FC2ブログ

二週目でようやく理解した。

2014.02.11 17:45|金色のコルダ
コルダの難しさを。

◆行き当たりばったりでやった一週目でベストED(と思わしきもの)を見たので「なんや難しいゆうても普通にやってればちゃんとED見れるんやん?」と思ってしまったのですが、私が見たEDはベストED(珠玉の時間ED)の中でも「逆注目」という特殊な条件を満たした時に見えるルートで、正攻法は好感度と一緒にライバル度を上げて行くのが基本のようです。…一週目は相当運が良かったと言わざるを得ない。

どうも「攻略キャラとライバルになる」というのが理解出来てなくて、「好きな人とは仲良くなりたいやん?ライバルなんかなってギスギス怖いの嫌やん?」と、一週目では意識してライバル度を上げたことはなかったんですが、この考え方はヌルすぎたようです。攻略サイトを色々回った結果分かったのですが、コルダの男達は、可愛くて傍にいてくれるだけの女の子よりも、音楽で殴り合い認め合うことができる女の子の方が好きとのこと。意外と熱いゲームだった。

そうなると好感度的にはどうでもよかったようなコンクールも、ライバル度を上げるのに恰好の場所になる。ようやくこのゲームのコンセプトを理解出来ました。
そして更に攻略サイトを見てると、ライバル度も「上げれば上げるほどいい」ってものでもなく、イベントによって上限や下限が定められていて、好感度と共に調整しながら上げる必要があると…。ここでようやくコルダの難しさが理解出来ました。

調節めんどくっさあああああ!!!

何がめんどくさいって上限がめんどくさい!ライバル度~250のイベントがあったかと思えば、200~のイベントがあったり~240があったり260~があったりと、これ全部回収しようと思ったら何回プレイしなきゃならんのかと思うレベル。これ知った時ちょっと絶望しました。

・という感じで二週目は柚木先輩狙いでライバル度を意識しながら進めたんですが、イベントはあんまり見れませんでした。行き当たりばったりな一週目のが沢山見た。休日デートも誘ってくれなかったし。
最終的には無事珠玉の時間EDを見ることが出来たけど、攻略サイトに載ってるイベントは半分も見れなかった印象。つってもそこまで攻略サイト齧りついて見てた訳でもないんですけど…柚木先輩が抱えてるものもあんまよく分からず終わってしまった。萌えポイントはちょくちょくあったけど。とりあえず苗字を呼び捨てで呼ばれるだけでこんなにもときめいたのはこの人が初めてだと思う。柚木先輩の悪い顔タマランです。

・この感じだと、他のキャラは勿論柚木先輩と火原先輩ももう一周ずつやってもいい気がするんですが、攻略サイト齧りついてプレイするっていうのがあまり好きではない。そしてコンクール対策は二週目でかなり極まったんですよねー。今回は最終セレクションも課題曲の解釈150まで鍛えてもまだ三日くらい余りました。ムダにファータコンプしたりモブと合奏したりもしたんですが、EDがちゃんと見れるか気が気でなかったので最終日は何もせず帰ったり。柚木先輩の注目ステは累計BPですが、これも特に苦戦することなく溜めて順調にライバル度上げられました。

コンクールを優勝するだけ、ライバル度を上げるだけならかなり効率的に出来る気がします。が、ライバル度の細かな調整は出来る気がしない。何回セーブ&ロードして試行錯誤しなきゃならんのだろう。

・…と言うわけで、攻略キャラも未攻略キャラも気になるところですが、無印はこれくらいで終わろうかと思います。今の私にはこの細かな調整を耐え抜いてイベント探すのは無理だ。「コルダ無印は難しい」という評判はまったくその通りであった。一週目でたまたま珠玉ED迎えて「なんや別に普通にグッドED見れるやん!あれか、乙女ゲーマーは元々一般ゲーしない人が多いからそういう人からしたら難しいってことやったんかな」とか調子こいたこと思っててすいませんでした。

しかしコルダにハマったこの週末は実に楽しかったので、買おうと思います。2Fとアンコールを!!ええ、勿論ですよ!!

無印をここで終えることの一番の懸念は土浦君の満面の笑みが見れなくなるということだったんですが、良くも悪くも2では立ち絵は基本流用みたいだし。土浦君の笑顔が健在なら何も迷うことはない。土浦君の笑顔まじ好みです。天使か。

◆ということでゲーム全体のことについてざっと語ったので、肝心の柚木先輩について。
・つっても前述の通りイベントが全然見れなかったので、あんまり分かんなかったんだよな~。ED付近で「なんで本性を見せちゃったんだろうね?」とか仰ってたけど、こっちとしてもなんかいきなり勝手に本性表しだした思い出しかないんだが。一週目の時は不意打ちだったのでほんとびびった。

・火原先輩が好感度が上がるたびに順調に名前呼び→一緒に下校→愛称→一緒に登校と段階を踏んでいくのに対し、柚木先輩は最後の最後にならないと名前で呼んでくれないんですね。同時に愛称にも出来ると。一緒に下校&登校になるのも火原先輩より遅かった気がする。そう思うと火原先輩は初心者向けに実に入りやすいキャラだったんだなと思う。性格はフレンドリーで選択肢も分かりやすいし。

・んまー名前呼びが遅かったけど、その代わり苗字呼び捨てでも十分萌えるってのが柚木先輩の恐ろしいところであった…。もうこの人が悪い顔するたびニヤニヤしちゃいました。回りに人がいる状態で強引に誘ってきて、「周りの女の子達の目が恐くなってきてるよ?」と脅してくるサマが暴君可愛かった。この表と裏の立ち絵がコロコロ変わる様子がすごい面白かったです。かわええのう!かわええのう!あと「いじめてやる」とかしょっちゅう言うくせに、実際酷いこととかは絶対してこないのも紳士ですよね~。…いや、見てないだけでいじめるイベントもあったのかもしれないが。「コンクール辞退しろ」とか言ってくるのがいじめに入るんだろうか。

・とまあそんな感じの柚木先輩でした。柚木先輩ほんとお美しかった。普段の立ち絵もだけど、セレクションのフルート吹いてる姿がもう完璧。あの額にかかる後れ毛が美しさに更に磨きをかけてるんだよな~。後れ毛萌え。いやあれは後れ毛というんだろうか?

◆という感じのコルダ無印二週目柚木先輩ルートでした。これで終わろうかと思ったけど、2Fやアンコールが届くまでにライバル度のないてんてーや女友達なら攻略してもいいかもな。楽そうだし。
スポンサーサイト



| 2014.02 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ