FC2ブログ

二世だからって強いと思うなよ!

2014.10.22 05:04|ソリティ馬
最近はテレビや動画を見ながらチマチマソリティ馬をやる日が続いており、他のゲームがほとんど進んでません。

・ここらでそろそろ二世の力も試したいなってーことで、Jrの中でも一番ステの高かった「ガンガンプラチナ」を育てることにしました。外見はこげ茶のノーマル。牝。名前からして父親はガンガンキッドかな?母親は覚えてないけどステ的にイガノカゲロウか。でもそれだと牝だし母親のイガノカゲロウの外見が反映される気がするんだけど…ということはファイアボーイとスプリンタタンの子かな?全部の家系図は容量的にムリでも、せめて親の名前くらいは分かるようにして欲しかったなあ。

と文句を言いつつガンガンプラチナで始めたんだけど、この子が強かった!
今まで乗った馬は、レース最初の名前リスト(下馬評?ってやつかな?)に◎とか△とかのマークが付くのはせいぜい新馬戦くらいで、他はずーっと無印の期待されてない子たちばっかでしたが、ガンガンプラチナは二世にしてG1でも○や△が付くという期待のされよう!実際G1もかなり勝ち越し、新たなトロフィーをいくつかゲットしてくれました。古馬モードでも三敗する前に年齢で引退するという円満退社。かなり気持ちよくプレイさせてもらえました。

・続いて、特殊馬のウィッチクラフト…と行きたいところなんですが、やはりもう一度ナムアミダイブツ系列の馬で勝たなければ出現しないらしい(ヽ´ω`)しょうがないのでナムアミダイブツに子作りさせることにしました。しょーじきナムアミダイブツのステには期待してなかったので、良い牝をあてがってやる気にもなれず、とりあえず得意位置が一致していたマタタビダッシュを与えてやりました。
マタタビダッシュのステもかなり残念な方なんですが、まあゆうても二世なんだから親より弱くなることはないっしょ~(゚∀゚)と気楽に牧場で「ユイガドクソン」をお迎え。今思えばマタタビダッシュ系の子が生まれる可能性も十分ありましたが無事生まれてくれて良かったです。

しかしこの子が弱かった!この親にしてこの子あり!!G2,3でも安定して勝てず、これG1で勝つなんてムリだろ!!やっぱマタタビダッシュじゃ無理やったんや!!と、途中で牧場に駆け込んで慌ててナムアミダイブツに期待の牝馬イガノカゲロウをあてがってやりました。ユイガドクソンがG1を獲れなかったら、ナムアミダイブツ―イガノカゲロウの子でリベンジするという作戦です。しかしユイガドクソンも、三冠最後の菊花賞でギリギリG1ゲットしました。思えばナムアミダイブツも菊花賞が初G1じゃなかったか…?二世だっつーのに親の代から何も成長していない…(´Å`)

・かくして無事ウィッチクラフトが出現。
しかし所持金は3万円に戻ってました。古馬モードで強制引退させると所持金が持ち越せないみたいですが、途中まで育てた馬を放棄して新たに始めた時も所持金がリセットされるみたいですね。なんという罠。更に古馬を引退させる前に同じオーナーで始めるとやっぱり所持金は持ち越せないみたい。となるとお金を気にするなら結局、若駒を育てたら古馬をきちんと引退させてから新たに若駒で始める…という流れを常にやらないと損するみたいですね。このへんもうちょっと自由にさせて欲しかったなあ。

ともかくウィッチクラフトで始めましたが…使ってみた印象的には「イガノカゲロウ>ウィッチクラフト>マタタビダッシュ」という感じかな。マタタビダッシュ程は弱くなかったけど、イガノカゲロウやガンガンプラチナほどの力強さは感じなかった。ただ「制限時間無限」と「リセット」のスキルがかなり心強かった。このへんの効果の道具は今まで勝ったことなかったので、ウィッチクラフトで初体験となったのだけど、この二種があるとソリティアパートがすごい気楽になる!リセットも全パート通して4~5回出来るってーのが良心的よねー。

sb8.jpg

そんなこんなで桜花賞で初G1勝利。
そこそこ勝てた方だし、外見も割と好きなので、この子も親として後々使いたい。

・これで次に若駒モードを始めたら、新しい特殊馬が出現するはず!
…なんですが、まずは古馬モードでユイガドクソンとウィッチクラフトをサクッとクリアして牧場に送りたいと思います。まあこの二頭は三敗で引退コースだろうな(´⊆`)

◆ここからは雑記。
・やはり500円のDLソフトだから容量に限界があるんでしょうが、戦績が各馬や賞できちんと保存されないのが名残惜しい…。(´・ω・`)
物置のトロフィーは初勝利馬と最新勝利馬しか見ることが出来ない。各馬の獲ったG1も現役の時にしか見ることができず、牧場に行くともう「○戦×勝」という数字しか見ることが出来ない。上でも少し愚痴ったけど、家系図的なものもない。
牧場から手放した後で、トロフィーでも初勝利を飾ってない馬は、一切の記録を残さずゲーム内から消えてしまう…と思うと、なんだか悲しいです。まあ短いスパンで周回を重ね、大量の馬を輩出できて、終わりもなく延々と続けることができるゲームですから、すべてを記録するのは無理なんでしょう。そこは納得できるんですが、やっぱり寂しいものは寂しい。

となるとここはもうブロガーとしては、育てた馬ごとにきちんとメモしてその都度アップする、というプレイ方法を取るしかない気がします。まあでも…めんどくさいよね。勝ったG1とか逐一メモするーとか理想的なんだろうけど、テンポよくサクサク進めるのが魅力のゲームでもあるしね。めんどくさいよね。
うーんどうするか…とりあえず特殊馬に関しては、初勝利したG1だけミバに上げて記念にしてますが、全部出揃ったらどうしよう。ちょっと考えときます。

・そういや他の馬の名前が面白いことに定評のあるソリティ馬ですが。
この前二位に「ムネンアトヲタノム」って馬がいて笑っちゃいました。最初意味が分からなくてマジマジと読んでしまった。しかも下の方に「モハヤコレマデ」ってのが居て二重に面白かった。あとは「ウマノヨウナモノ」、「カネクレイジー」あたりも面白かった。どういうつもりで名づけてんだよ!
でもって今までで一番のヒットは「チガウソウジャナイ」です。この馬が強くて何かのレースで一位になってたんですが、実況が「一位はチガウソウジャナイ!勝ったのはチガウソウジャナイ!」って言うので実況者が混乱してるみたいでカオスでした。

・相変わらずチマチマと続けているトレーニング。
いつもすべて取りきれるワケじゃないけど、取りきれた時は安定して四十秒台~五十秒台を出し、一分を超えることがなくなってきました。そしてとある深夜、ドーパミンでも出てたのかついに!

sb9.jpg

40秒切りました~~!ヾ(・▽・)ノシ
上達が目に見えると嬉しいね!んまー相変わらずレースではゴッソリカードを残しちゃう時とかあるんだけどね!それでも、G1やピーク後でタイムアップによるカード残しはまずなくなりました。私もちょっとずつ進歩してるんだなあ。

◆という感じのソリティ馬日記でした。

----------------キリトリセン----------------



いつの間にか公開されてた。サビよりメロディ部分の方が好き。サビも悪くないんだけど、何回も夢中になって聴く…というような曲ではないかな~今のところ。スルメ曲っぽいけど。何にせよこれがリードトラックだとするとなんか違和感あるし、次のアルバムは買わないかなあ…。もう1~2曲くらい見せてくれないかなー。
というか公式サイト行ったらいきなりゆーちゅーぶ開いて音楽流すのやめて欲しいな…サイト開いたら強制BGMとか一昔前の中学生のサイトじゃないんだから…。それ以前にプロにこういうことされるとなんか必死感を感じてしまう…。
スポンサーサイト



コメント

記録が上書きされていくのは悲しいですよね;;
どの子も頑張ってレースにだしているので余計に…

私はまだ第二世代を育てたことがないので、記事を読んで育ててみようかなと思いました。

No title

ですよねー、やっぱり寂しいですよね。
でもやり込んでる人は何百頭も育てる訳ですから、全部記録を残す訳にはいかないんだろうなと納得はしてます。
こうなったらやっぱり自分で記録付けるしかないですね!

強いJrで何度の高いG1を勝つのも楽しいですが、
仕様上特殊馬を全部出してからにした方が良さそうですね。
非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ