FC2ブログ

これは良いクソガキ

2014.10.08 22:30|越えざるは紅い花
遙か3でぐるぐる運命上書きするのにちょっと疲れてきたので、久しぶりに読むだけゲーをすることに。
越えざるは何気にDL版を購入してたんですが、やっぱDL版って起動が楽でいいね~。この楽さクセになるね~。でも容量食うし、PCに保存できるつっても一回PCに移したら二度とやることないだろうし、かと言って消すのはなんか勿体ないし、発売から時間が経っても値引きあんまりされないし、パケ版を中古で売った時の収入って地味に美味しいし、微妙なところである…。やっぱ基本はパケ版かなあ。

・と前置きをしつつ、今回のお目当ては前回攻略したエスタから分岐するジギ。
公式サイトでちらっと見た印象では、どちらかと言うとナランのようなワンコキャラを想像してたんですが、けっこうなクソガキだった。メスメス言ってんじゃねーぞコラ(^ω^ #)
まあいっぱしの乙女ゲーマーなら「口の悪いクソガキ君やんちゃで可愛い♪」って言うべきなんでしょうけど、なんか普通にイラッとしました。序盤で口喧嘩(?)した後の、<でもジギと話してると元気になるかも>みたいな選択肢は、本ッ当に選びたくなかったんだけど、好感度のためにしぶしぶ選びました。PSP版追加キャラは選択肢少ないから、ちょっと選択肢外したら即バッドED行っちゃうんで。
たぶん私のナァラは血管ブチ切れそうになりながら、拳を震わせ唇を噛みしめ
<でもジギと話してると元気になるかも(´゚◞౪◟゚`#;)ころすぞコラ>って言ってたと思います。

・と第一印象は最悪でしたが、ビジュアルはドンピシャなんだよなー憎たらしいことに!
拗ねてるような顔と企んでるような顔が特に好きです。というか立ち絵はどれも好き。けどスチルだとなんか顔が縦に長くなって大人っぽくなってるような…?特に旅立ちEDの馬乗ってるやつは、一瞬トーヤにも見えました。可愛い顔が好きだったので、なんかスチルは全体的にビミョウだった感。

・二人が惹かれあう過程は…嫌いじゃない!嫌いじゃないんだけど、やっぱりエスタと同じ追加キャラクオリティだったなあと思った。鈍感な二人が互いに意識しつつもすれ違ってる様子がすっごいコテコテの定番だったと言うか。まあそういう定番が一番無難に萌えられると言ったらそうなんですけどね。
ただ越えざるの場合、サブキャラルートでは「不倫」「間男」というワードが常に頭に浮かぶというのが問題である…。エスタの気持ちを知ってるだけに、エスタが不憫で不憫で素直に萌えられない(ヽ´ω`)まあエスタとは元々偽装結婚で友人として付き合ってた訳だから、スレン→ナランルートほどの泥沼ではないけれど、つってもエスタも偽装結婚を申し出た時点でナァラに惚れてたからね!
夫婦のベットで間男とイチャイチャするのもドキドキというよりヒヤヒヤとかハラハラのが勝っていた。ジギもエスタのことが大好きならもうちょっとわきまえて欲しかったなあ…。死亡展開で体よく退場って流れがなかったのは良かったけど、それにしても物わかりの良すぎるエスタが察して自分から身を引いてしかも仕事までお膳立てしてやる、というのはエスタの優しさに甘え過ぎてるみたいで心が痛かった(´Å`)ノールルートでのエスタ分岐EDもそうだったけど、エスタ優し過ぎ&不憫過ぎるやろおおお!!

・んまーメス牛雌豚言ってくるのにはイライラさせられましたが、それ以外のクソガキっぷりは良いクソガキだったと思います。凹凸の話とかエスタとの性生活を探る話とか、すごい下品だけどやんちゃなクソガキ感が良かった。
でも欲を言えばもうちょっとエスタとの絡みも書いて欲しかったかなー、エスタのこと大好きって言いつつも、実際にエスタを慕ってる描写がほとんどなかったんで。好き好きゆうてもナァラにアピールしていく時にはエスタのことほとんど考えてないし、最後には寝取っちゃうし。エスタにしてみれば「どの口が好きとか言ってるの?^^」って感じだろう。いや、エスタはそんなこと言うやつじゃないけど。

◆という感じでさっくりとジギルートクリア。バッドEDは気が向いたら回収します。
全体的な感想は、エスタと同じくキャラ的には好きなんだけど、話としてはちょっとイマイチだったかな~という感じ。まあPSP版追加要素だし、あんまり凝った話は作れなかったんだろうなあと納得してます。

さて、次はノールルートから分岐するおっさんキャラを攻める予定。
ノールからの分岐なので、これまた勿論不倫です。ノールはルートに入った直後は主人公のこと好きでもなんでもない感じでしたが、自分の所有物に対しては固執するタイプなので、あっさり見逃してくれる~なんてことはまずないだろうな…。また苦しい展開になりそうだけど、そこんとこはもう慣れるしかないか…。
果たしてノールが死ぬか生還するか、そこんとこが見ものである。

今年度ベストアサシン顔賞授賞

2014.09.12 22:10|越えざるは紅い花
◆PSP版四周目、エスタに行く前にまずはノールのバッドEDをさくさくっと回収。

・最後の選択肢でノールに同行しないと反乱ED直行。
呆気なくノールの死亡を知らされ「なんて酷いバッドEDなんだ…」と思ったが、残りの二つのEDを見た後では全然マシだった。むしろこのEDのノールは主人公を最期まで思って行動してる訳だから、そこに悲恋萌えを見出すことさえ出来る。しかしそれ以外のバッドEDでは、もうノールさんエグ過ぎる!!というかそれ以前のフラグ折り作業の時点でもう怖い。主人公がエスタと仲良くしたり、トーヤとキャッキャウフフしてる時のノールの「……(ふぅん)」って吐息が怖すぎる!

・まー愛玩奴隷EDではナァラもなんやかんや幸せそうに見えるから(いや絶対幸せじゃないけど何にせよ)そんなに悲壮感はないんですが、永久の待ち人EDのノールが鬼畜!鬼畜過ぎる!!
後々聞いてみるとエスタはPSP版で攻略キャラに昇格したみたいだから、PC版では実質エスタとのルートはここ(と逃亡失敗ED)だけだったのかな?確かにこの終わり方だけでは「エスタ攻略したい」って声が上がるのも納得である。もうこのルートのエスタ男前だし優しいし辛抱強いし切ないし最高だった。ほんとに助けてくれてありがとう。

というか「永久の待ち人」って章タイトルが出た時は、「エスタが外出中に捕えられ、ナァラはエスタの帰ってこない家で一人待ち続ける」というバッドEDだと思ってたのですが、「エスタがナァラの回復を待ち続ける」というEDだったんですね。もう「絶対これエスタ死ぬ!死ぬってまじで!!」と思っていたので、思ったより希望のあるEDで良かったです。ナァラがエスタの名前をさらっと呼んだところとか切なくてね~~~~…!エスタのなんとも言えない顔もいい!
しかし夢で聞いたもう一人の声とか見てもナァラは回復に向かってるように見えるんですが、やはり「ノールBADの一種」ということと「永久の待ち人」というED名からしてナァラの回復は絶望的なんでしょうか…?

◆と言うことで「永久の待ち人」EDではエスタと幸せになれたのか分からずモヤモヤしまくったので、即エスタルート始めることにしました。
そこでもっかい攻略サイト見て気付いたんですが、確かにエスタルートに入るにはノールBADを見ることが条件だけど、エスタルートがノールルートから分岐する訳じゃないんですね。最初の分岐選択肢で「怪しい男が気になった」からの「でもどちらの男も怪しそうだし…」で笑いました。うむ。それが冷静な判断だ。

・で、ガーッとエスタルートをクリアしてきましたが…うーむ。
いや、私はエスタ好きよ。たぶん今んとこ越えざるの中では一番好き。こういうキャラ定番だけど大好き。アサシン顔も大好き。声優も初めて聞く名前の人だけどこの声好き。なんだが、シナリオに関しては良くも悪くも追加キャラクオリティだったな、と思わざるを得ない。本筋も悪くはないけど、ノールルートと比べるとやっぱりちょっとね。

エスタが主人公を娶る理由を話しつつ、でも初夜の儀式はしないと言い張るところなんか、さも筋が通ってるように言ってるけどちょっと考えたら色々ガバガバ過ぎてエスタさん大丈夫ですか?追加キャラだからうまいこと言い繕えなかったんですか?といきなり心配になった。
エスタが主人公に惹かれた理由や、エスタがノールに拾われた理由、従う理由なんかも全部「永久の待ち人」EDで説明されてたし、主人公がオルテ家に通うくだりなんかはまんまノールルートの使い回しだったし。既読スキップ出来てびっくりしたわ。二人が仲良くなっていく過程も、かなりコテコテのラブコメと言った感じでニヤニヤは出来るんだけど、安定し過ぎて二人ともチョロいな…とかなり思った。

以上の点がものすごく追加キャラクオリティって感じたけど、でも悪いことばかりでもない。オルテを説得したことにより同時にノールも攻略したってーことをプレイヤーは分かってる訳だから、そこから構ってくるノールが面白くてしょうがなかった。このメインキャラがルート外でちょっかい出して和気藹々したり共闘したりするところとか、ラストの結婚式とかなんかは、追加キャラゆえのお祭り感があって楽しかったー!
でもノールが「脅迫文が来てたけど黙ってたテヘ☆ミ」と言いだした時は殴れ!百発と言わず一万発殴れ!!と思いましたね。なんで殴らねーんだよナァラ!本人がいいって言ってんだから殴れよ!こんな機会滅多にないぞ!会談の前に顔を傷つけちゃいけないってーならせめてビンタくらいしろよ!腹パンでもいいだろ!!

あと個人的にスンは絶対死ぬと思ってたけどそれもなかったようで何より。オルテ大臣も陥落後はすっかり人の好いおじさんになってるし、エスタもさっさと養子にしてもらえばいいと思うよ。たぶんこれはエスタ養子で貴族の仲間入り→ナァラ出産後も安泰っていうフラグでしょう。

・そんな和気藹々を楽しんでニヤニヤしてたんですが、まあ一回目は普通にバッドED行ったんですけどね。
ハッピーエンド見るつもりで真面目に選んでたのにいきなり救われない展開になって度肝抜かれましたよ。これはこれで切なくていいんだがほんとびっくりした。
ていうかここで改めて思った、「最初にバッドED見て後からハッピーED見て後味良く終わる」ってよくあるプレイスタイルだと思いますが、個人的にはハッピーEDは先に見る方が好きみたいです。ハッピーEDで幸せな二人を見た後なら、バッドEDが悲惨でもその衝撃を和らげるような気がする。「あーそういう終わり方になるのね、まあでもホントは幸せになるって知ってるからね」って思える。
しかも今回は狙ってないのにいきなりBADだったのでちょっと心にダメージを負いましたね…。なんか今でもハッピーEDの幸せな気持ちよりバッドEDの印象を引きずってる気がする…。感情を与えてくれた妻が暗殺されて発狂、妻を追うために自ら処刑台に…って辛すぎる…ああああツライぃいいいい…なんか私の中でエスタ=悲恋ってイメージが固まってしまいそうです。悲恋好きだけどさ。

・他に細かいポイントを書くとしたら、主人公に口をタコみたいにされるエスタが可愛かった。「…あの」って声がちゃんとくぐもってて可愛かった。この声好き過ぎて声優さんの名前調べたけど、乙女ゲーはほとんど出てないみたいですね。というか役者もやってるみたいで声優業はあんまやってないっぽい?口惜しやああ!!もっと出してくれえええ!!

あと頬染め立ち絵が全然なかったのには異議を唱えたいと思います。異議ありまくりですよまじで!頬染めてたのってノールBADの「永遠の待ち人ED」の中で一瞬だけじゃない?勿論あそこスクショ撮りましたけど、エスタ本人ルートだともっと見れると思ってたので残念。確かに素直に好き好き言ってくれて可愛かったけど、恥じらうところももっと見たかったんやぁ…!立ち絵自体がないってんなら諦めつくけどあるんならもうちょっと見せてくれても良かったやんかぁ…!ぐぬぬ…!

◆と言う感じで、エスタルート終了。
感情の無い暗殺者に主人公が感情を教えていく系ストーリーは定番ですが、定番だけあって安定して萌えさせていただきました。エスタのキャラ設定もほんっとコテコテの定番なんですが、やっぱ暗殺者だとか密偵だとかって響きは中二心を擽りまくる。
というかエスタって顔でもうアサシンって分かりますからね!初対面でも分かる、ものすごく分かりやすいアサシン顔。こんなモロアサシン顔で白昼堂々歩いてるってのがスゴイ。町を歩いたら「ママーアサシンがいるよー」「しっ見ちゃいけません」とか言われるだろ絶対。それくらいアサシン顔。そんな彼に今年度ベストアサシン顔賞を贈りたい。ビバアサシン顔。

さて、次は誰に行くかですが…トーヤルートに入る前に、ノールから分岐のおっさん(名前忘れた)か、エスタから分岐のジギを先にやっつけたいと思います。おっさんキャラってあんまり好きじゃないから先にジギに行こうかな?エスタ君の後輩なので既に期待値が高いです。
待っててジギきゅ~んヾ(・▽・)ノシ

( ゚∀゚)o彡°文鎮!文鎮!

2014.09.10 21:46|越えざるは紅い花
久しぶりに一周してきました。PSP版三周目、ノールルート。

・第一印象は登場時の不穏なBGMと、微笑時の切り裂いたような口が不気味でとにかく「怖い!」としか思えませんでした。立ち絵も好みじゃなく、作中でどんなに美形美形言われても「そんなに言うほどかァ…?」と思ってたんですが、スチルだとサラサラ金髪が確かに王子様ぽかった。

・共通ルートからシャル脱走→ナァラが身代わりに嫁ぐって流れはスレンルートと変わらないんですね。このぶんだとトーヤルートもそうなのかな?エスタもまんまナランと同じ従者ポジとして出てきてこの手抜き感にちょっと笑いました。でも同じ主従コンビでもスレン・ナラン組とノール・エスタ組は色々と対称的で格差が面白い。スレン・ナランは主従揃ってナァラにほぼデフォ惚れで、不器用ながらも献身的に尽くしてくれるのでなんだかんだ最初から大事にされてる感があったのだけど、ノールルートだと容赦なく敵陣に放り込まれた感じ!!イイ!!
でもこのパターンで行くとエスタルートに入る時にはナランルートと同じく不倫&ノール死亡で強制退場展開くるんじゃないだろうか?と今から嫌な予感がプンプンするぜ!

・初夜でいきなり文鎮を投げつけられた時には、その変態っぷりにワクワクしました。まあ実際自分の身の上に降りかかったことならまじで憤死しそうですけど見てるぶんには問題なーい!その後もたびたび文鎮を持ち出してくるので何だこの文鎮推しはと思いつつも笑わせてもらいました。
元がR18ゲーと言うこともあり、そこで「このキャラはこういう特殊性癖変態ポジなんだろうな~」と思い、実際その後も視姦だとか言葉攻めだとか煽るだけ煽って放置プレイだとかそういうのが多く、確かに変態くさくはあったものの、結果的に両想いになるまで本番はしないというある意味純愛なキャラでした。元がR18ゲーだから「エロ描写どんどん行くでー!処女?そんなもん勿体ぶってないでさっさと破り捨てろ!」みたいなノリだと思ってたので、この純愛はけっこう株が上がりました。実際スレンルートだとソッコー処女喪失してたし。元R18ゲーやっといてなんだが、やっぱ純愛が好きなんですよ私。

・二人が惹かれあっていく描写も自然で良かった!
曲者過ぎて第一印象ではどう攻略するのかまったく見当のつかないノールでも、確かに主人公にここまでされたら落ちるわな、と素直に納得できた。普通にいい話だった。
主人公の気概を見せつけるだけではなく、それが同時にノールのトラウマを払拭しているのがいい。トラウマ救済なのにじめじめしんみりしたカウンセリング展開じゃないというのもいい。トラウマ救済してるのに主人公の行動はノールのためではなく、あくまで第一目的は自分と女達のために始めたこと、というのも押し付けがましくなくていい。

個人的に、キャラはスレンみたいな俺様イケイケキャラの方が好きですが、話はノールの方が断然好きです。やっぱデフォ惚れより難攻不落のキャラを振り向かせるプレイの方が楽しいってもんですよ!
ラストの素直じゃない告白も良かったし、エピローグでのデレデレっぷりも良かった。最初からは考えられないくらいデレてるのにキャラが変わった感は感じさせず、あくまでいつものノール節でノールらしく口説いてくるのがスゴイなあと思う。

んまー欲を言えば、主人公が正面からオルテを論破して落としてる場面が見たかったかな。理知的に活躍する主人公が見たかった。やったことは毎日の張り込み&断髪で、結果的に根性だけで突破したし。知性とか交渉術とか関係なかったし。というかファーストコンタクトでけちょんけちょんにやられて、その後これと言った対策が出来てないのに、会って何を話そうとしてたのか謎である。あの状況で喋っても夢想論と言われるだけなんじゃないのか?二人での話し合いは結局されることがなかったし。

・個人的に納得いってないのが仮面の男。
これ初見で見た時は絶対エスタだ!エスタに違いない!エスタ確定!!って思ってたのに、後から出てきた仮面を見ると、ノールだった…の?
ノールがナァラの護衛にエスタをこっそり付けて常に監視させておくとか、従者が実は忍者(というか密偵とかアサシンとか暗殺)業もこなしてたっていうのはすごい定番だからてっきりそうだと思ってた。エスタが密偵ってめちゃめちゃ似合うし。顔もアサシン顔だしな。

ノールも過去の経験から武道の心得はあるみたいだけど、正統派剣術って感じでああいうナイフ投げとかは向いてないように見えると言うか…というかノールが俊敏に周囲を駆け回ってる様子が想像できない…ノールが月を背景にぴょんぴょん飛び回ってる姿とか想像してみるけど、致命的に似合わないっしょ。
スレンが主人公の首に付けた痣についてエスタが即答したり、主人公が仮面の男の話をノールにした時の反応とか見ても、仮面の男は確実にエスタだと思うんだけどな~。
まあノールの机からそれっぽいものが出てきただけで、ノールの口から明言された訳ではないので、仮面の男エスタ説はエスタルートで確かめようと思います。

・あとはトーヤがいいやつ過ぎて、浮気したくてしょうがなかった。特に序盤は。
ノールルートに入ってからトーヤの機嫌取ったってトーヤルートには絶対入れないって分かってるから、ちゃんとノールを立てるような選択肢を選びましたけどね!でもトーヤに手を握られた時なんかは夫の前にも憚らず素直に喜んでみせましたよ、ええ!懐いてくるトーヤ様を無碍にはできませんよ!ああトーヤルートが楽しみだ!!

・と言う感じでかなり満足にノールルートを終えました。後日談はまだ見てません。
バッドED回収にもあんまり興味がないんですが、エスタルートに行くためにはノールBADのどれかを見とかないといけないっぽい。ということでちょこちょこ攻略情報を調べてるんですが、ノールルートからかなり分岐するんですね!色々いけるみたいだけど、まあまずは順当にエスタから狙おうかな。
明らかにバッドEDっぽい選択肢やフラグ分岐した場所は今ならなんとな~く分かるので、とりあえずそこから踏み抜いて確かめてみます。でも分からなくなったら即攻略サイトに頼る。

という感じの三周目ノールルートでした。

眠れない夜に越えざる

2014.06.04 22:54|越えざるは紅い花
スレンルートを終えてナランルートに入るか否かってところでずっと放置してた越えざるは紅い花PSP版、久しぶりにプレイしてガーッとクリアしてきました。

なんで放置してたかっていうと…ノベルゲーやる気にならなかったってのもあるけど、やっぱスレンの存在ですよね…。
ナラン単体はすごく好きなんですよ。兄貴!姉さん!つって慕ってくるワンコキャラかわいいし、ビジュアルもストライク。デフォ顔も笑ってる顔も怒ってる顔も可愛い、何より一番グッとくるのは切なげに眉を寄せた顔!あれたまらんわー反則やわー。

しかしナランルートに分岐するのは、ちょうど主人公とスレンがいい感じになってくるあたり。しかも直前までスレンルートをやってたので、何故スレンが怪我したのか事の顛末をプレイヤーは分かってる。そんなスレンの看病に行かずにナランのフラグ立てるとか…たかがゲームに良心の呵責、とまでは言わないけど、ナランルートに入る即ちスレンを裏切ることになると思うとまったく気が乗らなかったというか…。
でもってなんやかんやゆうても横恋慕で、ナランとの恋は言ってしまえば不倫。そして私はスレンのことがけっこう好きと、ここまでの要素があれば私が紅花を放置してしまったのもしょうがないと言える!!

ということで眠れずにテンションが高ぶってる夜にガーッと進めてしまうことに。
とりあえずナランのフラグを立ててやっていくと、段々雲行きが怪しくなり、あれよあれよとバッドEDに辿り着きました。
…まあこれはしょうがないわな。ナァラもナランもどっちもクソだったわな。あの野獣の嗅覚の持ち主が不義に気付かない訳ないっつーのに浅はか過ぎた。

という訳でやり直すと、次はちゃんとスレンとの会話で分岐が出てナランルートに入れました。
スレンにはちゃんとゴメンナサイして攻略対象から外れてもらったけど、「諦めるけど夫婦関係は解消しない」というスレンのこの意地がダメだったよね…スレンらしいけどね…。
死亡フラグやでそれ…オマエシナリオに殺されるで…攻略対象から善良当て馬に転落したスレンを、体よく身を引かせるために退場させる死亡展開くるでこれ…
とか思ってたら案の定死んで笑えばいいのやら泣けばいいのやら…。スレンとナランは未来では共存出来ない運命になってるんだなあ…全ルートクリアしたら全員生存ベストEDとかないもんかね?

もうほんとスレンが好きなだけに、良い当て馬先輩と化したスレンがつらかったー!完全な悪役にされるのも辛いが、死ぬ前も死んだ後もとことん善良な神聖当て馬ってのも辛いわ!そして月の人になってからもスレン仕事し過ぎ!!何回お月様パワー発揮するんや!

ナランルートなのでナランのことも書いておくと、こっちのナランはバッドEDルートの時とは違ってだいぶわきまえてて良かったです。これはこれで強すぎるような気もしたけど。特に理性面に関して言えば鋼の精神の持ち主。ある意味スレンより強いぞ。
ただ「お互いの夢のために戦う」と約束してたのに、最終的には「軍のトップになったからナァラを手放さずに済むよヤッタネ」で終わったのはなんだかな。約束した段階では「子供を産んだ後の妻が他の男に嫁がされる制度を撤廃させること」を目的にしてたような気がしたので、結局自分たちだけ良かったらいいのかよみたいな。あれ、違ったっけ?
まあ七年で軍のトップに上り詰めたってのもスゴイし、七年間我慢し続けたってのも相当スゴイので、これ以上何かしろとは言わないけど。法を変えるとなるとまた一悶着しないといけないしね。

シャルやオーリがどうなったのかとか分からないままだし、ルスとナスラの国同士の関係は進展せず、腐死の治療法も見つからずで、スレンルートと比べて万事納まった感がないのはサブキャラルート所以なのかな。正史に望まれていたのはスレンの方で、ナランはいなくても何ら問題のない存在と思うとちょっと切ない。このへんラジアンヒストリア脳。

◆さて、次は誰のルートに行くかですが…メインキャラ三人いたけど、トーヤとスレンとあと一人誰だっけ?というくらいにキャラを把握してない。トーヤは最後らへんに回した方がいいと聞いたんで、もう一人の方を先に済ましたいんですが…うーむ…誰だったっけ…。
まあどうせ分岐するところはあのよく分かんないとこって分かってるし、あそこで出てきた人んとこに進めばいいか。
個人的には最初らへんにちょろっとだけ出てきたお医者様が気になってるんだけど、あの人はトーヤルートからの分岐かな?他にもあと二人くらいサブキャラがいた気がするけど、ゲーム内じゃ名前すら聞いてない気がする。今後に期待ですな。

これはプレイヤーがキャラに攻略されるゲームだなと

2014.03.30 19:55|越えざるは紅い花
そんな印象の一周目でした。

越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~
(2014/03/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


という訳で「越えざるは紅い花~大河は未来を紡ぐ~」プレイ開始しました。プレイ日記を書くにあたってまずはQ&Aで言い訳タイムを。

Q.新作ゲームは買わないんじゃなかったのか?様子見する派(笑)
A.PC版が評判良かったから気になってたんです。嵐さんの声優さん出てる貴重なゲームだし。いつか買うなら増税前に買いたかった。

Q.買うのはいいけど、積みゲーたくさんあるのに今プレイすることないんじゃないの?
A.新作買ったんなら世間が盛り上がってるうちにプレイしたいじゃん。他の人の感想も見れるし。

Q.コルダどうすんの?
A.コルダは楽しいんだけどやっぱシリーズをぶっ通しでやってると飽きる。無印→2fはシステムがガラッと変わったので新鮮に遊べたが、2f→アンコールは内容が違うだけでシステムやUIはほぼ一緒なので続けてやるとどうも飽きる。リアルタイムで追いかけてたらちょうど良い間隔開いて良かったかもしれないけど。という訳でコルダはちょっと休憩します。

こんな感じでしょうか。では以下一周目の感想です。ネタバレ注意。

・前情報はほとんど入れておらず、攻略キャラの名前も把握しておらず。とりあえず「嵐さんの声の人から攻略すっかな~」くらいの気持ちだったんですが、OPを見て初めてキャラの扱いが微妙に違うことに気付き、「これって攻略制限とかオススメ攻略順とかあるのかな?」とぐぐった。その結果、メインは三人でその三人から一人ずつサブキャラが分岐してると分かったので、とりあえずはそのメイン三人の中から攻略することに。ちょうど目当ての嵐さんの声の人、スレンがメイン三人の内の一人だったので一周目はスレンを狙うことに決めた。

・主人公についてはどうでもいいと思ってる派で、顔グラもボイスも消そうかと思ったけど、まずはやってみて合わなかったら消そう…と思いつつゲーム開始。「死神と少女」の時は主人公ボイスがまったく受け入れられなくてソッコー消したんだが、ナァラの声は割とすんなり馴染みました。なんだろう、可愛過ぎる声だとダメなのかな。ナァラくらいのハキハキした声だとあんまり抵抗ありませんでした。

・自分が敵国に拉致されたら怖くて誰にも心許せないと思いますが、今はあくまでプレイヤーなのでナァラの選択肢はかなり柔軟に、平和的な感じのを選びました。するとシャルが病みだしたので「これは敵国に肩入れし過ぎたか!?シャルに刺されてバッドED!!?」とまじで思った。

「一周目はスレン狙い」と決めたものの、「スレンの意見に同意する」だとか、「(スレンのいそうな場所)へ行く」とかそういう決定的な選択肢はなく、あくまでルスの女としてそれぞれのキャラと接するのみ。ルートに入りたくないキャラとは、むしろフラグを折るくらいの選択肢を選ぶべきだったかもしれませんが、一周目ということもあり冷たくするのは憚られたので誰に対してもいい顔してました。
しかしなんだかんだあって話が進み、スレンと結婚することに。…このルートに入るまでにあったスレンとのイベントって、市で「子供が気になる」を選んだやつだけだった気がするんだけど、あそこだけでルート確定したんだろうか。

狙っていたとは言え、特にこれと言った胸キュンイベントがないままルートに入ってしまってなんだか拍子抜け。当然ナァラもスレンのことはまったく意識しておらず、むしろ印象最悪で、これどうなるんだろ…って思ってたら、スレンに惹かれるイベントがこれでもかというほど目白押し!特に花嫁道具をこっそり集めてたやつと、あと崖に実る果実を取りに行ってたイベントは外せない!
これ、プレイヤーがキャラを攻略するゲームではなく、プレイヤーがキャラに攻略されるゲームだなとしみじみ思いました。

・スレンルートをやるうえで欠かせないのがナラン君。
ナラン君の健気で可愛いことよ…!サブキャラと聴いてなかったらスレンから途中で乗り換えたかもしれないと思うくらいには可愛かった。普通の顔も笑ってる顔もキリッとしてる顔もいいけど、何よりいいのは切ない時の顔!
この顔にもう胸がぎゅっとなるくらいの切なさがにじみ出てました。ああ切ないのう…切ないのう…大好きな兄貴の嫁さんを好きになってしまうなんて切ないのう…!
スレンが怪我するとこらへんでは立て続けにナラン絡みの選択肢があり、「基本誰にでも良い顔する」方針でしたがここまでナランに良い顔し続けたらナランルート入っちまうと断腸の思いでフラグを折りました。すまんナラン。

・ラストは二人の思いが通じ合って幸せなエンディング…ではなく、ルスに帰って同盟を持ちかけるという流れになって正直驚いた。そういうのはメインヒーローのトーヤだけだと思ってたので。
トーヤのルートでは病気の治療法を探すのがメインになるのかな。国境の赤い花がキーになると見た。あと病から生還したナァラも。
ノールは主人公をトーヤとくっつけようとしてるけど、お互い意識し始めてジレンマ~みたいな流れになるのだろうか。
トーヤの友達のお医者様のビジュアルがかなり好みだったけど、彼はトーヤルートから分岐かな?ノールルートから分岐する人は名前すら見てない気がする。あとPSP追加キャラとかそういうのもスレンルートでは見ずに終わった。

・というわけでスレンルート終了!ベストEDというのを見る限り、バッドEDの他にグッドEDやノーマルEDがあるんだろうか。とりあえずバッドED直行ぽい選択肢がいくつかあったので、次の周回に行く前にロードしていくつか踏みに行こうと思います。ナランルートにも入れるなら試してみたい。
でもってベストEDつっても主要キャラから死者が二人出てるし、完全な大団円とは言えないよねこれ。メインヒーローのトーヤルートのベストEDなら誰も死なずに済むんだろうか。それともノーマルEDとはまた違う大団円EDがどこかにあるんだろうか。あと今思えば「スレンを王に据えようとする団体」が途中から空気になってたけど、これもどこかのルートやEDで絡んでるのかな?

・色々気になるので続けてやっていこうと思いまーす。
| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

早

Author:早
飽き性。めんどくさがり。
名前は「ゆう」「早(はや)」どちらでも。
とび森住人のきろく
マイデザお借りしてます

◆ご案内◆

更新のお知らせは
twitter@iiyudaneにて
趣味や日常の雑多垢です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ