FC2ブログ

最終話に主人公いらなかったよねED

2014.12.25 20:15|ファンタジーライフLINK!
ちょっと放置してる間にどんどんモチベーションが下がって、DLで購入したにも関わらず「ホーム画面にアイコンあるの邪魔」「SDカードの容量もったいない」「むしろ消したい」くらいに思うようになっていたファンタジーライフ。
もう終盤まで来たんだからとりあえずEDは見ようぜってことで、次の章に進むことにしました。

・まだダルスモルスや空島の散策は全然終わっておらず、生産も色々できることはあったのですが、これ以上やるのはもういいやってことでマーズに突入することにしました。
ということで今買える一番強い装備を求めて買い物に行ったんですが、意外と自作の装備の方が強かった。んじゃまーサクッとマーズ行くか~ということでイベント回収。

・もうほんと気持ちがスッカリ冷めてるので、最終話でチョウチョがブルーになってクルフブルクのあちこちをタライ回しさせられても「ハイハイ思い出めぐりですね切ないですねめんどくせーな手紙でわざわざ知らせてくるんだから街をうろつくくらい平気だろほっとけよ」という思いしかなかった。口が悪くてすまん。
チョウチョの切なさや「二度と帰って来れないかも」というのはこれでもかと描写されたけど、主人公についてはやっぱりスルーだしな…。「あれ?チョウチョのことばっか言ってるけどそういや帰ってこれないかもしれないのは主人公もだよね?」と私も途中まで忘れてた。つーかチョウチョは故郷に帰るだけだけど、主人公はよく分からん土地から帰られないかもしれない瀬戸際で、主人公(とロビン)の方がよっぽど深刻な訳なんだが。

・そんなこんなでマーズ到着。
果たしてマーズにどんな敵がっ!?と覚悟してましたが、イベントだけで終了しました。
願いのパワーを集めて「あとちょっと願いが足りない!どうすればいいの!」ってなった時は、一瞬「もしかしてここで主人公が今まで培ってきた願いのパワーを差し出すのか!?」と期待したのだけど、そんな期待は「ロビンの願いはもう含まれているの」「もちろん主人公のもね。」と即座に殺されました。ゲーム開始時に決めた「プレイヤーの願い」をここで改めて言われたから一瞬オッと思ったけど、これも本当に言われただけだった。結局最後は「チョウチョがファンタジールの住人になり、チョウチョの願いを差し出すことで世界は救われた」というED。世界を救ったのは主人公ではなくチョウチョだった。
…あれ?主人公は何しにマーズに行ったんだっけ?突っ立ってる以外何かしたっけ?

・という訳でEDを迎えました。
まだレベルは45だし、ライフのクエストはまだ全体の半分くらいしかやってない気もしますが、これ以上のやり込みはやらなくていいかな…。
ストーリーはあんまり覚えてないけど、世界の壁がぼろぼろ落ちてきて~とか月は覗き穴で~とかそういう設定はいかにもなファンタジーで好きだった。が、内容は完全に子供向けで、登場人物に善良な人しかいないのがちょっと退屈だった。
何より話が進むにつれてどんどんチョウチョの設定が強固になり、逆に主人公はどんどん存在感が薄くなり何一つ見せ場が与えられないのにイライラさせられたゲームだった。最後まで「チョウチョすごい!優しくて健気!可愛くてノリが良くて皆に好かれてる!ご家族も素敵!」で終わった感じ。
ED後のメグおばさんの会話で「チョウチョをよろしく」に「はい」しか選択肢がなく、「選択肢が一つしかない時もあるのよ」とドヤ顔で言われた時は普通にイラッとしました。何「遊び心見せてやったわww」みたいな顔してんの?全然面白くねーよ。ガチでお断りですから。これ以上チョウチョの引き立て役なんて願い下げだよ。

そんな感じで私のファンタジーライフはここで終わろうと思います。
ちょっと古めのゲームだけど、検索でちょくちょく来る人がいるのでレビューも一応書きましょうかね。アマゾンレビュー見てると絶賛多めで、評価が低い人もシステム面に言及してて主人公空気について触れてる人ほとんどいないし。
スポンサーサイト



| 2014.12 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ