FC2ブログ

500円でTOKYOヤマノテBOYSできるよ!

2014.08.13 02:14|TOKYOヤマノテBOYS
TOKYOヤマノテBOYS Portable
ぶっちゃけTOKYOヤマノテBOYSを初めて調べた時に感じたのは、
・声優は好きな人多いけど絵柄は趣味じゃないなあ
・ネタゲー、バカゲーって感じ?
・キャラ萌えありきでシナリオには期待できなさそう
とお世辞にも良い印象ではなく、即購入候補から外れました。よっぽど安くでもならない限り買うことはないだろうと思っていた。

…。

よっぽど安くなってるんですねえ…。
5pb.のDLゲームが13日から27日まで大幅値下げ。
乙女ゲーではPSP版TYB三作とビヨンドザフューチャーがそれぞれ500円。乙女ゲーじゃない有名どころではシュタインズゲートとかもセール対象。

500円なら例え合わなくても財布に痛くないし、むしろ話のタネにもなって良いくらい。
しかし三作一気買いはさすがにまったく趣味じゃなかったらムダになるな、という訳でまずは一作目のHONEYMILKだけ購入。セールは13日からですが、12日の夜に覗きに行った時は既に500円になってました。


TOKYOヤマノテBOYS Portable HONEY MILK DISC (通常版)TOKYOヤマノテBOYS Portable HONEY MILK DISC (通常版)
(2012/12/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


やりかけの乙女ゲーが他にありますが、とりあえずハニーミルクの誰でもいいから一人か二人ガーッとクリアして、そこそこ楽しめたら27日までに残りの二作もDLしちゃおうという魂胆です。

という訳で割と台詞サクサク飛ばしながらガーッと進めて一周終わらせてきたので、ざっくりと感想。

・なんというか最初に抱いていた印象は、あながち外れてなかったなあ…という感じ。とりあえず今んとこキャラ萌えゲーっていう印象です。全員攻略したら真相ルートが解放されるらしいので、そこ見たらまた印象変わるかもしれませんが。

・そういう設定ってのは分かってたけど、告白大会っていう舞台自体が合わなかったなあ。
乙女ゲー的には「最後には運命の彼と結ばれてハッピーエンド」と綺麗に収まる訳だけど、要するにTYBは「主人公を落としたら勝ち」っていうゲームな訳で。主人公は単にジャッジを下す係りな訳で。
その中で甘い言葉で囁かれても、ぐいぐいアピールされても、「TYB関係なく君のことが知りたいんだ!」とか言われても、「はいはい点数稼ぎ乙」としか思えないのは私の心が荒んでるのか。

そういう訳で攻略対象の三人にもなかなか警戒がとれませんでした。TYB期間中は一生懸命口説いてくるけど、終わった途端用無しとばかりにポイ捨てされるんじゃね?みたいな。二之宮君なんか外見は金持ち王子キャラって感じですっごい裏ありそうだし、共通ルートでは献身的に尽くしてくれるけど個別ルートに入ったら「てめーみたいなブスにこの俺が本気になるとでも思ってんのか?」とかすごい言いそう。って思ってた。まだ彼は攻略してないんで裏がないとはまだ言い切れませんが。
しかし正直なトコ、こういう設定ならそういうキャラを主人公が一生懸命攻略していく、っていうシナリオの方が好きかもしれません。別にM嗜好がある訳じゃありませんが、何をしたわけでもないのに最初から好感度MAXで口説いてくるキャラって信用ならんのですよね。説得力がないっていうか。外見とか抽象的なこと(君と一緒にいたら不思議と素直になれるんだ~みたいな)を理由に口説かれても、「他の女にも同じようなこと言ってんだろ」って思っちゃう。元々ナンパキャラ嫌いだし。

んまー、だったらこのゲームすんなよと言われたら言い返すすべもございません。
とにかくイケメンにチヤホヤされたい!口説かれたい!という人はものすごく楽しめるのだと思います。私はなんか勘繰っちゃってダメでした。

・キャラ同士の掛け合いやギャグも正直面白い…とは言えなかったなあ。
用語辞典とか「イイネ!」の子とか、笑わせようというポイントはあからさまなくらい分かるんですが、あからさま過ぎて寒いというか。特に序盤は内輪で盛り上がってる感じがしてほんとにつまんなかったです。二日目くらいからだんだんキャラの性格や関係が見えてきて、多少はほのぼのできるようになったかなという感じ。

とりあえずさっくり一周やって感じた印象の変化は、
岬君はチャラ男バカキャラ→いじられキャラでちょっぴりヘタレ「的な~!?」がウザいがくせになる
二之宮君は裏のありそうな富豪クールキャラ→金銭感覚ぶっ飛び過ぎて一般常識の欠けたボケキャラ。秀才と見せかけて「想定外」「計算外」が口癖で何も予測できてない。所謂勉強のできるバカ?岬君のことはトコトンいじるがあゆむ君に対しては意外と普通に接してるので、庶民だからと言って見下す訳でもないらしい
あゆむ君はゆるふわ電波キャラ→と思いきや意外と常識人で普通に良い子

っていう感じです。まだあゆむ君しかクリアしてないんで岬君と二之宮君の印象はこれからも変わりそうですが、警戒してたような豹変キャラはいないようなので、口説き文句はたぶん安心して聞いてもいいのだと思う。

・でもって今回攻略したあゆむ君の感想をば。

TOKYOヤマノテBOYS Portable

しょーじき外見は奇をてらい過ぎた感があって服装も髪型もマロ眉もまったく好きじゃない。頭に着いてるやつなんなの。
しかし電波な外見とは裏腹に、意外と常識人でおじいちゃんおばあちゃん思いのいい子、というギャップは良かった。立ち絵だけ見た時は「ぴろぴろぴ~ん☆ミ魔法をかけてあげりゅぅ~♪」とか言うゆるふわ電波キャラかと思ってた。
何より代永さんの不自然過ぎる関西弁が愛しい。もうお手本のようなエセ関西弁ですね!まあ実際エセ関西弁っていう設定らしいからこれで正しいんでしょうけど、エセっぽく聞こえるように演技してるんじゃなくて普通にエセなんだろうなと思えるエセっぷりだった。

個別デートは三日しかないのにも関わらず、好きになっていく過程が意外にも自然で良かったと思う。が、TYBの仕様上、序盤から惚れてる描写がガンガン入るのでやっぱり説得力がないというか、ギャップがないというか…。デート最終日に「大好きだよ!」って言われても、「うん、最初から言ってたよねソレ」って思っちゃうのはやはり私の心が荒んでるからなのか…。落とした!!っていう達成感がないんですよねー。ツンツンがいいとは言わないけど、やっぱり最初はちょっと距離ある~普通くらいのキャラの方が好きだなあ私は。

個別ルートの流れは終始ほのぼのしてて、無理なく収まってたと思うんですが、主人公が漫才代役するところで「何か適当に喋って、俺が突っ込むから」と言うのは無茶ぶりにもほどがあるだろと思いました。まだツッコミの方がやりやすいと思うの!ツッコミさせてえええ!

◆という感じでさっくりとTYBハニーミルク一周目、あゆむ君ルートが終わりました。
面白いか面白くないかで言えばあまり面白くない…と言わざるを得ない。けど500円ですからね。500円でこのクオリティなら全然オッケー。とりあえず残りの二人も攻略して真相ルートを見たいと思います。

で、残りの二作を買うかどうかですが…うーん。
他にもやりたい積みゲーがあるから、いくら安いっていってもスルーするかなあ…と思ったんですが、他のキャラ紹介を見ると色々濃すぎて気になる。スーパーミントのルーシーとか意味不明だし。あとダークチェリーのイエスは予選を見る感じツンぽかったので彼もまた気になる。

残りの二本買っても1000円だしなー。ま、27日まで日があるし、ハニーミルク攻略しながらちょっと考えましょうかね。とりあえず買っておくっていう線が濃厚。ちなみにビヨンドザフューチャーはどんなに安くても買う予定はないです。悪評が轟きすぎなので。

◆という感じのTYBハニーミルク一周目ざっくり感想でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ