FC2ブログ

ときめき逆転検事

2017.09.17 14:16|逆転裁判6
宣言通りがんがんいくよー!

中途半端ですが四話「寄席」と五話「革命」の途中(秘宝をめぐる法廷が終わったとこ)までプレイしました。
五話は毎回長くなるので覚悟してたけど本当に長くなりそうなのでここでいったん休憩がてら感想文。以下◎ネタバレ注意◎

◆逆転寄席。
・ぶっちゃけナルホド君パートのクライン王国での革命が気になりすぎて、舞台が日本に戻った時は「えええええそんなこといいから革命の話してよ!!」とちょっとがっくりきました。
これからいよいよ革命って時に寄席って…スケールの落差よ…。いやココネちゃんも好きだけどむりにココネ回作らなくていいんじゃない…?的な。
でもちょっとやってみるとめちゃめちゃ楽しかった。
もうずっとココネ回でいい!ユガミ検事が助手してくれるなら!!!

6gs11.jpg
逆転検事みたいにココネちゃんのスピンオフ作ってくれませんかね…逆転心理学とかで…。

・相変わらずナユタ検事はいけ好かないんだけど、ナユタの精神攻撃にユガミが反撃してくれたり、逆手に取ってやり返したり。

6gs14.jpg

こういう煽り行為ココネちゃんにはできないよね~。ココネちゃんにできない荒っぽい役割を引き受けてくれる感じがめっちゃよかった…。

・あとこのモーション?は6が初出なのかな?

6gs16.jpg

このあごクイってやるところがめっちゃかっこよかった。あ~~~やっぱ好きですこういう江戸っこタイプ。

・そんな感じで法廷中は頼れる厳しいセンパイ、という感じだったんだけど、

6gs18.jpg

法廷が終わってからのイチャイチャっぷり!!!
いや特別ベタベタしてる訳じゃないし、口調が著しく変わってるとかじゃないんですが、確実にイチャイチャしてるんですよね。すごいナチュラルにイチャイチャだった…。
しかも最後の最後、ここぞというところでちゃんと名前呼ぶとか心得すぎじゃないかこの男?乙女ゲーに出ろ…。御剣とガリューとユガミを攻略できるときめき検事作ってくれ…。一柳検事が尽ポジでロウ捜査官が隠しキャラで…。
でも「ときめき逆転検事」というネーミングは最後の最後でひっくり返そうでスリリングではある…。コツコツパラメータあげても最後の最後で発想を逆転される可能性ある…。

・顔面だけで言えば美風さん花魁タイプもかなり好みでした。

6gs12.jpg

6gs13.jpg

シュッとした眉と流し目が色っぽい。
こういう中性的な男性も好きなんですよね。通常時は普通に男っぽい顔なのがなお萌える。…まあ美風さんの場合女形というよりガチの女人格だった訳ですが。
一人何役かやる落語家がガチで多重人格だったというのは面白かったです。逆裁ってキャラの個性が激しく強調されるゲームだから、美風さんくらいの演じ分けなら普通にそういう演出だと思っちゃうんですよね。プレイヤーだからこそ騙される面白い仕掛けでした。

・最初からバッルーンの女の子が怪しすぎたので勘ぐってはいましたが、オチは笑いました。

6gs17.jpg

シリアスな感じでウドン生地とか言われても笑っちゃうから!!
ぼよんぼよん美女(?)のバルーンがバルーンだったのは内心ざまあwwwと思いつつ悲しい結末であった…。でもうまいことやるなぁ…とも思った…。

◆続けて五話一日目(VS清木)。
・ドゥルクこんなとこ来ちゃうんかい!!と思いつつ、オドロキ君との距離のある親子感がかわいかった。

6gs19.jpg

クライン王国で見た時はめちゃめちゃ怖い印象しかなかったけど、こうしてみるとただ思春期の息子との接し方がわからないパパだった…。お父ちゃん…。
ドゥルクとの冒険パートも楽しかったです。というか過去の回想みるとオドロキ君とドゥルク、外見にも似てる要素あるんだけどホントにただの育ての父なの?本当の親父じゃないのかな?短髪ドゥルクの襟足の跳ね方とか二股眉毛とかソックリなんだけど。
実はオドロキが実の子でナユタがよその子?取り違えた?それとも実の兄弟?とか色々考えてはみたけど、ちょっとよく分からない。でも絶対この二人似てるよね?

・何気に気になってたハルミちゃん。

6gs20.jpg

見たことあるポーズがいくつも見れて楽しかったです。
これでもう高校生なのか…。でも高校生でもやたらと小柄な子っているよね。

・法廷パートはまさかのオドロキVSナルホド!師弟対決!

6gs21.jpg

ナルホド君を殴りまくるの楽しかったぁあああ!!
ナルホド君の「とりあえず異議あり」も久々に見れて楽しかったです。そしてここでも捕まってるマヨイちゃん。途中から察してたけど、マヨイちゃんはもう通算何回捕まってんでしょうね…。殺人の容疑をかけられた回数を含めたら事件の半数くらいにはマヨイちゃんが絡んでる気がするぞ。そろそろ「事件の影にはやっぱりヤハリ」、を「やっぱりマヨイ」にするべきではないか…。

・軍曹はどうせ実は美少女とかなんだろ、と思ってたのでいざ出てきた時も驚きはなかったんですが

6gs22.jpg

このオチは素直に良かった。
「自分のせいで父が死ぬ羽目になった」と思い悩んでた軍曹の行動で真犯人が挙がり、キレーにトラウマ克服していく流れが見事でした。こういう「過去の弱かった自分、迷っていた自分の行動も無意味じゃなかった」という結末大好きです。

◆という四話&五話途中までの感想文でした。
いや~~~~しかし四話を見るとココネちゃんには完全にユガミですね。ユガココですね。
個人的にはオドロキ×ココネの後輩同士のカップルも好きだったんだけど、これはユガココです。間違いない。

でもそれで男女で二人組作ろうとすると、オドロキ君は自然とみぬきちゃんと組むことになるんですよね…。ドゥルクもみぬきちゃんのことを「嫁にするか?w」みたいに茶化してましたが、この二人って兄妹でしたよね???
いや別に恋愛ゲームじゃないんだから「絶対に年の近い男女はくっつけないといけない」なんて縛りはありませんが、うら若き二人が実は兄妹(当の本人らは知らない)というのは見てる方からすると穏やかな気持ちじゃいられないんですよね…まんま昼ドラ設定なんで…。
早く二人は血がつながってるって教えてやってくれー!そしたらこっちは普通に仲の良い兄妹として見れるからさー!

・何はともあれいよいよ次からクライン王国の革命だ!がんがんやるぞー!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です

(2013.5.21-)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ