FC2ブログ

乙女ゲーマーに布教したいエスカ&ロジーのアトリエPlusとざっくり調合解説

書くか迷ってましたが結局書くことにします。
エスカ&ロジーのアトリエPlus(Vita)レビュー。



私のアトリエ経験はマリー、エリー、ヴィオラート、(ノーラ)、新ロロナ3DSで、いずれもそこまでやりこみはしてません。けど完全なアトリエ初心者でもない、中級者くらいでしょうか。
そんなゆとりゲーマーが乙女ゲー的に楽しみつつプレイしたレビューということでよろしくお願いします。
また、この記事以外の感想記事ではネタバレ満載なのでお気を付けください。

・クリアするだけなら難易度はかなり低め(※シリーズ比)。
主人公は役人という設定で、支部から与えられる課題を期間内にこなさなければいけません。課題は四か月ごとに更新され、3年+自由時間1年がゲーム内で遊べる期間。
課題には大課題と小課題がありますが、必ずこなさなければいけない課題は大課題一つのみ。それもストーリーを進めるうえで自然とできる程度の難易度なので、ここで躓くことはまずないんじゃないでしょうか。かと言って小課題が特別難しい訳でもなく、最終期以外は全部こなして一か月以上余るくらい余裕をもってできます。ただ一部システムを理解していないと難しいものもあります。

・W主人公は目線キャラの心の声とサブイベの内容が若干変わる程度で、本筋は変化ナシ。
基本的に二人で行動するため、サブイベやキャラEDも一部はまったく一緒、というのもあります。一つのゲームで二つのストーリーが楽しめる!という次元には至ってません。
アトリエがもともと周回推奨のゲームだから、二周目するなら別主人公で気分変えてやればいいんじゃない?程度の要素と思ってください。
しかしトゥルーEDを見るには片方の主人公で一度EDを見ていることが必須になってます。
どちらの主人公からクリアしても構いませんが、一人目ではモヤモヤを残したままEDを迎えることとなると思います。

・黄昏シリーズ二作目のため、エスロジから始めると一作目からの続投キャラの存在や、本編のストーリー展開に違和感を覚えるかもしれません。
ちなみに私は一作目(アーシャ)も三作目(シャリー)も未プレイですが、ざっくりとあらすじやキャラなんかは知ってる状態でした。
一作目の続投キャラが多いし、一作目で起こったことについて話すイベントも多いので、一作目について何も知らないとちょっとした疎外感は感じるかもしれません。個人的には「あーあのことね」程度で流しましたが。

また、今作主人公(エスカ&ロジー)がそれぞれ夢を叶えるというストーリーはこの一作でまとまっていますが、黄昏シリーズ全体に関わる謎や行く末についてはほとんど解決していません。気持ちよく終わる後味の良いストーリーは期待しないでください。

・男性向けな露骨な萌え要素、百合要素が減って女性ユーザーにも入りやすい。
女キャラはみんな可愛いし、男女比はやっぱり女に偏ってますが、それでも昨今の他シリーズに比べると男が多いです。
胸やけしそうなあざとい女の子や百合要素が減り、普通に可愛い女の子と普通のイケメンと普通に過ごせる。という、「普通」のことにものすごく癒されます。

・乙女的に美味しい男キャラは基本的にロジー(男主人公)一択。
従兄のお兄ちゃん(アウィン)も早くから仲間になってくれて個別EDもそこそこ美味しいキャラですが、あくまで「お兄ちゃん」の域を出ません。妄想力を働かせたらなんとか思い込める程度。
それよりロジーとのおいしいイベントが立て続けに起こるので、ロジーのことを好きになれない人には厳しいかもしれません。
とは言えロジーは見た目がやや中二っぽいだけで、性格は真面目な好青年で基本的に有能なので、特別好き嫌いの分かれるようなキャラではないと思います。

また「乙女的に美味しい」と言っても、当然一般ゲーの範疇であって乙女ゲーほどガッツリイチャイチャする訳じゃありません。
新人役人の同期の二人が、一緒に仕事と冒険をしていくうちに仲良くなっていく過程を楽しむ感じです。
情熱的に愛を囁いたり熱烈キッスとかはありませんが、「あ~ん」イベや膝枕イベントなど、乙女ゲー並みのこともやってるので侮れない…。ゲーム内の期間も長いので、惹かれ合う過程はヘタな乙女ゲーより説得力があります。

・乙女ユーザーなら一周目はエスカ視点で行こう!
一周目ではトゥルーEDを見れないと言っても、やっぱり乙女的に楽しむなら女主人公の方がいい!主人公=エスカと一周目でしっかり刷り込みした後二周目でロジー視点を開始すると、少女漫画や乙女ゲーで時々ある「あの時の攻略キャラの気持ち」パートと似たときめきを味わえます。
男性ユーザーの場合も同じように楽しむなら、男主人公(ロジー)から開始していいんじゃないでしょうか。
公式には「エスカ=従来のアトリエファン向け、ロジー=一般RPGファン向け」みたいに紹介されてますが、さっき書いた通り特に本筋に違いはないので、ロジー視点が特別RPGっぽいとは思いませんでした。

◆ここから長くなります。ざっくりエスロジ調合解説。
・エスロジはアトリエシリーズとしては難易度低めですが、普段乙女ゲーしかしないような人にとってはけっこう難しく感じるんじゃないかと思います。
私もヴィオラートで「潜力」の概念を初めて知った時全然分かってなかったし…。ロロナで更に潜力にはコスト(PP)が必要なことを学んだので、潜力については段階的に理解していきました。
が、黄昏シリーズからはさらに「属性コスト」や「調合スキル」なるものが増え、最初はかなり混乱したもんです。まあ全部理解してなくてもクリアはできるんですけど。

・プレイしていると潜力だか効力だかよくワカラン言葉が色々出てきますが、まず最初に抑えておきたいコト。
「アイテムの効果」と「潜力」はまったく別のもの。種類も付け方もそれぞれが消費するコストも違います。
「アイテムの効果」はそのままの意味で、「潜力」は簡単に言うとアイテムを強化する付加効果。つまりいくら立派な潜力を付けても、効果をきちんと発現できていないと意味がない。
使用アイテムや装備アイテムの場合、効果をきちんと出すことが大事。そしてアイテムの効果を出すためには、対応した「属性値」を規定の位置まで上げることが必須。

◆というわけでまずは狙った「効果」を出すために、中盤で引っかかる人も多い「流星の」効果を付けたラーバキューブの作り方講座~~ヾ(・▽・)ノシ

esrzp9 017a

課題のヒントにも書かれていますが、「流星」は「土の属性」を上げると付けることができます。
しかしこの課題が出た段階では、持っている素材的にテキトーに調合しただけでは土の属性値をここまで上げることができません。そこが錬金術師の腕の見せ所。

esrzp9 023

四つの材料のうち「フロジストン」と「フラム」は固定なので、この二つは即決定。自分で工夫できる「燃料」と「中和剤」に何を選ぶかがポイント。今回は「燃料」に「苔むした流木」を選びます。

esrzp9 018a

苔むした流木の属性値(水と土)が効果予測に出てるのがウッスラ見えると思います。
しかし土の属性値は全然「流星」まで伸びてません。

「中和剤」は、燃料に苔むした流木を使えば正直なんでもいいんですが

esrzp9 033

材料のところに「調合可能」と赤字が出ていると△ボタンで更に遡って素材を調合することもできます。
今回は手持ちの中和剤(緑)を使用。

esrzp9 028a

効果予測の数値は火がちょっと伸びてる程度でどれもパッとしません。
しかしこれでいいんです!レッツ調合!

1.まずは最初にフロジストンとフラムを突っ込んでしまいます。

esrzp9 019

フロジストンは火属性、フラムは火属性にボーナス×2の特性があるので、この段階で火のコストが3得られます。

2.ここから調合スキルの活躍どころ。火のコスト3を消費して「力を注ぐLv1」を使用します。

esrzp9 020

注ぐ先は苔むした流木。20の属性値が倍の40になりました。

3.力を注いだ苔むした流木を投入!

esrzp9 026a

最初の予測画面では何も表示されてなかったのに、土の属性値40で「流れ弾」が発現しました。

esrzp9 027a

ちなみに力を注がないでそのまま投入すると、まさに予測通りのショボい値(20)になります。

4.中和剤緑をそのまま投入。

5.中和剤緑には風属性ボーナス×2があるので、風のコスト2を消費して苔むした流木をさらに分裂投入。

esrzp9 021a

ハイッ!土の属性値が80になって「流星」がしっかり付きました!あとは余った水コストや土コストを適当に消費して、、

esrzp9 022a

上手にできました~~~ヾ(*´∀`*)ノシ

・ちなみに「苔むした流木を使うなら中和剤はなんでもいい」と書きましたが、この通り、

esrzp9 037

中和剤(黄)でも、

esrzp9 039

中和剤(赤)でも「流星」を付けることは可能です。
これは「苔むした流木」の属性ボーナスのオカゲ。

esrzp9 018b

フロジストンとフラム投入~力を注いだ「苔むした流木」を投入したところまでは一緒。その後「苔むした流木」の水属性ボーナス×2で得た水コスト2を調合スキル「属性変換Lv2」で風属性に移動させ、風コスト2を消費して分裂投入という流れです。
レベル的に上のやり方でCPが足りないという人は、「先に中和剤(赤)を入れてCP上限を拡大させておく」「先に中和剤(青)を入れて苔むした流木の加工難易度を下げる」などで対策できると思います。

このように、一見属性値は弱くても属性ボーナスが優秀な素材やアイテムは効力以上に役立つことがあります。
というか属性値や効力だけ強いアイテムを揃えても強いアイテムは作れません。時には属性ボーナスの方を重視して素材を選ぶ必要があるでしょう。終盤からは効力が高いうえ全属性×2とか3とかのぶっ壊れアイテムも出てきますが。

・一応初心者(というか私)が勘違いしがちなところを補足しておくと、

esrzp9 021b

完成したアイテム(の効果や潜力)に反映されるのは赤枠の部分です。
青枠の属性コストは、そのまま残しても完成品には影響がありません。例えるなら絵具を出したパレットってとこですかね。パレットが空っぽになっても、たっぷり残しておいても、完成品(赤枠)には影響しない。
青枠に出した属性コストをうまくやりくりして、いかに赤枠の属性値(と上の効力)を上げるかが重要です。

また調合スキルは「力を注ぐ」や「分裂」だけでなく、すべてのスキルが有用で使いどころがあります。×ボタンでいくらでもキャンセルできるので、新しいスキルを覚えたら意味が分からなくてもどんどん試して使い方を考えてみてください。

◆おそらく、ストーリーをざっくりクリアするだけなら上記の「アイテムの効果の出し方」と属性ボーナスの重要性を理解するだけで大丈夫だと思います。
ここからは更に踏み込みたい人用、「潜力」の付け方解説。更にややこしくなるゾ☆

・その前に「調合アイテム」について。
一番最初に「まずはアイテムの効果を出すことが大事」と書きましたが、アトリエには「効果」がないアイテムが多数あります。それが調合アイテムと呼ばれるもの。それ自体には何の効果も持ってない、要するにただの材料、消費アイテムを作るための中間素材のようなものですね。

「効果」が付くのは消費アイテム(戦闘中攻撃のために使ったり、フィールドで回復として使うもの)や、装備品のみです。
さっきのラーヴァキューブがそう。そういったアイテムは調合画面から発現した効果を確認することができるし、

esrzp9 017b

素材を選ぶ画面や、調合中の画面で属性値にメモリと効果が記載されているのが特徴です。

esrzp9 023b

この図なら「火傷を負わせる」「火の雨」とかですね。

対して調合アイテムである「ゼッテル」を調合する画面では、

esrzp9 008a

このように、一切メモリも文字も入ってません。調合前の画面の「効果」は白紙になってるし、図鑑でも「効果なし」と記載。「ゼッテル」は、どれだけ属性値を上げても「効果」が出ないということです。
だったら調合アイテムは適当に作ればいいのか?というと決してそうではなく…。とりあえず「効果」がないアイテムもあると覚えておいてください。

・さて、本題の「潜力」について。潜力(付加効果)は、先ほど作ったラーバキューブだとこのように表示されています。

esrzp9 022b

数値がそのまま出る「アイテムの効果」と違い、潜力は複数ある候補から任意で三つまで選ぶことができます。
序盤は大した潜力を付けられないので、テキトーに強そうなやつを付けていけばいいと思います。
そして表示される潜力の候補は、アイテムそのものが持っている潜力+素材にしたアイテムについている潜力が引き継がれる仕組み。つまりラーバキューブに強い潜力を付けたいのなら、ラーバキューブの材料(燃料や中和剤など)に、強い潜力を付けておく必要があるということ。

・ここで重要になるのが調合アイテム!今回は「燃料」として使いやすい「ゼッテル」に強い潜力を付けてみます。

esrzp9 053

ゼッテルの材料「植物類」「植物類」「液体」に、付けたい潜力を持ってるアイテムを使う必要があります。
複数の素材から少しずつ潜力を引き継ぐのもアリですが、今回は「液体」カテゴリの圧縮スプレーに付けた潜力だけ引き継がせてもらうことにします。

esrzp9 004a

「神に祝福されし力」「潜力で超強化」「永久機関」、イカニモ強そう。
※ちなみにこの「圧縮スプレー」は私が過去に作ったものなので、普通に圧縮スプレーを調合しただけではこのような潜力は付きません。

esrzp9 029

ほかの材料はテキトーに選んでホイホイっと調合~(・▽・)はいいっちょあがり~(・▽・)

esrzp9 006

と思いきや、突如入れられる赤ペン!!
そう、強力な潜力を自由にホイホイ付けられるなんて都合のいい話はないのです。

esrzp9 006a

アイテムにはそれぞれ引き継ぎPPというものがあり、潜力にもまたコストがあります。
当然強力な潜力にはそれだけコストも多くかかるため、上限を越えてしまうと引き継ぐことができないのです…。
上の画像だと、引き継ぎPP上限が38に対し「永久機関」のコストが33。残りが5なのでコスト20の「神に祝福されし力」、33「潜力で超強化」は上限に引っかかって引き継げません。

・そこで重要になってくるのが、「PP拡張系の潜力」。
基本的に潜力というのはアイテムの付加効果。例えば「破壊力増加」なら攻撃アイテムの攻撃力が上がり、「プロの完成度」なら効力が上がるといった感じ。しかし「PP拡張系」の潜力はちょっと別で、アイテムが完成した時の引き継ぎPP上限を引き上げてくれるというもの。
例えば攻撃アイテムにPP拡張系の潜力だけ付けてもアイテムの効果にはな~んも影響しないけど、一緒にコストのデカい強力な潜力を付けたい時は必須レベルに重要なのです。

・それではゼッテルに強力な潜力を付けるため、PP拡張系の潜力をテンコモリにしたアイテムを用意。

esrzp9 009a

「伝承のソウル」「PP枠極大化」「PP効率強化」が、エスロジでは一番PPを引き継げる潜力ベスト3。
※ちなみにこの「霊花のガーランド」も、私がいろんな素材を経由して作ったものなので、自然に調合しただけではこんな潜力セットは付きません。
序盤は「引き継ぎPP+5」とか「+3」とかそういうのをチマチマ使っていけばいいと思います。

esrzp9 008

これと一緒にさっきの圧縮スプレーを調合すると、

esrzp9 010a

ハイ!引き継ぎPPが99まで増え、無事三つの強力な潜力を引き継ぐことができました。

・それでは強力な潜力が付いた「ゼッテル」もできたことだし、さっそくこのゼッテルを素材にして強いラーバキューブ作るぞ~(・▽・)といきたいところなんですが、

esrzp9 061a

ゼッテルに付けた潜力が予測画面にちゃんと反映されていない!!
「神に祝福されし力」が抜けてるよ(´д`;

…という感じで、潜力は何にでも付け放題という訳ではないんです。潜力には「継承カテゴリ」というものがあります。
セレクトボタンで潜力の詳細を見ることができますが、

esrzp9 013a

爆弾、ハート、人型のアイコンが付いています。
これは「潜力で超強化」は、「攻撃アイテム」「回復アイテム」「調合アイテム」に引き継げますよという印。

esrzp9 012a

そして「神に祝福されし力」は…爆弾のマークがありません。これは「回復アイテム」「調合アイテム」に引き継げますという印。
攻撃アイテムに分類されるラーバキューブに「神に祝福されし力」は引き継げないということです。

esrzp9 015a

回復アイテム(癒しのアロマ)の素材にしたらこの通り。ちゃんと予測画面に反映されてます。
まあよく考えたらわかることですよね。爆弾が神に祝福されるってどういうことやねんってなりますもんね。

…という訳で、ゼッテルに攻撃系の潜力を付けて再度リベンジ。

esrzp9 032a

という感じで、潜力はどのカテゴリに継承できるかなんとなくでも頭に入れておくことも大事です。
つってもガッツリ覚えなくても、攻撃アイテムと回復アイテムくらいならニュアンスでなんとなくわかるんじゃないでしょうか。「一撃必殺」が回復系の潜力にはとても見えませんしね。

…このように、消費アイテムに狙った潜力を付けるためには、「調合アイテム」を効果的に使う必要があります。それ自体は何も効果がなくても、アトリエではヒジョーに重要なアイテムと言えるでしょう。潜力に拘らなければ「ただの素材」くらいの認識でいいと思いますけどね。

◆それでは、強い潜力はどこから見つけてくるのか?
さっきから「普通にやってるだけじゃこんな潜力付きません」ばっか書いてるけど、じゃあ最初はどこから持ってくるのか?

・ぶっちゃけ調べるのに一番手っ取り早いのは攻略ウィキです。先達に感謝。
しかしゲーム内で確認するすべもちゃんとあります。基本は「図鑑」。

esrzp9 054a

採取した素材はもちろん、

esrzp9 055a

自作のアイテムにもそれぞれ潜力が発現します。

esrzp9 056a

自作アイテムの潜力は調合画面からでも確認可能。
ただ自作アイテムの場合は無条件で発現するという訳ではなく、

esrzp9 057a

発現する潜力レベルが該当レベルまで上がっている必要があります。
紙粘土の場合、潜力Lvが5以上ないと「装備枠圧縮」の潜力は発現しないということですね。

・ショボい潜力しかなくても、掛け合わせることで上位の潜力にすることも可能。

esrzp9 060

でもこのへんを自力で埋めるのは難しいかな。
とりあえずたいていのものは掛け合わせられるようになってるので、類似潜力はどんどん掛け合わせていけばいいと思います。

・それでもさっき使用した「伝承のソウル」や「神に祝福されし力」なんかは、自力で作ることは不可能だったりします。

esrzp9 059a

esrzp9 058a

こういうイカニモ強そうなやつ。
こういうのは採取先で「遺物発見」コマンドを使用→手に入った遺物をアトリエに持ち帰って分解→できたアイテムを素材にして調合…というやり方で増やし、どんどん他の素材に移すことができます。
つっても序盤の遺物はろくなものがないし、「分解」もストーリーをある程度進めないとできません。ただ「遺物発見」すればいいってものでもないので、このへんが詳しく知りたい人は各自調べてください。このへんの潜力は最強アイテム作って裏ボス倒したい人用のやり込み要素の面が強いので、ここまで拘らなくてもストーリークリアはできます。

◆では、どんなアイテムにどんな潜力を付ければいいのか?
人によってどんなアイテムを経由して調合するのか可能性は無限大。ここは個人差が出るでしょう。
けど攻撃アイテムや回復アイテムで、だいたい傾向というのは決まってきます。

例えば攻撃アイテムなら、

esrzp9 040a

「火薬」「燃料」なんかはよく使われる。
逆に回復アイテムに「火薬」が使われることはほぼないと思います。このへんは感覚でも分かりますよね。

esrzp9 042a

なので「火薬」カテゴリを持ってる黒いパウダーには

esrzp9 044a

攻撃系の潜力をガッツリ付けちゃうのも一つの手。

esrzp9 045a

そのままPP拡張系の潜力を付けたアイテムと一緒に調合すれば、

esrzp9 046a

お手軽に強い潜力が付いた攻撃アイテムができちゃいます。
しかし黒いパウダーは「調味料」カテゴリも同時に持っているので、

esrzp9 041a

食べ物系の回復アイテム(ベジスープ)の素材にすることも可能。
それを踏まえて回復系の潜力をガッツリ付けるというのも手ですし、攻撃アイテムでも回復アイテムでもどちらでも使えるような潜力(効力上昇系、PP拡張系、回数補正、装備枠圧縮など)を付けるのも手。そこはプレイヤーの匙加減です。

◆…こんなもんでしょうか。
長々と書いてしまいましたが、ストーリーを一通りクリアするだけならほんっとーーに潜力にはそこまで拘らなくてもいいとは思います。しかし潜力はまだしも属性値についてまったく理解してないとやっぱ終盤はキツくなるだろうし、理解して遊んだ方が絶対に楽しいと思います。
アトリエに慣れてない乙女ゲーマーにエスロジを布教しようとするなら、「(アトリエの中では)簡単だよ^^」って言うだけじゃなく最低限調合も分かるように説明しなきゃいけないと思ったんだッ…!

以上、アトリエ中級者によるザックリ調合解説でした。
本当に乙女的に楽しかった一般ゲーなので、興味のある方はぜひプレイしてくださ~い(・▽・)ノシ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ