FC2ブログ

ラクリーカ編終了!

◆サブイベはいったん諦めて本編を進めるために風の神殿へ。

・厄介な敵は多かったけど、的確に弱点で攻めていけばなんとかなる印象。冒険者の前付近まで来ると扉が開いてショートカットが出来るようになったので、「これはここでいったん帰って回復してこいってことですね!?」と思っていったんラクリーカに帰還した。ものすごい親切仕様だなと思ってたら、イベントだけでボス戦はなかった。普通に何度も来るところだからショートカット出来るようになったのか…(´・ω・`)と思いつつ、ユルヤナの森へ。

・祈祷服を作ろう!ってなった時から、「どうせ服を作りたいなら素材を取りに行けって言われるんだろうな…そしてその素材を守るかのような番人的ボスがいるんだろうな…」と思ってたら案の定そうでした。まあこのへんはRPGの定番というか様式美と言いますか。
老子はエロジジイだったけど、声がジャムおじさんの人だったので非常に複雑な気分でした。そしてなぜキツネが普通にお店やってるんでしょう。説明してください。
洞窟の敵は多種多様な厄介な状態異常をやってくる敵が多くって、アクセに何を付けるべきか迷った。老子の家で混乱防止のアクセがあったから、混乱してくる敵がワンサカいるのか!?これはレインボーローブも買っといた方がいいのか!?って迷ってましたが、そんなに混乱してくる敵多くなかった。ダークランタンは弱点付けなくて、更にフィアーをやってくるのが鬱陶しく、集団で出てこられたら逃げてました…。

ボスのドラゴンからアイテムを一つしか盗めなかったのが心残り。この時点では雑魚戦では「ぶんどる」は100%成功してたので、盗賊の小手のことをすっかり忘れていた。そうだね、さすがにボスはそう簡単に盗ませてくれないよね…(´⊆`)

・服を作ったらさっそく風の神殿でオルトロス戦。町でちょこっと話してる人がいたけどここで出てくるとは。オルトロスってFF6では愛嬌のあるタコだったのに、BDではめちゃめちゃかっこいい双頭のキメラでした。しかし弱点は見たまんまだったので、順当に弱点属性で攻めたらけっこうあっさり勝てた。今回はきっちりアイテムも盗めてご満悦。

・ラクリーカに帰ってイベント。どうもこの章ではアニエスの成長がテーマになっているらしい。何かにつけて怖い怖いと言っていたアニエスが立派に演説をし、民に認められるシーンはちょっぴり感動した。王様は小学生でも分かる、お手本のような悪役だけど、こんな低俗な悪役にイラッとしてしまうあたりバッチリティズ一行に感情移入出来てるようです。

◆国を救い、次の目的もはっきりしたところで、夜まで待って中に入るとサブイベが進められるようになっていた。ワーイヾ(・▽・)ノシと思いつつ中へ。

・しっかしここの敵がまた強かった!というか闘兵が!前触れなくブレイブしてきて気合いため→剛撃のコンボが痛い!当たったらまず死ぬ!そのうえ剣兵以外は弱点ナシ!剛撃の命中率が低いのがまだ救いでしょうか。つっても50%だからそこそこ当たるんでかなり脅威。というか気合い溜めとか反則じゃん!モンクなら練気使えよ!一定確率で失敗しろよ!

ちなみにここの戦闘でなんとなく「オート」を選んでみました。一戦目はあっさり1ターンノーダメ撃破出来たので、「なんだこれ超便利じゃん!」って思ったけど、二戦目では続々と死亡者が出て壊滅手前まで行ったので慌てて手動に切り替えました。オート戦闘は余裕あるとこじゃないとダメみたいですね…。

・そんなこんなでボス戦。王様と公国とのつながりも明らかになりました。アスタリスクは公国の幹部(というかそこそこ力がある兵?)が持ってるって設定なのに、なんでジャッカルやボリトリィが持ってるかちょっと疑問だったんですよね。なるほど全部公国に繋がっていたのかと。…まあ国王は明らかにアンチクリスタリズムを提唱してたし、「マヌマット」って名前でもすぐ分かるよね…分かってる筈だけど分かってなかった…。

ナジットが出てきた時には「どうせまた帰るんだろ…」って思ったけどサスガ王様は予算が違ったらしい。今回で最後となりました。ナジットのサイレス剣も厄介なのだけど、それ以上にマヌマットのストップが嫌なので先にマヌマットを狙いました。しかし今思うとティズが一回かかったくらいでそれほど厄介でもなかったかも。けど回復がストップかかったらって思うとコワイので、やっぱマヌマットから倒して良かったと思う。
ナジットの最期の台詞はとても気になるところ。Dの手帳の「苦手なもの:家族の思い出」ってとこらへんからして実はいい人臭がぷんぷんする。ありがちなので行けば「実は難病の家族のために多額の金が必要で、しかし公国で汚い仕事をしている手前家族に会わせる顔がなく縁を切り、金だけこっそり送っている」…みたいな展開がありそうと妄想。あっさりと退場しちゃったけど、この人のことが掘り下げられることは今後あるんでしょうか。

・というわけで「魔法剣士」と「時魔導士」が使えるようになったけど…魔法剣士がちょーーかわいいいい!!!アラビアンな踊り子風衣装が全員可愛過ぎる!!個人的に魔法剣士って「魔法なの?物理なの?どっちも中途半端だしビミョー」くらいの印象だったんだけれども、これは可愛過ぎる…誰か魔法剣士で育てたい…。
一方時魔導士のビジュアルは…ビミョウだけれども…。たぶん性能的には優秀だと思うのでこれも優先して覚えさせていきたいところ。

そういや国王戦でシーフのティズの攻撃が1しか通らなかったんですよね。完全にぬすむ要員だった。あと「しらべる」を一回ずつやって、たまに「てあて」するくらいで盗み終わった後はやることがなく手持無沙汰に…。
ボス戦でシーフ出すのは微妙なのかしら。アビリティにシーフ付けて別のジョブで出す方が無難なのかな。

◆一日一回ネットにつなぐことによって村人が増えるので、ついでにフレコ交換掲示板を利用して友達も増やすことにしました。
その結果、すぐに10人ほどの人とアビリンクできるようになったので、アチーブメントクエ達成のためにテキトーに四人とアビリンクしてみたんですが…可愛いBDのキャラクターの横に、黒髪野郎のmiiが並ぶ微妙な光景に…。う…うむ…。フレコの交換とか初めてやったんですが、皆名前は明らかにハンネが多いのに、miiはけっこう忠実に作るんですね。私なんか金髪ロンゲのぽや~んとした女の子にしたのに。

んでまー本題のフレンドですが。これ、たぶん一回戦闘で召喚したらもう一回その人が配信するまで使えないのよね?だとしたら勿体なくって使いにくいなあ。そして大変ありがたいことなんだけれども、今の時点で威力が千代の人がワンサカいて、中には99999なんて猛者も…。こんなの使いだしたらヌルゲーどころの騒ぎじゃないぞ…。バランス崩壊レベルだぞ…。

でもって戦闘での召喚とアビリンクはまた別物らしい。とようやく分かった。アビリンクはあくまでジョブやサポートジョブの補正用で、戦闘で召喚してようがいまいが関係なく使えるみたいですね。そしてこれがまたクッソ便利なんだけど、多用してしまうとやはりヌルゲー化が進んでしまうんだよな。「これ育てたら次はどんなアビリティ覚えるのかな~」っていうワクワクもなくなっちゃうし。しかし「これ強い!これ目指してこのジョブ育てよう!」って計画立てるプレイも悪くないし…微妙なトコだよなあ。理想としては今の戦力よりちょびっと強い程度の人とアビリンクして、あんまり頼り過ぎずにプレイすることかなあ。強い人のジョブに頼りっぱなしになると、育成する楽しみがなくなりそうだ。そのへん自分である程度制限付けて遊ばなきゃね。

・そういや昨日の日記で「ブレイブで一気にターンを消費することによって、ターン継続効果もすぐに切れてしまうのではないか」と考えてたけど、今日試してみた感じ「練気」の効果はブレイブ関係なく、ゲーム内で2ターン持ちました。ってことはプロテスやら他の効果も全部ちゃんと継続してくれるのかな?
まー他にも気になるところは色々あるし、試行錯誤しながら進めていこうと思います。何より続きが気になるぜー!
スポンサーサイト



| 2014.01 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ