FC2ブログ

昼食のたびに神戸・横浜間を新幹線で往復する女

2015.07.11 14:52|金色のコルダ3 AnotherSky
やっとプレイできるよーーーー!!
アナスカ神南はじめました!



とりあえず一周してきました。難易度は「やさしい」。
攻略キャラは「まずは最初に東金先輩狙うか」→「あ、そういや大地先輩も攻略対象なんだっけか…よし、大地先輩も狙おう!コルダやったら一周目でも二人同時攻略できるやろ!」→「なんかアンサンブルやってるうちに芹沢の好感度どんどん上がってる。ついでに狙ってしまえ」→「イベント起こらなくて好感度カンストし始めた…ヒマだから土岐さんと律君にもいい顔しとこ」→東金・芹沢珠玉ED

という流れで二人回収しました。大地先輩もかなり終盤まで行ったんだけど、日数が足りなくてムリだった。以下、かなり長文の感想文。

・マップで移動してるうちは横浜・神戸間を移動してる感はないんですが(というか考え出すと負けなので考えないようにしていた)、昼休みのたびにプォン!って音と共に新幹線の絵が出ると、お弁当食べにいくために新幹線乗るってどういうことなの…と毎回笑ってました。絶対新幹線乗ってる間に食べた方がいい。
でもお弁当システム自体はすごく面白かったです。3と同じ「男の子の好みのを作って好感度稼いでね」ってだけかと思ってたら、技術レベルとか習熟度とか効率よく上げられるようになってる。その日の練習メニューと、好感度を稼ぎたいキャラを考えながら料理するの楽しい。これは高難易度とか全股やる時は重要になってきそう。

ドルチェタイムのイベントは好感度関係ないらしく、初期のうちからいきなりデレはじめて多少違和感はあった。芹沢君なんかは初期は割と他人行儀なので、昼食後との落差にちょっと笑ってしまった。弁当で一時的にここまでデレさせる主人公すごいぞ!
そういや最後に明石焼きとか特別メニューみたいなのあったけど、材料がレアっぽくて作れなかったな。なんかサブイベで手に入るとか?野良猫に聞かせるとか?まあ後で調べときます。

・お店ではBPで会計するシーンがあって、これもシュール過ぎて笑った。
確かに3はナチュラルにBPで会計してたけどスルーしてたわ!でもそこは突っ込んじゃいけないもんだと思ってた!そういやもともとお店は1、2は「リリがやってる秘密のお店」で、楽譜や練習道具も「リリが作った魔法の道具」だったのよね…。よく考えればメトロノームやチューナーなんか一個あればじゅーぶんなのに完全に消耗品だし、きっと3の世界でも魔法のアイテムだったのよね…。
店番の二人は三本購入特典の函館天音で攻略できるんだっけか。なんか黄色い玉みたいなのをつまみ食いしてる描写があったけど、あれがBPなんだろうか…。BPとは食べられるものなんだろうか…。

・「やさしい」にしたせいのあるだろうけど、料理が増えたせいかBPが集めやすくなってる印象がある。
BPのやりくりはほんとに簡単で、最終的には一万ポイントくらい余った。神南高校は人口密度高いのに加え完成度ボーナス付きで、合奏するのにこれ以上ない良い場所だった。BP余りまくるので毎朝コンビニに通って食材を買い占めてた。しかしそれにしたって毎回好きな料理を作れる訳じゃないし、このへんは運が絡む&どの料理を重視するべきか考えながら調理する必要ありそうですね。テキトーにムダな料理作ってたら、作りたい料理がある時に作れないってことになる。今回は行き当たりばったりで料理してましたが。

・習熟度は相変わらず「主人公の習熟度が高いものは他キャラの習得速度が落ちる」って仕様なのかな。
途中芹沢が技術レベル足りなくて主人公と一緒に特訓したりもしたけど、ファイナルまでは特に問題なくいけた。が、真ファイナルでLv18の曲を弾こうと思ったらセクション開始直後は全員レベル足りてなくてびっくりした…!
これ、Lv18の曲弾きたいと思ったら、全員ちょくちょく技術特訓する必要あるっぽいですね。最終的には全員Lv19くらいまで伸びましたが、日数足りないと思ってたので普通にLv15の曲で出ました。これに更に猫楽譜とかあるんだろうか。BP余りまくるぶん、常に腕輪付けて練習やるくらいの勢いじゃないとダメなんだろうか。

・地方大会では大阪の高校の生徒が何故かそこそこのイケメンだった。
EDで声優「アンフィニ」って書いてあったからアイドルか何かだろうか。モブがヘタクソなのは別にいいんだけど、ヘタクソなうえに妙な関西弁なので二重に笑えた。東金先輩も関西弁は違和感すげーからな!あれ毎回笑うわ!

・他校は星奏くらいしか大きな絡みはなかったけど、やっぱ星奏メンツ好き。
響也が出てきた時の抜群の安定感!あの一番常識人っぽい感じが癒し!ハル君は真面目優等生キャラ、と見せかけて血の気多くて可愛いです。挑戦状叩きつけられてすぐ熱くなっちゃうチョロさ好き。かわいい。
東金先輩が律君意識し過ぎで「もはやただのファンなのでは?」と突っ込まれるとことか面白かった。

・ストーリーは普通に星奏が勝ち抜いてコンクールで決戦、となると思ってたので、あんなかたちで脱落したのは意外だった。あくまでコンクールのラスボスは天音なのね。
しかし脱落する理由が酷すぎィ!完全に顧問が戦犯じゃねーか!正直私が星奏メンツだったら「ジジイがノコノコ出てきて未来ある若者に迷惑かけてんじゃねーよ」って思うわ…星奏の子たちはいい子だね…。

真ファイナルで星奏と対決、って流れ良かったけど、それ以上に良かったのは最後の最後で主人公が才能を開花させマエストロフィールド発動させる演出!
これね~、すごい良かった!確かに3も今作もずっと主人公褒められてたけど、マエストロフィールド発動させるのは攻略キャラだけだったのよね。乙女ゲーなら男を目立たせるのが当然なので特に疑問に思ってなかったけど、ここはストーリー的にも自分が本当に『主人公』って感じがしてすごく気持ちよかった。やー、これはノベルゲーにはできない演出ですわ。本当良かった。

・大地先輩ルート。
東金先輩もだったんだけど、一部の場所限定イベがなかなか発生せず、のんびりやってたら最終的に間に合いませんでした。ほんと第四大会イベ直前まで行ったんですけどね。
確かキャラがいる場所はランダムなんですよねコレ。3で全股する時とかは狙いのキャラが目当ての場所にいるまでリロード、とかやってたんですが、今回は一周目ってことでセーブ&ロードは控えめにしてたんですよね~。まあ次の周回では多少リロードしてもサクサクイベント起こして最後までやります。

最初はやたら「神戸にいたこと秘密にしてね」と念押ししてくる感じがすげー胡散臭くてニヤニヤ。碓氷さんが出てきたとこらへんは「他の女ネタやだな~」と思ってたのに、まさかの探偵ごっこ物語だった。
入念に下準備して潜入したのに、あまりにもアッサリ証言が引き出せてちょっと拍子抜けた。けど土岐さんと制服を借りるくだりは楽しかった。というか大地先輩ルートは土岐先輩との絡み楽しい。

そして明らかになった犯人・碓氷さんだけど…他の女ネタじゃないのは良かったけど、クズ過ぎて笑えない!!
「留学の資料受け取った!その場で突っ返すべき!留学する気なんだ!部への裏切り!」って飛躍し過ぎ被害妄想激しすぎ!律君だって好意で留学勧められたらその場で突っ返すなんて失礼なことできないし、留学する気なくても社交辞令で受け取るもんでしょう…。そもそも留学を決めたとして本人の自由だろ…。たかが高校のコンクールに拘れなんて、一介の部員のどこに律君の将来を決める権利があるというのだ…。
挙句「あなたも同じ穴のムジナよ」とか言い出して、大地先輩も「俺が彼女の立場だったら同じことをしていたかもしれない…」と何故か納得してましたけど、さすがにねーから!あんなことで発狂する人なんて普通いないから!大地先輩が同じ立場になってもそんなことしないから安心して!というか大地先輩は律君が奏でる音楽が好きなだけで、部とかトロフィーへはそこまで執着してないから!

一応真相は見えたものの、後味悪いまま途中で終わってしまったので、次回は最後までやります…。でも今後碓氷さんにどんなフォローが入っても今の印象が覆ることはなさそう。律君もこんな女庇う必要ないよマジで。すごい庇い損だわ。

・律君ルート。
ヴァイオリン落として落ち込みモードになったくらいまで進めました。律君、落ち込みモードのまま真ファイナル出たんだね…。ごめんね…。
というかセミファイナルでの理不尽な脱落っぷりといい、碓氷さんのしょーもない動機といい、律君幸薄過ぎ。何故神はこれほどまでに彼に苦難をあたえたもうたのか…。
恋愛イベでは相変わらず天然で、主人公が振り回されてる感が楽しかった。オペラの助っ人に行く時の、スチル付きの求愛小芝居は、妙に熱が入ってて「ここで言う【君】のことは律君の中の【音楽】のことを指しているのではないか。泣ける。」とか思ってたけど、その後本当に素に戻ったので本当にただの小芝居だったらしい。紛らわしいわ!

・芹沢
選択肢難しかった~!序盤助けを求めるように目で訴えたら「何か仰りたいことでも?」と嫌そうな顔されててエエーーッ(゚д゚)となりました。
とりあえず主人公らしく「手伝いたいの!」と迫ってみるも、「殊勝なこと言ってるけどどうだか」みたいなヤな感じの対応。かと言って「お人好し」を否定しなかったら「やっぱりそう思ってるんですね」とか言うし、なんて言ったら満足するんだよコイツは!とモダモダしてました。単に主人公のことを口だけだと思っての冷たい対応だったらしいですが。
デレてきてからは可愛くなりましたが、なんか未だに性格がよく分かってません…。執事の真似事みたいなのをしてるのは、奴隷根性みたいなのが染みついてるからなんだろうか…。いや、「優しいんじゃない、断って関係が悪くなるのがイヤで、単に臆病なだけなんだ…」みたいなキャラなのか。よく分からん。
最終的には音楽への愛を見つけられて良かったねというEDだった。しかし母親の話はなんだか中途半端で終わったなあ。まあサブキャラ扱いだしこんなもんかね。

・土岐さん
今回はほぼスルーしてたけど、東金さん狙いで彩華の曲ばっかやってたせいか逆注目ルート開通してました。
親同士が駆け落ちだった~とかいう話してたけど、駆け落ちがテーマになってるんだろうか。
大地先輩もだけど、土岐さんはなんかどんな選択肢選んでもたいていは可愛い可愛いって甘やかしてくれるイメージ。素ですっとぼけても「素直で可愛い」って言うし、照れてみせたら「初々しくて可愛い」、挑発的なこと言うと「面白い、退屈しなくていい」って褒めてくれるので、尚更芹沢君の選択肢難しかった…。

・でもって今回珠玉EDを見た東金先輩!

b_180180_tohgane.jpg

めっちゃ良かった。まさかコルダで泣くとは思わなかった…親子もの弱いんだよぉお…!
なんつーか、基本コルダはゆうても綺麗事って言うか、良い子ちゃんの理想が詰まった青臭い音楽物語ってのが根底にあるんですが、東金先輩は一番リアルで生々しいこと考えてるキャラだよね。いや、東金先輩の存在も十分ファンタジーで綺麗事言ってますけど。
大地先輩との会話で(たぶん同じ場所に特定キャラがいると発生する会話)、「賃金が発生する仕事ばかり受けてたら金儲けと取られても仕方ない。音楽の本質は楽しむことだ」と苦言を呈された時、「ボランティアなんかやっても意味ない、音楽家が腕一本で食えることが音楽業界を発展させる」と一蹴したのとかカッコ良かった。そうなんだ、楽しいだけじゃ生きていけないんだ…才能を安売りし過ぎるのはダメなんだ…!芸術家やエンターテイナーは楽しむこと&楽しませることが重要で、金や見返りを求めるのは卑しいみたいな風潮ありますけど、お金もやっぱり大事なのよね。

父親の主張は、個人的には「一理あるが、それを他人にも強要し、それ以外認めないのは子供過ぎる」という感じ。
ステージに立ったら親兄弟の死に目に会えなくてもやりきれ、っつーのは立派な心がけだけど他人に強要できるようなものじゃない。
昔のものを大切に保存し続ける、という役割の人も一定数必要だけど、全員が忠実にそれをやり続けるだけでは飽きられて先細りになるだけ。その点では音楽業界のことも考え新しいものを取り入れていくべき、昔の音楽家もそうだったっていう東金先輩の意見の方が納得できるし、父親の意見も一部認めてる東金先輩の方が大人だった。確かに昔の音楽にも大砲使ったりティンパニ突き破ったり、かなりアグレッシブな曲あるしな。

でもその父親が東金先輩の「原点」でもあるっていうのがね~~~…!真ファイナルのアンコールがかかる舞台裏、東金先輩が語ってるだけでもう涙腺が緩み始め、アヴェ・マリアが流れた時は泣いちゃったね…こういうのホント弱い。欲を言えばアヴェ・マリアフルで聴きたかった。いやフルっつーかちゃんと編曲して、フェードアウトじゃなくいい感じに〆て欲しかった。EDの入りもめっちゃかっこよかったけど、これはボーカルいらなかった!エレキバイオリンって珍しいんだから楽器だけで堪能したかったわ!

恋愛的な萌えポイントは…正直あんまり覚えてない。しかしただひたすら東金先輩がかっこよかった。俺様で強引で滅茶苦茶な人なのに、本番前に緊張してる主人公を宥めたり、「(成長するためには)うまく俺を使えよ」とか言うのすごい男前。部長としても出来てる。単なる俺が俺がタイプの人じゃ「俺を使え」=「俺を踏み台にしろ」とか言えないっしょ。かっこよすぎ。
そんなスーパー超人チート野郎の東金先輩だけど、一部センスが欠落してるのが欠点なんだろうか。「ジンナンズ」には笑わせてもらった。そういや3のオマケの旅行でも、ものすごいセンスを炸裂させてたからな…。今作でももっと東金先輩の芸術見たかった。オリジナルシーサー作って欲しかった。

◆とりあえず一周目の感想はこんなもんだろうか…。まだ書き足りないことある気もするけど…。
二周目は誰を・どのルートで狙うかまだ考え中。しかししばらくはFE優先でやっていこうと思います。第三がこんな早く来ると思ってなかったんで。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ