FC2ブログ

シリーズ多めの十冊感想文+ちょっと雑記

2017.09.15 19:50|読書感想文
◎ネタバレ注意◎

・高田郁「想い雲」

鱧料理の話が良かった。

・綾辻行人「黒猫館の殺人」


最初っから視点主の管理人が怪しすぎるし、「鏡の住人だ」のとこで試しに名前をローマ字で打ってみたらもう分かっちゃうしで、まさかこのまま終わらないよな?と思ってたら、やっぱり最後はヒネリを入れてきて面白かった。
伏線がたっぷり仕込まれてる過去の文書を読んで、最後に探偵役がまとめて「この表記はおかしい」と突っ込んで謎解きしていく感じが三津田信三作品を思い出した。こういう構成って誰が元祖なんでしょうね。アハ体験が面白いのでもっと読みたい。

・高田郁「今朝の春」


シリーズ四作目。今作は色々とたっぷり!小松原母にばっさり切られたのも辛いんだけど、「里の白雪」でようやく当面の具体的な目標ができたな、という感じで楽しくなってきました。今までは「とにかくお客さんに喜んでもらうために頑張ろう!」とお店続けて生きていくことに必死だったけど、急にでっかい目標ができたなあ。
料理バトルの「寒鰆」の話は、いよいよ料理ものっぽくお客の反応がインフレしてきてちょっと笑いました。そのうち口から光を放つお客さんも現れるのでは…!?

・綾辻行人「暗黒館の殺人」
 

めっちゃ分厚かった。私が読んだのは上下巻で分かれてるタイプのやつだったんだけど、もう物理的に読みにくい!重いというより持ちにくい&広げにくくて、1ページごとに奥の方を覗きこまなきゃいけない感じ。別の文庫だと4分割くらいされてるみたいなので、普通に読みたいならそっちの方が良さそうですね…。実際上下巻で一緒に借りた黒猫館ぴったり四冊分くらいの厚さだったし。二分割ではあんまりにも物理的に読みにくいんで飛ばし飛ばし読んでる部分がかなりありました。
話の内容的には、記憶喪失(経験)者が3人もいるんで、これは絶対別の誰かで…みたいなことを警戒してたし、「中也君」は誰なんだろうとも考えてたし、時計館の時みたく視点主ごとに時系列が違うのでは?とも考えてたけど、最後はアアーーーッって感じでした。
まあコナン君の見てた夢だったんだよ、というのはリアリティに欠けるけど個人的には好きな種類のファンタジーです。それよりも中也君の正体にもっと早く気づきたかった…!建築科の学生というところにもっと注意してたらなー!悔しい!やられたって感じです。

・東川篤也「密室の鍵貸します」

初めて読む人。何年か前に話題になってた「謎解きはディナーの後で」の人らしいので、試しに借りてみた。
三人称の中でも神に近く登場人物を突き放した、狂言回しっぽい語り口が面白かった。でも個人的には軽すぎるというか、ギャグのセンスは人によって合う合わないがあるけど私にはあんまり合わないタイプでした。一応「謎解きは~」もいずれ読んでみたいけど、このシリーズはもういいかな。

・畠中恵「おまけのこ」

シリーズ四作目。
「畳紙」と「おまけのこ」が好きだったなー。
若だんなや他の妖怪がいない時の、屏風覗きのいい感じの軽いお兄ちゃんぽいとこ良かった。
おまけのこは家鳴が可愛かった。きゅわきゅわぎゅわ~。

・島田荘司「占星術殺人事件」

めちゃめちゃ有名なシリーズの第一作目らしいけれど全然知らなかった人。過去の事件を会話形式で説明して聞かせていくちょっと変わったスタイルだけど読みやすかった。時間なくてガーッと本筋だけ追いたい時は会話だけ拾えばだいたい分かる説があるけど、実際軽い感じの会話って読みやすいんですよね。

作者に何度煽られてもトリックは私に分かるはずがなかった…。でも明かされてみれば真犯人の「こんな単純なトリックで迷宮入りするなんて…」という台詞が謙遜でないと分かる。確かに分かってみると「なんで気付かなかったのか??」と思ってしまうくらい単純で(もちろん現実ではそもそもバラバラ死体が全国で見つかること自体大事件だけど)、ミステリ作品の中で見ればもっとびっくりするようなトリックはいくらでもあると思うんですよね。この作品の場合は実際のトリック云々より「アゾート」の力が大きかったんだと思います。
最初の手記は誰がどう見ても狂ってて「うわぁ」とドン引きするしかないんですが、同時にそんな「アゾート」が存在してほしいと強く思ってしまうんだろうな。夢のある殺人…と言うと語弊がありますが、誰しも心の底ではセンセーショナルで刺激的な事件を求めてたり、自分とは違う世界の狂人を嗤いたい暗い願望があったり。アゾートにはそういう大衆の願望を叶えてしまう力があり、その願望が事件を迷宮入りさせてしまったんじゃないかなーと思います。まさに最初の手記があったからこそ成り立ったトリックでした。

・畠中恵「うそうそ」

五作目。一作目以来の長編だけど今作も面白かったです。
また面白そうなキャラが増えたな~。姫神様と愉快な天狗たち今後も出てきてほしい。お侍コンビは最初は同情してたけど終盤はもう駄目だった…。

・東野圭吾「回廊亭殺人事件」

最初からずっとカタカナで「ジロー」表記してるから絶対なんかあるんだろ、と思ってたらジロー(概念)でなるほど~~~って感じでした。まさかジローって名前からして犬なのでは?いやでも警察とかも普通に話してるしな?と怪しんでたけど(概念)だったか~~。しかしトコトン不細工に厳しい展開で読んでる方はつらかったよ…。

・高田郁「小夜しぐれ」

五作目。ああ~~~めちゃめちゃ盛りだくさんだった…全部面白かった…。
おつるの過去が思ってた以上に悲惨だったのに驚いた。佐兵衛はよ帰ってきてくれ~。のえちゃんかっこいい!まじで澪の指治らないの??一人先に大人になっていく美緒切ない…。

と、どの話も面白かったけど、今後気になるのはやっぱり吉原のお店と小松原さまですね…。
吉原でお店を出せたら夢に一気に近づくし、ご寮さんにとってもいい話。でも種市のことを思うと行けないよね~…。
初めての小松原さま視点も面白かった。いままでイマイチ何考えてんのかわかんなかったけどしっかり惚れてるやんけ。しかも妹応援してくれてるしもう町人になっちまえよー!でも個人的にはげんさい様も好きー!
恋も夢も全部面白くて続きが楽しみです。

◆というシリーズ多めの十冊感想文でした。
・暗黒館は上下巻なので正確には11冊ですけど。いやそれにしても適当な感想文も多くて申し訳ない。
決して面白くない訳じゃない、というか面白いんですが、なんか最近「書いてるヒマあったら次のん読みたい」という欲求の方が強くて、後回しにしてるうちに印象が薄れていって…みたいになることが多くて…。
でもこういう感想って後から読み返すとおもしろいし、改めて感想を書くことってけっこう大事なことだと思うんですよね。この歳になるとどっかに書き留めておかないと、数年前に読んだ本の内容ガチで忘れる(既読か未読かさえ忘れてる)ってことも意外とあるし。なので短くなっても感想文は書き続けようと思ってます。

・先日のニンテンドーダイレクトでガルモ4の情報来ましたね!


ああ~~~楽しみすぎる!しかも11月とかもうすぐ!3の時もそうだったけどガルモって発表から発売までが近い!嬉しいんだけど今3DSの容量がいっぱいでDLできないという問題が発生してます…。DQ11買っちゃったから…もう…。
3はやれることが増えて楽しかったけどそのぶんかゆいところに手が届いてない感あったから、4ではそこが改善されてることを願います。詳細が楽しみ。
でも今色々と立て込んでるので4が発売されてもすぐにプレイできるかどうか…。つーか3DSいっぱいで入らないんだって…。でもガルモ買うなら絶対DL版がいいし…。Vitaの積みゲー崩す計画やってましたが3DSの方が急務になったようです。でもルフランもいい加減クリアしたいしーーー!!でも今はグラブルに必死だしーーーーーーーわああああ!!

・というわけでちょっと現状を整理
プレイ中:
3DS→逆裁6 5話途中
Vita→ルフラン エクストラルート途中

3DSに入ってるDLゲー:
とび森→全然やってないけど消したくない
ハピ森→全然やってないけど消したくない
ガルモ3→4が来たらお役御免かも?
FEif→もう支援集めとか一生やらない気もするけどできれば消したくない
ソリティ馬→消したところで容量3桁だし残しときたい
バッジとれ~るセンター→消したら今まで取ったバッジ消えちゃうの?
セカダン→全然やってないから消すとしたらここかなぁ…

完全に積み→メガテン4、DQ7、8、11

この前のセールで結局DQ買っちゃってごめんなさいッ…意志の弱い私を許してくれ…!
今いちばんやりたいのはもちろん最新作の11だけど、最新作をやってすぐ消すのはなんかもったいない。クリア後即消すこと前提でプレイするなら7か8かなあ。容量でかい8の方が優先か。いやでもガルモくらいの容量なら7で十分かも。8はあんま知らんけど銀髪のイケメンいたし軽率には消したくないよね。

というか今挙げたのはあくまで「3DSの」「DL版」積みゲーなのでパケ版やVitaのも勿論ある訳で、なんかもう無駄にぼーっとネサフとかやってる時間なんかないですよねガチで。花騎士も未だに続けてて連続ログインボーナスとかもらってたんだけど、ちょっとここらでいったんお休みした方がいい気がしてきました。グラブル…も続けたいけどかつげきコラボ終わったらちょっとずつ触る程度でイベは参加しないでおこうかなぁ。

とりあえず今後は
「逆裁orルフラン、どちらかをクリアしたらDQ7に取り掛かる」
この予定で行こうと思います。ガルモのためにCS集中期間突入だー!
スポンサーサイト



| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ