FC2ブログ

青年よ大志を抱け

2016.08.29 01:25|下天の華~夢灯り
四周目蘭丸ルート終えてきました。

180_06.jpg

相変わらず下天はコンパクトにすっきりまとめるな~と感心します。
・似たもの同士の二人が打ち解けて友になる過程
・それが恋に発展
・蘭丸に小姓だけに留まらない夢を教える
・疑いをかけられた主人公をトンデモ理論で庇う燃え展開

無駄なく必要なぶんだけ描写してすっきりED。
野犬と戦闘→半兵衛捕縛の流れだけは雑でしたが、半兵衛はなんかもうこういう役どころらしいのでしょうがないかな…。忍法帖を見つけるくだりの失言といい軍師(笑)状態なので、シナリオで割食ってる感はあります。

・不信感を露わにしていた番犬のような蘭丸を手なずけるパートから開始。
最初は変化を「不気味」と言うし、訪問会話もピリピリしてて融通効かない子供っぽいんだけど、変化そのものより主人公の「努力」を認めて打ち解けるのが蘭丸らしい。努力は蘭丸の友。
七助の姿で蘭丸の反応を試してみる…ってなった時は「まさかこれ言い出せなくて最後に打ち明けるやつ?」って思ったけど、アッサリ正体を教えるのも主人公らしい。
前作では七助の正体は終盤サラッと流すだけだったし、姫として縁を深めていく過程が主体だった。今作は全編忍びとして蘭丸と接していて、忍びとしての主人公を先に好きになってもらった感が良かったです。忍び姿の主人公を見て、「こちらのあなたの方が落ち着く」みたいに言われるところなんかまさにそれ。ちゃんと差別化されててどちらも良い。

・蘭丸に小姓以外の道を勧めるって展開は意外だったな~。
戦国にはあんまり知識ありませんが、蘭丸=信長の小姓というイメージしかなかったんで。でもこれは私だけじゃない…ですよね?バサラとか無双の影響もあるのかもしれませんが(どっちもよく知らないけど)、蘭丸=常に信長に付き従ってる妖艶な美少年みたいな。外見だけなら半兵衛のが蘭丸っぽいんじゃないか?
だから信長の小姓でなくなる蘭丸なんて考えたこともなかったけど、確かに下天の蘭丸はガタイのいい青年だし、信長が本能寺以降も生きながらえていたら別の未来もあったのかもしれない。って思うとなるほどな~って感じでした。
まあ私は新選組土方さんや沖田君みたいに「この人と決めた一人のために働く」って生き方も美しいと思うので、一生信長の側近として生きる蘭丸も決して悪くはないと思うんですが、確かに思考停止と言えばそうとも取れるしここは個人の考え方次第って気がします。新選組の生き方は敗者の美学だけど、夢灯りの蘭丸は本能寺を生きながらえてるという設定だし、城主になって別の未来を生きるって選択肢は多いにアリなんじゃないでしょうか。

あと弟小姓コンビ可愛かったです。カエルの変化を取りに行くとこで佐吉も合わせた三人で喋ってるプチイベが発生しましたが、この小姓トリオがまた可愛いの!主からもらった贈り物自慢し合う小姓トリオかわわわ!!Vita版で追加される佐吉ルートってのには、この弟小姓コンビも出てくるんだろうか…。ふむ…。

・クロガネ事件で主人公が疑われるのを庇うシーン熱かった~。
これはこれこれこういう理由から罠だ!→だから主人公は裏切り者じゃない!
という理論的な説明ではなく、
主人公が裏切り者のはずがない!→だから罠だ!
という少年漫画みたいな熱血精神論を、【クソ真面目な蘭丸が】【クソ真面目な評定という場で】【魔王信長の御前で】で熱弁しちゃうのが良かったです。これで一時的に場が収まったのも、ひとえに蘭丸の日頃の人柄のオカゲなんだよな~と思うと熱い。信長様からしても息子が成長したみたいな感じで嬉しかったろうな。

・萌えポイントと言うと、そこは前作と変わらずウブで照れ屋なとこが可愛かったです。
蘭丸の(゜ε゜;;みたいな照れ顔まじ可愛い。訓練☆ドッキリハプニングも蘭丸が押し倒される側ってのがまた可愛い。
あとはカエルの奇声とか、七助を巡ってのアレコレとかちょくちょくクスッと笑える部分がありました。安土の盾としてモテモテの七助と、それを見てヤキモキする蘭丸の図とか楽しい。でも傍から見たら男が男にヤキモチ焼いてるように見えちゃうから強く言えずにモダモダする蘭丸とか考えるだけで楽しい。

後日談はいきなり数年ふっとんでびっくりしましたが、名前が呼び捨てになってて近くなった距離に萌え、けど口調は敬語のままでお互い敬意を忘れてない感じがまた品があって良かったです。

◆という蘭丸ルートでした。
色々言ってたけど次は秀吉いきま~す。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ