FC2ブログ

孤独の観測者綿森楓

2013.05.03 16:19|夏空のモノローグ
やってる間じゅうずっと「孤独~の観測者~♪」ってシュタゲのOPが脳内で流れてました。そんな綿森ルート。

やりだしてから、ループ研究会を先に全部終わらせたいなあと思ったけど、しかしかなりの量があるのでこれを全部終わらせるのは骨が折れる。作業になってダレて話の本筋を忘れたら嫌だなあ…ってことで、ループ研究会は置いといて、やっぱり先に本編をクリアしてしまうことにしました。

nmp_watamori200x40.jpg

・内容はやっぱり綿森との恋愛というよりかは種明かしのターン。ループの謎とかツリーとの関連とかはすっきりまとまってたと思います。というかSFもの詳しくないから特に突っ込めない。
各キャラのED直後にまたループしていた…ってのは分かってたけど、その理由が「本心では明日を望んでいないから」っていうのはやっぱりやってきた身としてはガックリきますね。「攻略対象ではなく自分自身の問題を解決しなければいけない」ってことが重要ってのはまあ納得は出来るし、ループしたからと言っても無駄じゃない、積み重なってるからこそ明日があるんだ!ってことらしいのでまだ救われるけど。

というわけで今回ようやく気まずかった母親の話が出てきたけど、花束を持って帰る時の「きっとうまくいく。仲直りした後は、一緒に夕食を食べるんだ。」みたいなやたら前向きなモノローグは、失敗フラグがプンプンして辛かったw案の定気まずい電話を聞いてしまってモヤモヤする羽目に。と思ったら都合よく出てきた手紙であっさりと解決。しかし和解するシーンは不覚にもちょっと泣いたwこういうの弱いんだよ!!子どもと動物にも弱いけど!!

・ツリー=綿森と言う話が出たとこらへんから、「ああ、ループが終わったら綿森が消えるとかそんなんだろうな…」と思ってたら、「あと一度一年ループしないといけない」ということに。普通ならこのまま母と和解~友達も出来て科学部はなくなるけど皆ハッピー、大団円でおしま~い☆みたいな流れだと思ってたのでビックリした。このへんの理不尽さが夏空って感じがする。そう簡単にグッドエンド見せるかよ!っていう心意気が感じられるよね。まあ結局綿森も消えることになってたけど。
綿森が消えるシーンはね~…うーん。綿森のことは別に嫌いじゃないけど特別好きでもなかったし思い入れもなかったので、特に感動はなかったかなあ。ていうか数千年も生きてるんだから、もう休ませてやれよっていう。

・でもってここにきてまさかのエピローグ。これは…普通に良かったんだが…今までさんざんエピローグ見たいと思ってたし。
見事十分の一の確率に打ち勝って、科学部と出会ってワチャワチャして、母親とも友達ともうまくいって、都合よく綿森さんも若い姿で現出して仲良くなって、皆でついに30日を迎えて、この上ないハッピーエンド…なんだが!
個人的にはここは今までの夏空通り、無慈悲にサクッとED突入でも良かったとも思っちゃった…。部長の〆の挨拶、せっかく良かったのに台無しじゃないか…。最初に出たスチルがここでもっかい出るっていう演出も良かったのに。未来はどうなるかは誰にも分からないけど、でもきっと大丈夫だよね!希望があるから!っていう、今までの流れで終わるのがいいんじゃないかっていう…。まあ「ついに明日を迎える」ということこそが一番重要だったんだなあとは思うけどさ。ええ、ええ、分かってますとも。ゴネませんよ。私もなんやかんやで皆が幸せそうなの見れて良かったし、蛇足…とまでは思ってません。ええ。29日の夜、待ち合わせ場所に皆が早く来て、特に一番に綿森が来たっていうのは、今までのループでの流れ(前の周回の攻略キャラが一番先に来る)を汲んでて素直に良かったと思うし。ツリーピースの集合写真も見れて良かったし。
…まあ今思うと、各キャラのルートでエピローグがなかったのは「直後にループしてるから」以外の理由はなくって、「続きは言わなくても分かるよね?」っていう粋な計らいではなかったのね…。結局は夏空も普通の後日談大好きゲームだったのね…。いや別に後日談嫌いじゃないけど…。普通に好きだけど…。

・という感じで、種明かしと切ないシナリオ押しの空気で萌えとかはあんまりなかったかな。グリーンピースを食わず嫌いしてたとか、ハンバーグが好きとかはちょっと意外だったけどそれくらい。意外と言えば、主人公が科学部に入る確率は十分の一ほどで、それ以外の場合ずっと一人ぼっちということも意外だった。一人ぼっちの時に綿森さんが仲良くしてくれてたのはなんかちょっと感動した。ほんとにいつも見守ってくれてたんだなあという感じで。
カガハルが「数千回もループしているなら一度くらい先輩と付き合ってる時もあったかも」「0.1%の確率でも千回あれば一度は付き合える」と主張してたけど、ああ、カガハルルートで起こったことは凄まじい確率を潜り抜けてのことだったんだなあ…他の攻略キャラのルートもそうだったんだなあ…と思うと、なんだか感慨深い。同時に、次の一年で早々引けるほどの確率じゃないんだなと。ルートの一つ一つが、奇跡みたいなものだったんだなと。そこにもちょっとじーんとした。

◆という感じで一通りクリアしたので、適当に雑記。
・コマ割りになった時だけ出てくる綿森さんが美しかった。
夏空のモノローグ portable_0032watamori
立ち絵はあんまかっこいいと思わないんだけどこの角度は好き。

コマ入ってる時でないと見れない表情とかもけっこうあって、
夏空のモノローグ portable_0029
このぐったり後輩コンビの表情かわいい。特にカガハルのやる気なさそうな感じが。

夏空のモノローグ portable_0034
部長の泣いてるギャグ顔もかわいい。

そういや公式の人気投票で、部長がえらい喜んでたから前回何位だったんだ?って思ってPS2版の人気投票見てみたら、得票率0.8%でわろた。確かにこれは酷いwこの人気投票ってもしかして発売前だったんだろうか?部長ってすごいいいキャラだと思うの。

・明確にネタにしてる訳じゃないけど、ところどころ「これって…」と思えるネタがちらほら練り込まれてた。例えばコレなんか
夏空のモノローグ portable_0022

明らかにクーガーの兄貴の名言をリスペクトしてるように思えるんだがどうだろう?



◆各キャラの感想とかももう一度ざっと書きたいし、総評みたいなものも書きたいけど、それはループ研究会をすべて回収してからにしようかな。あ、予約特典のCDも聞かなきゃ。
ここからは作業になるのでいよいよ待ちに待った逆裁2も並行して始めちゃおうと思いますぐへへ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ