

・千尋ちゃん
男だと分かってるのに「彼」とか「ふじさき君」とか言われてるのを見ると違和感を感じてしまう。彼女だよ!千尋ちゃんだよ!!千尋ちゃんかわいかったな。

・大和田君
過去と言い殺人と言い、責められてもしょうがないんだが個人的にはあまり責めたくないキャラ。切ないね。

・占い師
名前がいつになっても覚えられないので占い師占い師ゆうてたけど、けっこう好きなんだよ。ハガクレ君だっけ。この人は能力もパッとしないし見た目も髪型は派手だけどそれ以外は地味だしイケメンでもないし、いつか死ぬだろうなーと思って真っ先に話しかけたのだけれど、意外にも生存者となった。個人的には「愛すべきバカ」という感じで気に入ってます。彼の言う「神秘的なもの」とオカルトの境界線とか全然わかんないし最低だしほんとバカだけど、それが癒しなんです。好き。

・石丸君
彼、実はけっこう人気らしいですね。私も好きです。なんだろう、制服が軍服っぽくてカッコイイからかな?白い学ランに黒ブーツ、赤い腕章に勲章みたいなものまで胸につけててデザインはすごいかっこいいよね。ただの真面目優等生キャラと思いきや、表情がコロコロ変わりまくって面白かった。あと鳥海ボイスがステキ過ぎる。彼の会話聞くために周回プレイしてもいいかなって思うレベル。

・山田君
たまーにイケメン声になるんだけれど基本的には残念な人であった。改めてオタクというものを見てみると、純粋にキモいなと思う。

・セレス
私がもともとゴスロリというものに興味がないせいか、あまり好きではなかった。なんつーか、あたくし最強(笑)みたいな匂いを感じてしまってなんか気に入らんのだよな。

・さくらちゃん
いい子だった。内通者がどうの裏切りがどうのと言っても結局はモノクマに脅されてたからだし。しかも最終的には戦う決心をするし。強いし。最後に仕事もしてくれたし。
集合写真(プール、運動会)ではものすごいはっちゃけてて面白い。さすが体育系やな!

・あさひなちゃん
この子もいい子だった。さくらちゃんの件ではちょっと暴走しちゃったけれども。あの演技力スゴかったと思ったけど、半分は本気だったのかな。つーかモノクマの遺書捏造はちょっと干渉し過ぎじゃね?と思った。

・黒幕
ジョジョ立ち(ジョジョ読んだことないけどたぶんあれはそう)のポーズかっこよかった。しかしほんと狂ってたねーこの人。絶望的大事件を起こしたのが団体なんだったら、こんなおかしい人が他にもゾロゾロいるってことなのか?あーこわ。


◆ざっくり総括
・レビューというほどではないがつらつら書いていくスペース。推理ゲーというのは初めてで、推理小説とかの知識も人並みな私ですが、ノーマルでわりとさっくりとクリア出来ました。裁判パートは、始まるまでは犯人だけボンヤリと分かってるけど方法が分からないとか、トリックの一部は分かるけど全貌は分からないとかそんなんばっかだったけど、始まってみるとどんどん解けていく。しかしきりぎりさんはすべてお見通しみたいな感じだったので、もうきりぎりさん一人でいいんじゃね?と、ちょっと思った。

・自由行動や捜索パートの歩き回る箇所は、マップが優秀でプレイしやすかった。簡易マップは常に出して動けるので、方向音痴の私でも迷子にならない。メニューから開けるマップでは、各キャラの位置やイベント発生地点が確認できるし、何よりワープが便利。広い学園でもストレスなく、必要な個所だけ歩き回ることが出来た。

・ものが多い場所での捜索はちょっと面倒だったかな。数が多いからイヤというのではなく、カーソルが微妙に被って調べにくかった。どっちにしろ「観察」で調べられるもの分かってるんだから、調べられるものにだけカーソルが合わさるようにしてくれたら便利だったのになーと思ってたけど、どうやら「観察」が最初から使えるのはベスト版からなのだそうで。デフォルトで「観察」がナシならまあしょうがないかなあとは思う。

・すっごい細かい要望だけど、タイトル画面のカーソルの初期位置は「ニューゲーム」より「ロードゲーム」が良かったと思う。それだけ。

・おしおきは思ってたよりグロくなくて良かった。決して好きではない嗜好だけれど。

・何度も言うが推理ゲーはやるのが初めてなので、推理ゲーとしてはよく出来てるのか、どれくらいの難易度なのかはよく分からない。キャラクターはとても魅力的で、会話がすごく楽しかった。閉鎖空間でデスゲームっていう絶望的な設定なのに、暗くなりすぎなかったのはキャラが良かったからだろうなあと思う。すぐにでも2をやりたいところだけど、五千円かー。廉価版出るまで待つかなー。…しかしレビューを読んでるとすっごいやりたくなっちゃうんだよなあ。

そして周回プレイについて。このキャラの会話気になるな、聞きたいなーって思うキャラはいっぱいいる。しかしそれを全部聞こうと思ったらものすごい労力がかかるし、そこまでして聞きたいか?と思うとウーン。ってなる。トリックも犯人も全部知ってるから推理パートは面倒なんだけど、でも一度くらいは「イジワル」のアクションに挑みたい気もする。うぅーん。。どうすっかなあ。やるにしても今スグもっかいやろうって気にはならんなあ。今はとりあえずデータはメモリーカードに残しといて、さっさと次のゲーム始めちゃうかなあ…。とか思ってると結局二度とやらんっていうパターンが目に浮かぶけど。

とりあえずそんな感じで。今日は早く寝よう。

にほんブログ村 ゲームブログへ
スポンサーサイト



| 2013.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ