FC2ブログ

私を置いて死ぬなんて許さない

2015.09.16 21:36|アナタヲユルサナイ
タイトルは結局こういう意味だったんだろうか?
エピソード4からようやく父親の失踪について本格的に調べ始め、5,6でどんどん真相に迫っていったので最後までクリアしてきました。以下◎ネタバレ注意◎

・今回も浮気調査とかじゃないので、理々子の強気な総当たりがうまく機能していた。
二回目だけど、本当に、最初っからこういう感じだったらよかったのに!!こういう調査内容なら理々子くらい勝気で強引じゃないととてもやっていけないと納得できる。浮気調査向いてないよ理々子!それはもうまったく向いてない!今後浮気調査は他の人にやってもらって!

・朝倉の影がぼんやりと出始めたところは、「モンスター」のヨハンみたいな不気味さを感じられて楽しかった。
まあ細かいとことは全然違うし、知性と暴力、一人で両方備えてるヨハンのが凶悪だとは思いますが。
父親がリョウの悪事のすべてを小説に書いていた、しかしリョウは父親を殺さないし、母親が死んだ島に必ず戻ってくる…とかそういう設定はロマンがあってけっこう好きだったりする。しかし殺人に関しては特に美学やポリシーなどはなく、単純に殺人鬼・単なる悪意の塊だったのは少し残念かな。兄については完全に金目当てだし。リョウは単にわがままで凶暴なだけで、ヨハンに比べると神秘性やカリスマ性などが感じられなかった。見た目も小汚いオッサンだったし。ヨハンが「悪魔」ならリョウはただの「獣」、兄は金目当てで獣をけしかける「獣使い」か。作中でもそう言われてたけど、そう思うと確かにその表現がしっくりくる気がする。

・主人公が見ていた幻覚(というか幽霊)は小夜で、主人公の父親に頼まれたから守っていた…というのも割といい話だった。
しかしなぜ小夜が父親の言うことを聞く義理があったのか、父親はもともと小夜が見えていたのか、小夜はずっと浮幽霊やってたのか~とかは謎。多少のオカルト要素が入るのは別にいいんですけどね。

・姿を消したマモルのアスカ誘拐編が急にねじ込まれたのはよく意味が分からなかったが…
正直「面白くなってきたってーのにここにきてまたオマエかよ!!(゚д゚)すっこんどけ!!(゚д゚)」という思いしかなかったが、これは「アスカが一度囚われの身に→救出後にアスカを巻き込みたくなくて概要を話したくなくなる→草薙が私に話さなかったのも私のため…?」と理々子に自覚させるため…の事件だったんだろうか。なんか回りくどいけど、マモルはそういう役どころだったのかね。色んな意味で哀れなりマモル。

・終盤にてようやく登場した草薙。
今までずっと「なんでこの二人結婚した訳?」と言ってきましたが、回想で語られる二人の関係はなかなか良かった。…が、自白剤を飲まされて意識朦朧としてる時に急いで回想をねじ込みました!という印象は拭えない。単純に意識朦朧、じゃなくて自白剤だし。自白剤で二人のなれそめでも聞いてたんですかね…。そんなこと聞いてる場合じゃないでしょ朝倉さん…。

最後の最後で草薙からの手紙を読んで、二人でカヌー乗るシーンもけっこう感動的な話だったんだけど、やっぱり草薙の描写が遅すぎて「泣ける!!」とまではいかなかったな…。確かにいい話だったけど、もう少し早めにやってほしかった。いいやつだとは思うけど、本音を言うと草薙にそれほど愛着沸いてない。
しかし序盤から回想を挟みまくると、理々子が男に振られたのを引きずりまくる女々しい恋愛脳みたいになるのかもしれない。と思うと、やっぱ最初の事件くらいは草薙と一緒にやって二人の関係掘り下げてほしかったな~。最初の草薙とは口論や説教ばっかりであんまりいい思い出なくて、良い思い出は回想だけって空しい。癌の話も唐突過ぎ。草薙が消えるの早すぎってのはやっぱちょっと不満でした。

・ハッピーEDなのに、ずっと探していた二人は両方死亡…というのは寂しいものの、ご都合主義になってないのは良いんじゃないでしょうか。
まあ父親はまだしも、草薙は救ってやってた方が綺麗に終われたんじゃないかとは思いますが。癌は本当にあってもなくてもいいような唐突設定だったし。
しかし個人的に一番ショックだったのはシンギさんでした。シンギさんメッチャいい人だったのに…。弁護士ながら裏の世界にも顔が効くちょっと危ないオトナで、かつ路頭に迷ってる女の子たちを何人も救ってるって男前過ぎるんですが???しかもあのいかつい外見で照れ屋とか可愛すぎか???アカネとの信頼関係も親子のようで良かったし、シンギさんが死んだことだけは本当に残念である…!

・ユウジは最初から最後までずっといいヤツ&有能で頼れる相棒でしたが、なぜかそれほど好きキャラってわけでもないなあ。
いや、普通にいいやつではあるんですよ。一緒にいてくれたら安心できるし信頼できるし。イケメンってわけでもないしオカマだけど、それなりに整った顔はしてるし、いつもの私なら「もうユウジとくっつけばいいんじゃね?」とか言いそうだけどそういう感情は特になく…。主人公と最初から完璧な信頼関係ができてるので逆にピンとこなかったのかもしれません。まあこれが普通のイケメンだったら絶対言ってただろう。それは断言できる。

ユウジも頼れるヤツだけど、個人的にはアカネのが気に入ったかな。彼女は最初敵のような立場で、そこからだんだんデレてくるキャラだったし。
話術に長けてて、ユウジとは違う方面で有能なのも良かったです。坂本は知らん。途中から存在感皆無で本当に良かった。

・クリア特典のユウジの絵本も読んできましたが、正直「ユウジはこんなんがずっと描きたかったの?」と思ってしまった…。
いや、芸術の世界は分かんないですけど。確かに興味深い話だしこういう話も嫌いではないけど、処女作として出すには暗すぎないか…。正直友達に「ずっとこれが描きたかったの」って言われたらチョット引く…。作風と本人の人柄は必ずしも一致するものではないが、ユウジもけっこうな闇を抱えているのではないかと勘ぐってしまう…まあもともとグレてたらしいけど…。
ラストは理々子のために書き直したらしいけど、どこを書き直したのかサッパリ分からん。?本当はもっと救いがない話だったんだろうか。これ以上救いがないって相当だぞ。大丈夫か。

◆という感じで「アナタヲユルサナイ」、サクッとクリアしてきました。
バッドEDコンプしても特に特典のようなものはないようなので、このままクリアということにしたいと思います。特典あってもコンプしないような気もするけど。

1、2話をやった時は「本当に大丈夫かこのゲーム」と思いましたが、3話から盛り返し始め、4話からラストはグイグイ事件を追っていく感じがけっこう楽しかったです。星5で評価するなら3くらいかな。
ゲーム性はほぼ皆無で、中途半端なミニゲーム的なものを思い出したように挟まれてもめんどくさいだけ…のお手本のようなゲームでしたが、ミニゲームの難易度は極めて低かったのでそれほど気になりませんでした。こういうところも「女性向けっぽい」と言われる所以かな。

という感想文でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ