FC2ブログ

ただ存在してくれるだけでいい

2015.12.02 20:22|大正メビウスライン
二周目、時雨ルートクリアしてきました。
グッドED二種とバッドEDもちゃんと全部見てきました。

『大正メビウスライン』

・ううーん。館林ルートよりかは入りやすかったけど、時雨は時雨でどちらのルートでも雄真雄真で、コレ時雨の雄真ルートなんじゃね?という感じはした。それだけ雄真という存在が大きかったってことなんでしょうけど。それにしたってせっかくルート分けたんならさァ…。なんかどちらも読み味が似たような感じというか…。

恋愛過程は館林ルートは正直「これ主人公女でもよくね?というか女のが違和感なくね?」と思ったもんですが(時任がいるから女の身でも説得すれば戦わせてくれそうだし、傷心を慰めるために処女捧げますってのも女の方がまだいけるような…)、時雨ルートでは「男ならでは」な描写が増えてて良かったです。お風呂タイムとか一緒の部屋で寝るとか。

・最初にクリアしたのは雄真和解ルートの方。
おばば様達の悪習をとりやめて、俺たちが新しい五本刀を作るぜ!という話だったか。とりあえず五行封印の時雨スチルがかっこよかったです。
恋愛面では「まじない」とか言ってちゅーしちゃって、その後二人ともドキマギしてるのとか可愛かった。お前らどっちも可愛いな!
初エッチへの持ち込み方もなかなかドラマチックで良かったです。このルートでは生死をさ迷い、戻れた時点でもうお互い攻略完了してたんだろうな。

・時雨とケンカしまくるルートも見てきた。
こっちは五本刀としての力をすべて放棄して新しい道を探すけど、その前に子供たち取り戻してからね!って話か。戦士に対して誇りを取るか生きのびることを取るかを問うと、いつの世も時雨のような考え方の者が出るのはもう普通のことだと思う。誇りを捨てても生き延びなければいけない時もあるし、その逆が美徳と称えられることもある。塩梅が難しい。

主人公が変わり身を利用して時雨に残されることの辛さを教え、「自分の命を大切にしない時雨に僕を心配する権利なんてない!」と怒るシーンはけっこう好きでした。けど「学生と五本刀の統領では立場が違う」という時雨の意見も尤もな訳で。
そんなだから、最終的に辿り着いた時雨の演説は熱かったです。もう誰一人失わない、お前達が存在してくれるだけでいい、というこのへんのセリフはちょっと涙腺が緩んだ。「五本刀衆である前に、お前はお前だ。乙若、お前の命と引き換えにしていいものなど、この世に一つもない」!!名言!!
時雨にとって五本刀は、巫覡の一族という誇り以前に、何にも代えられない家族になったんだなと。五本刀は神事や誇りだけの一族じゃないし、時雨も実力だけの統領じゃない。情で結ばれた家族だから、異能がなくても生きていけるし、生きていてほしい。まあ時雨は最後まで自分のこと卑下してたし、主人公の説得&ケンカの果てにようやくたどり着いた結論ですけど。

五本刀復権EDのが正史なんでしょうが、あっちはあまりにも雄真雄真してるので個人的には農民EDの方が好きかな。
…あ、でも農民ルートだと臣が最後まで時雨のことを若と呼ぶ=良くも悪くも時雨は臣にとっては可愛い弟分のままってことになるのか。統領として時雨が成長できたのはやっぱり復権EDなんだなあ。

子供らの救出では参加する作戦で若干話が変わる様子。後日談まであるのは救出隊の方だけっぽいけど、陽動の方に加わると、千家に変わり身が刺されて残された方が勘違いして絶叫~という流れをまんま逆でやってくれてこれはこれで面白かった。二回も変わり身に騙される千家さんかわいい…(´ω`)

四年後の後日談で、主人公が部屋から鳥(雄真の式らしきもの)を見て「私が時雨を守ります。」といい感じでモノローグしてたのに、いざ雄真の遺品を見て「この紙…まさかあの時の式は…」と若干分かってないのはちょっと笑いました。分かってなかったんか~い!

・雄真雄真してるとは言ったけど、別に雄真のことが嫌いな訳じゃありません。
臣を含めた三人での回想や兄弟のような関係は見ていて微笑ましかった。しかし雄真は言葉が少なすぎるんだよな~…元々無口だけど…。時雨旅立ちEDなんかは、時雨を思うあまりに真実を告げられず「自由になれ」と言う言葉で逆に時雨を縛ってしまうというバッドだったし。このEDだと雄真に時雨を持ってかれた感はんぱない。
あと雄真も実は死人設定が明らかになったけど、これは時雨ルートだけなのか全ルート通してなのか。館林EDでどうだったか覚えてないんだけど、後日談(ビリヤード)スチルでは雄真いなかったしやっぱり死んでるのかな。というか死霊である薫と雄真の違いが分からないんですが。薫は一度完全に死んで魂を黄泉から召還して動かしてるけど、雄真は体がボロボロになった時点で術をかけ、なんとか保ってるから一度死んだ訳ではない…って感じ?

臣も良い脇役でした。BLによくある無駄に理解あるタイプでそのへんのやり取りが楽しかった。しかし農民EDではいきなり老け過ぎだと思った。臣何歳なんだ…。

◆という感じで二周目終えてきました。
次はいよいよ千家ルート行こうと思います。最初らへんで軍事的な思想に偏ればルート入れるのかな。
今までのルートでもたびたび主人公への執着を見せ、実際に何度も殺してくれやりやがったので期待MAXだぜー!
スポンサーサイト



| 2015.12 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ