FC2ブログ

久々に乙女ゲーやろう

2016.07.28 20:49|下天の華
乙女成分は牧場で補充してたのでそんな久しぶりな気しないけど、生粋の乙女ゲーをやるのは二か月ぶりらしい。
久しぶりに下天の華再開しました。

もともとPSPでDLしてた下天の華を放置してわざわざVitaでDLし直した(セーブデータはなんとか移した)のは、「せっかくVita買うんだから画面がきれいな方でやりたかったから」って理由もあるけど、一番は「Vitaなら本体機能でスクショ撮り放題だと思ってた」から…。ネオロマのPSPのゲームって基本ゲーム内でしかスクショ残せなくて外部に移せないんで…。キャプチャしてPCからSS撮るとかやり方としては知ってるけど詳しい知識はないし…。

そんな感じでVitaで下天再開したけど、BOF3や428をやった後だったので予想はしてた。一部のゲームはVita本体機能でもスクショできない。特にPSPやPSのDLゲーは基本できないと思ってた方がいいみたいですね…。
下天をわざわざVitaに移した意味。゚(゚´Д`゚)゚。!!!!と頭抱えましたが、まあきれいな画面でできる・充電を気にしなくていいとこは利点かな…。マイPSPの電池死にかけてたんで…。

という感じで結局スクショは撮れなかったけど気を取り直して本題。四周目、家康ルートクリアしてきました。

chb05.jpg

・ふわふわおどおどへたれ可愛い。
って感じなんでしょうか。性格もビジュアルもあんまり好みのタイプではないし、家康に親身に付き合う主人公がひたすら優しいし人間できてるなと思ってた。この時代なら女房連中の言い分のが正しいだろうに、よくあんなにつらつら褒め言葉が出てくるもんだなと感心した。
でもオドオドして「えっ…」「恋仲…!?」「申し訳ございません…」とかって声はホント可愛くて何度かリピートしました。ED後の後日談とか完全に尻に敷かれてるんだろうな。でも口説く時はちゃんと口説くのでそこんところはやっぱ乙女ゲーって感じ。

・家康ルートのテーマ、「使い方次第で毒にも薬にもなる」。
女も荒事も苦手でひたすら自然と触れ合うのが好きだった穏やかな家康の、最初からずっとブレなかった信条。序盤は主人公がカウンセリングするだけだったけど、トリカブトのくだりから主人公も立場の違いを自覚して揺れていく…。どんどん主人公に慣れて活発になっていく家康と、反対に落ち込んで動けなくなっていく主人公の対比が切なくて良かったです。
暗殺計画後に家康が桔梗の邸に訪れて背を向けるスチルは良かったー!切なかったー!!今まで暗殺計画後に攻略対象の気持ちが明確に離れていく、ってパターンがなかったので新鮮で面白かったです。気弱で穏やかな家康様が、自分の信条だけは曲げずきっぱり否定して一度去っていくのが良かった。
でも本能寺に行く道中では小鳥に心中を吐露して主人公を思いやるんだからやっぱ優しい。こんななんでもないシーンでちょっと涙腺が緩むのは歳のせいかもしれない…。主人公が全部悪い方に考えてた自分のことを、家康様が全部良い方に言ってくれるんだから救われる。

・本能寺では家康様の戦闘スチル&演出がかっこよくてビビりました。
今まではふわふわオドオドしたスチルや立ち絵が多くて「まあ可愛いね」くらいしか感想がなかったけど、そのぶんカッコよさを全部ここに注ぎ込みました!って感じ。普段はオドオドしてるでかい森のくまさんみたいな印象だけど、ここにきてやっぱそのデカさは頼りになる!主人公をヒョイと担いで大太刀振るうんだからかっけーよな~。いや大太刀かは知らんけど。本人がデカいから刀もデカく見えるってだけで。

・本能寺で家康を救ったのは主人公と家康臣下。命じられてもないのに家臣が付いてきちゃったのはひとえに家康様の人徳のオカゲ!というオチでしたが…。
家臣は確かに家康を慕い、時には兄や母親のように親身になってくれたもんだけど、家康から家臣のために何かしたってことがあんまりなかったので、ここはもうちょい家康が家臣に歩み寄るエピソード欲しかったな。侍は純粋に慕ってたけど女房は軽くナメてるようにも見えたし。蘭丸が序盤で「そのように遠慮ばかりされては家臣も信を置かれてないのかと不安になります」って言ってたのその後なんも触れなかったし、それで家康が態度を改めるようなこともなかったし。蘭丸はそう言ったけど、家臣はそんな優しい家康様のことはちゃんと分かってるんですよ!ってことなのかなコレ。

・戦闘ミニゲーム(?)や修行はそれほど楽しいもんじゃないし、共通パートの変化もたまに忘れて失敗して時間を無駄に…ってことがあるので、周回プレイしてるとやっぱ時々めんどくさいなとか思っちゃうんですが、終盤の重要な時に必要になる「変化」の選択肢はやっぱゲーム作り慣れてるって感じがします。
信長なら鳳凰、秀吉ならカエル、家康なら鳥。「ここで変化するって言ったらコレだろーーーー!!!」っていうカタルシスと言うのか。選択肢を出しながらも、制作側もプレイヤー側も一択だと分かり切ってる一体感と言うのか。ゲームの中に作業を通してプレイヤーを引き込むのがうまいよね。
今のままだとあなたについて守ることもできないけど、あなたが優しくしてくれた小鳥の姿でならもう少しだけ。…という主人公の気持ちが選択肢を通して伝わってきました。

◆という感じで四人目、家康ルート終えてきました。
久しぶりにやったけどホント下天はサクサク終わるなー!ほんとお手軽で気分転換にちょうどいい。
この周回ではホタルブクロをため込んだので、次はメイン最後の蘭丸です。
蘭丸終わったら信行→百地→大団円の順で見ていく予定。大団円の条件もまだ調べてませんが。あと今までクリアしたキャラ全員、二枚ずつ画廊に抜けがあってこれも地味に気になってます。疑惑を上げて見るやつなのか、それか大団円で見れるのか?ンマーそのへんは全員クリアしてから調べま~す。
スポンサーサイト



| 2016.07 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ