FC2ブログ

ハルトシルト編途中まで

◆グランシップは幽霊船的なアレかと思ったけど船がまるごと国になっているという楽しそうな世界観だった。今回は立ち寄っただけだけど、「まどろみ会議」とかいう単語も出てきたしこの後舞台になりそうな予感。

◆そんなこんなでハルトシルトへ入国。
・相変わらず雑魚が強いので町で休めるようになってからちょこっとレベル上げ。

・なんやかんやあってグラープ砦へ調査へ。
出てくる敵は全部ゾンビ系だったので、ほとんど祝福の盾無双だった。二つもいらんかなって思ってたけど意外と役に立った。コマンド選択がめんどかったけど。
一度だけブレイブ全開せずマトモに戦ったのだけど、ものすごく攻撃が痛くって消耗しまくりました。ちゃんと戦うと強いのねこの人達…。

・プリンちゃん対策に、今まで行った国をたらい回しのコーナー。カルディスラではちゃんとモブの台詞が変わっていて、細かいなーと感心したり。体力余裕だけどどうせならタダ飯食っていくか!と宿に行ってみると、カールさんが寝込んでおられた。これもこの後イベントありそうだなあ。カールさんの病が重くなって薬が必要になる、そのための薬草をどこどこから取ってこいみたいなそんなイベント。

・満を持してプリンちゃん戦。
ぶっちゃけ「アイドルでしょ?補助役でしょ?補助するっつってもモブだし大したことないっしょ?」と侮っていた。
召喚されたモブは、耐久は雑魚レベルなので簡単に倒せるが、二匹とも倒すとプリンちゃんが召喚してしまうので一匹は残して戦わなければならない。私は斧兵を残したのだけど、コイツが物防ダウンの強烈な一撃をかましてくるので非常に痛い。その上あっちはプリンちゃんの歌で攻撃上がってるのでHPを満タン近くまで保ってても一発で持っていかれる。しかもプリンちゃんの単体攻撃も意外と痛くて、二人の攻撃が一人に来るとまず死ぬ。相手の素早さも高いので、リカバーするのも遅れて回復する前に更に別のキャラが倒されたりと、どうしても後手後手になってしまう。
どうすんだこれ(´⊆`)と思ったけど、相手の素早さが高いなら下げてしまえばいいじゃない!!ってことで、足の速いリングアベルで先に動いてスロウガをかかさず掛けることにしました。それでも一匹には先手を取られたりもするんだけど、かなり安定して回復出来るようになり、その後は順調に削って倒し切れました。
ここにきて時魔法がこんなに活躍するとは…!スロウもヘイストも「素早さ上がるっつってもこのゲームターン制だしそれほど重要じゃないよな」とか思ってましたが考えを改めます。先手で動けるようになるってのはボス戦ではものすごい大事だっ!!まー後々スロウが効かないボスも出てくるだろうけど、その時にはヘイスガ使えるようになってるんじゃないかな。

あと何気に白魔の「天使の加護」が強かった。これのおかげでアニエスが一度も死ななかった気がする。

・続いてミスリル鉱山でカダ戦。
こいつは明らかに毒攻撃してくるって分かってたのに毒防止アクセ付けるの忘れてたよ(´・ω・`)
9999ダメたたき出してくるダークブレスは当然即死だし、毒ハイポは地味に痛いし、リジェネはけっこう回復するしでめんどくさい敵でした。
即死攻撃のリカバーを素早く安全にするために、カダ戦でもリングアベルのスロウが役立ちました。攻撃魔法がクエイクしかないから微妙だなって思ってたけど考えを改めるよ!強いよ時魔導士!

◆とりあえず新しく二つアスタリスクが手に入ったのでジョブ雑感など。
・スーパースターも薬師もどっちかってーとサポート役で、自分の力でガンガン戦っていく職ではない印象。
スーパースターの歌もサポートには便利だけど、時魔導士のサポートも重要なんだよなあ。使うかは今後覚える歌にもよるな。薬師は特性の治療の知識が美味しい。これティズあたりに覚えさせたいなあ。しかしけっこうレベル上げないと覚えないだろうな…。「調合」はどんな効果が出るのか分かんないのだけど、今まで無暗に敵から色んな素材盗んでたので、多少はそれを生かしたいという思いもあったりなかったり。
とりあえず中心に覚えさせてるジョブは皆だいたい9になってきたので、ちょくちょく他の職も育てておこうかな。Lv10は必要jpが多すぎて今あんまり育てる気にならない…。

・「盗む」が大好きなのでティズはシーフで使うことが多いんですが、シーフはどうも火力が低い。今ある最強の短剣を持たせても、雑魚に全然攻撃が通らない。やっぱり弓じゃないとダメかー。と、弓を持たせたらそこそこ戦えるようにはなるんだが、やっぱり「盗む」以外には地味…。とちょっと考えてたんですが、ふと思うことあってジョブコマンドに「魔法剣」を付けてみました。するとどうしたことでしょう、弱点属性のある雑魚相手には面白いくらいダメが入って一躍エースに躍り出ました。シーフ×弓×魔法剣強い(゚▽゚)!!しかも魔法剣で弱点突けるから狩人じゃなくても弓の必殺技が出せる!
いやー、こういう組み合わせで強くしていくってのがこのゲームの醍醐味ですよね!特にフィールドでは三属性弱点が多いので無双出来ます。
シーフは弓適正がAなので、狩人に変えて「弓の達人」も取っておきました。三属性が弱点じゃない敵が多いダンジョンでは、コマンドを弓に変えるってことも出来るし。
とりあえずティズは今後、シーフ+魔法剣士+狩人中心、あと薬師もちょこっと育ててみたい。

・イデアは今魔法剣士と狩人中心で育ててるんですが、どちらもLv9になっちまった。このままひたすら育ててもいいんだけど、必要jpが9→10でいきなり上がるので他の職もちょこちょこ育ててアビリティを覚えたいところだなあ。
物理一本のイデアはモンクとかも鍛えたいと思ってるんだけど、どうもモンクも武器が弱いのしか売ってない…。なんかモンク冷遇されてないか…?何か強いナックルが来るまで保留かなあ。それか他に強い物理職が来れば…ストーリー展開的に次は忍者と海賊とソドマスのアスタリスクが手に入るっぽいから、それまでは魔法剣士と狩人鍛えて待ってるかなあ。

・アニエスは相変わらず魔法大好きっこ。白と黒が9まで上がったので、時や召喚もそこそこ育ててます。

・問題のリングアベル。前に「リングアベルは魔攻が高いから攻撃魔法全般やらせて、白魔は知力がそこそこあるティズにやらせる」みたいな話をしてたんですが、やはり物魔両方育てようとすると色々と面倒なんですよね…。白育てようと思ったら自然と杖やロッドを持たせることになるし、ロッドを持たせるならコマンドには攻撃魔法を入れたくなるし、ということは黒や時も一緒に育てる必要が…。というわけでティズで白だけ育てるってのは効率悪そうなのでやめることにしました。
同時にリングアベルに白を覚えてもらう必要が出たので、ぼちぼち白のレベル上げ。召喚はちょっとだけ育ててみたが、やはり召喚魔法自体が強すぎるせいか、サポアビは微妙なものや召喚専用のものが多い印象。攻撃魔法はアニエスさんがいるので、リングアベルは召喚はやめることにしました。
赤もそこそこ育てて消費MP減少という神スキルを覚えたけど、コストが3なのが痛い。「アドレナリン」も神スキル!って思ったが、雑魚戦ではブレイブ全開でどっちにしろ1ターンで決着が着くので今はいらないかな…。
とりあえず白・黒・時の魔法職を中心に育てていこうと思います。スーパースターもちょっと気になる。商人も金稼ぎ用に育てたかったんだけど微妙だなあ。

◆本編の内容について。
・アナゼルがヴィクトリア&ヴィクターと喧嘩し始めた時ばかりは元帥閣下が幼稚園の先生みたいで面白かった。そしてアナゼルが腹を抑えながらフェードアウトして画面転換すると同時に同じ方向から腹を抑えてやってくるリングアベル…。あ、怪しい…。これ明らかに「アナゼル=リングアベル」って言ってますよね。あからさま過ぎますよね。個人的には二人は同一人物ではない、いや同一人物だけど別の個体っつーか、つまりリングアベルの裏切りみたいなイベントはないと思ってるんですけど。あれは伏線なのかミスリードなのか。イマイチ対象年齢が分からないので見当がつかない。

・ハルトシルトで宿に泊まると何やら鬱になっているティズのイベント。そしてカナリア少年のイベントではやけに冷静さを失うティズ。ティズはノルエンデ村壊滅以前に何かトラウマでもあるんですかね。実はカナリア少年のようなことをやらされてたとか?メフィリア戦でも何か言われてたし、ティズの出生にもまだ何かありそうだ。

・ちょこちょこDの手帳を読み直してるのだけど、ここでアナゼルはマグマに落ちるんですよね。そしてカダに治療される。しかしカダはもう死んだし、そもそもリングアベルは三人と対立なんかしてないし、色々と前提が違っている。
今はただの便利な予言の書ですが、今後どう関わっていくのか気になるところである。そしてそろそろ手帳の終わりも近い。四章でアナゼルと決着なのかな。となると当然リングアベルとも顔を合わせることになるんだし、早く続きがやりたいー!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ