FC2ブログ

こんのすけCPと7-4終了

2016.11.08 20:17|刀剣乱舞
・7-4来ましたね~。
その前にCP中の極短レベリングの成果。

tkrb196.jpg

全員4~5上がったくらいですかね。けっこう頑張ったんですがこんなもんでした…。
たまに演練で80↑の極短見たりするんですがどういうレベリングしてるんでしょうか。私はこのメンツに膝を合わせて7-1裸周回でした。
前回「7-1は桜取れてめんどくさいかも?」と書きましたが、隊長をちゃんと順番に回し、2~3番手もこまめに入れ替えて調整してたらほぼ継続して桜維持して延々周回できました。というか桜取れても刀装付けてないなら大丈夫じゃない?と隊長にして一周すれば特に問題なく元通り。膝だけは桜取れたら1-1か演練隊長にして桜付けって感じでした。

という感じでほぼ無限周回態勢が整ったので、「資材はいくらでも溶けていいからやってやるぜ!!」と意気込んでたけど、遠征をこまめに回してたので木炭と砥石がちょっと減ったくらいで玉鋼と水の量はほとんど変わってない気がする…。
ちなみに物吉君は三回拾いました。既に二振いるので全部溶かしてよかったんだけど、なんとなくもったいなくて一振キープしてます。しかしこれでまた枠が厳しくなってきた、また拡張しなきゃいけないかも。

・そんなこんなで実装された7-4。
7面の背景が進むたび日が暮れていくので7-4は夜戦になるんじゃないか?と予想されてましたがその通りでしたね。
ヨッシャここで手塩にかけて育てた極短が火を噴くぜ!(゚∀゚)と思いきや、

tkrb197a.jpg

鬼畜運営ここに極まれり…ッ!!
ワアァァアアアァアアアア極短縛ってきやがったーーーー!!!

…とゲッソリしたものの、「だったら偵察低めで行けばいいの…?極短使わなきゃいいの…?」とビクビクしながらノーマルな刀剣だけで行ってみると

tkrb194.jpg

こんなやる気ない編成と装備であっさりクリアできました。
兼さんはボスマスで刀装はぎとられたのでやっぱ打はちょっと厳しいかもしれませんが、短脇にとっては6-4池田屋以上の遊び場になりそうですね。

池田屋は室内戦スタートだから短刀はより育てやすいけど途中は銃撃戦があり、そのままボスマスに突っ込むのはかなり危険。
江戸城は夜戦スタートだから室内戦ほど補正は得られないけど途中は遠戦がなくS勝利可能、ボス戦も室内戦なので楽勝。
池田屋でボス手前帰還しながら育てて、ある程度育ったら江戸城に移動って感じがいいのかな。
ただ極短を複数江戸城に連れていくともれなく鬼畜マップへ強制連行されるので、極短のレベリングは難しそうですね。おとなしく池田屋に帰ろうね。

・極短制限するなんてヒドイよぉぉおお><とは思いましたが、そのオカゲで懸念していた回想が楽々回収できたのは評価できるポイントだと思います。偵察値で難易度変化ってのは、頑張って考えた方じゃないんですかね…。
ただ皆が一番気になるのはマップ難易度ごとに数珠丸のドロ率は変わるのか?ってことだと思いますが。
極短6のマップ難易度はほんとに鬼畜らしいので、難易度による変化はありそう。そうじゃなきゃ割に合わないだろうし…それとも経験値がめちゃウマかったりするんだろうか。
まあでも一番易しいマップでも落ちないってことはないだろうし、数珠丸狙ってる人は通えばいいんじゃないでしょうか。
私は鬼畜マップで運ゲーは性に合わないし、数珠丸も既に持ってるのでしばらくはマッタリやっていきます。とりあえず木炭を回復させたい。

・思わぬプレゼント背景「おっきなこんのすけ」。

tkrb195.jpg

運営さん!「おっきなこんのすけ・右」も作ってあげて!!!!!
たいていの刀剣と被ってるから!!

いや~~でも私はこの着ぐるみを抽出しただけのやっつけ感、チープ感、嫌いじゃないですよ。むしろ好き。

tkrb198.jpg

ただこれで回想始まった時は吹きました。この存在感。これ確実に会話してるだろ。

◆という、久しぶりに穏やかなとうらぶ日記でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ