FC2ブログ

これにて終了。

2016.06.27 21:47|428~封鎖された渋谷で~
鈴音編、カナン編見てきました。まだ隠し要素は残されてるけど私の428はここで終わろうと思います。

◆総合的なレビューは既に先人方が書いてるので私は書きませんが、簡潔にこのゲームを評価すると、めちゃめちゃ面白かったです。
乙女ノベルゲーは「人を選ぶ」「好きな人は好き」というタイプの作品が多いからその反動かもしれない。万人受けって素晴らしい。大衆向けって素晴らしい!!そう思えたゲームでした。
まあ何事にも絶対はないので100%の人が楽しめるとは言えませんが、ミステリ好きなら限りなく万人受けするタイプの作品。純粋に面白い。ストレートに面白い。
長らく積んでたけど「もっと早くやっておけばよかった」し、「買う前にウダウダ悩んでセール時にようやく買ったけど悩む必要はまったくなかった」と思えるゲームでした。一般ADVというと今は逆裁とロンパくらいしか聞かないけど、これらに並べても遜色ない完成度の高さ!一般ADV探してる人にはぜひやってほしい!

このゲームの何がいいってのは前も書いたけど、まあ人と人が繋がっていく過程ですよね。
メインキャラは勿論サブキャラの絆もちゃんと描かれてる。その中で特に重ねて描かれてるのは「父と娘」。20代後半の人、特に子持ちの人がやってほしいゲームです。

PSP、PSVita、PS3、スマホアプリでもできるそうなので興味がある人は覗いてみてください。
公式サイト

◆ということで鈴音編カナン編の感想。以下◎ネタバレ注意◎

・鈴音編はまあ…途中でオチも読めるっちゃ読めるし、ご都合なとこもあるお涙頂戴系だったなという印象。まあそんなこと言って号泣したんですけど。特にナース(母親?)のとこ。
でもこの話が美しいのは、拓哉君のビジュアルがそれなりに整っていてなおかつ子供なりの淡い恋心が可愛らしく、鈴音の方もまんざらではなかったから…なんですよね。これがブサメンだと許されないですよ…というか拓哉君レベルでもちょっと気持ち悪いですよ。確実に両想いのカップルや連れ添った夫婦家族なら全然アリだけど、ほんのり好かれてるかな?レベルの子に「僕の心臓をあげます。これからはずっと一緒ですねさようならこれからもよろしく」とか怖い怖い怖い!!!そんなのが自分の体内に入ってる、それも心臓となればもう怖すぎる!!ちょっと間違えば究極のストーカーとして世にも奇妙な物語になってた案件だった。

まあ生きる意味もなく死を待つだけだった拓哉君が、鈴音の話によって自分の病気や臓器移植について勉強し始める…って流れは良かったし、「少年少女の淡い恋」というのが押し出されてたから熱愛ラブラブカップルにはできなかったんでしょう。でもだったら拓哉君の手紙はもうちょっとソフトな感じの方が良かったかな。ちょっと泣かせようとして盛り過ぎた感ある。拓哉君も書いてるうちに気持ち高ぶっちゃったのかもしれませんが、愛してるだのと情熱的な文章が続くうちにどんどん私の気持ちは冷めていきました。
もうちょっと小学生らしく可愛い文章が好ましかったよ…。幼い少年の恋になる前に終わった恋だった…みたいな儚く脆い感じが切ないのに、ここまで一方的に愛を叫ばれると怖いよ…。

・続いてカナン編。
まさかのアニメ。エエーッなんでいきなり萌えオタに媚びたの?って思ったけど単純に舞台が舞台でやってることも派手だからアニメにせざるを得なかったって感じでしょうか。この内容を実写でやろうとしたらハリウッドに協力仰がなきゃいけなさそうだし。それにしても萌え寄りの絵柄でしたが。
今までずっと自分のペースで読んでたのでボイスがあるのも引っかかってたんですが、みゆきち真綾スネークと役者自体には文句なし。

内容は…カナン(本物)本編ではほとんど出てこなかったしノーマルEDでは死んだ扱いだったから、実はそんな強くないのかなと思ってたけど意外と強かった。というかチートだった。共感覚ってコルダの響也もそうだったよね~音が色に見えるやつだよね~(・▽・)とか思ってたけど共感覚って五感の組み合わせなんでもアリなんですね。まあそれにしてもここまでチートなのは作品用に脚色してる部分もあるんでしょうけど。

憎むべきアルファルドが実は同じ師を慕った蛇の姉妹だった…というオチは割と好きでした。
復讐キャラには必ず「復讐は何も生みださない!そんなことをしても死んだ○○は喜ばない!」と葛藤したり説得されるシーンが付き物ですが、シャムは「復讐には復讐ではなく義務であたれ」とあらかじめ理性的に諭してるのも好きでした。

けど個人的にカナンがウーアウイルスの生き残り…ってのは盛り過ぎに感じたかなー。致死率100%とも言われる凶悪ウイルスの生き残りと分かれば研究者が黙ってないでしょ。確実に体内に抗体とかできてるんだから誘拐して人体実験は必須じゃないか?攫うのはできなかったとしても、ドサクサに紛れてひとみの血を抜くくらいはできるんだからナンボでも血もらえたでしょう。それをいつ死んでも分からない傭兵に預けて死んでもいいやってのは雑じゃないですか?

・引っかかったのはそのへんかな。
まあボーナスシナリオは別の人が書いたそうだし、一本道で選択肢もないからまあこんなもんだろうなって感じ。他にも隠しシナリオはあるけどこれ以上はもう見なくていいかな…。
エコ吉編というのはまだ見れそうな条件だけど、バッドEDコンプで金の栞とかはさすがにやる気がおきない。このへんの隠し要素の条件の厳しさは、まあ時代柄ということで納得してます。
かまいたちのバッドは全部直行仕様だったから全バッド回収も比較的楽にできたんだけど、428は一人のキャラの選択肢をいじった後別のキャラでバッドED回収ってパターンがけっこうあるし、バッド回収後ももう一度戻って正しい選択肢に訂正しとかないとタイムチャートが途切れる…って仕様ですからね。けっこうメンドイ。ということでここで終了にします。

◆という428プレイ日記でした。
いや~~~楽しかった!!満足!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ