FC2ブログ

君にはがっかりだよ

2016.11.15 17:02|花咲くまにまに
あんなに期待してた自分が空しい。

banner_m05.jpg

◆二周目、辰ルート終えてきました。

・もう何から言えばいいのか…
まず復讐の正当性について。可哀そうな境遇なのは認める。だが完全に逆恨み。
吉乃については言わば清純派で売ってたアイドルを身受けしようとしたら実は本命がいましたキャピ☆みたいなノリでこれはこれでクソだけど、そんな吉乃に入れ込んで腹いせに放火した父親も浮気しまくりで子供を顧みない母親もじゅーぶんクソですよね…。
生き残ってる関係者が清次郎だけだから清次郎への恨みを糧にしないと生きていけなかったってのならまだわかるけど、父親のやったことを無視して「息子の宝良にも同じ思いを味わわせてやる!」ってなるのは完全にゲスの発想。ここでドン引きしました。宝良が「兄弟」と言うたびに責められてるみたいで憎かった、ってそれ被害妄想じゃねーか。

しかも終盤宝良が吉乃の血をひいてないと知って「だったら俺も恨まれる立場じゃないか」「俺の父親は宝良の両親も奪ったんだ」、「主人公、お前の母親だって俺の父が…」と苦しみ出した時はそれ今言うの????wwwwwと笑いましたよホント。
今までずっと父親の罪は無視して「父親を凶行に走らせたのは清次郎と吉乃のせい」と逆恨みしてたんでしょ?だったら「宝良の両親を奪ったのは自分の父=自分の父を狂わせたのは吉乃=宝良の両親が死んだのも吉乃と清次郎のせい!」ってならないんだ?そこは父親のせいなんだ?
しかも主人公の母親(吉乃)を奪った件に至っては今更過ぎてギャグかと思うレベル。ツッコミ待ちですか?それ言うならそもそも宝良の母親(吉乃)、清次郎の嫁(吉乃)を奪ったと知った時点、もっと言えば遊郭全焼して死傷者が出た時点で罪悪感感じると思うんですけど。今までずっと逆恨みしてたのにいきなり正常になる辰の善悪基準分かんねーよ。

・そして清次郎や宝兄に憎しみを募らせつつも、息子としての恩恵には与ってのうのうと暮らしているのが一番ダサい。
恨みを糧に生きてきたのに復讐相手に手厚く衣食住世話してもらいました、ってどうなのか。
そんなに憎くてタマランのならさっさと出ていけばいいじゃん。子供の頃はしょうがないとしても、とたをほっとけなかったとしても、本当に本当にイヤだったら出ていけばいい。とただけ預けて自分は家出、大きくなってから身分を偽って入り込むとかもできるじゃん?出ていかない言い訳を探してるように見える。

復讐ものではコッソリ内に溶け込んで内側から崩す作戦は鉄板だけど、辰の場合全然溶け込んでないんですよね。万珠屋の中ではとた以外誰にも心を開こうとしない影背負ったキャラで定着してる。自分から信頼を取りに行く行為をしてない。
そんな状態で怪しい行為を働いたら疑われても全然おかしくない。清次郎が斬られた時にでもちょっと「辰に気を付けろ」って言われてたら周囲は警戒してた。深夜徘徊も主人公に見つかり過ぎ。こんなガバ間者でも平然とやってこれたのは、結局無条件で信頼してくれる店や見逃してくれる清次郎に甘えてたからなんですよね。
復讐相手の懐に入って機を伺う作戦なら、それこそとたみたいに愛想振りまいて溶け込んで信頼を勝ち取って内心でほくそ笑んで、復讐を果たす時にはゲス笑い浮かべて相手を絶望に叩き落すくらいの気概は見せてほしいもんです。

まああえて信頼を取りに行かないのはわざと怪しい素振りを見せて、「本当はそこまで復讐する気はない」「本当は止めて欲しい」といいように解釈することもできる。
自分から溶け込まないのは「情が沸かないようあえて距離を取ってた」から。
または「表面上は距離を取りつつホントのところは家族と思ってる」など、「本当は情に厚く心の底では家族と思ってた」といい話に繋げることはできるっちゃできる。
けど辰の場合はガチで清次郎を殺そうとするし幕府に突き出すしで、いい話に繋げるのにも無理がある。辰の憎しみは紛れもなく本物。

・けど十年以上復讐の機会を伺ってたなら、その間に当時のことをもっと調べようとしなかったのか、とも疑問。
父親の借金を清次郎が肩代わりした~という事実が終盤で明かされて愕然としてるけど、この歳なら「父親は吉乃を身受けする金をどこから工面したのか?」とか一度でも思わなかったのかね。「大罪人の息子である自分が平穏に暮らしてるのは誰のオカゲなのか」とか考えたことはなかったのかね?「吉乃がいつ宝良を生んだのか」とか考えなかったのかね?色々と浅い。

・蔵での監禁パートも…なあ…。
こういうことを突っ込むのは野暮だと分かってるんだけど、まず言わせてくれ。風呂入ってないよね?
数日間ならまだしも季節が変わるくらい長期間監禁されてるならこれはキツイ。せめて体を拭くくらいの描写は欲しかった。監禁パートで密着イベがあっても「大丈夫?主人公臭くない?髪ギトギトしてない?」とまったく萌えられませんでした…。

それ以外でも蔵パートでは「運動のために外に出してくれる」イベとか「食事を一緒に食べてくれる」「好物の豆腐を出してくれる」とかの「本当は優しい人」イベが挟まれましたが、そもそも監禁しなきゃいいだけの話だよね????と思うと萌えは一切ナシの能面モード。監禁しておいて本当は優しいもクソもあるかよ。
主人公が風邪をひいて「なんで言わなかったんだ!」「俺はまた大切な人を失うのか…!」と添い寝してくれるイベも、おめーがこんなところに閉じ込めてるからだろとしか思えなかった。あんな蔵に長期間閉じ込めて体悪くしない方があり得ないだろ。監禁するにしても場所考えろや。ネズミや害虫だっているだろうに、あんな暗くて埃っぽいとこで布団敷いて寝るなんて若い女の子にとってはちょっとした拷問だろ。
これを萌えイベントとして書いてるつもりなら神経疑います。こんな仕打ちを受けて辰のことを好きになる主人公は、もうドMか聖母かストックホルム症候群か何かでした。聖女を通り越して異常。狂っとる。

逆恨み部分はまだ宝良ルートで分かってたけど本当に根っからの逆恨みで擁護のしようがないし、恋愛過程がコレだと萌えるに萌えられない。監禁してただけじゃん。
しかも主人公には絆されて「清次郎と宝良は許せないけど主人公は許す」とか何だその気まぐれガバガバ裁量?逆恨みだとしても復讐すると決めたならトコトン冷徹になれや。復讐にがんじがらめになってるのなら、一回くらい主人公を本気で殺すか葛藤して見せろや!
お前の復讐心はその程度かよ。復讐者としてもほんっっっと中途半端だった。

・まあ辰を擁護するとしたら、「清次郎ももうちょっとなんか言ったれ」ってことでしょうか。
結果として辰には全然家族として馴染めなかったし、傍目から見ても明らかに浮いてましたからね。
辰に殺されてもいいと思ってたのかもしれないけど、実際問題清次郎だけ命を投げ出せば済むって話でもない。
万珠屋の楼主は簡単に死んでいい立場じゃないし、本気で倒幕を目指すなら身内の不安要素は摘んでおくべきだった。普通に考えてこんな不安因子抱えてる状態で倒幕派として団結するなんてムリだろうに。身内の始末すらできない状態でどうして日本の未来を拓けると思えたのか。綺麗なことばっか言ってないで辰以外の家族と店の従業員+倒幕の志、これらと辰を天秤にかけて冷静に判断すべきだった。

「辰を息子として信じていたから言なかった」ではなく、
「辰に本当のことを言なかった」とも見える。
辰は清次郎と宝良に甘えていたが、清次郎もまた辰に向き合うだけの覚悟がなかった。

・全体を通して気持ち悪いのは、誰がどう見てもお手本のような逆恨みなのに、作中では「逆恨み」というワードが一切出てこないこと。この時代にはまだない言葉なんですかね。
それにしたって辰は可哀そう!辰も苦しんでる!俺たちは家族だから!と、誰も辰を責めないんですよね…。
そりゃ可哀そうな境遇なのは認めるけど、復讐の動機として逆恨みは下の下だし、実際やったこともヒドイ。辰のせいで清次郎は死ぬとこだったし主人公は監禁されたし倒幕はオジャンになるところだったんだよ…?
家族だからってなんでも許される訳じゃないでしょうに。元凶の清次郎は言えなかったとしても宝良ももうちょっと何か言えなかったかね?お前の親父殺されかけたんだよ?和助や白玖は部外者だけど巻き込まれるとこだったんだから、一言くらい喝いれてもよかったんだよ?

自分のやってることが最低な逆恨みだと自覚してる、でもそれを糧にしないと生きれなかった…というパターンでもない。というか生まれは悲惨でも育ってきた環境は極めて恵まれてるし。
辰が復讐者としても家族としても中途半端なのは、この優しく生ぬるく甘々な環境のせいだったと言っても過言ではない。

◆という辰ルートでした。
主人公が吉乃の娘と判明してあからさまに辰が冷たくなるところも、人間出来てるとたとの対比で辰がただただガキにしか見えなかったし、蔵パートあたりから能面モードでした。それ以降はずっと「早く終わらねーかなコレ」と思っていた…。
主人公が復讐対象になることは宝良ルートで分かってたから、そこで揺れるところが見たかったのにあの蔵パートだもんなあ。

次は白玖ルートいってきま~す。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ