FC2ブログ

人間関係がアビス

2015.01.12 11:25|テイルズオブジアビス
炭鉱のゴタゴタで色々あった後、仲間が六人再び揃ったところまで進めました。

・廃工場では早々とナタリア合流。
前回ちらっと欲しいと言っていた、まさしく回復補助ポジキャラかな?回復性能はティアに劣るけど、その代わり火力が割増ですよって感じか。雑魚戦はナタリア、ボス戦はティアみたいな感じで使い分けるのかな。
そしてティアは回復役としてTP温存するために他の補助魔法は全部封印してるんだけど、こうやってたら新しい技覚えられないかな?でもナントカフィールドとか使われるとあっという間にTP枯れるんだよなあ…。

・工場を抜けたらオアシスを経由してザオ遺跡へ。
ここで初状態異常(毒)してくる敵が出現!ポイズンボトルで治そうにも一つも持ってなかった!でもパナシーアは勿体ない!ってことでいったんオアシスに帰りました。しかしオアシスにもポイズンボトルは売ってなく、他のボトルは高すぎる。からあげ覚えてたら使えたのにさっそくレシピ取り逃してるし、毒への対抗手段が何もない…。しょうがないので毒蝙蝠とエンカしたら即逃げる戦法を取ることにしました。この遺跡の後にナタリアが状態異常回復魔法覚えたんですけどね。遅いよ!

ボスのシンク&ラルゴ戦は、とりあえずすばしっこくてめんどくさそうなシンクから撃破。ラルゴは動きが大振りなので私でもガードしやすかった。

・この辺りで初めて戦闘をルーク操作からガイ操作してみたんですが、意外と使いやすかったです。魔神剣とか弧月閃とかそこから広がる奥義とか、前方向多段ヒットするが複数あって使いやすい。浮いてる敵や小さい敵には当てにくいけど、普通サイズ以上で地上を歩いてる敵に対しては楽しかった。

・イオン様を奪還してデオ峠へ。このあたりがギスギスの最盛期であった。
仲間が信頼できず功を焦るルーク。そんなルークの事情を知らないのでルークが理解出来ず、イライラが溜まる仲間たち。もうお手本のような綺麗なギスギスでニヤニヤしちゃいました(゚∀゚)
リグレットはさすがティアの上司ってことで強かった。一人なのにシンク&ラルゴ戦より手間取って何回か死人でました。魔法も強いし、通常攻撃の銃撃も一回当たると全弾喰らってそれがけっこうなダメージなので大変でした。

・鉱山の街では意外とナタリアがいい人だった。もっとわがままなお嬢様だと思ってたのに普通に人命優先。まあルークの他にもう一人わがままなお姫様とかいたら収拾つかないか。

・そしてついに来てしまった例のイベント。
どんな罵倒されるのかと覚悟してたけど、仲間たちの反応は尤もに見えた。あそこでルークがちゃんとごめんなさいできていればなあ…。まあ仲間に謝ることじゃないんだけど、「大変なことをしてしまった」と自覚して後悔する姿を見せていれば、ルークも「ヴァンに騙された可哀想な被害者」として見られたのかもしれない。ルークがしたことがはっきりした時ではなく、その後のルークの対応を見て失望したって感じだったし。バカに見られるのは変わりないけど。

・そしてレプリカってのはここでバラすんですね。もっと引っ張ると思ってた。
けどルークを置いて皆だけで地上に戻られた時はさすがに可哀想だったよ!地上に上る手段がちゃんとあるって知らなかったから、「ルークはどうすんの!?どうやって登るの!?」ってすごい不安だった。

・アッシュ操作になってアッシュが仲間と行動することになり、更に微妙で複雑な人間関係が広がる広がる!!ナタリアとガイにとっては、本当の幼馴染との七年ぶりの再会になる訳だから双方共に複雑でしょう。人間関係がカオス過ぎる!!

しかしガイは意外にも最初からルーク寄りで、アッシュに対しては冷たかった。誘拐される前のルーク(アッシュ)とはあんまり仲良くなかったんだろうか。まあプレイヤー的には「ルークに優しくしてくれてガイありがとう!!」って思うんだが、アッシュにしてみればやっぱり友達を取られたみたいでちょっぴり切ないんじゃなかろうか。アッシュがルークを嫌うのも自然だと分かるので、「そんなにアッシュに冷たくしなくていいのよ…?」とアッシュの肩もちょっと持っちゃうフクザツな親心。

ナタリアは逆にアッシュ寄りで、アッシュとのやり取りを見ても既にラブコメの波長のようなものを感じる。七年ぶりに会った婚約者に運命的なものを感じて惹かれるのは、まあ当然だと思う。それは別に良いんだけど、「だったら今までルークに結婚結婚言ってたのは何だったのか?」感はないこともない。今までのナタリアにもうちょっとルークを訝しむ描写欲しかったなあ。まあ指切りで引っかかったり、炭鉱で怒ったり、「変わってしまったのね」とか言ってたことはあったけど、でもこういう事件が起こらなければナタリアはルーク&アッシュの入れ替えに気付かなかったってことでしょ?
…いや、レプリカなんて技術に気付く方がオカシイし、「記憶をまるっと失ってるんです」と言われたら信じてしまうのもしょうがないか…。そこまでナタリアに求めるのは酷というものか…。でもやっぱりモヤッとしてしまうのはしょうがない。

・視点は戻ってルークパートへ。
断髪ルークは本人も背中の模様も可愛いし、いいシーンだとは思うけど、男が髪を切ったからと言って「だから何」感は拭えない。女が髪ザク切りするシチュエーションはよくあるけどね。それは女性の場合「長い髪は美貌の象徴」みたいな共通の認識があるから決意表明として通るのであって、男の場合だと…うーん…。まあルークなりのけじめだったとは理解してますけど。ノリ的には坊主頭にしたような感じでしょう。

・そんなこんなで仲間と合流。
ガイは相変わらず良いヤツである。ガイありがとう。そしてチクチクつついてくるアニスと大佐がウゼェエエエ!!ティアはまだ味方もしてくれるけど、それにしても「いつでも見限れるから」って台詞は「どの立場で言ってんの?」って思うし、ちょっと何か言ったら「言い訳すんな」と即殴ってくるのも(^ω^ #)…。
まあルークがとんでもない馬鹿やった事実は確かだし、いくらルークが反省してるって言ったって早々信頼できるもんじゃないでしょう。その罪も消えるもんじゃないでしょう。罵られても当然のことをしたって分かってるし、今何を言われてもルークの立場じゃ言い返せないって分かってるので、見ててツライです。ヘタしたら一生言われ続けるぞコレ!そしてイオン様は天使過ぎる!!

・ストーリー的には、モースを筆頭としたスコア派は「大事のために小事を切り捨てる」を忠実にやってるだけなんですよね。ただその「小事」が「街崩落」やら「戦争」やら、犠牲がデカ過ぎるのでルーク一行はそれを止めようとしていると。ヴァン先生はそんなスコアに嫌気がさして復讐しようとしてる…ってのは分かるけど、それで外殻大地ぶっ壊してやんよ!までぶっ飛ぶのはちょっと理解出来ない。スコアに反発したいなら、ルーク達のように戦争を止めようと画策するのが自然だと思うんだけど。
スコアなんていらない=ユリアなんていらない=ユリアの作った外殻大地いらないってことかな?ユリアの息のかかった外殻大地を落として、地下で過ごさない限りスコアに縛られない未来は掴めない…ということなのか。それか「スコア信者=生きる価値などない!」ってとこまで飛ぶのか。

とりあえず彼らの行動理由はまあ分かるけど、アッシュ率いるオラクル幹部はどういう立ち位置で動いてるんだろ?崩落を止めようとしてるってことは分かったけど、イオン様をあちこち誘拐してたのもこの人達だよね?どこまでヴァンと繋がってたのかよく分からんなあ。

・さて、次はグランコクマ?だか何だかに行くんでしたっけ。
ホントに息つく間もなくどんどんストーリーが進んでいきますね。でもダンジョンはほど良い長さでサクサククリアできてしまうので次々進めたくなります。
さーて戦争止めるぞー!止まらなさそうだけどー!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ