FC2ブログ

やっとクリア

2018.11.26 17:30|DQ11
地道に攻略してはいたんですが、数か月前にネルソン第三の迷宮でスイッチをスルーし、何もせず一周回ってきたことに気付いた時ものすごく萎えてしばらく放置してたDQ11。やっと裏ボス撃破してきました。

・馬レースがんばった件。
これは萎え放置する前に済ましてたイベントですが。
ストーリー上で一度やった時の馬レースがダメダメだったので二度とやるまいと思ってたけど、ガイアのハンマーのためにはやらざるを得ないらしい。ええ~~~なんでそこ景品にしちゃうの…とは思ったけどたしか一回目は「売っぱらって今後の資金にするつもりだった」とか言ってたもんな…そりゃ景品にもしちゃうわな…。

ゴールドランクまではぐだぐだながらもなんとか初見でクリアできたんだけど、プラチナは2~3回やっても全然ダメ。試行回数少なすぎですがそもそもこういう類のミニゲーム大嫌いなので、もう勇者の剣諦めようかなあと思ってましたが、つべで動画見てから再挑戦。
とにかく小回りを利かせながらインを責めるというのが苦手なので、Xボタンを使ったリタイヤ戦法というのがかなり役に立った。リタイヤ画面になる一瞬、フワッと時が止まるのでその瞬間にコースを微調整できるっていうやつを利用して、最後の方でぎりぎりオグイを抜いて一位。
それでもボコボコぶつかりまくったし種も取り逃しまくったけど、クリアしてみると意外と呆気ないというか、どうして私はここまで苦戦してたんだ…?というちょっと不思議な気持ちになりました。つーかスタートダッシュのやり方なんて知らんやん!

・ネルソンの第三の迷宮は改めてやってみると最初のスイッチ二つはまだ序盤も序盤で、やり直すのもほぼマラソンだけで済んだのでそこまで萎えるポイントでもなかった。
なんというか色々寄り道しすぎたせいで全員のレベル上がりすぎ、スキルパネルも主人公以外もう取りたいところないような状態なのが逆にダメだったのかもしれません。シルビアなんか全部開いてたし。
そういう育成の楽しみもなくなってたので、後半はサクサク攻略しました。最後の試練も45手以内って話だったけど10~20手らへんであっさり終わった気がする。

ヨッチ族の迷宮は最下層まで行ったし石板クエストもかなり進んでいくつかの主人公像が出現はしましたが、もうさっさとクリアしたくなったので最後までは見てません。ドゥルダの試練や素材集めも同様。だいたいにおいて9割はやりこんだ、って感じでしょうか。
色んな素材を集めて装備を作って~って手順を踏みながら強くなっていくのは好きなんだけど、ある程度のラインを越えると飽きがくる。それを我慢してやり続けるとダレてまた放置しそうだったので…。ドゥルダの試練はけっこうシビアだしオリハルコン集めはかったるすぎた。でもリーズレットは神。リーズレットをグラブルの世界に連れて行きたい。そうだグラブルでDQ11コラボしてリーズレットにヒヒイロもらおう(真剣)

・ヨッチの迷宮は最初は「え~めんどくさ・・・」という印象しかなかったけど、終盤に行くと段々楽しくなってきた感じだった。
まずヨッチ集めから始めなきゃいけないのに、低ランクのヨッチはぽろぽろ死んでいくっていうのがやるせない。ピクミンのような趣がある。あとバリアの仕様もめちゃめちゃめんどくさかった。対応の色の必殺でしか破れないから初見のダンジョンなら全色連れていきたいのに、自動PT編成は色分けやランク分けでいちいち自分で選ばなきゃいけない。必殺ゲージをためるためには事前に戦闘しなきゃいけない→途中で体力削られるのもかったるいので、バリアの仕様はもうちょいなんとかしてほしかったなあ。あとヨッチの着せ替えとかそんないらねーから…。

それだけやって石板を手に入れても、石板同士で連携してたりどうしても詰まるところがあってサクサク進めにくいのもちょっとストレスだった。石板のクエ自体は楽しかったんですけどね。これは私が悪いんだけど、序盤の妖精の森のクエはベロニカ必須なのにベロニカが死んでる時間軸だったからクリア後までお預けだったっていうね…。

いやでも重ね重ね言いますが石板クエ自体は楽しかったです。やっぱり自分がやったことあるシリーズだと特に。
ルドマンのお屋敷ではとりあえず皆に結婚申し込んだし(グレイグが可愛かった)、DQ11で再びカラーストーンパズルができるとは思わなかった。しかもけっこう難しくなってやりごたえがあった。

・まあそんな感じで、色んな装備やクエが9割完成程度の中途半端な出来でしたが、ニゼルファス戦行ってきました。
つっても一戦目は途中でリセットしたんですけど。なんか回復役の二人(セーニャ・ロウ)だけが眠りとかマヒとか深刻な状態異常かかりまくって回復が追い付かずもうダメだこりゃ状態だったので…。もちろん装備でしっかり状態異常は対策していったし、セーニャに至ってはなけなしのスーパーリング付けて真っ先にキラキラポーンも自分に掛けてるのになんでそうスヤスヤビリビリしちゃうのかなあ!セーニャってそういうとこあるよね!前もなんかのボス戦で真っ先に休んでたぞ!
たしかその時も天使のサンダル履かせてたのに転びまくってたし、セーニャにはほしふる腕輪とかいつもその時の最強アイテム優先して持たせてるのになんか報われない印象が強い…。聖女だから悪い効果に弱いとかそういうのあるんだろうか…。

そんな感じで仕切り直ししたものの、二戦目はわりとあっさりクリアできました。
仮面剥がれ落ちてからが意外と早かった。

・という流れでエンディング。
命の大樹がドラゴンになって「あっそういやこれドラゴンクエストだった…」と今更思い出した。そういえば今作でもドラゴン特に探してなかったね…。
あとなんかやたら「私が闇に落ちた時は勇者がその剣で…」とフラグを立てまくってたけど、これはリメイクでさらに裏裏ボスになる布石?それともDQ無印に繋がってるのかな。DQ一作目はやったことあるような気もするけど記憶がおぼろげで話全然覚えてない。いややったことあるのは3かな…?DQって有名すぎて色んなところで取り上げられるから自分がやってないシリーズでもなんか知ってるような錯覚に陥っちゃうんですよね。あると思います。

最後賢者様が時間を遡っちゃうところはエッ!?ってなったけど、あの感じだと時間の玉を壊しても今いる世界線はそのまま続いてる…ってことでいいのか?そうなるとベロニカ死後ルートの皆は主人公をずっと待ち続けてるのか?とちょっと思ったけど、遡った今の世界では元居た主人公は消えている&みんなうっすら記憶が残ってることをアピールしてるところから、二つの世界は合流したと考えていいのかな…というかそう考えたい。私にはカミュくんを置いていくなんてそんな殺生なことできない…。

先代勇者が最後の戦いで命を落としたとこらへんでは、うっすら「あれ?じゃあ勇者の子孫ってどうなるの?直系じゃなくてもOKなのかな?」と思っていたので、賢者様が時を遡って勇者と再会というのはご都合というより必然の収束という感じで納得でした。この二人が結ばれなければ勇者の血を継ぐ者も現れないもんね。

◆という感じで長い長いDQ11、よーーーーやくクリア!!
まだやり残したことはあるけどこれ以上はしんどいのでこれにて終了です。RだかZだかなんかリメイクが決まってた気がするのでそれの発売前にクリアできてよかった。
勇者のお相手的には個人的にはマルティナ推しかな。かつての敵国の王女であり姉のような存在。今は友好国?の王女だし政治的にもいい相手。でもマルティナはグレイグもわりとアリだと思う…こう一回り年が離れてる感じが王族の結婚って感じがするし…いやでもグレイグは既に嫁いる可能性もあるのか?

それにしても主人公のお相手は村の幼馴染エマ、ご先祖様からの運命セーニャ&ベロニカ、同盟国の王女マルティナとより取り見取りで、やっぱ男は一般ゲーでも自然にギャルゲー気分を楽しめていいなあとしみじみ思いました!!別に私はがっつり乙女ゲーがしたいっていうよりこれの男女逆バージョンがやりたいだけなんだよぉおお!!!
という悲しい叫びを残しながら終わります。DQ11楽しかったですお疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ