FC2ブログ

フライング・フェアリー

◆六章、四つ目のクリスタルを解放する前に色々と雑用。
・まずはユルヤナの老子の元へ。ここでようやくアニエスにも敵が分かったってーことでしょうか。そうなるとイデアだけ除け者になってかわいそす。
老子も直接的なことは言わないものの、「クリスタル壊してもええんやで」とめちゃめちゃ言ってくるので四つ目は壊すことにした。とここで決めた。

・カミイズミ関連のイベントはフラグによって大きく変わるっつーことなので、この辺りは攻略サイト見ながらきっちりこなしました。結果、うまく回収できたようできちんとカミイズミ生存成功しました。今思うとカミイズミから盗めるロケットはそういうことだったのだなあ…と感慨深い…。結局「最後の稽古を付ける」という理由で戦闘自体はあったけど。稽古で死んだハインケルとは一体…

・いい加減ヴァインパイア城のイベントこなそうと思ってキーストーンをめぐる旅へ。各大陸のドラゴン戦は、イージーだからあんま大したことないんだが強制弱点付与からの範囲属性攻撃はけっこうキツくて柔いキャラはゴッソリ削られた。

・でもってヴァンパイア城。各フロアの絵で徐々に語られていく演出が面白かった。レスター卿を不死に変えたのは謎の悪魔?の存在と種明かしがされたが、結局その悪魔って何やねんと言われたら解決してないよね。そこんとこはファンタジーと流すべきか。ユルヤナ老子が人間の身でありながら不死なのは、Dの手記でさらっと「不老不死の方法を編み出した」みたいに流されていた。

・次はユルヤナ老子のイベント。「六人会議の間に来い」と言われた時はそこで戦うのか!?とガッツリ準備したのに何もなく、逆にイデアの部屋に入った途端アナゼル戦が始まってびっくりしました。どっちにしろセーブしてたからいいけどさ。
各キャラのイベントをこなし、各キャラゆかりの人物に会うというサブイベ集だったけれど…お父様がギャン泣きしてたのが印象的だったなあ。やっぱりあんなにいかついお父様でも娘は大事だったんだな。そして何よりティズですよ!ティズがずっと引きずっていた弟との再会!!これはちょっとくるものがありました。やっぱ主人公はティズだと思って感情移入してるから余計にねー。死んだと思っていた弟にこんな風に縋られたら無碍に出来ないよねー。
最終的に全員前に進むことを決めましたが、私だったらこの世界に残る道の誘惑は振りきれなかったかもしれないなあ。リングアベルだけじゃなく、今や全員が「世界の孤児」になってしまった世界で、こんなにも誰かに求められたらなかなか振りきれないよ。

・このあたりでタイトル画面に戻ったら、「フライングフェアリー」のロゴが出てアレ?って思ったんだが、「F」の部分が赤く染まって消え、「LYING AIRY」となり、ウホッ(゚∀゚)となりました。なるほどこういう仕掛けだったのねー!英語に慣れ親しんでる人なら割と早くに気付いたのかもしれないね。

・でもって手に入ったヴァンパイアと魔界幻士。どっちも見た目は超可愛い!しかしヴァンパイアは歴代青魔導ポジなのかな。この終盤に来て技を覚える旅に出るのはめんどくさすぎる。そしてやるなら攻略サイト見ます。
魔界幻士は「ターンでMP回復」とか「戦闘後MP回復」とかMP関連が強すぎる!ステ的には物魔両方いける感じなのかな?それでもどっちか極めるのなら素直に物理職、魔法職に就かせた方がいいんだろうが、自己バフの効果が凶悪過ぎるのでアタッカーは全員これ付けていい気がする。というかMP関連のサポアビ優秀だし全員これで育ててもいいだろう。可愛いし。

◆そんなこんなで四つめのクリスタルを破壊しました。
・ここでようやっと豹変したエアリー。思ってたより醜悪なフォルムだった。個人的にはもっと黒みがかってると思ってた。そして声も二重音声になっててなんだかな…もっと素のエアリーの声で口汚く罵って欲しかった!まあラスボスっぽい声ではあったけど!

・闇のオーラはさすがにラスダンだけあって良いアイテムがゴロゴロしていた。道中の敵はイージーなのでサクサク。おそらくイージーだともっと対象レベル低めなんでしょうね。今のレベルでは無双状態でした。

・そんなこんなでエアリー戦!
ラスボスだっつーのに、まさかのリングアベルが「ジョブ:白魔、コマンド:白魔」という凡ミスを犯してしまい、「まあイージーだしゴリ押し出来るかな…」とは思ったけどさすがにリセットしてやり直しました。さすがにラスボスでこれは酷い。
そしてラスボスっつーからには「耐性:闇、弱点:光」とかかと思ってたんですが、まさかの「弱点:火」の虫だった。…確かに背中からいっぱい羽生えてたけど…ラスボスが虫って…。狩人のムシキラーで9999ダメ出るボスって…。

けっこうムチャな攻撃もしてきた印象ですが、やっぱりイージーだけあってヌルゲーでした。しかしこんくらいぬるい方がサクサク進んでいいかもしれない…。スパイクガードがイマイチ分からんかったが、あれやってる時は防御アップ→殴ったらカウンター発動みたいなそんな感じだろうか。火の神殿の脳みそはガード状態に入るとまったくダメが入らなかったので、それよりは柔い印象。それとも難易度イージーだから通るようになっただけ?

◆というわけでエンディングを見てきました!
・エアリー戦でも経験値が入るとこらへんから「ん(゚ω゚)?」と思い始め、エアリーがあの方云々言い出したとこらへんで確信しましたが、エアリーは前座で真のラスボスがいるみたいですね。クリア後もクリスタルを壊す前の状態で戻らされました。エアリーの羽のカウントダウンを最後までやりきったら、その時真のラスボスが現れるという感じかな。
エアリーの性根を知ってる状態で、エアリーと共に旅をするのは非常に薄気味悪いものがありますが、ぼちぼちやっていこうと思います。

・真のラスボスの脅威はまだ残っているけれど、ひとまずしばらくは世界に平和が戻りましたよって感じのEDなのかな。
最後にティズ達はみんな自分の世界に戻ったけど、リングアベルが戻った世界だけが気がかり。リングアベルはティズ達と同じ世界に戻ったのか、それともその一つ前に戻ったのだろうか…。グランシップに花を添えているところを見ると、やはり一つ前なのかな。そうなるとイデアとは離れ離れになってしまうけど、物語的にはその方が綺麗な気がする。悲恋好きなもんで。

・エアリーの羽が数字を現していて、それが世界を移動するたび減っていく…という話を聞いた時から、移動した数はせいぜい7~8回くらいと思い込んでいたんですが、エアリーや他キャラの口ぶりからするとものっすごい果てしない数を繰り返しているということなのかな。レスター卿とユルヤナ老子が出会ったアニエス(天使)というのも、未来からトリップしてきたということではなく、別の世界のアニエスがリアルタイムで逃げ延びてきたのかもしれない。ということは、それこそ1500年前からエアリーはこの作業を続け、その数だけティズ一行は殺し殺され続けてきたのだろうか…。色々とはんぱないな…。

◆6章の四つ目のクリスタルを解放(暴走)したらまた次の世界でサブイベ&クリスタル解放祭りになると思うとめんどくさくってたまらんのですが、真EDを見るまでのんびりやっていきましょうかね。真EDではメフィリアがティズに対して言っていた台詞が回収されるのかな。あれ地味に気になってる。

問題はジョブだなー。それぞれいくつかマスターしてるジョブが出始めて、何を育てようか迷う。貧乏性なのでカンストしたジョブを使い続けるってのはjp勿体なくてできないし。
今はアニエス、リングアベルを魔法型、ティズ、イデアを物理型で育ててきましたが、それぞれ魔法職と物理職を網羅し始めたら役割を交代することになるかも…。交代期間はヴァンパイアや魔界幻士などのどちらでも使える強ジョブや、薬師、スーパースター、商人などのサポート系のジョブを経由するといいのかな。
んまーのんびりやっていきます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ