FC2ブログ

これは重要な選択だ

2014.11.04 19:04|ラジアントヒストリア
異伝が最終章に突入したので、このままの勢いでクリアしてしまおうぜーーーーっ!!ということでガーッとエンディングまでやってきました。いつも以上に◎ネタバレ注意◎なのでプレイする予定のある方は逃げてください。

・ハイスがついに真実を語ると言いだしたので、わくわくしながら次のダンジョンに向かったのですが、ここの敵が強い!入口をウロついてるコカトリス系のモブに先制取られて1ターンで全員石化されて全滅!という酷い事態になってしまったので、サブイベ消化がてらに少しレベル上げすることにしました。

NPCに話しかけるのが無暗に好きなので、イベント発生させるのは割と自力で出来てたんですが、消化するのは攻略見ないとけっこう厳しいんですよねこのゲーム。
単純に私が忘れっぽいだけとか、地理が弱いとかって理由もモチロンあるのだけど、正史と異伝をウロウロしながら世界各地を回っているとどこで何のイベントがあったか忘れてしまう!あとこのゲーム、フィールドの詳細なマップとかがないから攻略サイトで「○○の北エリア」とか言われてもどこを指してるのかイマイチ分かんないし、世界地図もすごいザックリなのでどこに何があるのか…シグナスはどこから行くのが一番近いのかーとか、イトリアはどこだったっけーとか、そのへんすごい迷いましたよ。

何はともあれ発生してるサブイベは闘技場を除いてすべて消化しました。キャラに技を覚えさせるイベントは、ストック、アト、エルーカが一個ずつ残ってて後は全部コンプ。この残った三つはハイスのいるダンジョンにあるらしいのでまた機会があった時にやることに。

・色々と動き回ったおかげで、研究所の敵はだいぶ倒しやすくなってました。このあたりで強い槍が手に入って一気にロッシュが一軍で使えるようになったのだけど、しかし他のメンバーより10ほどレベルが低い現状では前線に投入する気にはなれなかった!

ヒィヒィ言いながらも進んでいくといよいよ物語は佳境へ。トントン拍子にラスダン突入となりました。

・ゆうても城の大広間に行くだけでしょ?マップ1~2回切り替えるくらいで着くでしょ?とか思ってたのに意外と長かった!しかもボスラッシュ付き!
ここにきてボスラッシュか~(ヽ´ω`)とげんなりしましたが、白示録が出現して一戦ごとに宿に飛べるようになったのはものすごく親切。この「やばい詰むかも」っていう心配をプレイヤーにまったくさせない、だからラジアントヒストリアって好き。
基本はいつも通りアト&ガフカの亜人コンビを使ってるのですが、ガーランド戦ではなんとなくアト&マルコにしてみました。ガフカに席を譲って以来マルコは戦闘外で回復するだけの係りになってたんですが、ちょっと前に覚えた「ガードライズ」が意外と使えるんですよねコレ!全体防御アップ熱い!もうちょっと早くに覚えててくれたらなあ!

・四体のボスを倒したらいよいよラスボス戦!
どうせシャドウは無限湧きで黒示録倒さないとだめなんでしょそうなんでしょって思いつつ黒示録を攻撃してみるものの、全然ダメが通らない。アルェー?と思いつつシャドウを攻撃してみるがやはり次々沸いてくるし、これどうやってダメ与えるんだろう?と改めて黒示録にカーソルを合わせてみると、何故か少しダメが入ってる。
どういう理屈か分からないけど、黒示録はシャドウと重ねないとダメ入らないってことだろうか。もう一回くらい確認するべきだったんでしょうが、こんなところで消耗させられる訳にはいかないってーことでそう検討付けて倒し切りました。結果的にこの考え方で合ってたみたいで良かった。

前座が終わったところでお約束のラスボス変形。もはや原型のない、生き物というより巨大な建築物みたいなボスでした。
通常攻撃はそれほど痛くないんだけど、範囲睡眠と石化を筆頭に状態異常がきつかったー。一気に二人眠らされたらもうやってられないので、万能薬Sを惜しみなく使いました。いや、5個くらいしか持ってなかったのでかなり惜しかったけど。範囲カースも最初はいちいち治してましたがこれを治そうとするといつまで経っても終わらないので、アイテムを使いたい時以外は放置。これで全滅したら次はマルコ入れて再戦しようってずっと思ってました。
これで終わるだろ!もうこれで終わるだろ!!これで終わっていいよ!!と思いつつ、三段階変形したのはきつかった…!

・という感じでラスボス撃破。
エンディングは消化したサブイベによって追加される仕様のようで、私がしてきたことがあらゆる幸せの種になっていたのだなと思うと素直に嬉しかったです。
ロッシュに子供出来たら絶対いいオヤジになるだろうなあ。反抗期は大変なことになりそうだけど、めちゃめちゃ可愛がりそう。
最後にキールを出して希望を持たせる感じも良かった。ちょっとウルッときた。しかしキールはストックのことを覚えてないってのはどういう理屈だろうか。そっちの方がロマンがあるっちゃあるんだが地味に気になる。

・さて、本筋の感想ですが…。
まずハイスの真意。あ~~ね~~~なるほどね~~~こりゃ確かにハイスの言うことも分かるね。結局問題を先送りしてるだけっていうね。こんなこと言っちゃアレですが、正直ストックが迷わず自分を犠牲にしても良いっていう考え方に辿り着いていたことにびっくりしました。確かにストックは冷静でいつも正しい判断を下してきてたけど、そこまで仲間に対して愛を持ってるとは思わなかった。でも言われてみればそうか、愛を持ってないと反乱に奔走したりしないか…。
でもやっぱハイスの言うことも分かるなあ。私だったら「いっそ世界を滅ぼそう」とまでは思わないけど、「どこか遠くに逃げてひっそり暮らしたい」くらいは思うと思う。だからストックを救ってくれようとしたことには素直に感謝したいと思う。ラスボス戦にエルーカが「なんと愚かなことを…」とか言ってたけど、そこは否定したい。生きたいと思う気持ち、誰かを生かしたいと思う気持ちから起こした行動を愚かとは言って欲しくないなあ。それを言うなら問題を先送りにしてるっていう事実をもっと重く受け止めるべき。

過去のニエのワンシーンも入れつつ、最後に「ニエは皆希望を持ってその使命を果たしたのだ!皆大切な人を守るためにその身を捧げたのだ!」と良い話に仕上げてましたが、やはり結果だけを見ればニエはニエ。ひたすらに「覚悟はできてる」とニエに何一つ疑問を抱かないストックは、なんだかリプティ達に洗脳されたみたいでちょっと怖かったです。せめて「今は俺が凌ぐからなんとかお前らで解決策を探してくれ」とか言って欲しかった。
「いっそ世界を滅ぼしてしまう」というハイスの考えは極端だけど、「問題を先送りにしてるだけ」と疑問を持つまではごく普通のこと。かと言って張本人であるストックがそんなこと言い出すのはかっこ悪いから、せめて味方にもニエに疑問を持つキャラが欲しかったなあ。すんなり受け入れずに「なぜストックが死ななければならないのか」「ニエになる以外に何か解決策はないのか」とあがく姿が見たかった。ほとんどのメンバーがストックの正体を知らないからしょうがないっちゃしょうがないんだけど、だったらエルーカさんもうちょっと頑張って欲しかったなあ。「私だけの力で儀式を行う」って言ってたけど、もうちょっと具体的な案が欲しかった。

…うーん、ニエとしてのストックのおかげで世界は救われたけど、結局根本的な解決策は見つかってないってのはやっぱり引っ掛かるポイントでした。何もかもご都合で片付くのも非難の対象かもしれないが、RPGでなら夢いっぱいのEDがあっても良いと思うんだよね。植物学者のサブイベEDでちょっとだけ希望が見えたのがまだ救いか。でもこれサブイベやってないと見れないシーンだからなあ。

あとはディアス&セルバンのものすごい噛ませ臭にちょっと笑いました。
儀式の間手前で出てきた時は、「そういやこっちではまだ死んでないんだっけ!いよいよディアスと決着か!」と思ったらイベントだけで退けてしまい、まさかの明らかに怪しい口車に乗せられて砂と化して死亡とかそりゃねーよ!ラスボスから「フフフ力を与えてやろう」→「やったあ!」→「バカめ!」→「ぎゃー!(逆に取り込まれる)」ってすごい雑魚キャラでありがちなやつ!この二人は序盤から何かやるだろう何かやるだろうって強敵臭を出してたのに、結局何もなかったのが拍子抜けである。

・そんな感じでEDを迎えたのだけど、改めて攻略サイトを見ると「真ED」というのがあるらしく…。
もっかいラスボス戦とかするのやだよ~(ヽ´ω`)イベントコンプとかだるいよ~(ヽ´ω`)
ということで、動画サイトで真EDだけサクッと見てきました。どうも私はレイニーのイベントだけを抜かしてたらしい。このEDだとストックは助かってナンボか後味いいですね。結局「問題を先送りにしてなんとか生きながらえただけ」というのは変わってないけど、ストックならなんとか問題を解決してくれそうだ。そう思わせてくれる。

ラスボス再戦は面倒なので動画で済ましたけど、レイニーのサブイベは後からちゃんと終わらせました。これ攻略サイトで見つけたものの唯一めんどくさそうだから放置しといたやつだよ…EDに関わってくるならやっときゃ良かった…。レイニーはシナリオでは空気だったけど、恋愛対象的には一番ヒロインだったのかな。つっても他の女キャラがロリと妹だからレイニー一択っちゃー一択なんだが。真EDの後は、約束を果たすべくレイニーと一緒になるのかな?レイニーの相談を受けて「ふむ 困った男だな」って言っちゃうストックが面白かったです。おめーのことだよ!

◆以下各キャラの雑感です。

・レイニー
中盤からアトにスタメンを奪われたけど、終盤にテコ入れして、アトのMPを抑えるための魔法枠としてちょっとだけ使ってました。グリッド技が入らない(罠が使えない)敵相手だとアトより使いやすい。でもってやっぱりなんだかんだ「トラップを置いてその上に載せる」という動作より、「敵を集めてまとめたところに魔法をブチかます」という動作の方が楽なので、レイニーに慣れてしまうとアトがやや不便に感じてしまう罠。
それでも前回の記事に書いた通り、回復技が少ないこととMPの問題であまり使えませんでした。

・マルコ
豊富なグリッド技で中盤まではアトの罠に敵を載せる係りになっていたけど、終盤からは物理火力もあるガフカに取って代わられた。補助技とか好きなのでどんどんボス戦とかで使いたかったんだけど、PTに2枠しか空きがないとなるとどうしてもあぶれてしまう…。終盤はずっと戦闘終了後に回復する係りだった。
ゲームカタログでは「マルコは僧侶タイプなのに強力な回復技をなかなか覚えない。しかし終盤に明かされる設定を知ると納得」と書いてあったんだけど、その設定というのが未だに分かってない。なんだったんだろう。やっぱりブルート族とのハーフとかそんな感じ?

・ロッシュ
最初の方にちょっとだけ使って、機雷のボス戦のために少し育てて使った記憶しかない。グリッド技もあるにはあるがマルコには及ばないし、火力はガフカに及ばない。育てれば強いんだろうけどなあ。
つってもキャラ的には大好きでした。ぶっきらぼうだけど思いやりがあって情に熱い。理想的な親友キャラ。特に傷ついたロッシュをストックが背負ってアリステルを落ち延びるシーンは、悲しいながらも二人の友情が見えて大好きです。

・アト
嫌いじゃないんだけど、シナリオ面でもシステム面でもかなり優遇されてる気がするのがちょっと引っ掛かる。最後に白示録使ってエルーカを助けに行くのも「アトのいのり」からだし。
とにかく罠が超強いし燃費も良い。G魔法で頑張ってるレイニーが可哀想なレベル。更には回復も優秀。強力なボス戦ではエリアGヒールが必須なのに、これを早くから覚えるのがアトだけって言ったらもうアトをスタメンに入れる以外の選択肢がない。範囲回復アイテムもあるにはあるが、けっこうな高値で乱用できるものじゃないし。状態異常にしてくる敵が多いから、「ポラリス」も役立つ。物理火力はさっぱりだけど「スティール」でチマチマ盗んで物資節約できるし、契約書で「ダンシングデス」を覚えたらコンボをガッツリ稼げて結果的に火力アップにつながる。
とにかく手持無沙汰になることがないので二枠しかない枠の一つを必ずアトが埋めることになる。そうなると残りの1枠は必然的にアトと相性が良いキャラを選ぶことになる。とにかくいつもアトを入れて、アト中心で戦ってると、他のキャラももう少し使ってみたくなるってものですよ。アトは嫌いじゃないんだけど、そこんとこもうちょっとなんとかして欲しかった。苦労して他キャラにサブイベで色んな技覚えさせても、アトがいるのでほとんど使う機会なかった。

・ガフカ
終盤からマルコの代わりにスタメン入り。とにかく物理火力が強くて単発のスキルもそこそこ強いのが使いやすかった。

・エルーカ
仲間期間が少なすぎてほとんど使った記憶がない。ラスダンでエルーカの装備が出てきても「ああ。…え?いつ使うの?」って感じ。
シナリオ面でもストックの妹という立場でありながら、アトにヒロインの座を食われていまいち影が薄い…。重要キャラなのは間違いないが、どちらかというとNPCに近い。
一国の王女としては立派になったけれど、ストックの妹としては微妙だったと思う。ストックが記憶を失ってるからしょうがないんだけど、兄妹としてのイベントや回想がまったくなかったからなあ。たまに「お兄様…」つってるだけで実際に兄を慕ってる描写がないからなんとも言えない。

・モストオブイケメン賞はやっぱディアス様!

rh_icon23.jpg

イケメンっつーか中性的な女顔的な…?
正史でも異伝でも残念な死に方でしたが、結局彼らは世界のため~とかではなく本当に国を乗っ取りたかっただけなのか。異伝で死亡後にディアスについて語ってる女性がいましたが、ディアスとセルバンの目指した未来というのも気になる。

・リプティ&ティオ
某所で「説教狛犬」と言われてて笑った。なんて端的で的を射た表現だろう。

・最後に我らが主人公ストック!

rh_icon01.jpg

文句なしにイケメンでした。しかしこうして見ると垂れ目だな。
度々指摘される足音については、最初は気になってた気もするけど中盤からはほとんど気にしなくなった。警備のド真ん中を姿を消しながら突っ切る時にまでザカザカザカザカって鳴ったのはさすがに笑ったけど。
たびたびある重要な選択肢では、どちらを選んでももっともとらしい理由を喋ってくれるのがスゴイ。まあもっともらしい理由をつけても、二分の一の確率でバッドEDに直行しちゃうんですけど。「これは重要な選択だ」って台詞も、なんてことない一言なのに段々クセになってくる不思議。
感情が薄くてクールな性格はニエだからか?と思ったけど、回想シーンに出てた過去のニエ達やハイスを見るに、元々の性格がコレだったんだろうか。この性格で父親とぶつかってる姿が想像できないんだけど、まあストックなら理詰めで淡々と攻めるんだろうな。これは確かに父親にしてみればなかなかキツいかもしれんね。
無愛想なクールキャラ…と思いきや、レイニーの恋愛相談イベで見せた鈍感っぷりには笑わせてもらいました。クールと天然は紙一重やな。

◆という感じで、長らくプレイしていた「ラジアントヒストリア」はこれにて終了!
次のRPGに手を付けても良いですが、途中でほったらかしのゲームも多いのでしばらくはいいかな!次一般ゲーやるならRPGよりサクッとクリアできそうなADVが先かな~。
ネタバレなしの総合的なレビューは…書くかちょっと分かんない。書きたいことはほとんど全部この記事で書いちゃったし。


BGMはサテュロスの村が一番いいなって思ったけど、改めてこうして聴いてみると良い曲多いなー。この戦闘BGMとか、聞き流してたけど今聴いてみるとなかなかかっこよくて良い感じだ。
スポンサーサイト



| 2014.11 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ