FC2ブログ

グレミオヒロイン説

2015.09.01 00:19|幻想水滸伝
EDまで見てきました。以下モラビア城からの感想文。

・ビクトールが持ち逃げしてた絵具を三階の画家に渡したら、無事絵が完成しました。取り逃しなかったようで良かった。
しかし書庫の本は2冊ほど抜けがある状態。絵はどうせパケ絵なのでコンプできなくても諦めつくんだけど、書庫の本は補足情報みたいなのでちょっと気になるなあ。カレッカの事件のこともちょろっと書いてあったけど結局何だったんだ。

・水上砦シャラザード。氷の船を五百、ってーのはさすがに無茶な気がしますが、細かいことは考えない。
そしてここにきてサンチェスがスパイだと判明。ワインばっか飲んでるやつだと思ってたのにスパイだったとは!サンチェスこの野郎!
しかしサンチェスも108星の一員だったのだし、仲間を思う気持ちは本物だったんだから、必要な人材だったのよね…。逆に言えばマッシュはもうこの時点で役目を果たしたから、サンチェスに殺されても何ら問題ないという天の思し召しなんだな。神とはかくも残酷である。

・最後の戦争パート。
結局戦争は調べられるだけ調べて、その後は運ゲーって感じなんだろうか。今回はテオ一戦目以外一回で勝てたけど、一回目の戦争とかかなりギリだったし、せめてもう少しヒントがあれば良かったなあ。例えば「この将軍は魔法が得意だから魔法ばっかり使ってくる」とかそういうの。運ゲー好きくない。

・感慨深きグレッグミンスター。
色あせた町が荒廃具合を物語っている。ここでビクトールの言った「正しくっても価値がないものがあるように、間違っていても価値があるものもあるのさ」ってのは名言だった。こういう「負けの美学」みたいなの日本人好きよね~~!私も好き!
アイン・ジードの「(間違っていると分かっていても)私くらいは皇帝につかなければ可哀そうだ」ってのも忠臣あるあるだよなあ。

・ラスダンはメンバー自由にさせてくれるだろ、と思ってたらフリックとビクトールが固定だった…。
いや、フリックはもともと連れてく気だったから別にいいけど…。フリックは前衛としてのステは備わってるうえに、速さもなかなかあり、魔力も意外とあるのでかなり使えました。レパントのダメ息子シーナも何かの機会に育ててたんですけど、この二人はデフォで雷の紋章つけてるだけあって前衛と言っても「魔法戦士」っぽい感じですね。

強いと評判のペシュメルガもシャラザードで少し使ったんですが…鈍足はまだいいとして、技が低すぎるせいか相手に見切られて反撃くらう場面の多いこと多いこと!ビクトールもそこそこ多かったけどダントツで多い!しかも反撃ダメがバカにならない!こりゃ駄目だ!!ってことで、素直にバレリアさん続投になりました。やっぱりぽっと出の男なんて駄目です。バレリア姐さんじゃなきゃダメです。足広げ過ぎとか言ってすいません。

後は魔法使い枠にルックとクレオ続投。クレオをルビィに変えるか迷ってたけど、ここまできたらもうクレオでいいやってことで。前衛にバレリア、フリック、ビクトールを回して魔法使いを二人雇うともう枠がいっぱいで、クライブさんは連れていけませんでした。またいつか会おう。

・スタート地点だった城がラスダンになるというのも感慨深い。
しかし強制エンカウントが思いのほか多くて大変だった。
ラスボスはウィンディだと思ってたし、ラスボスは2~3段階変身するもんだと思ってたので、三つ首ドラゴン戦だけで終わったのはちょっと意外だった。三つ首つっても三回攻撃してくるわけじゃないし、全体攻撃で削りつつ一体ずつ仕留めていきました。…そしたら最後に残った左端の竜が蘇生魔法使って軽く絶望しました。リセットしてやり直そうかと思ったけど、なんとか粘ってクリア。

・かくして感動のエンディング!
グレッグミンスター攻略前日から仲間の様子がちょいちょい挟まれたけど、こういうのいいねー、好きだねー!クレオが「パーン、私を守ってくれ」とか言ってたのはつらかったが…!パーンは助かる命だったものね…すまんね…。

マッシュはリュウカンに看取られながらひっそりと息を引き取った。最後まで苦悩し続け、ついに答えは出なかったのが切ない。まさに悩める軍師。マッシュが立ち上がらなければもっと多くの血が流れていたんだよ!と月並みな言葉を言ってみるが、きっとこんな言葉ではマッシュは救われないんだろうな。だからリュウカンも何も言えなかったんだろうな…。

主人公はEDの後、ひとりひっそりと旅立っておしまい。なんというか、他のメインキャラはたいてい相方になるようなキャラがいるのに、主人公は一人っきりなのがちょっと寂しい。この主人公、女っ気がなさすぎるのよね。まあついつい恋愛的な相手を求めてしまうのは恋愛脳の悪いクセですね。グレミオが生還してたら最後は二人旅になるらしいし、今作のヒロインはグレミオということにしておきます。

しかしよくよく考えると、グレミオやテッドは女でも何ら問題ないんですよね。むしろ美少女にした方が男性ユーザー釣れたと思うし物語も盛り上がったと思うんだけど、なんでそうしなかったのかは謎。恋愛の力を借りずにストーリーだけで勝負したかったのか。メロドラマっぽい要素は入れたくなかったのか。まあ代わりに女性ユーザーが釣れたらしいですが。私も常々「男はわざわざギャルゲー買わなくても一般ゲーが男主人公ばっかで必ずと言っていいほどヒロインいるからいいよね」と思ってたので、これはこれでいいと思います。そうだよ!男ばっかいい思いしてんじゃねーよ!

◆という感じで、幻想水滸伝無印、さくっとクリアしてきました。
システム面(主に仲間の入れ替えや装備・道具の管理)でややもたついたけど、それ以外はほぼ文句ナシ。難易度も低めで、これだけ仲間がいるのにレベル上げ作業というのがほぼ必要無かったというのも良かった。
雰囲気は明るいのにストーリーはなかなかシビアで過酷で、しかし演出がくどくなり過ぎずさらっと流れていくのが良い。綺麗なムービーなんかなくても十分泣けるもんだなあと思いました。

さて、プレイしてるのが「幻想水滸伝Ⅰ&Ⅱ」なので、このままの流れで2もプレイできるんですが…どうしようかね。3DSのセールで神宮寺なんとかのやつを買ったので、先にそっちをやろうかな。幻水2はシリーズの中でも一番評価が高いし、1のキャラも続投してるらしいので、あんまり間を開けずにプレイしたいとこです。長さも1とあんまり変わらないっぽいし。

でもコルダも意味もなく途中で放置してるんで、どっち先やるかな…うーん。とりあえず探偵神宮寺やってから考えるか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ