FC2ブログ

絶望いっぱい四章終了

◆本編を進める前に、飛空艇でしかいけない場所を色々走り回ってみた。
ハルトシルトやフロウエルなんかの、山によって進めなかったところに新しい敵出るかなって思ってウロウロしてみたが、陸地続きの場所はその土地と同じ敵が出るらしくて特に目新しい発見はなし。
北東の氷の島も歩き回ってみたけど、ここでも新しい敵は出てこなかった。
ツマンナイのー(・ε・)と思いつつ、意味もなく半輪状の島をぐるーっと歩いていると、突然どこかに入りムービーが始まったΣ(=゜ ェ ゜=)コンジャラ爺さんの隠し召喚スポットらしい。属性がよく分からんのでとりあえず魔防だけ上げて挑んで、スサノオもらえました。わっほい。しかしまだ使えない。

◆jlが上がるにつれて必要jpがインフレしだし、どんどんアビリティを覚えていけないので若干ダレてきました。しかしとりあえず四つのクリスタルを解放してエアリーの本性だけ見てしまいたいっつーわけで、サクサク本編進めることに。

・雪男戦。
見た目はモブの色違いなので侮っていた…。範囲攻撃が痛くって一回全滅したので、きちんとサポートアビリティ等で水耐性付けてからリベンジ。

・道なりに歩いてエタルニア到着。
ここのBGM切なくてすごく好きだな。こういうBGM大好き。そして病棟で「この子の医療費を何年も払い続けてる人がいて…名前も名乗らずに…」みたいなこと言ってる人いたが、これ絶対ナジットでしょ!!病気の女の子が身内なのかただの孤児なのかは分からんけど絶対ナジットでしょ!

魔法はガ系ダ系が手に入ってウハウハでした。しかし色々浮気して育ててたせいか基本的にレベルが足りなくて使えない。いくつかは使えるようになったものの、どっちにしろ必要MPがえげつなくてなかなか気軽に使えませんね…。ラ系を使えるようになった時もそうだったけど、そのうちガンガン使えるようになるのだろうか。

・本部への道のり。
基本的に安全に生きたい私は、一番無難な「そこそこ強い敵がいる、そこそこ近い道」を選びました。ドラゴンゾンビは普通に倒せたけど黄泉がえりで蘇生された時はちょっとだけ絶望した。その上後からフェニ尾やレイズで即死出来ると知って更に絶望した。

・ヴィクトリア&ヴィクター戦。
正直この二人とはまだ戦いたくないと思ってたので、ムービーや台詞が入ると「撤退して!撤退してくれ!」と願っていた。しかし結局最後まで戦うことになった。
ヴィクトリアの毒からの滅がキツかった気がするので、毒対策だけはしておいたのだけど、これがけっこう有効でした。
あとはヴィクターがケアルダを使うので、定石通り回復から倒していく戦法を取ってましたが、ヴィクトリアの死の宣告が鬱陶しいのでヴィクトリアから先に倒した方が良かったかもしれない。ヴィクターケアルダ一回しかしなかったし。
この二人からはなかなか良い杖とロッドを盗めたのが良かった。未だに氷のロッドとか賢者の杖とか使ってたからね…。杖やロッドて、新しいのが手に入っても物理攻撃力が上がるだけのゴミがけっこうあるのよね…。

・本部を駆け回ってお父様戦。
事前に何度もムービーが入ったので、次はお父様がくるなと分かってたものの、お父様に限って弱点属性とかないだろうし特別対策とかは立てられなかった。唯一忍者イデアにリッパーナイフ持たせたくらい。人型特効武器って何気に貴重よね。

・土の神殿攻略。
ここがまためんどくっさいダンジョンだったー!こういう複雑なマップやめてくれませんかね!こちとら空間把握能力皆無なんですよ!!出てくる敵もいやらしいのが多かった。アースランタン四匹にアニエスのエアロガ四発撃ちこんでも一匹も落ちなかった時には軽く絶望した。こいつら素早いうえにクエイガ撃ってくるし物理も痛いしツライ。しかしめんどくささで言えばメイルドラゴンは一級品であった。サンダガ剣4ターンぶんぶちこむタイミングでデフォルトされた時には軽く絶望した。その上突進攻撃は痛くってデフォルトしてないとまず死ぬ。更に経験値まずいと三重苦。いや、逃げにくいことも合わせると四重苦か…。あまりにもめんどくさいので、アビリンクですっぴんカンストしてる人から「とんずら」借りて逃げてました。

・ギガースリッチ戦。
道中、聖属性の武器がいくつか手に入ったので、「これ使えってことだろうな」とは思いつつ今使ってるジョブに対応してる武器がなく結局使えなかった。モンクとか使いたかったんだけどな。ということでギガースリッチに対してはとにかく火力でゴリ押し。
しつこいくらい何度も自己バフ入れてくるので、リングアベルは数ターンごとにデスペル&スロウをする係りになっていた。

・色々やってアナゼル戦。
エアリーから念押しされるので、何かしらボス戦くるんだろうと準備はしていたけどアナゼルかー。イデアにリッパーナイフ持たせときゃ良かった…。「闇」や物理攻撃はきちんと回復しておけば耐えられるんだが、中盤から使ってくるサガク剣がヒジョーに痛かった。まず即死なうえにほぼ毎ターン使ってくるので、回復に必死。とにかく早く復帰させないと頭数がどんどん削られていくので、ティズの調合リザレクションが輝きました。
召喚アニエスと忍者イデアが主なアタッカーなんだけど、地味なダメージで「相当時間かかるぞこれ…」って軽く絶望してたけどいつの間にか倒せました。後から知ったけど「闇」かなんかのスキルが自分のHPを削る技みたいなので、そのダメが地味に溜まってたんだろうな。
そして「嫁にしようと思ってた」発言可愛かった。なんでこんなところで笑いを取ってくるんだ!

◆以下本編感想。
・やっぱり公国側だったエロジジイ。しかしここにきてまだ巫女一行を救ってくださる。彼はお父様の思想に賛同してはいないんだろうか?それとも巫女に何かを見出したんだろうか。

・明らかにクリスタルは解放しちゃいけない雰囲気なのに、お父様もアナゼルも怒るばかりで絶対に理由は話してくれない。「そんな浅はかな娘に育てた覚えはない!!」って怒られても、しらねーよじゃあとっとと教えろよ!!って思うよ。アナゼルも最後の最後にお父様から話を聞いて「そういうことだったのか…」とか言ってるし、それで「お前は何も分かってない!」って怒られてもお前もちょっと前まで分かってなかったやんけ!こっちにも教えろよ!!ってなるよ。シナリオ的にプレイヤーには理由を教えられなかったとは分かってるが、違和感がスゴイのでここんとこもうちょっとうまくやって欲しかった感。オマエラが察してちゃんせずサクッと教えてくれたら良かったやん説。

・アナゼルの仮面が割れ、案の定リングアベルの顔が。これ、もっとリアルな等身のゲームとかアニメとかだったら絵になる衝撃のシーンなんだが、BDでは可愛いのでどうもシリアス感が出ない。覆面リングアベル可愛いよ。
予想通りリングアベル裏切り説はミスリードだったけど、リングアベルとアナゼルの微妙な反応が気になる。アナゼルが無反応だったのは「必死だったから」でもなんとか理由が付きそうだけど、リングアベルのあの反応は何なんだ。ただ単に困惑してるだけ?

・そして光に包まれループ!五章突入!!さあ本性を見せろエアリー!!と思ってたけど、まだ普通だった。
しかしループつっても別の世界にいる(別のティズ達がいる)世界なのか、単に過去に飛ばされたのかも分からない。五章入ったらちょっと休憩しようかと思ったけど気になるのでもうちょっと進めようと思います。とりあえずエアリーが本性表すとこまでは見たい!

・土の神殿で意味深な文献が落ちていた。お父様がアンチクリスタリズムに傾いた理由は分かったけど、クリスタルを何故解放しちゃいけないのかはまだ分からんね。
あとクリスタルに着いてる魔物は公国軍が作った人造動物なのかな?とふと思ったけど、そうなるとクリスタル正教の文献になぞらえて魔物を作ることもないよなあ。皮肉としてあえてなぞらえたのかもしれないが、お父様がそんなユーモアのある人にも思えない。

◆ジョブ雑感。
・魔人、導師、聖騎士と、強そうなジョブがモリモリ手に入ったけれど手ごわいダンジョンではなかなか育てられなかった。とりあえずアースランタン対策にエアロガが必要になるので、白魔法消費MP減少を取るためアニエスをちょっとだけ導師で育てました。聖騎士や暗黒騎士も育てたいのだけど、それよりまずは何を置いても二刀流が欲しい。

・今回は公国に乗り込むということで、どこで休憩が取れるのか分からず怖い進行になりましたが、薬師の治癒の心得→拡散でエーテルターボ撒くのがウマイ(゚д゚)一個なら単体150MPを、これで300MP×4人ぶん回復とか高性能過ぎるやろー!!
ということでMPは割と余裕を持って動き回れました。つってもガ系のMP消費は激し過ぎるので、リングアベルにはコスト3使ってでも消費MP減少アビリティを付けておきました。アニエスも今回は白だけ取っておいたけど、そのうち赤にして取りにいかなツライなー。ガ系は消費MP減少アビリティ付けなきゃろくに使えないわ。

◆続きが気になるのでもうちょっと進めてきます。まずはアナゼルの手記を読むところから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ