FC2ブログ

がんばって監禁ヤンデレぽくした感

しかし桜智さんは安定の桜智さんだった!残念!!

kzhns08.jpg

八葉も折り返し。五人目、桜智さんルート終えてきました。
桜智さんは5本編の傷着せエピソードの完成度が高すぎるので、FDではどうやってもアレを超えることはできないだろうな~とハードルが上がりまくってる状態でしたが…まあこっちはこっちでよかったです。以下感想文。

・桜智ルートで楽しいのは、なんといっても八葉との絡み。
加速する奇天烈桜智節と強化された八葉+都のツッコミが楽し過ぎた。皆言いたい放題なのに、桜智さんは主人公以外興味ないし、主人公もぽや~んとしてるしで全然ダメージ受けていない。悲痛なまでに空回りする都のツッコミが楽しかった…。このルートで都好きになった…。
面白かったやり取りはメモしようかと思ったけど、多すぎて途中で諦めました。皆よくそんなテンポでズバズバツッコミできるよな!語彙力豊富か!
その中でも特にウケてメモったのは、桜智におなごが群がってきた時の小松さんの「見目以外、何が良いのかさっぱり分からないのだけど…人生、棒に振りたいのかな」でした。小松さんとかアーネストは静かに毒舌で楽しい。
あと主人公と桜智のたわむれてる様子が親鳥とひな鳥みたいだね~って話してる時に瞬兄の言った「鳥に対する侮辱だ」
どちらも「そこまで言うか」感がイイ。瞬兄は普段はあまりツッコミには参加しないけど、たまに本ッ当に迷惑そうな顔するのが狂おしいほどに好きです。連携技の嫌っそ~~な溜息もめっちゃ好き。瞬兄はほんと、嘘つけない人だよ…。
監禁中、眠ってる間に包帯変えてくれた~と答えたところで都が「うわっ」とドン引きしてたのも面白かったです。女子高生のリアルな反応過ぎた。

・お亀さんのエピソードは、「脇役がくっつく話とかどうでもいいよ~」とか思ってましたが、あのロマンスの塊な現代の劇場を作ってくれたと思えば感謝します。荒廃した世界の背景はどれも素敵ですが、劇場の背景もかなりのクオリティよね~。廃墟マニアはヨダレ垂らして喜びそう。
鼠山での機転も良かった。

・監禁エピは、「こういうの流行ってたからやりたかったのかな~」としか思えませんでした…やるのが桜智さんの時点で「実は主人公のため」というのは丸わかりなんだ、すまんな。
主人公は怖がってしまったけど私は信じてたよ!いや、主人公を責めてる訳じゃないけどね。あんな弱ってる状態で暗い部屋に隔離されたら誰だって心細いだろうし。

まあ他の八葉に何も相談せず主人公をさらって一人でアレコレやってしまったことは、桜智さんにしても突っ走りすぎだな~とは思うけど、仲直りした後に主人公が桜智の気持ちに気付く展開は良かったです。
「なんで自分のことも、大事にしてくれないの…」と呟きながら、その意味を反芻して自覚するところが良かった。遙か5でずっと付きまとっていた自己犠牲について、はじめて真っ向から向き合った感じ。「自分の命を顧みないのは、私を心配してくれる周囲の人を顧みないのと同じ」「自分だけの命じゃない」と主人公が意思を固めたところは「主人公大きくなったね!!」とちょっと感動しました。

・桜智さんの台詞は詩的で素敵なのがいっぱいあったんだけど、これもメモろうとするとたいへんな量になるので諦めました…。
「花が枯れた後は生きる価値もない」→「この背に咲いた花を思えば、花が消えた後も生きていける」→「花をこよなく愛し、けれど花に愛してもらえるなんて」
という移り変わりはサスガだな~という感じ。やっぱこういうのネオロマは得意よね。

あとイベント的には小さいものなんですが、火事の時に助けた子供が終盤お礼を言いにやってくるとこも好きでした。子供に「嫌なことをされたらどうすればいい?」みたいなことを聞かれて、「気にしないことか、あるいは…」「許すことだ」「そうすれば天女のような心が育つだろう」と答える桜智さんが神々しくて…!まさにあなたが天女です(;ω;)と、こんな些細なところでちょっと涙ぐみました。桜智さん的にはこれは主人公のことを言ってるんだろうけど、どんなに傷付けられてもすべて許してきた桜智さんもまた、高貴なひとだと思うよ。

・時空の狭間での別れも、八葉が一人一人ちゃんと挨拶してくれて、まるで大団円のよう。
そこで迷う主人公に、何も聞かずに静かに後押ししてくれる瞬兄と都は、紛れもなく「家族」であった…!瞬兄(;д;)!都(;д;)!!
崇君が「何この展開 ついていけないよ」とボヤいてるのには爆笑しましたが(オマエもたいがいそういう展開作ってたんだよ)、まあ拗ね顔が可愛かったので許す。瞬兄の穏やかな微笑みもグッときました。都も桜智ルートで株上げたな~。過労死しそうな怒涛のツッコミの数々、お疲れさまでした。しかし百合臭さは消えて、一歩身を引いてここぞというときは応援する姿勢が好ましかったです。過保護なのは相変わらずだけど、攻略キャラと主人公を取り合いするライバルではなくちゃんと「親友」キャラになったな~という印象。

後日談で「私がやろうと思ってたのにごめんなさい…」「ゆきちゃんにそんなことを言わせてしまうなんて…」みたいにぐだぐだやってるのは相変わらずであった…。この日はお亀さんが突っ込んでくれたけど、これ二人だけになったら大丈夫なんだろうか。お互いがお互いを思う気持ちは心配してないけど、別の意味でビミョ~~に先行きが不安になります。ま、まあ幸せなのは変わりないし大丈夫でしょう。アレだったらチナミ君とか来てツッコミしてくれるよね。チナミ君はすごい嫌がりそうだけど。

◆という桜智ルートでした。
一つのエピソードとしてまとまってるのは本編の方だったけど、風花記ではとにかくやり取りが面白い&魅せポイントはしっかり押さえてくるのでこれもまた楽しかったです。
さて次は龍馬サンダー!
スポンサーサイト



| 2016.02 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ