FC2ブログ

DLCエンジョイ中

2016.04.03 21:21|FEif
DLCをきっかけに再びFEif熱再燃中。
透魔子世代縛りはもともと前からやろうと思ってたけど、なぜか白夜ルナも始めて最近はifばっかやってます。こんだけ長く遊んでるんだから、なんやかんや言っても私も相当ifに魅入られてしまってるな…。ストーリーは全然覚えてないけど…。
分割商法はまあ多少引っかかるとこありますが、DLCの出し方はかなりウマいと思います。DLCというのは本来こういうかたちであってほしい。

◆そんなこんなで子世代泡沫編、結局買っちゃいました。
・白夜の子は白夜ED後、暗夜の子は暗夜ED後、シグレだけ透魔敗戦後…というのは購入前にネットをウロウロしてる間に自然に見てしまった。
そういう訳なので最初白夜側から始まり、敵に暗夜の子が紛れてるのを見た時はちょっと怖かったです。確かラスボスって死人を操ってたし、水子の霊的な何かかと。進んでいくと明らかにシチュエーションが繋がっていて、お互い敵だと目くらましされてただけと分かってきましたが。

・本編で子世代が仲間になる頃ってだいたい戦力整い始めてるし、子世代の固有スキルは微妙なのも多くてマトモに運用したこともなかったんだけど、改めて使ってみると色々発見があって楽しかった。
レオン隊は全員男だから子世代だけで既にフォレオ隊がそのまんまできることとか、キサラギとヒサメの次期主従コンビの固有スキルが対になってることとか、めっちゃ分かりやすい共通点なのに全然気づいてなかったわ…。
そう思うとフォレオ隊のキャラの濃さすごいな。男一人女二人なら何かしら恋愛関係に発展しそうなもんだけど、この三人は本当に何も起こらなさそう。というか見た目は全員女だし。
シノノメグレイ主従も、リョウマサイゾウ主従とは対照的過ぎて面白いな~!典型的な武人&典型的な忠臣の親主従に比べて、豪胆で無鉄砲なシノノメとひねくれがちなグレイ。つんけんしてる二人だったけど、ラストにはなんだかいい感じの主従になってました。シノノメ君が主人公のFEもやりたい。

・両国が合流したけど雰囲気悪くなって…からの協力していく流れもよかった~!
白夜王族子世代はどっちも天真爛漫タイプで天然で人と仲良くなっていくタイプですね!親とは大違いだぜ!
EDの一枚絵も、白夜王族親子は仲良くじゃれあってて可愛かったです。ジークベルトは仲良く~というより尊敬してるというタイプだし、レオンもじゃれあうようなタイプじゃないし、意外と仲良しな友達親子なのは白夜の方なのかも。…そのぶん次の治世が若干気になりますが、そこはグレイやヒサメに胃を痛めてもらうことにしましょう。逆に次期暗夜は王族はシッカリしてるけど、部下の扱いに苦労しそうな気が…。シッカリって言ってもフォレオは外見が出落ちだしジークベルトの胃に穴が開きそうで心配である。

王族以外の子たちが合流してくる流れも楽しかったです。
エポニーヌは安定のエポニーヌであった。そしてそれをマジレスするヒサメ君は一般人の代表であった…。それが一般人の受け取り方ってものなんだよエポニーヌ…。
しかしキサラギとフォレオのCPはどちらも私には想像できないなあ。どっちかというとややサイコな攻めのキサフォレになるのか?いやフォレ受ならジーフォレがド安定だろ。…この話は膨らませると危険なのでここでやめときます。

・ユニット性能としては、やっぱ神器の強すぎる両長男息子が強かった。
特にシノノメは敵として出てきた時の怖いこと!剣聖はホント敵になった時が怖い!隣にオフェリアを置くと呪縛で回避が下がると聞いてたのでそれでなんとか倒せました。初めてこのスキル意識して使った。でもヒサメ君はそんな怖い印象なかったんでやっぱ雷神刀がチートなのかもしれない…。

暗夜側ではゾフィーが「おっちょこちょい」を発動しまくって、白夜の子達を脱がせて笑ってた。そしたら次はゾフィーが敵として出てきて、マトイちゃんがひん剥かれたりして笑いました。「おっちょこちょい」がこんなに面白かったのも初めてだったな。というか敵が持ってて輝くスキルだと思った。
まあおっちょこちょいは固有スキルだとしても、追いはぎ武器は敵が持ってても面白かったのにな~。何気に速さ補正が入るから強いしねアレ。まあでもあからさまにキャラが脱がされたりしたらまた硬派なFEファンに怒られるのかな。お遊びDLCとか外伝ではやってもよさそうだけど。

あとはオフェリアが異常に強かったな…。エクスカリバーが強すぎて目を疑いました。魔法アタッカーはブリュンヒルデレオンくらいしか使ってなかったんで、上級の魔法とかまったく眼中になかった。フォレオエリーゼあたりも魔法強くなるけど、武器レベルと命中不安から下級の魔法ばっか使ってたんですよね。純粋な魔法歩兵も育ててみたくなった。次暗夜やるときはオーディンを大魔法使いに育ててみようか。いやでもニュクスも育てたいんだよなあウーン。

・しんどかったけど6章の親子会話も全部見れたよー!まあノーマルだからけっこう無茶な運用してたんだけど!

とりあえず6章は親世代の闇落ちフェイスが見れてコーフンしました。

feif90.jpg

私の旦那は闇落ちしても頭のチョンチョンが可愛い。
まあ闇落ち顔って言っても通常立ち絵の目元を暗くしただけですけど。でもデフォルトが笑顔のキャラは、目元を暗くするだけですごく悪役っぽくなって笑いました。

feif88.jpg

暗夜のこの悪役感。

feif89.jpg

白夜の悪役感もなかなか。

王族親はみんな子供に神器を渡して汎用武器を持ってるのに、タクミきゅんだけはスカディ持ってて笑いました。でも近接射撃はないので横弓を持ってるキサラギ君はらくらくでセリフ回収できました。なんなら弓囲いまでできた。無意味だからさっさと倒したけど。クリア後にもらえる近接射撃の書は、もしかしたらタクミのものだったのかもしれない…。

親子会話も皆よかった~!
キヌベロアの獣コンビは、匂いで即座にわかってるというのもつらい…切ない・・。
ソレイユが「あたしを見て!」って太陽出したのもテンション上がりました。一人では倒しきれなかったけど。
個人的にはブノワイグニスの会話が印象に残ってるかな~。イグニスの支援はまだほとんど回収できてないけど、ブノワの支援はけっこう見てるので「一番のお守りは父さんだったんだ…!」ってところはグッときた。

でも龍脈で「中央で戦ってるカンナに力を送ろう!」みたいなメッセージ出た時、既にカンナ達はシグレタクシーによって皆と合流し、雑魚狩りを手伝ってたのでちょっと笑いました。

・ストーリーは…透魔の話とかほとんど覚えてないけど、切なさも残しつつ無難に盛り上がってハッピーエンド迎えたので良かったと思います。
シグレが死を覚悟して皆を返すところとか、結局追いかけるって分かってるけど涙ぐみました。全員集合した時のドット絵の総力戦感が熱い!
代償の記憶ってのは…正直こっちの世界にきて大した時間経ってないし、ひと一人の命が助かるのなら冒険の記憶を差し出したっていいよなあとは思った。でもこれはシグレが子供たちを思ってのことじゃなく、「自分のことを覚えておいてほしい」というエゴだったのかもしれない。他の子供たちはこの戦いが終わったら元の世界に戻って平穏を取り戻すけど、敗退した透魔ED後のシグレは一人ぼっちだからね…。死んでも誰かの記憶の中で生きている限り生きていられる…みたいなことアクアも言ってたしな。シグレはそういう存在になりたかったのかなと。

まあでもとにかく泡沫編の一番の収穫はEDの一枚絵ですよね!!!もうこれメッチャ可愛かった!!せっかくシグレが歌ってくれてるってーのに、いちいちミバに保存してたから全然余韻に浸れなかった!でも保存する以外選択肢がなかったすまんシグレ!とにかく可愛かったんだ!祭りの一枚絵もこういうタッチだったらよかったな~。
さっきも書いたけど、ホントじゃれついてる白夜王族が可愛くて…!キサラギ君ほんとアクティブで可愛い。タクミ君もかわいいのに良いパパ。シノノメ君も親父にじゃれついてリョウマパパがわしゃわしゃ~~ってやってギャハハハゆうてるのが聞こえてきそうな、ヒジョーに良いイラストでした。
フォレオちゃんは完全に女の子だった…。可愛かった…。ジーク君はシリアスちっくな引き目のイラストでしたが、まあ一人くらいはこういうイラストも。
個人的にはシノノメ君とフォレオ君がイラストで見ると意外と小さいのが新鮮でした。立ち絵やCGは大人と遜色ないサイズだけど、やっぱホントは子供なんだなとしみじみと。

◆話はガラッと変わりまして、透魔子世代データの話。
いい加減マイユニをダクプリ血族でやっていくのも飽きたので、アンナの贈り物から試しに魔女にしてみました。透魔マイユニは魔力得意だったしちょうどいいかなと。
で、やってみた結果…。

feif91.jpg

めっちゃ可愛かった。
なんだこれ!超かわいい!黒髪にしといてよかった!
しかも魔女のワープはかなりのぶっ壊れ性能。「味方の隣に飛ぶ」という仕様だから、壁を突っ込ませた後アタッカーとして突撃するのもいいし、杖役に覚えさせたらサポートとしても使える。これ覚えさせたら難易度ガラッと変わるだろ!

魔女のドット絵は他のキャッスルで見たこと何度もあったけど、なんかガリ股?っぽくて食わず嫌いしてたんですよね~。未だにドット絵はあまり好きじゃないですが、CGが可愛すぎるので色んなキャラに着せたくなってきました。
魔法使い枠のニュクスオフェリアなんかは鉄板で似合うだろうな~。暗夜王女の二人も、役割はちょっと違うけど似合うだろう。絶対かわいい。というか暗夜女性は見た目だけなら全員似合いそう。フォレオちゃんはなんで魔女になれないんですか?
白夜勢はやっぱ髪型的にちょっと厳しいかもな~。実用的なのはサクラオロチくらいだろうけど、オロチの髪型で似合うとは思えない…。子世代ならミタマシャラあたり?シャラなら似合いすぎるくらいに似合いそうだな。というかマジモンの魔女っぽい。

そんな感じで、ウッカリ魔女DLC買ってしまいました…。神軍師はいまいち決定打に欠けてスルーしてたんですが、魔女はそれを凌駕するくらいの可愛さと性能でした。ニュクスやオフェリアを強い魔女にしたかったの…。
無料の贈り物でエサをばら撒き、魅力を知ってもらったうえで商品を買わせる。まさに任天堂の手のひらで踊っております。でもこれが理想的なDLCの売り方だろうなと思う。

というか魔女DLCって、紋章の他にワープの書ももらえるんですね。これ男性も使えるなら、それこそバランス崩壊レベルで好き勝手できますね。壁職がワープできたらすごい楽になりそう。

◆更に話は変わって、白夜ルナの話。
・ホントは暗夜ハードやりたかったんですが、暗夜ハードより白夜ルナの方が簡単、と聞いたので先に白夜ルナからやろうかなと。
白夜はこれで通算四周目ですね。相当遊んでるな。
つっても実績ボーナスやキャッスル、DLCなどは縛らず、「詰んだと思ったら即救済要素に頼ろう!」というゆるゆるの精神でやってます。そのせいか10章まではそんなに苦労せずサクサクこれました。まあ実績ボーナスで特攻武器とか逆武器がモリモリ揃うからな。初期に便利武器があるってのは大きいだろう。ホントにつらくなってくるのはこれからだな。

・そして性懲りもなくマイユニの旦那に迷ってます…。今の候補は三人。
一人目はリョウマ。というか最初はリョウマ旦那にするつもりで始めました。性能的にリストラするということは絶対にないし、シノノメ君のママになれるというのも魅力。
二人目はヒナタ。もともとこういうやんちゃ系イケメン好きなんです。白夜一周目では活躍してたけど、それ以降特に目立ってないので強くしたいという思いもある。
あとよそのキャッスルでおそらく鬼人系にパラレルしたっぽいヒナタを見たんですが、

feif82.jpg

このゴツゴツしたヒナタすごいかっこよくないです!!?艦これにこういう装備しょった子いそう!

三人目はまたしてもニシキ君。いやニシキ君は二周目で結婚したんですけどね。なんか今になって、妖狐カンナ君が見たくなってしまって…!あいにくニシキ婚データは消してしまったので、妖狐カンナ君を見るためにはもう一度結婚するしかないのです。
妖狐カンナとか二重特攻に苦しむ茨の道で、しかも妖狐は別にそれほど強い職でもないし完全に趣味の域なんですが、ケモ耳は正義なんだよなあ…。しっぽ生えた妖狐カンナ君がぴょんぴょんしてるところ見たい…見たいよぉぉおお…!

まあ…。まだニシキ君も仲間になってないし、婿候補が揃うまでは悩んどこうと思います。ヒナタ君は成長次第やね…。

・あとこれは関係ないんだけど、よそのキャッスルで見かけたこのニシキ君って何だろう?

feif81.jpg

パラレルの呪い師かな?こんなカッコだっけ?下級呪い師ってツクヨミ君が専用衣装だから汎用衣装見たことないしそうなのかな?なんかいつもより露出多くてかわいい。
とにかくこれで風雲ニシキ城を作りたくなってきました。でもニシキ君のかわいい衣装って何だろうな~。陰陽師とバトラーは鉄板だけど暗夜の鎧はあんまり似合わないし、白夜の衣装が多めになりそう。暗夜ならアドベンチャラーは絶対着せたいですね。というかアドベンチャラーは後ろのリボンが可愛すぎて、アドベンチャラー城を作ることもちょっと考えた。男はマイユニ婚かゼロバディしかなれないから集めるのは相当大変そうだけど。子世代ならエポマリッジもあるのか。ルッツ君とかカンナのアドベンチャラーとか絶対可愛いだろうな…。

◆というif日記でした。
透魔データでは子世代全員出し切ったので、いよいよ子世代だけで本編進めようかな。支援集めもしたいけど、あんまり育てすぎてヌルゲーになっても面白くないんで。現時点で既にヌルいですが。
白夜ルナも並行してのんびりやっていきま~す。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2019.07 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ