FC2ブログ

完勝してごめん…

2019.09.07 20:34|アンジェリークルトゥール
アンジェ二周目ガガッとやってきました。

◆前回はどうも育成を必死にやりすぎたらしかったので、一応今回は300日くらいたっぷり時間をかけて全股するくらいの気持ちでいたんですが、結論から言うと今回も125日くらいで育成終了しちゃいました。

・最初から状況を説明していくと、今回はジュリアス様とランディ様の相性が90↑の射手座のAで開始。
ロザリアは特に厳選する気なかったんですが、今回彼女の組み合わせはかなり雑魚だったらしく一番高くてもクラヴィス様70程度。ロザリアは最初クラヴィス様>>>ジュリアス様くらいで狙ってたっぽいですが、ジュリアス様はこっちががっちり掴んでるし初期クラヴィス様とかいかにも付き合い悪そうだししょっぱなからデート断られてうまくいってない様子でした。リセマラできないとつらいねロザリア…。

・という感じでわりと序盤から既に私が総取り状態になってそのまま完走。最終的な占い結果こんな感じ。

angelR9.jpg

恋愛段階は全員進んだ訳じゃないけど親密度だけならまあ全股成功といえる。マルセルが100いってないのがちょっと惜しいけど。でもイベ回収するのが一番の目的だし、ロザリアも気付いたらクラヴィス、オリヴィエ、ランディあたりにアピールし始めるからフリーのマルセルに自己満目的だけでアピる余裕はなかった。
これだけなら主人公モテモテいえーい!で済むんだけど、

angelR10.jpg

ロザリア視点で見るとグロすぎる…
四面楚歌ならぬ九面楚歌。私なら泣いてる。
定期報告でも全員が早々に私を支持する側に付き、ディア様が「ではロザリアを支持する者は?…誰もいないんですか?」って言うところが公開処刑すぎた。私なら泣きながら寮に帰った後女王候補なんかやめてやるよー!ってギターを床に叩き付けて故郷に帰ってると思う。圧倒的負け戦を最後まで戦い抜いたロザリアに拍手…。

・EDはジュリアス、オスカー、ゼフェル、オリヴィエの告白ED両方とブライアンED回収。あとシルヴィの初恋。
でもギャラリーコンプできたのは現時点でゼフェルとクラヴィス様のみ。
告白する/されるがどういう条件で変わるのかがいまいちわからないことと、真面目に大陸通ってたから土曜夜のやつを回収するタイミングがなかなかなかった。いざ回収しようと思ってもたぶん親密度MAXにしておかなきゃダメっぽいし。
という訳で三周目をやるならゼフェルクラヴィスを完スルーして残りを上げるというプレイになりそう。けっこうきつそうだけど全股でここまで行けたんだからまあ大丈夫じゃねという気はする。

攻略はサイトを参考にしつつ基本「少し」育成と挨拶周り中心で開始。そしたらそう経ってないうちからボランティア育成でほぼまかなえるようになり、中盤からは育成頼むことすらもうなかったような…。各種ドリンクを揃えて朝から押しかけてくる男共と夕方まで会話、誰もこない日は湖でお祈りしてお話と、女王の仕事とは?って感じだった。男と仲良くしかしてないのに育成は真面目にやってた時とさほど変わらないくらいに進むんだから何とも言えねえ…。
やりたいことがある日は部屋に来られると困るんだけど親密度的にはなるべく断りたくないし…と思ってセーブ&ロードしてると本当にあらゆる男がやってくるので、「守護聖様達が連日部屋から出してくれません!」っていうエロCDみたいな文言が脳裏を過った。

・キャラのプロフ2Pが周回ごとに変わるってのはマジ?と半ば半信半疑でしたがマジだった。
攻略サイト見てもどこも2Pまでのプロフ書いてないからそうなんだろうなとは思ってたけど。
一周目では「気配りを欠かさない皆の模範的リーダー」だったジュリアス様が二周目では「ぶっちゃけあいつらのことそんな信用してないし…」とか言い出したり、森の動物さん大好き!チュピとお散歩行こう!なマルセルくんが「外は疲れるから嫌い」って言いだしたり色々違和感がヤバかった。
オリヴィエも中世のIKKO的なキャラかと思ってたら今回「おしゃべり嫌い」だったし、オスカー様に至っては「外出嫌い、おしゃべり嫌い、仕事嫌い」のどこの引きこもりだよ私かよ?みたいな設定になっていた。
まあ「だらだら無意味に喋るのは嫌い」とか「目的もなく出かけるのはちょっと」みたいにキャラにあうようにアレンジしてる感はあったけど…。でもあの隙あらば口説いてくるオスカー様がおしゃべり嫌いというのはちょっと解せない。1キャラ1つずつくらい固定のプロフはあってもよかったんじゃないかと思う。

けどわりとキャラの根幹にも関わるようなプロフィールをランダムで変えちゃうってかなり大胆ですよね。これはプライヤーごとに/周回ごとにそれぞれ別の宇宙がある、パラレル宇宙であるってことを示唆してんでしょうか?とうらぶでいう「とある本丸」システム(プレイヤー/派生作品ごとに別の本丸があるというていだから比較的気兼ねなくうちの子妄想を楽しめる)を二十年以上前からやってんならすごいっすね。

・ちなみに今回のランディ様は「仕事好き、おしゃべり嫌い、外出嫌い」のクソ真面目人間でした。

angelR5.jpg

嫌そうな顔をアップで見る機会って意外と少ないと思うので記念スクショ。
「口がうまくないから喋るのは苦手で…」って言うランディ様もかわいい…憂い顔でもイケメンっぷりは陰らない…

◆一周目では平日に大陸に降りる余裕がなくほとんど進められなかったけど、今回はブライアンEDちゃんと見ました。

・道に迷って腹ペコになり、たまたま見つけた小屋(ブライアン宅)のテラスに用意されていたコーヒーとサンドウィッチについ手を出してしまい…とかいうエピソードは非現実的、というよりむしろ童話的。本来なら魔女や妖精が出てきそうな展開。
宇宙を統べるのは「女王」でそれに付き従うのは「守護聖」、候補生の主人公は民から「天使」と呼ばれる程度で「神」というワードは一言もないけど実際神様みたいなもんだから、こういうエピソードもありってことなのかな。

いつも公園で揉めてるカップルとか舞踏会で「仕事行きたくねえ…」って言ってるモブは神様っぽくはないけど、神話とか見るとけっこう痴情で揉めたり変なことやらかしてる神様多いし、神様というひとたちは別にえら~い神様だという自覚はなく普通に生活してるだけなんですよ、という神様視点の物語なのかなと思うとけっこう面白い。主人公も下界の人から見たら年をとらない人知を超えた存在だけど、主人公からしたら「下とは時間の進み具合が違うから」くらいで特別な能力だと思ってないっぽいし。

angelR6.jpg

とっておきのコーヒー飲まれて怒りながらもめっちゃ追加のご飯出してくるブライアン可愛かった。
サービス精神旺盛かよ…つんつんしといて結局世話好きやんけお前…

・頬染めて誤解を招きそうな発言をするブライアンたそは撮らざるをえなかった。

angelR7.jpg

乙女ゲは乙女ゲとして楽しむ派だけどこの時ばかりは内なる腐れ心が「これは受け」と思うのを止められなかった。
もう反射的に思っちゃうからしょうがない…そういう病気だからコレ…。

・話の流れはなんとなくそんな感じだろうな~と思ってたけど、最後に守護聖達が団結して新女王のために力を使うシーンが総力戦って感じで熱かった。

angelR12.jpg

育成シーン普段はスキップしがちだけどこの顔もかっこいいんだよなぁ…
人懐っこそうな好青年って感じの人が真剣な時に無造作に見せる表情って感じで…というかこの大陸の人はみんな美形に育ちそう…ランディ様の力を注がれた土地からブサメンが生まれるはずがない…

というか普通に新女王になって終わるEDは特に何もしてないのに前女王とディアが突然帰ってくるけど、あれは人知れずブライアンが命を散らしてたってことなんでしょうか。
通常EDでは前女王&ディア生還の流れが雑過ぎるし、↑みたいな守護聖の見せ場もなくてなんか物足りないし、お話として見るとブライアンルートを経由してからの女王EDが一番正道に思えるけど、ブライアンルートを進めると他全員のフラグが折れるというのはけっこ~きつい選択。まあブライアン好きだけれども。個人的見た目ランキングではたぶん二位だし。

◆世界観とか他キャラ感想とか。
・中世ファンタジーかと思いきやランディ様のスニーカーやコーラと同等かそれ以上に浮いてるのがゼフェルのクリーナーやミネラルウォーター。こういう世界観なら味のない水=天然の沸き水とか井戸水になりそうなもんなのにミネラルウォーターって。デートではバイクまで乗るし。

ゼフェルは守護聖になるのが嫌だったという話が何度か出てきたけど、ゼフェルの出身は現代地球に近い科学力があり、信仰心もあまりない現代日本人みたいなタイプだったってことなのかな。年長者ほど信仰が重んじられていた古い時代から来たから守護聖の仕事も受け入れやすかったけど、ゼフェルにとっては突然自分一人だけ長寿にされて家族友人から引き離され拉致られたようなもんなのかもしれない。

同様にランディ様の星もそこそこに発達してたってことかな。マルセルは普通に中世ファンタジーの気配が漂ってるけど、やっぱ基本的に若くなるほど現代に近い感じがする。年長者2トップっぽいジュリアスクラヴィスはまさに古代神話って趣の衣装だけど、オスカーは中世騎士の雰囲気だし、オリヴィエはファッションリーダーって感じだし。色んな時代・水準の文化がごった煮の世界観だけど、登場してるキャラの出身的にぱっと見王道の西洋ファンタジーぽく見えるって感じでしょうか。

・個人的に立ち絵はそこまで刺さってないけどスチルだと二割増しで美しくなると思ってるのがクラヴィス様。土曜夜イベの美しさがヤバイ。
ゼフェルは告白EDの「もう俺のもんだから絶対離さないから」みたいな顔がメッチャ可愛かった。自分一人拉致られてわけわからんとこで働かされてる時にようやく見つけた安らげる人だから、っていうちょっと必死な感じが。
ジュリアス様も恋愛ED(どっちか忘れた)で、装飾をちょっと外して軽装になってるスチルがめっちゃ美しかったな~。普段の衣装が仰々しいだけに。普段からもうちょい装飾減らしません?
あとルヴァ様のスチルは全部イケメンだと思う。育成シーンの絵もかっこいい。普段穏やかぽや~みたいなキャラだけど一枚絵だとシュッとした青年ぽくなるというか…。

・育成絵だとオリヴィエ様もかなり好きです。見た目でファンタジー界のイッコ枠とは思ったけど実際カマキャラっぽいところは別にないんですね。ちょっとセンスが奇抜なだけで。
遠い昔ファッション関係の仕事をやりたかったんだよね、ってオリヴィエが言った時主人公が即座に「遠い昔の夢なら消えた訳じゃないですよね、今からでもできますよね」と返した時はルート終盤も終盤でいきなりめっちゃいい話なったな!?って思いました。
オリヴィエ様が一部で「極楽鳥」って言われてたの言い得て妙で笑うし、ジュリアス&オスカーの会話にアテレコしてる夢エピソード面白かった。オリヴィエ関連のプチエピソードは面白いのが多い。

◆以上二周目の感想でした。
三周目やるならギャラリーコンプしたクラヴィス様とゼフェルはまあ置いとけるけど、それ以外は条件的に全員恋愛段階2、親密度200まで上げる必要があるのでなんやかんや忙しそう。
でもクラヴィス&ゼフェルの育成援助が減るぶん大陸完成まではもーちょい猶予ができるかな…?あと土曜夜イベだけ回収し損ねた、というキャラはちょっと前のセーブデータからやり直せば回収できそうだからもうちょい楽になるかも?

キャラED以外にも何かあるらしいので色々調べてから三周目でスチル全回収目指そうと思いま~す。回想コンプはやるなら四周目でランディ様のみ目指すとかそういう感じになりそう。全員は主に舞踏会的な問題でちょっとしんどい。
スポンサーサイト



| 2019.09 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ